清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦闘機のローハイミックスの可能性。

<<   作成日時 : 2018/10/13 15:06   >>

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 24

今月の月刊軍事研究で文谷数重氏が空自の戦闘機はローハイミックスにすればいいという記事をかいております。
これについては同業者でも意見が別れているようです。

軍事研究 2018年 11 月号 [雑誌]
ジャパン・ミリタリー・レビュー
2018-10-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ぼくは基本的に文谷氏の主張を支持します。流石に###を採用しろとはいいませんが、これも文谷氏、一流の当てこすりでしょう。わかりやすくインパクのある例を出すほうが理解ができるというところで出したのではないでしょうか。

ようはカネの問題です。
例えば今の定数の戦闘機にしてもF-35を採用するにしても国内調達をやめないとならないでしょう。
そしてF-35だけで戦闘機を構成する訳にはいかない。

客観的に見れば国内開発は無理。高くてクズしか作れない。F-2みればよく分かるでしょう。C-2だってお値段は当初の二倍。C-17が買えるお値段です。
そもそも戦闘機をまともに開発するノウハウもない。テクノナショナリズムに毒されている人たちはその現実をみようしとない。8輪装甲車でもそうですが、官の側に当事者能力が欠如しています。

しかもF-2の生産が終わって撤退したベンダーも少なくありません。

共同開発も楽な道ではありません。
我が国はろくに開発費や試験費用を出しませんが他国は違います。国内開発の数倍のR&D費用はかかるでしょう。であればR&Dの費用は対して安くならないでしょう。
また船頭多くして船山に登るということもあるので、時間もかかるでしょう。何しろまともに共同開発したこともありませんから。どこと組もうとやり取りは英語になります。文書つくるだけでも大変な労力です。
果たしてそれに見合う成果があるのか。英国と組むとしてもベンダーに近い形で参加するほうがよろしいかと思います。

F-22、F-35ベースの機体なんぞも胡乱な話です。コストは1機あたり200〜400億円にはなるんじゃないでしょうかね。


ぼくはF-35を後1〜3個飛行隊を輸入で調達すべきだとは思います。一部はB型にしてもいいでしょう。
これを主として西方に展開する。
あとはF-15Jを更に近代化して騙しまし使う。航続距離と兵装搭載量は魅力です。

後は安価な50億円以下ぐらいの戦闘機で済ませる。
これも正直申せば、過去の経緯を見る限り自主開発する安価にには済まない可能性が高いでしょう。
開発するのであれば練習機と兼ねて開発して機数を稼ぎ、またベンダーとし参加する国を募って、機数を増やす。

また調達数、機数、いつまでに調達して、予算はいくらになるかを明らかにすべきです。
ですが、それができないのが市ヶ谷の住人たちです。

既存の外国製の機体をちょっといじるぐらいにした方がよろしいでしょう。

それらにアラート任務などを任せる。

またいつも申し上げておりますが、機数を減らして稼働率を上げ、パイロットを増やす手もあります。
パイロットを増やして常に全力出動できる体制をとる。
そのほうが実質的に機数を増やすのと同じ効果があるでしょう。

これもご案内済みですが、空自の戦闘機は制空に特化して対艦任務は放棄する。
そうすれば戦闘機にかかる費用や、対艦攻撃の訓練もオミットできます。
対地攻撃も同じ。どうせ端からやるきもないわけで、やるふりをするだけ無駄です。

制空にしても戦闘機だけが必要なわけではなく、AWACS、AEW、電子戦機、その他ISRのアセット、空中給油機ももっと必要です。更には基地の抗堪性を上げる必要もある。これらの予算だって降って湧くわけじゃありません。

使える予算内の範囲で最適な解を出す必要があります。

無論全部高い戦闘機にするにしても数を抑えて、乗員を3倍にするとかの方策も考えられるでしょう。

戦闘機をすべて一線の高い機体で揃えればそれは楽しいでしょうが、無い袖は触れません。
予算の範囲内で、何をなすか、その優先順位を考えるべきです。
また陸自の予算をバッサリ切って、空自の回すことも考えるべきです。ただ漫然と高いC-2を調達するような無駄使いなどの「悪癖」も直すべきです。これは当事者には泥棒に縄をなえという話になるので、外部から矯正しないといけないでしょう。

■本日の市ヶ谷の噂■
総務省が30億円もかけてNECに開発された軽航空機搭載用の「超小型」SAR(合成開口レーダー)は重さ100キロと巨大で完全な失敗作。使い道がないので一つは首都大学、もう一つは防衛省のヘリに搭載して実験させるも使い道がなく、評価は昨年で終わり、お蔵入り。だがNECと総務省は大成功と自画自賛との噂。


















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
> ぼくは基本的に文谷氏の主張を支持します。流石に###を採用しろとはいいませんが、これも文谷氏、一流の当てこすりでしょう。

###に入る機種名は何か?それは実際に記事を読んでのお楽しみと言うわけですな!

>戦闘機をすべて一線の高い機体で揃えればそれは楽しいでしょうが、無い袖は触れません。

「アラート任務は安い機体にやらせる、F-35などの一線級の機体は消耗や情報漏えい防止の観点からあまり表に出さないようにする」というわけですね。

カリオストロ伯爵「ルパン!切り札は最後まで
とっておくものだ!」
被本塁打大王
2018/10/13 17:18
あんな人やそんな人が、ツイッターで叩きまくっていましたものね。何もそんなに毛嫌いしなくても、なんて思いましたが。


>最新鋭F35A、20機追加導入へ...中国に対抗

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20181013-OYT1T50041.html

配備開始から4年目で配備を完了させるスケジュールのようですし、もしかして、完成品を輸入するのですかね。
KU
2018/10/13 17:39
ヘリに対艦攻撃をさせるわけ
ーー
やっちゃいかんという法律はないだろうけど。
^_^
2018/10/13 19:51
お邪魔します。

 江畑氏の本に「複合装甲ができる前の第二世代戦車は、どうせ成形炸薬弾には勝てないからと機動性重視の戦車が多く作られるなか、英国は重装甲の戦車を作っていた。英国の関係者にその事を聞くと、『あなたが戦車兵なら、どちらに乗りたいか』と言われた。」といった事が書いてあったように記憶しています。もし戦闘機をハイローミックスにするとすれば、ローの機体に乗るパイロットに「これで敵機と遭遇したらアウト」と思わせないようにする事が重要なのではないかと思われます。尤も今時そういった可能性がどの程度あり得るかですし、劣悪なバックアップで立ち向かわせられるのもパイロットにとってはたまったものではないですが。

 もしかしたら「無人機を早期警戒機で管制」になるかも知れませんし、いっそ「勝ち目の無い敵に遭遇したら、撤退用高速ロケット機に"脱皮"する機体」というのがあっても良いかも知れません。
ブロガー(志望)
2018/10/13 22:30
対中国ドローンの態勢見直しへ スクランブル続けば防空力疲弊の恐れ
https://www.sankei.com/politics/news/170519/plt1705190034-n1.html
https://www.sankei.com/politics/news/170519/plt1705190034-n2.html

安倍政権の御用メディアたる産経新聞すら突っ込みいれてます。

アンチ安倍メディアのリテラに至っては「安保法制強行を正当化するためにスクランブル回数を水増ししているんじゃないの?」と言い出す始末。

>…実態を隠して恣意的な数字を並び立ててきた安倍首相だが、もっとも悪質な例といえば、安保法制の際にもち出した「自衛隊機の緊急発進(スクランブル)の回数が10年前と比べて7倍」というものだろう。

>安倍首相はこの数字を根拠にして繰り返し危機を煽りに煽ったが、本サイトでも当時指摘したように、たしかに2014年のスクランブル回数は943回で2004年の141回の7倍弱だが、それはもっとも少ない年と比較しているだけで、1980年から1990年代はじめまでは常に毎年600回から900回のスクランブルがあった。

>その後、2000年代に100回から300回に減少していたのが2013年に突如として急増、24年ぶりに800回台をマークしたのが実態である。これはむしろ、安倍政権になって無理矢理スクランブルを増やしただけとしか思えないだろう。事実、2013年も2014年も増えているのはスクランブルだけで、領空侵犯されたケースはゼロだったのだ。
https://lite-ra.com/i/2018/02/post-3806-entry_4.html
被本塁打大王
2018/10/13 22:58
個人的にはラファール押しですが、費用云々でグリペンかグリペンNG、F-16のそこそこのブロックを追加でしばらくお茶を濁すのが良いのではないでしょうか。F-3云々言い出すと時間も金も途方もない事になりそうで...

被本塁打王さん、
「対中国ドローンの態勢見直しへ スクランブル続けば防空力疲弊の恐れ」ここでもドローンの遅れをまざまざと見せつけられていますよね。で、F-15も古いし度重なるスクランブルで整備がおいつかないのか那覇でよくトラブっていますよね。で中国はと言うと戦闘機より偵察機等のプロペラ機や最近はドローンですか。これで毎度戦闘機を派遣していては損をしているのは日本だけになります。自衛隊のレーダー性能は知りませんが反応から機種判定できないものでしょうか。こんな時に軽量戦闘機があればとは思いますが。
やれやれ
2018/10/14 13:41
>「勝ち目の無い敵に遭遇したら、撤退用高速ロケット機に"脱皮"する機体」というのがあっても良いかも知れません。

 有りがちな「オチ」で申し訳無いのだが、「敵艦に向かって、撤退」とかナ。
はて?
2018/10/14 14:13
> もしかしたら「無人機を早期警戒機で管制」になるかも知れませんし、いっそ「勝ち目の無い敵に遭遇したら、撤退用高速ロケット機に"脱皮"する機体」というのがあっても良いかも知れません。

ブロガー(志望)様、無人機の活用は妙手だと思います。中国軍の安価で低速の無人機にまでF-15(将来はF-35)をスクランブルさせるのはコスパが悪い。無人機には無人機で対応しましょう。飛来したのが超音速戦闘機だったとしても、最初は無人機を飛ばしましょう。よしんば撃墜されて海に沈んだとしても、人的損害は出ないですし。
被本塁打大王
2018/10/14 16:26
> 個人的にはラファール押しですが、費用云々でグリペンかグリペンNG、F-16のそこそこのブロックを追加でしばらくお茶を濁すのが良いのではないでしょうか。

私も賛成です。

戦闘機はいま「軽」がアツい! 「練習機兼軽戦闘機」国際エアショーで発表続々の背景
https://trafficnews.jp/post/81305

先鋒=無人機、次鋒=練習機兼軽戦闘機、中堅=グリペン、副将=ラファール、大将=F-35
被本塁打大王
2018/10/14 21:51
一般論としては、そんなもの必要ないでしょう。安い戦闘機など実戦では役に立ちません。
ただこれは、那覇基地の特殊環境を考えるとまた少し違う答えがあると思ってます。

那覇空港は国際線が就航していることから、破壊活動により、滑走路の封鎖などで一時的に使えなくさせられる可能性はあります。あるというか、備えるべきなのでしょう。

この場合に備え、戦闘機を分散配備する必要が出てきます。市街地に囲まれ、警備に限界がある嘉手納も除外してしまうと、残るは現在建設が進む辺野古基地になります。ここで運用できる機体なら、グリペンになります。

期待すべき働きは、戦闘機として相手に勝つことではなく、那覇基地が機能を失う短い時間、「持ちこたえる」ことです。致命的な被害を受けることなく、相手を追い返せればそれで良いのです。
機体が小さいからと言うこともあるのでしょうが、運行コストが安いとの事なので、コメント欄にあるスクランブルのコスト縮減に役に立つでしょう。整備体制が低劣な環境下でもある程度稼動できるようなので、場合によっては石垣空港などへの前進配備も考えられます。
のきん
2018/10/14 22:56
> この場合に備え、戦闘機を分散配備する必要が出てきます。市街地に囲まれ、警備に限界がある嘉手納も除外してしまうと、残るは現在建設が進む辺野古基地になります。

のきん様、辺野古移設に反対するデニー玉城候補が当選したってのにわざわざ喧嘩売るような真似は止めた方が良いです。

むしろ、「辺野古移設を見直すから新石垣空港や下地島空港(屋良覚書の見直しが必要)へのグリペン配備を認めて!」って持ち掛けた方が筋が良い。

まあ、辺野古に利権を持つ金の亡者どもがあの手この手で妨害するでしょうが…( ̄▽ ̄)

「辺野古滑走路」1兆円超利権に色めき立つ永田町界隈と闇組織の綱引き
https://www.excite.co.jp/News/politics_g/20140901/Weeklyjn_6429.html

普天間基地移設に使われる税金数千億円のムダ
https://nikkan-spa.jp/579224

1兆円あったらグリペンが何機買えるかなあ…(遠い目)
被本塁打大王
2018/10/15 06:33
>アフリカ・ジブチ拠点を恒久化へ 自衛隊唯一の海外根拠地 中国に対抗の狙いも

http://www.sankei.com/smp/politics/news/181014/plt1810140020-s1.html

各種のトラックや、高機動車なども譲り渡すことになるのでしょうね。さすがに軽装甲機動車は対象外でしょうけど(((^_^;)。
KU
2018/10/15 06:33
> あんな人やそんな人が、ツイッターで叩きまくっていましたものね。何もそんなに毛嫌いしなくても、なんて思いましたが。

KU様、文谷氏もむかっとしているみたいですな↓

自分の結論をださない人に言われるのもね
http://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/blog-entry-2053.html
被本塁打大王
2018/10/15 06:38
基本的にはグリペンE/F押しです(大石氏のブログ※欄でも、だいぶ前から書いてきましたが)

ローハイミックスについては、予算に限りがある以上当然考えなきゃならんことです。ですが、この場合のローをどのレベルに設定するかということでしょう。

例えば文谷氏が推すあの機種で、はたしてまともなアラート任務が務まるのか?と考えると、例えば航続距離や戦闘行動半径を考えると、かなり心もとないでしょう。いくらローだとはいえ、使えない装備を入れるのは安物買いの銭失いになりかねません。

基本的にはローの条件は、非ステルスであるが対中国/ロシア機相手にまともなアラート任務を果たせる性能を持つことだと考えております。
特にF-35はけしてアラート向きの機体だとは思っておりません。あれは本来は戦闘攻撃機の素性です。だからこそそこを補完するためにも、よりアラート任務向きの機体を選ぶべきでしょう。
それでF-35の1/2〜2/3程度の価格とランニングコストであれば、十分に導入の意味はあるのではないでしょうか?(さすがに50億円以下じゃ、練習機に毛の生えた程度しか入手不可能でしょう)

ちなみにT-4後継の練習機は、これとは別に考えるべきでしょうね。日本が独自開発を行うならこの部分だと思っていますが、せいぜいSTOL性を持たせてコイン機としても使えるようにできればOKで、こちらにアラート任務までを求めると、中途半端にお高いものになりかねません。練習機にアフターバーナーは不要でしょうし。
PAN
2018/10/15 08:52
>>>文谷さん

被本塁打大王さん

何やらいろいろ、事情があるようなご様子ですね。



>防衛装備庁、水上艦用機関銃架(遠隔操作型)を契約

http://jm2040.blogspot.com/2018/10/30-m2-rws.html?m=1

結局、イタリア製のあんなのではなく国産で行くんですね...。日本製鋼所が担当するとなると、陸自向けのをベースにしているのでしょうかね。
KU
2018/10/15 12:44
のきんさん、
「残るは現在建設が進む辺野古基地になります。ここで運用できる機体なら、グリペンになります。」荒唐無稽過ぎますね。ここは米海兵隊の基地ですよ。それに岩国基地の様に巨大ならまだしも基地の規模も小さく同居できるほど大きくない。何より完成まで(したとしてですが)何年掛かるかも分からない。選択肢にはなりません。それなら下地島の方が地理的に有利な上に余程可能性が高いでしょう。しかも今は殆ど使われていません。
やれやれ
2018/10/15 13:22
「総務省が30億円もかけてNECに開発された軽航空機搭載用の「超小型」SAR(合成開口レーダー)は重さ100キロと巨大で完全な失敗作。使い道がないので一つは首都大学、」
これは下記の事でしょうか。
https://www.seeds.sd.tmu.ac.jp/events/2016/programs/exhibition_particular/
の航空宇宙システム工学コースの福地研究室で使用している模様。
成功したのなら導入事例が沢山あって然るべきだと思いますが2箇所だけですか...しかもお下がり?。一応都市環境や災害等で威力を発揮してくれるのが合成開口レーダーの良い所だそうですが今年などは各地で大規模災害が多かったのでさぞや(NEC以外?)活躍されたのでしょうかね?
やれやれ
2018/10/15 18:44
> 例えば文谷氏が推すあの機種で、はたしてまともなアラート任務が務まるのか?

PAN様、アレは清谷氏の推測通り、一種の当てこすりでしょう。

個人的には韓国のFA-50の名を挙げて、嫌韓ネトウヨを発狂&反日クッポンを当惑させてほしかったんですがw(俺も人が悪いなw)

>ここは米海兵隊の基地ですよ。それに岩国基地の様に巨大ならまだしも基地の規模も小さく同居できるほど大きくない。何より完成まで(したとしてですが)何年掛かるかも分からない。選択肢にはなりません。

やれやれ様、おっしゃる通りです。

仮に完成したとしても手狭だから普天間飛行場の継続使用や那覇空港の使用を米海兵隊は要求しているわけです(ソースは稲田姫の発言)。自衛隊機との同居なんて無理。

> それなら下地島の方が地理的に有利な上に余程可能性が高いでしょう。しかも今は殆ど使われていません。

玉城新知事に「アレ総理に米海兵隊国外移転の交換条件として屋良覚書の見直し≒自衛隊による下地島空港利用解禁を持ちかけてはどうか?」って直メ送ろうとしたんですが、残念ながら玉城氏の公式サイトは現在リニューアル中(^^;)
なお、リニューアル前に「当選おめでとう&那覇市長選頑張ってね」という内容の祝賀・応援メールを送りましたw

さて、KU様を見習って、気になるニュースをひとつ投下しておきます。

マティス米国防長官、辞任を計画か−トランプ大統領が示唆
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-37150115-bloom_st-bus_all

トランプを人気の面でも安全保障政策の面でも支えていたのは他ならぬ狂犬マティス長官なんですけど、本当に切る気?
被本塁打大王
2018/10/15 18:49
皆さん隠してるから自分も伏せるというかまだ読んでないんですが、文谷さんのことだから、どうせあれでしょ、何年も前から言ってる奴。

上昇力大なり、程々の航続力、アラート任務に最低限耐える程度の簡易的なアビオニクスという要求を読み取れるかどうかが分水嶺。
早い話、F-1でもアラートやってたんですよ、それで終わりじゃないですか?
なんちゃらだって上昇率はF-16あたりと変わらんわけですから、アラート用要撃機の任には十分じゃないかと。
れもん
2018/10/16 04:25
ジェットスター・ジャパン(JJP/GK)は10月15日、成田−下地島線を2019年春に開設すると発表した。
https://www.aviationwire.jp/archives/157897
なんと長年旅客機の訓練場としてしか使われていなかった下地島にターミナルが復活するそうです。写真好きとしては一回下地島で青い海と絡めて離着陸訓練を見たいと思っていたのですが何分敷居が高すぎたのと仕事が忙しすぎたのとで何十年もいつか行こうリストのままで行くことはありませんでした。その間訓練は減少してしまい旨味が無くなったのですがまた訓練が増えてくれば行ってみたいかな。
やれやれ
2018/10/16 11:20
>なんと長年旅客機の訓練場としてしか使われていなかった下地島にターミナルが復活するそうです。

下地島空港を利用したい自衛隊にとって、吉となるか凶となるか(^_^;)
被本塁打大王
2018/10/16 23:22
れもんさんのおっしゃるように、要は長距離爆撃機にノーガードでやってこられないだけの仕組みを作るっていう事なんでしょうね。航続距離の問題で、敵戦闘機は来られないが敵爆撃機は到達可能な空域がある場合、そこを埋めるだけなら対戦闘機戦闘能力を省いたローレベルの戦闘機で十分対処できるだろう、と。立場を逆にすれば、MiG-21やF-5みたいな機体でもP-3やP-1にとっては重大な脅威なわけです。「そもそもMiG-21だろうが戦闘機が出るところに空自戦闘機の護衛無しで哨戒機を飛ばす間抜けがどこにいる」という反論があるでしょうが、まさしくそれを意図した話だろう、と。何もなければ、単独でP-1やP-3を飛ばして敵国の沿海部のめぼしい目標に巡航ミサイルを撃って帰ってくる(そうやって相手国に日本を攻撃するコストが高くつくよ、と教えてくるわけです)とかそういう事が出来るんだよ、と。
個人的には上昇能力の他速度性能もある程度は重視されるのかなと思います。
ふきのとう
2018/10/18 18:05
>防衛省、F2後継、日米共同開発へ F22をベースに

http://mainichi.jp/articles/20181029/k00/00m/010/126000c

やれ、判断を先延ばしするだの、やっぱり共同開発しますだの、いや自主開発するだのと週替わりで情報が変わっているんですが。
KU
2018/10/29 07:50
毎日でF-2後継でF-22ベースでロッキードマーティンと日米共同開発が有力案として浮上って記事でてますね。何時、幾らで、何機揃う前提なんでしょうか。憶測でモノを言うのも気が引けますが、お年を召した方には未だにジャパンアズナンバーワンという根拠の無い自負が抜けていないのではという気もします。F-35自体がマルチロールファイターなのだから、役割でも被る事になりそうですよね。だったらまだF-35を買い足した方が空自の戦力を効率よく維持できるでしょう。

WW2あたりでも「間に合わなかった兵器」の話なんて山程あるのだから、今の予算規模の中でしっかりと守れるタイムスケジュールを組むという事はもっとしっかりと意識して良いと思います。ハイスペック兵器の調達に拘る理由として戦力価値を挙げる人は多いのですが、そのくせ調達が遅延したり、あるいは(AH-64Dのように)頓挫してしまっても案外その現実をすんなりと受け入れてるように見える(金さえあればなんとかなったけど無いから仕方ない、みたいなのも含め)のはある意味驚かされます。要はその分計画に対して実際の戦力が低下してる事実は、戦力を重要視するならもっと深刻に受け止めてくれと。子供が一番速いスーパーカー(清谷さん風に言えば、「オモチャ」でしょうか)を欲しがるみたいな心根があるハイエンド導入論者は民間にも一定程度居そうだな、と。ついでに言えば、「オモチャ」に対する関心程度だから、喉元過ぎれば熱さも忘れるみたいなある種の不真面目さがあるのかな、とちょっとイヤミを付け加えておきます。
ふきのとう
2018/10/29 11:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦闘機のローハイミックスの可能性。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる