清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 稼働率低下で軍事博物館化する自衛隊

<<   作成日時 : 2018/11/05 18:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 16


<税を追う>米国製優先、飛べぬ国産 整備部品足りず自転車操業
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201811/CK2018110202000144.html

 この<税を追う>の特集は実はぼくが入れ知恵をしております。この回の取材も、その成果が出ているようです。


>安倍政権で急拡大した米国製兵器の導入により、戦闘機など五種の兵器だけでも、向こう二十〜三十年間の維持整備費が二兆七千億円を超える防衛省の試算が明らかになった。そのあおりで国産を中心に、米国政府の対外有償軍事援助(FMS)以外で調達した兵器の維持整備費にしわ寄せが来ている。主力戦闘機ですら故障部品の修理が進まず、稼働率は大幅に低下。現場の自衛隊では、国産兵器の運用に危機感が広がっている。 (「税を追う」取材班)

> 「航空自衛隊の維持整備は現状でも部品不足が累積し、借金まみれのような状態だ」。昨年八月まで空自の補給本部長を務めた尾上定正氏は、現場の窮状を厳しい表情で明かした。

>F15ですら部品の在庫が乏しく、すぐに修理・整備できないケースが相次ぐ。仕方なく、整備中のもう一機の部品を流用する「共食い整備」でやりくりしているという。

>「部品を流用された機体は飛べなくなるから、F15の稼働率は大幅に落ちている」と尾上氏。優先度の低い整備は後回しになりがちなため、将来のパイロットの育成に使う練習機「T4」などは、故障すると倉庫に置かれたままにされるのが現状だ。

>空自がFMSで導入する最新鋭戦闘機「F35A」で既に配備されたのは九機。将来的に計四十二機に増える。「F35Aが増えるほど、それ以外の維持整備費は圧迫される。極端に言えば、F35A以外の空自の飛行機は動かなくなる」と尾上氏は懸念する。

>危機感は自衛隊全体に広がる。「自転車操業で運用上の問題は生じていないのか」。昨年十二月に防衛省で開かれた調達審議会で、有識者の一人が海上自衛隊の国産の哨戒ヘリコプター「SH60K」でも、いわゆる共食い整備が行われていると実態を取り上げた。

>「運用に影響を及ぼしている部隊もある」。当事者の防衛省側がそう認めざるを得ないほど、共食い整備の影響は深刻化している。


ぼくは10年以上前から海自のP-3Cが共食い整備をしている実態を報じてきましたが、こういう稼働率の話が新聞で出るのは歓迎すべきことです。

ですが、メディアではいつも装備導入ばかりが話題になり、既存装備の稼働率、搭乗員の飛行時間や練度、弾薬の備蓄また新装備に関してもその稼働率などが話題になることはほとんどありませんでした。ですが納税者はこの問題にもっと敏感になるべきです。

せっかく新装備を入れても、その新装備も既存装備もろくに可動しなくなるのであれば、何のための装備導入かわからなくなります。それを税金の使い方の面からの報道が少なすぎます。オスプレイにしても、その導入がどれほど陸自航空隊の予算を圧迫し、陸自航空隊を弱体化させるかという議論も報道もなく、よく墜落する、危険だという情緒的な記事ばかりでした。ぼくがそういう質問を防衛省の記者会見でしても記者クラブの皆さんは無視してきました。


率直な話、現状自衛隊はとうちゃん、かあちゃんが子供の給食費や自分たちの食費もろくに払えず、ガス水道を止められることにビクビクしながら、ベンツかったり、エルメスのバーキンを買ったりしているようなものです。

ご案内のように海自にしても10年以上前からP-3Cですら共食い整備が常態化しているのに、わざわざ機体、エンジンまで専用という調達も維持費も高コストなP−1を、石破長官の反対を押し切って導入しました。
P−1調達単価は200億円、維持費もP-3Cよりもかなり高いでしょう。しかも調達単価が高いこともあり、かなりの数のP−3Cの延命化も必要となってプロジェクトの総費用はかなり膨らんでいるはずです。
当然、その分他の予算が圧迫されているはずです。それは整備費や訓練費用などに大きな影響を及ぼしているはずです。

そりゃ、SH-60の運用予算の足りなくなるでしょう。

ですから、ぼくは当時からP−3Cの近代化を提案していたわけです。
であれば主翼を更新すれば飛行時間はゼロにリセットされます。システム、エンジンを換装し、グラスコックピットを導入すれば100億円ぐらいにはなるでしょうが、燃費や整備コストは向上します。また訓練や支援機材は既存のものを流用できるので新規に導入する必要はありません。これまた運用コストの低減になります。

空自にしても前回のブログでもご案内のように「官製談合」の疑いが濃い、UH-60J改の調達があります。23.75億円で調達する予定が50億円約2倍です。既存機のUH-60Jが約45億円ですから始めから嘘をついて導入したのでしょう。そうでなければ空幕は上から下までアレな人たちの集まりだった、ということになります。

LCCは大抵機体コストの2倍程度とされていますから、LCC総額も1900億円から3800億円になるでしょう。つまり1900億円は余計なカネがかかっています。

空自は初等練習機も安くて性能の良いスイス製を無理やり排除して高くて古くて値段の高いスバル製のものを導入しました。

その上F-35Aもわざわざ何のメリットもない国内組立をして、自分でコストを釣り上げて調達しています。まさに自分の首を自分で締めているわけで、空幕には中国のスパイが蔓延し、空自の弱体化を図っているではないかと疑いたくなるレベルです。

こういう準禁治産者みたいなことをしているから、肝心要の防空を担う戦闘機すら共食い整備をしている羽目になっています。同様に以前は200時間ほどだった飛行時間もかなり落ちています。

一番の問題はこういう由々しき事態になっても何の危機意識も持っていないことです。

更に申せば有事に際しても滑走路の補修機能、航空機のバンカーなども整備が遅れています。

戦闘機の整備予算を捻出するならば、例えば200機あるF-15Jで非近代化機体100機を退役させ、分品取り用にする。余剰になった搭乗員は既存の部隊に割り振って、1機あたりの搭乗員を増やす。そうであれば有事の際に全力で出動できたり、繰り返しの出撃では交代して出撃することも可能となり、稼働率の低い200機を運用するよりも高い即応力が得られるのではないでしょうか。

同様に能力が低く、維持費がF-15よりも高い96機のF−2も早期に退役させて、その分F-35を輸入で1〜2個飛行隊分を導入する。余ったパイロットはこれまたF-35部隊に配備する。こうすれば、戦闘機の維持&調達コストを抑えることができるはずです。


あるいはアラート専用のコストの安い機体を導入するのも手でしょう。

いずれにしても既存装備の稼働率、乗員の練度、コンポーネントの在庫、弾薬などの備蓄などを考慮しない新装備導入はナンセンスです。

それを無視するのであれば自衛隊は軍隊よりも軍事博物館に近くなります。


■本日の市ヶ谷の噂■
海自が30FFM用に導入する国産RWSは海自による運用試験すらしていないのに導入が決定したとの噂。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
東京新聞も、ずいぶん突っ込んだ記事を書くなあ、と思いきや清谷さんが裏で糸を...じゃなかった(((^_^;)、入れ知恵していましたか。稼働率がガタ落ちするくらいなら、何も国産化に拘らずに完成品を輸入すりゃ良いのに。国産化しないと困る人が多数、おられるのでしょうけど、そんなの知らないし関係ないですし。それと30FFM用のRWSですか。フツーは事前に実機を用いてテストをしてから選ぶものかと思いますけど、そうした常識は、やっぱり通用しないんですねorz。
KU
2018/11/05 19:06
防衛省は軍ヲタの集まりか軍需産業に集まる虫なのでしょうか。自家用車でさえ整備コストや燃費、車検、駐車場代と家計を色々やりくりしながら維持管理し活用していた訳ですが、車も古くなりコストも掛かり自動車関連費用が馬鹿にならなくなって車を売り飛ばしました。何より駐車場代の高さと公共交通機関の発達している地域在住なので車の必要性は低いんですよね。どうしてもというときはレンタカーです。これで安倍のお蔭で下がった手取り年収分の差額がチャラになりました(苦笑)。防衛省自衛隊の中の人は所詮自分の懐が痛むわけでは無いし上が無駄遣いして現行兵器の稼働率が下がっても戦争している訳じゃ無いしするつもりも無いし適当に訓練できていればそれでヨシ!なのでしょうかね。それともそもそも大綱で書かれていることは絵空事だから適当で人間だけしばけばOKな考えなのでしょうか。ベンツやバーキン持って金持ちっぽく見せていても実態が生活保護ではどうしようもありませんよ。ポルシェで生活保護の人思い出しました。それくらいありえない状況に近づいたと思います。本当に弱体化を狙っているとしか思えないし現状に問題提起できない将官は首でも良いと思います。下っ端の人は怒りがあっても実質上に窮状を訴えるしかないでしょうから。トイレットペーパーの自腹だけじゃ無くもっと切実な問題があることをマスコミも指摘できないといけないんですがね。政府忖度クラブでは仕方ないのかな...手遅れになって世間一般に自然と知られる様になって初めて騒ぐようだとどうしようも無いんですがね。災害救助に駐屯地から遠路駆け足で駆けつけたとか美談にもなりません。
やれやれ
2018/11/05 20:51
> この<税を追う>の特集は実はぼくが入れ知恵をしております。

やはり東京新聞は、フリーの記者が仕入れてきたネタでもきちんと受け入れてそれを元に特集記事を組むだけの柔軟性と懐の大きさを持っているようですな。

東京新聞だけでなく、野党の議員にもどんどん入れ知恵して下さい!
被本塁打大王
2018/11/05 22:16
「海自が30FFM用に導入する国産RWSは海自による運用試験すらしていないのに導入が決定したとの噂。」
普通こういうのって試験艦あすか等に載せて評価試験を行ってからではないかと思うんですがね。何を持ってOK出したのか疑問ですね。まさか決めてから試験を開始するとか???普通の会社はゴリ押しでもされないと(これ買わないと今納入しているのも売らないぞ、とか)こんな事しません。普通はこれしか選び様がない状況だったとしても試験して性能や品質を確認してから納得して買うものですがね。

やれやれ
2018/11/06 08:09
やれやれ様
>私はトイレットペーパー問題自体はそこまで気にする話ではないと思います。
というのも、私の浅い認識(他駐屯地は不明)ではペーパー自体が職場と生活隊舎共用なのでこの様な問題になるのかと思います。
(中隊補給陸曹が割り振っているのだと思います)
 一般的に、職場のペーパーは職場が個人の生活は個人が買うのが普通なのかと思います。
それを自衛官は個人の物まである程度割り当てて貰えるのだから厚遇されているのではないかと思います。
 それよりも、事務費用(インク、紙)を隊員が賄う事の方がヤバいとは思いますね。(国の組織とは思えない)
訓練、災害派遣、民生支援等部隊が動くアクションが増えれば増えるほどインクや紙、オーバーレイなどを使います。
部隊のアクション一つ一つを点数化してどの任務をやればどれぐらい使うのかを算出したほうが良いとは思うのですが。
それは、年度によって変わるものですので今の予算編成のやり方ではできないのかもしれません。(余ったらまずいので非効果的に使う事になります)

余談ですが、自衛隊では情報の管理を厳格に行おうと努力しているのですがそれは明後日の方向に向かっています。
書類の保管年数や保管場所、内容しかり定期的あるいは抜き打ちで検査を行っています。
適切に聞こえるかもしれませんが、それが事務作業を圧迫していることは明らかなので私は事務作業の軽減を電子化によって図る事はやってもよいのではないかと思います。(軍隊と紙媒体の書類は切っても切れませんので残る部分は残るとは思います)
特にスタンプラリーは少し時間の無駄なように思えます。あと贅沢を言うと端末を増やして頂きたい(笑)
19190213
2018/11/06 09:54
19190213さん、
すいませんトイレットペーパーの件は分かりやすい例のつもりでした。これで煽っている記事を見たので。事務用品や文房具も会社の経営が厳しいときには予算が0円でした。伝票とかは別ですが鉛筆消しゴムなど在庫限りで切れたら仕方なく自前のを持参でした。今は復活しましたがペーパーレス化推進もあり文房具は最低限しか用意されていません。予算編成も半期使い切りでは返って効率が悪い(今の業務形態に合ってない)とコンサルタントから指摘を受けて改善中です。期の締めはあっても1つの仕事が終了するまでは予算をそのまま繰り越す様にしています。うちの会社も顧客の顧客がお役所とかお役所仕事の大企業が多いのでいつのまにか中小企業なのに大企業病に侵されて硬直化していました。自衛隊にできるかどうかは分かりませんが業務改善も大事です。それと文書管理ですが企業ではよくある品質管理のISO9001などを省庁も導入すれば良いと思いますよ。一連の業務の流れに必要な文書が無いと仕事が進まないので面倒ですが確実に証拠書類が残ります。定期定期に監査も入るし書類上、特に業務の流れが乱れていると怒られて改善を迫られます。1年もしないうちにポイはありません。資料は全部電子データで保管が義務化されているので専用のソフトで電子保管と管理されています。それもこれもISO9001を効率よくクリアする為です。紙の時は監査のたびに大変でした。
やれやれ
2018/11/06 10:37
やれやれ様
読解力がなくて申し訳ないです。
仰る通り自衛隊は目に見えない物は優先順序を後ろにしがちです。(ハード面、ソフト面という言葉を用いたい所ですが両方ともアレなので)
ISOは良いアイデアかもしれませんね。
導入にあたって最初は大変そうですが、検査の量も減れば業務は向上しますね。
19190213
2018/11/06 17:49
お邪魔します。
 自分はイソップの寓話を思い出しました。

 ある男が金貨を土の中に隠し、時折掘り出して眺めていた。それをこっそり見ていた別の男に金貨を掘り出されて奪われてしまった。金貨を奪われて嘆く男にまた別の男がこう言った。「元通り埋め直して、そこに金貨が埋まっていると思えば良い。あんたはどうせ使わなかったのだから。」

自衛隊の装備もどうせ運用する気などないのでしょうから、いっそあると思う「だけ」にすれば良いのではないかと思います。「本予算で買わず補正予算で買う」というこすい事をするのなら、「高額兵器を買った事にして、実際には買わずその分を現場の隊員のためになる事に使う」事をしてくれればと。

 自分は自家用車のボンネットを開けた事も、自分でタイヤの空気圧を測った事もありません。「一般大衆向けの自動車」はそんなものでしょう。兵器は本来専門集団が使う物で、その専門集団がメンテもするのが「前提」でしょうが、兵器を「素人の大衆向け商品」と同じようにしか考えられない人達がいるのではないかと思われます。
ブロガー(志望)
2018/11/06 22:33
続きです。

 かつて貴乃花元親方が暴行事件に関して内部告発をしていましたが、自分の弟子も暴行をしていた事が報じられて取り下げました。自分はこれを意図的なリークの可能性があるのではないかと思っています。あのまま突っ走れば貴乃花部屋は相撲界で完全に孤立したでしょうし、現役の力士なら他の部屋の力士からのラフプレイを受ける可能性も否定しきれません。しかし貴乃花元親方は聞く耳など持たない人なので、その結果として「意図的なリーク」がなされたのではないかと。東京新聞内部にも「お上に睨まれたり、記者クラブ内で仲間外れにされたら、存続の危機にすらなりかねない」と考える人もいるでしょうから、今後記者の中から痴漢や盗撮で捕まる人が出たり、パワハラ他の内部告発がなされたりして、その事によって東京新聞内の清谷様と手を結んだ人達が消えていくのではないかと思っています。
ブロガー(志望)
2018/11/06 22:34
選挙で多数派を取らせる程度の納税者は、今の予算を無駄遣いさせ、自衛隊を弱体化している状況を黙認してますよ。
彼らには、整然としたパレードや航空祭、火力演習を見せれば満足します。
つまり、博物館で良いのです。
通りすがりの人
2018/11/07 08:44
>「ボーっと生きてんじゃねーよ!」など流行語ノミネート

https://www.asahi.com/sp/articles/ASLC74T43LC7UCVL00M.html

これもきっとNHKによる策略(違)。



>英国が『英連邦(Commonwealth)諸国民』に対して英軍への入隊を許可。「英在住5年」の要件を撤廃へ

http://news.militaryblog.jp/web/UK-allows-Commonwealth-Nations/to-join-British-Armed-Forces.html

日本も近い将来、外人部隊とか元自だけで編成された特殊部隊とか作られるんですかね?

KU
2018/11/07 17:22
最初にお断りしますが尾上元空将と面識もないですし、一緒に仕事したことありません。前提条件として私の主観と想像でお話します。
後輩に苦労を掛けてしまった懺悔で補給体制の不備を軍事雑誌に投稿したはリスペクトできます。 しかし、空自の後方部門の責任者としての責任の一旦はあるでしょう。指定職の将官なので一定の権限と裁量を与えられているので権限の中で工夫すればできることはあるのではないかと思います。 会社組織で言えば執行役員で経営陣です。損失を被れば責任を追求され、解任や損害賠償を株主から求められます。積水ハウスの地面師の詐欺事件みたく。
空将も公務員の宮仕えだから仕方がないという声もあるでしょうが それは違うでしょう。高い地位や高額の報酬を得られるには責任・リスクは伴うのは当然でしょう。
記事の内容は読んでませんが、自分の不甲斐なさの懺悔はあるのでしょうか? 現役時代どういう努力をしたのか?
中には部隊の問題を中隊長・小隊長クラスに責任転換させ、ただ口だけ 階級章で仕事しているだけの上級幹部もいましたよ。現役時代に。 会社の経営難を現場の課長・係長クラスにはっぱを掛ける経営陣と同じだ。
古巣の職場の大先輩を批難しました。 名誉の為に言いますが尾上さんは将官クラスでまともな頭と見識はあると思います。最初に戻りますが惨状を情報発信したことには敬意を表します。
元キャプテン
2018/11/07 18:02
【悲報】安倍内閣、災害復興予算を流用して護衛艦を建造してしまう
http://blog.livedoor.jp/googleyoutube/archives/51949665.html

清谷氏が以前指摘していた災害復興予算の流用の一例ですね。せめて病院船の調達費ならまだ説明がついたのに…orz
被本塁打大王
2018/11/07 20:24
10年以上前の軍事雑誌丸で北朝鮮人民軍の惨状特集の記事を思い出しました。予算がないので兵器が直せない。燃料がないので訓練ができない。食料がないので強盗に走る。
我が日本軍も北朝鮮人民軍と同様に張り子の虎で 北朝鮮と同じ穴のムジナ。
日本人民軍と看板を変えたらいいでしょう。しかし、経済大国の軍隊とは思えない。
元キャプテン
2018/11/07 22:45
P-3Cの近代化、翼換装すれば飛行時間がリセットされる云々の件は、素人であることがバレるので、削除した方が良いですよ。
哨戒機
2018/11/13 23:04
貴重なご意見ありがとうございます(棒
キヨタニ
2018/11/13 23:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
稼働率低下で軍事博物館化する自衛隊 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる