清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【防衛予算概算要求】防衛予算拡大で自衛隊の弱体化を図る安倍政権その3

<<   作成日時 : 2018/09/08 13:45   >>

面白い ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 12

陸自は来年度予算で新規に装輪自走榴弾砲を要求します。
7輌で48億億円、調達単価は6.86億円、初度費は来年度が17億円です。


すでにご案内のように、これは当初車体はMHIの重装輪回収車をベースにする予定でしたが、MANディフェンスの8輪トラックに変更されました。これは前者がエンジンの製造が終わったこともあったわけですが、コスト、性能的に問題があったことが大きかったわけです。

であれば、他のトラックも性能、コストはどうなのだ?
ということになります。
自衛隊向けトラックの精査は必要でしょう。だめであれば海外からの導入も検討すべきです。
品質、コストが十分であるならば輸出を志向すべきです。売れればその分コストは下がるでしょうし、雇用も増えて、納税額も増えます。

装輪自走榴弾砲の主砲は99式の流用で、コストはかなり安く抑えられております。
このあたりはある程度評価できるところです。

利点はFH70よりも約半分の人員で済むので、省力化、人件費の削減に寄与します。これが最大の利点です。


ですが8輪を採用したことに対する疑問もあります。仏軍のカエサルは6輪で17.7トン、C-130で空輸が可能です。カエサルの輸出型は8輪が存在しますが、これは自動装填装置やAPUを導入しています。で陸自の装輪自走155ミリ榴弾砲はそれがないのに26トンにもなる。

これが射撃の反動の吸収システムがさほど優秀ではない、ということではないでしょうか。あるいは主砲が重たいのか。いずれにしても自動装填装置がないのに、重たく数が少ないC-2(調達機数の削減は十二分にあります)でしか空輸ができないのであれば、事実上空輸は不可能であるでしょう。これは機動戦闘車も同じです。それより、兵員、トラック、弾薬、燃料、食料、医薬品などが優先されます。


しかも、ネットワーク化がなされておりません。今日日の砲兵システムとしてはそれだけでもNGです。また精密誘導砲弾の導入の予定もない。ある意味90年代のセンスで作っちゃったシステムです。
そして例によって、これが何両導入される予定なのかも公表されていない。本来それは開発時に開示されるべき情報です。
運用条件が80年代つまり1世代前ならばそれでよかったでしょう。

そして弾薬給弾車は開発も調達もされません。普通、同じトラックを使って給弾車をつくるわけで、カエサルなどもそうしております。99式弾薬給弾車などは装軌式ですし、こちらに回す数もない。
どうするんでしょうかね? 普通のトラックにラックでも積んで使うんでしょうか?

どうもFHの更新ができればいいや、砲兵システム?なにそれ美味しいの?
みたいなセンスを感じます。


先日も取材先で馬鹿話をしたんですが、島嶼防衛ならばこの自走砲の代わりに127ミリあるいは155ミリ方を3連装砲塔を3基搭載した艦砲射撃用の「ポケット戦艦」を作ったほうがいいじゃないかという話で盛り上がりました。艦名は「ヤマト」(笑

現在の海軍砲と最新の精密誘導&射程延長砲弾であれば150〜200キロの射程は実現でき、精密誘導砲撃もできる。つまりアウトレンジから攻撃が可能。
そして発射速度が陸上の榴弾砲よりも速いので単位時間あたりの投射鉄量は大きい。
内地で使うにしても太平洋側から反対側の沿岸も射撃ができるでしょう。

さらに陸上よりもより高級な照準装置の搭載も可能だし、観測用のドローンを搭載すればより精緻な射撃が可能です。また相当量の弾薬も搭載できます。

99式が136両調達されており、MLRSが約60両、現在の火砲の定数からすれば新型自走砲は100両前後の調達数になるでしょう。
であれば、このようなポケット戦艦を2〜3隻建造するほうがコスパと運用の柔軟性が高いのではないでしょうか。つねに運用できるのが2隻として18門の砲が使える。しかもわざわざ陸揚げする必要もない。また陸上からの対砲射撃による被害もない。
おそらく陸用の155ミリ砲30〜60門の価値はあるでしょう。

与太話はともかく、海自の護衛艦の火砲の強化をすれば陸自の155ミリ榴弾砲を減らしてもいいということは十分検討すべきではないでしょうか。

更に申せば過剰に作った136輌の99式は必要なの?という話もあります。
だって防衛大綱では大規模な着上陸作戦は想定していないわけで、機甲戦闘用の装備は種火程度でよろしい。しかも52口径155ミリならば射程は40キロ。別にべったり戦車部隊に随伴する必要もなく、装輪式でもいいでしょう。実際仏陸軍は装軌式の自走砲を廃して、カエサルに統一します。

例えばの話、100輌ほどの99式から主砲を外して装輪自走155ミリ榴弾砲用に転用すれば、調達コストは格段に下がります。浮いた車体はのこった99式のスペア部品に使うか、89式ICVの後継に使えばよろしい。そもそも89式の車体を流用、延長したものです。砲塔は他国から買ってきて(例えばCV90とかCMIの3000シリーズとか)安く済ませれば安く新型ICVが開発できる。これに合わせて既存の89式を改修してもいいでしょう。

その分100門ほど火砲は減りますが、海自の火砲の強化と、30門ぐらいのM777(必要があればポーティシステムも)を導入すればよろしい。実はBAEシステムズはM777のより軽量型と重量型を開発する予定です。軽量型は35口径程度でブラックホークでも懸吊空輸が可能です。

浮いた金で特科のネットワーク化と、一般部隊への統合火器管部隊(今はやっと水陸両用団だけに配備)、精密誘導砲弾の導入などに使ってはいかがでしょうか。


■本日の市ヶ谷の噂■
空自はすでに発注済みのE-2Dの他に7機分の、部品などを来年度概算予算で要求。これはなし崩し的にE-2C後継をE-2Dとして、まずは更に7機のE-2Dを調達し、その後残りの全機を更新するためとの噂。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
通信ネットワークの欠如でどうやって戦うのか?皆目わかりませんね。お金無いぶんそういう面では創意工夫がされていると思ったのでショックです。精密誘導弾もないなんて、どういうことすかね。
そうなんですか?
2018/09/08 17:27
まだ自走203ミリりゅう弾砲も、かなりの数が配備されているようですね。これも早いうちに別の装備に換えられるのか、部隊その物も廃止されるのかなのでしょうかね。にしても、ポケット戦艦のアイデアは面白いと思います(^_^)。艦名は···「あたご」は使われているし、「あまぎ」とか「あさま」とか。イージス・アショアに大金を注ぎ込むくらいなら、こんなフネに注ぎ込んでほすい。あと、重装輪車両が候補から外されたのは、あんな装甲車と同様、陸幕や装備庁にしては良い判断だったのでしょうね。装甲車というと、来年度の概算要求では試験用車両の購入に20億円でしたか。それだけ要求するからには、1台だけ買います、なんてことわ(ry
KU
2018/09/08 22:48
>陸自がドローンで被災状況を調査 北海道 厚真町

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180908/k10011619191000.html?utm_int=news-saigai_contents_list-items_009

いまいち自信が無いのですが、どうやら日立が破格のお値段で売り込んだ機体ではなく、こちらのメーカーの製品に似ているような気がしますが、どうでしょうか?↓

http://www.aerosense.co.jp/multicopter/
KU
2018/09/08 23:38
9月3日更新の朝雲アーカイブでは
引用
第3の特性は、「ネットワーク化」により効果的な統合作戦が遂行できるようになったこと。
車内に陸自「火力戦闘指揮統制システム」の端末が設置され、司令部等とリアルタイムで情報交換を行い
引用終わり
と記載されていましたのでネットワーク化されていると思ったのですがネットワーク化されていないのですか?
それとも、このぐらいの設備ではネットワーク化されたと言えないという事でしょうか?

誰かご存知の方はいらっしゃいますか?

どれが正しいのですか?
2018/09/08 23:45
>>>ドローン

大石さんのブログにも投稿させていただいたところ、こちらの機体かもと他の読書の方から教えていただきました。↓

http://www.parrot.com/jp/doron/parrot-bebop-2-power-pack-fpv#follow-me-ji-neng-deanatanoakusiyonwozhuo-emasu

改めてNHKの記事の画像を見ると····これで間違いなさそうです。
KU
2018/09/09 06:32
どれが正しいのですか?さん、
他の軍隊や防衛装備品の展示会などを
見た素人としての見解ですが、自衛隊のネッワーク化って何ですかね?と聞きたくなるレベルで遅れていると思います。例えばドローン1つ取っても自衛隊は殆ど持っていませんし使っていません。今だとドローン飛ばして敵の位置情報を取得し砲撃して着弾の確認や戦果の確認もしたりします。榴弾砲でも最低限でこれ位はしてますよ。自衛隊はしていません。観測ヘリは飛ばすでしょうが人間が見て無線で報告。OH1は未だに飛べないので数の減ったOH6でするのでしょうか。何れにしろ命がけです。
ドローンは落ちても予備があれば良いですから。
それとも空自と連携してするのでしょうか?情報共有の悪さが三自衛隊の特徴と言える位悪いのに普段やってない事は難しいと思います。

清谷さんが馬鹿話で出た戦艦の名前はやはり大和と武蔵が良いと思いますよ。大艦巨砲主義はアレなんですが、島嶼部を守る移動砲台なら戦艦より使いでがあるでしょう。

E2Dへの更新が最良なのかよくわかりませんが、E2Cもいい加減お年寄りなので近々何かに交代する必要があるでしょうね。
やれやれ
2018/09/09 08:12
お邪魔します。
 「北の核ミサイルが不安だ」「中国の海洋進出が不安だ」といった不安に対し、「事実に基づく合理的な説明」では対応できません。なぜなら不安は「ある」「ない」の二択しかありませんが、事実に基づく限り「完全にない」状態などあり得ないからです。たとえ地球破壊爆弾やデスノートがあったとしても不可能でしょう。ですから一見凄そうな兵器を、実際の有効性とは無関係に導入する事で、不安から目を逸らそうとするのです。当然「導入それ自体が目的かつ到達点」なので、導入された兵器は必然的に「放置」されます。しかししばらくすると再び不安が頭をもたげるので、そうなると前に導入した兵器などには目もくれずに新たな兵器の導入を図るのというのが現状ではないかと。
 境界性人格障碍者は、「見捨てられるのでは」という不安に取りつかれ、「こんな私でも見捨てられない」という事を確認したくて他者を翻弄し、その結果他者に「本当に」見捨てられます。日本の防衛も不安に振り回された「結果」として、「不安に感じる状況」が作り出されるのでは。

 最後にポケット戦艦ですが、「正規軍同士の全面かつ徹底的な対決」がアメリカを含むどの国にとっても「割高」になり、「にらみ合い」「小競り合い」の比率が増えた今の状況では、有用たり得る存在ではないかと思います(砲艦外交の復活か)。艦名は「ヤマト(大和)」は「永久欠番」ぽいと思われるので、自分は「大和」「武蔵」「信濃」の続きという意味で「紀伊」「尾張」が良いのではないかと思ったりもします。
ブロガー(志望)
2018/09/09 22:01
>炎天下で災害救助する自衛官の制服が夏用じゃないのは予算のせい?

http://nikkan-spa.jp/1506208

ナンとかの一つ覚えで二言目には「やっぱり予算を増やさないと!」しか言いませんよね、この人は。
KU
2018/09/09 23:26
やれやれ さん
はじめまして。

例まで使ってご教示して頂きまして有難う御座います。
勉強になりました。
どれが正しいのですか?
2018/09/11 10:17
清谷様

新規導入されるE2Dはやはりこれまで同様にcecに対応する端末は入ってないのでしょうか? それとも仕様変更で米海軍と同様のものになったのでしょうか?

なにかご存知のことがありますでしょうか
みつお
2018/09/11 15:33
CECは今後から調達される機体にはつけて、既に納品された分には加工してつけるらしいですが、そのまま単につけるというものでもないらしいので、ちょっと面倒になる可能性もあると。
キヨタニ
2018/09/11 19:13
清谷信一さんのポケット戦艦(イメージ的にはモニター艦だけど)のアイデアでこの小説を思い出しました
https://ncode.syosetu.com/n1811bx/
牛鬼
2018/09/12 04:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
【防衛予算概算要求】防衛予算拡大で自衛隊の弱体化を図る安倍政権その3 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる