清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 表現の自由とは匿名に隠れて誹謗中傷するにあらず。

<<   作成日時 : 2018/11/20 12:18   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 17








ツイッターでぼくのツィートに対する #JSF 君のツィートです。

正直いって味噌汁で顔洗って出直してこい、という話です。

ぼくが指摘しているのは稼働率の話をしているのに、パーツや整備費の不足、あるいは破損した装備の補充がなされていない、という当たり前のことに触れていなことを指摘しただけです。そして、稼働率を語るのにそれを知らないという自衛官がいるのか?という疑問です。

これがなんで「侮辱」なんでしょうか。事実を指摘することが「侮辱」なんでしょうか。

過去ぼくは彼らからデマや嘘を元にした誹謗中傷を多々受けてきましたが、それらついて謝罪を受けたことは、いっさいありません。


そもそも #JSF 君と会話したこともありません。


自分たちは匿名に隠れて安全なところから捏造を元に他者を誹謗中傷する権利と、自分たちが事実を突きつけられて、反論されない権利があるとでもいうのでしょうか。

難病で死んだら一切の訴追を免れるのでしょうか。
そうであればルーズベルトやチャーチルだって一切批判が許されないという理屈になります。

プロであれ #JSF 君のようなアマチュアであれ、持論を公にすれば批判されること当たり前です。それが嫌なら書かなければいい。まして通称髭大尉が本物の現職自衛官であったなら、その公務員としてその言動について責任があるはずです。

テメエは嘘をついてまで他人を誹謗中傷する権利があるが、他人からの一切の批判は免れたいというは随分と虫のいい話ですが、世間では通用しません。


自分の所業を棚に上げて、事実を指摘した人間を避難するのはお門違いもいいところです。
恥を知らない人間というのはこういうものでしょうがね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
出典Wikipedia・同人用語の基礎知識・ニコニコ大百科
http://my.shadowcity.jp/2018/11/wikipedia.html

JSFさんと違い実名出しているけど、JSFさんより恥知らずな百田センセイがまーたやらかしたようですな…(白目)
被本塁打大王
2018/11/20 23:15
お邪魔します。
 言論の自由とは「"言霊"からの解放」ではないかと思われます。例えば先の大戦の最中(特に後半以降)に「日本は負けるかも」という発言をあたかも「日本が負ける事を望んでいる」「日本の敗北を("言霊"で)現実のものとしようとしている。」と見なすような事です。後「事実と心情、言説そのものと人格が必ずしも一体でない事を認識する」事です。清谷様の自衛隊批判も、自衛隊に良くあって欲しいから言っているのでしょうが、ある人達にとっては「清谷の野郎は自衛隊が嫌いだから悪口を言っているに違いない」「清谷の野郎は自衛隊を弱くするためにあんな事を言っているに違いない」としか受け取れないようです。
 山本七平は出征したフィリピンで「砲弾を運ぶトラックの燃料が無い。」と言いに行ったら、参謀に「フィリピン人どもに運ばせればいいだろう。」と罵倒されたそうです。山本七平は「燃料が無い」という「事実」を言っただけですが、参謀の方は「帳面面さえ合えば実態は問わない旧陸軍の員数主義」で「現場には充分物資が行きわたっている」事になっている事もあってか、「あの山本とかいう野郎は戦うのが嫌でごねているだけだろうだから、一発かましてやれば良い」とでも考えていたのかも知れません。山本七平はしませんでしたが、もし本当にフィリピン人をこき使い、その結果として戦後BC級戦犯にでも問われ、その際「参謀に言われたからそうした」とでも言ったら、その参謀は「そんな事など言っていない」と、保身でも責任逃れでもなく「本気で」言ったかも知れないと思ったりもします。
ブロガー(志望)
2018/11/21 21:11
故人の尊厳を守る必要があってもそれで事実や論理の追求から逃れられるということはない

匿名は表現の自由のうち
実名も匿名も両方あったほうが自由の範囲が広がる
abcd
2018/11/22 00:04
匿名の発言は言論だとは思いませんね。
「言論の自由」で保護する必要を感じません。
言いたい放題、やりたい放題を認めたら言論空間が破壊されるし、悪人が野放しになる。
Druji
2018/11/22 01:06
10年前、田母神空幕長がアパホテルの懸賞金付論文で解任されました。田母神氏は日本は北朝鮮ではない。言論の自由はあるはずだ!と喚きました。
指定職7号、国税庁長官・警視総監・海上保安庁長官と同等の官職です。仕事は政治。公人なんですよ! それは違うんじゃない。退官してから論文発表しろよ! 前川前文科省事務次官や柳澤元防衛研究所長も退官してから個人的な考えを主張しています。そのことが道理です。公人としての資質はないと判断されます。
有権者もバカではない。こういう類いな人物を国会議員や知事にさせてはならないと判断するでしょう。大先輩を批判するようですが、あの方は参謀総長の器ではない。野戦部隊の指揮官、航空団司令か旅団長の器です。 政治的センスはなく、ただの兵隊バカだったと思います。
知り合いのある国立大学教授 歴史学者ですが 例の論文を読んで うちの学生でもあんな論文を書かないし、レポートでも不可。論文の形になっていない。高校生の感想文だ!と失笑していました。
ちなみに私は主張提案するには根拠を伴います。事例や統計など。
元キャプテン
2018/11/22 13:40
元キャプテンさん、
田母神氏の論文は読みました。
文筆、芸術、音楽などの活動は制限されるべきでは無く自由であり懸賞でもなんでも応募すれば良いと思います。小椋佳さんの例もありますし。例の論文の最大の問題点は、論文の形式を取った実質的な賄賂だった事でしょう。それを覆い隠す目的か或いはサクラが必要な程応募が無かったのか基地の隊員まで無理やり動員した事です。自由意志ではありません。それと論文の内容自体が他者の著作物のコピペばかりで引用ではない点です。小学生の読書感想文の方が遥かにマシです。既にネットで論文が晒されて以来、各方面からコピペの指摘があり著作権者の右翼論者からも怒りを買われていたとかなんとか。大凡中の良いアパの社長夫妻(無許可でF-15のコクピットに載せた件もあります)から金でもやろうか金をくれで良い名目が無いから論文で賞金と言う形を取ったのでしょう。当時ものすごく呆れてさっさと首にしろと思ったものです。その後都知事選とか一定の支持者がいることにも驚きましたがロクデナシの言うことを真に受けるとかありえません。
これがペンネームで出された懸賞論文だったら
空幕長を勤め上げて天下りして悠々自適だったでしょう。実名で助かった事例かも知れません。
やれやれ
2018/11/22 17:04
>清谷さん、貴方は何年も前に難病で亡くなった私の友人を侮辱するのですか。

 モニターに向かって「お前は呉起か?」と思わず呟いてしまった。

 いやはや、命がかかっているわけでもなく、友人とやらの死(体)を盾替わりにつかうとは、死体に鞭打つ伍子胥より非道ではないかいナと思うわけだ。

はて?
2018/11/22 22:51
まあ、こういう人ですから旗色が悪くなると、身内が死ぬ。それ本当?と疑われる。ええ、嘘つきとは断定しませんよ^_^
怪しさ満載ですけどね。
キヨタニ
2018/11/22 23:28
やれやれ様

航空幕僚長の任務分析は
1 地位
航空自衛隊のジェネラルマネージャー
首相、防衛大臣の軍事補佐官

2 役割
航空自衛隊の人事、予算、装備をマネージメントをし、戦力整備を司る。
首相、大臣の防衛政策、運用について 航空戦力の観点から助言する。

歴史の論文を書く、部下に書かせるのは航空幕僚長のお仕事なんですかね?歴史学者の仕事でしょう。あの方、名古屋高裁のイラク空輸違憲判決で そんなの関係ねぇ! 当別レーダーサイトの女性隊員強姦未遂 隠蔽 退職強要 裁判で 男と女の問題だ!とボケたこと抜かす。社長が会社の不祥事・問題でとぼけたこと抜かすと総スカン喰らい、不買運動や取引キャンセルされますが 組織の問題をトップが知らんぷりは世間は通用しません。
石破先生は著書で早めに更迭すればよかったと後悔していました。なぜ、このよいな人物を組織のトップにしたのか?摩訶不思議です。多分、政治家にべんちゃらしたんでしょう。 防大の閉鎖的硬直化した教育の弊害なのか? 上司先輩の指導がまずかったのか?本人の資質だけの問題ではないかと思います。
私はあの方を大先輩だと思いたくもありません。
防大卒業者の方々の名誉のため、まともで聡明な方もいます。しかし、人事面で優遇されていないどころか 冷遇されている感じがします。 常識の備わった方がトップの地位に就くべきです。
元キャプテン
2018/11/23 15:00
元キャプテンさん、
勿論空幕長のお仕事ではありません。
あくまで趣味の領域です。その範囲では
何人であっても問題無いはずです。
少なくとも例の論文は趣味が目的では無く
賄賂です。内容は他の類似思考の方の出版本、著作物からのコピペです。これは仮に趣味の範囲であっても逸脱した行為でありましてや公務員としてあるまじき行為です。有耶無耶のうちに自主退職になった事は残念でなりません。事を荒だてたく無い防衛省の忖度でしょうがそれこそが良くなかった。徹底的に糾弾するのが筋ですがその辺からして腐ってます。
誤解なさらないで下さい。職務を誠実に遂行した上での趣味の領域なら歴史だろうが歌だろうがよいはずです。普通は結果として金儲けでも副業でもなければ問題ないはずです。
ただし田母神氏は
信用失墜行為の禁止(国公法第99条)
守秘義務(国公法第100条)
職務専念の義務(国公法第101条)
の信用失墜と職務専念には抵触していると
見て良いと思います。F15に無断で乗せたのは守秘義務に引っかかる恐れがあります。
少なくともまともな国家公務員、基地司令や空幕長まで行く人のする事ではありません。
ましてや実質懸賞金は賄賂です。小学生の感想文以下のコピペ塵論文です。審査して優勝させる方も頭がおかしい。なんの審査もせず出来レースなのは明らかです。コピペの時点で落とすのが筋なのに論外です。
どこを取っても趣味の領域ではありません。
やれやれ
2018/11/23 22:08
あー思い出した。
髭大尉って、確か亡くなった日時を三文字がネットでバラして、2ちゃんの三文字スレで、
「モノホンの陸自隊員だったら隊員死亡通知が全国の駐屯地に出るから、日時を突き合わせたら一発で身バレじゃん」
と言われたんだよね。
そしたら隊員死亡通知をウォッチしていた隊員から「言われた日時に死亡通知は出てないよ」と報告があって、
「ひょっとして髭大尉は陸自隊員じゃなくて、クヒオだったのか?」と騒動になったんだ。
実際にクヒオだったのか、今となっては真偽は定かではないですが。
きらきら星
2018/11/23 22:08
元キャプテン様、やれやれ様、

今巷で話題の百田センセイの日本国紀ですが、本屋で立ち読みしてて「なんか既視感あるなあ〜」と思っていたんですが、お二人のやり取りを見てようやく思い当たりましたわ。

日本国紀の底流にある偏った政治思想とコピペの多さは田母神閣下のアパ懸賞論文そっくりなんですわ。お二人にホント感謝しますm(__)m

Wikiコピペ疑惑の百田尚樹『日本国紀』を真面目に検証してみた! 本質は安倍改憲を後押しするプロパガンダ本だ
https://lite-ra.com/2018/11/post-4381.html
被本塁打大王
2018/11/24 21:23
披本塁打王様

例の本読んでないので内容はわかりません。
確かに偏った思想は判断を誤ります。 右左関係なしに。
多様性でしょう。多様性があるから教養として成り立つし、愛国至上主義はグローバル化に反するでしょう。
昔、ここが変だよ日本人!という番組が流行りましたが、日本に住む外国人が日本の矛盾や問題点を論争する番組です。自己否定するのも たまにはいいでしょう。
大なり小なり問題点はありますから。
元キャプテン
2018/11/25 11:47
被本塁打王さん、
その本話題沸騰中?らしく増版とも聞いたので何か人を惹きつける良い事でも書いてあるのか?と少し期待したんですが、そんなロクでも無い本なんですね。金払って買うべきかどうか考えていたので今調べたら本当にコピペ疑惑が一杯引っかかました。真偽のほどはさなかでは無いですが、ネタ本としての価値しかなさそうですね。
論文でも歴史本でも引用は良いと思います。優れた論文などは引用数が多いほど良いと聞きますし。しかしコピペは盗用です。引用は何処からの引用の明記とどこまで本文を使うかの基準がおおよそ決まっていると思います。それを逸脱したらコピペと言われても仕方ないですね。人間としては色々残念な感じですが永遠の0とか海賊と呼ばれた男とか面白かったんですがね…
やれやれ
2018/11/25 19:27
> 人間としては色々残念な感じですが永遠の0とか海賊と呼ばれた男とか面白かったんですがね…

やれやれ様、百田センセイの出世作たる「永遠のゼロ」もコピペ、パクリ疑惑がある件…

百田尚樹『永遠の0』パクリ騒動。90%はコピペだった!?疑惑を徹底検証!
https://matome.naver.jp/odai/2141793431976785401
https://matome.naver.jp/odai/2141793431976785401?page=2

永遠のオリジナリティゼロ…( ̄▽ ̄;)

既に鬼籍に入っている城山・坂井のダブル三郎氏はともかく、今も現役の作家としてバリバリ書いている浅田次郎氏は百田センセイに文句言わないのかなあ。なお、「壬生義士伝」も元ネタは子母澤寛の「新選組始末記」ですが、まるっきりのコピペではありません。全編にて濃すぎる浅田節全開ですw
被本塁打大王
2018/11/27 19:45
被本塁打大王さん、
マジですか???知らなかった...
この人どこを切っても人間的にロクデナシなんですね...頭のおかしい発言が散見されるのも納得しました。元からイカれてたんですね。こんな人が人気作家とか、パクリ王じゃないですか。
やれやれ
2018/11/28 07:39
>こんな人が人気作家とか、パクリ王じゃないですか。

やれやれ様、とあるハンJ民の方が百田氏を的確に評していたので紹介します↓

> この人の気質って放送作家そのものやろな
大衆に「受ける」ってのが第一で、真偽や思想とは別な存在やで

http://blog.livedoor.jp/nanyade/archives/14114654.html

なるほど、大衆受けを第一に考える放送作家ですか。もし、百田氏が左翼全盛の時代に生まれていたら、自民党や米国を叩く本を書いていたんでしょうな。「大衆に受けるから」と言う理由で。

壬生義士伝を元ネタに、より大衆に受ける作品を作りたいのならば、「明治維新後、名を藤田五郎と改めて警察官となった元新選組三番隊長の斎藤一が、法で裁けぬ悪を斬る痛快娯楽時代小説」でも書けば良いのにw…って、必殺仕事人の中村主水かよw
被本塁打大王
2018/12/01 12:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
表現の自由とは匿名に隠れて誹謗中傷するにあらず。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる