清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【防衛予算概算要求】防衛予算拡大で自衛隊の弱体化を図る安倍政権その2

<<   作成日時 : 2018/09/04 17:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 14


さて、今回は陸自のUH-Xのお話です。

陸自のUH-X(次期多用途ヘリ)は当初は単価12億円を想定していました。
ところが本ブログなどですでにご案内のように、12億では収まらない。
まあ、単発のUH-1Jが12億ですから、そもそも12億円で済むはずがないのはバカでも分かる話ですが、市ヶ谷のA棟やらD棟やらにはバカ以下の人たちがいらっしゃるんでしょう。


で、案の定概算要求では6機で110億円つまり1機あたり18.33億円です。初度費が52億円です。

えっ、これホントに作るんですか、レベルの値上がりです。想定の1.53倍です。

防衛省は装備調達コストの高騰を避けるために、米国の国防授権法(ナン=マッカーディ条項)を見習って、コスト管理のためのルールを平成27年度に大臣訓令としてだしています。

これによれば調達単価が当初の150パーセントを超えると調達を見直し、あるいは中止する可能性がでてきます。この見直し基準が米国ほど厳格ではありません。

防 衛(参考資料)P.17(財務省資料)
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia271026/05.pdf

防衛平成28年10月20日P.15(財務省資料)
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia281020/03.pdf

この訓令は野放図に調達コストが上がるのを防ぐためです。
無論、単にコストの高騰を防ぐためでもありますが、我が国では過去官民が結託した官製談合(といってよい)によって、安めに業者に見積もりを出させて平気で、調達時になって値段を高騰させる、つまり、本命の業者に入札させるためにインチキな入札をやっても問題がないという慣習があり(はっきり言ってこれは犯罪行為です)、これを是正するためのものです。


例を挙げるならば空自のUH-Xで、本来23.75億円の調達単価がほぼ2倍です。既存のUH-60Jの改修ですから、約45億ですから劇的なコストダウンができるわけがない。で、記者会見でも空幕長がいけしゃあしゃあと「劇的なコストダウンの方策はありません。がんばります」と発言する。

組織ぐるみで官製談合やっているとしか思えませんが、それが放置されてきた。

その悪癖を止めるための訓令ですが、概算要求でこの数字を平然とだすということは、内局もそれをオーソライズしたということで、それが全く機能していない。つまり当事者能力が欠如しているということです。

せっかくコスト管理のためのプロジェクトチームも作ったのにねえ。
仏作って魂入れず、です。防衛省、自衛隊には自助努力は期待できない。
そのくせぼくが報道して、個人衛生キットを改善する予算がつくと、メンツを潰された、永田町でやっている
勉強会を妨害してやると陸幕長了解のもとかつての旧軍の陸式の憲兵隊気取りで圧力をかけたりします。
まったく民主国家の軍隊ならば首が飛ぶレベルの話ですが、これを小野寺大臣にもお話したら、清谷とは
話をしないと。 大臣が「軍人」トップの暴走に無関心らしいです。


そもそも、UH-XはOH-1ベースの川重案が官製談合で潰れて(当事者に詰め腹切らせて、トカゲの尻尾切で終わり)、仕切り直しをしたときに、我が国のヘリ産業振興のために、外資とジョイントで新型機を開発し、陸自がランチカスタマーとなって、リスクを減らして、民間で売れる機体を作ろう、つまり第二のBK117を目指したわけです。

ところが始めから契約が取れると慢心していた川重の自滅もあって、ベルがB412ベースでとってしまった。
そして初飛行が極めて古いUH-1が原型の機体で、しかも改修はベル側が行って技術移転もほとんどなく、海外でうれるとした想定機数も川重・エアバスの10分の1の150機。しかもその達成は極めて難しいでしょう。おそらく、スバルはこのプロジェクトで大赤字を抱え込む可能性があります。


どうもこれは首相官邸と官邸に媚を売った内局の合作で、官邸肝いりの使いみちもないオスプレイを導入するための費用の捻出のために、「安かろう、悪かろう」という案を選んだというお話らしいです。

同様に海のUH-Xも歪められて、これに意見した海幕長が逆に叱責される羽目に。
もうめちゃくちゃです。

そしてUH-Xが受注できなればヘリから撤退したであろうスバルのヘリ部門が温存されて、3社体制が維持されることになって、我が国のヘリ産業の統合への道がまたもや遠のきました。

言うまでもありもあせんが、我が国のヘリ産業3社(+エンジン2社)は防衛需要にぶら下がる寄生虫です。海外市場は愚か、国内の警察、消防、自治体すら川重とエアバス合弁のBK117除けば、全くの売上ゼロです。BKだって70年代の遺産です。この先、発展する予定がまったくない。50面晒して、漫画家めざすといいつつ、コミケで1冊も売れないような同人誌作って作家ヅラして、親にたかってオタクやっているのと同じようなニート3兄弟です

こういうニート3兄弟を税金使って、しかも何倍も高いコストを払って養うことに国益があるんでしょう。
そんな無駄金があるならば、奨学金やら母子父子家庭の親御さんの職業訓練やら雇用を促進したり、契約社員やバイト扱いになっている公務員を「正社員」として雇用するほうがよほど国益にかなっているでしょう。

ヘリ産業もそうですが、こういう無軌道な無駄使いが直らない連中に、自民党の国防部会のセンセイ方は予算を2倍に増やしてやれなんぞぶち上げておりますが、頭は大丈夫でしょうか。もっと無駄使いするだけですよ。
こういう現実も見ないでネトウヨ並の認識で防衛費2倍にしろというのはオナニーです。

今回のUH-Xはキャンセルすべきです。このまま採用されればモラルハザートはますます進み、1機20億とか30億円になる可能性もあります。あるいは初度費でインチキするか。
これまた何度もご案内しておりますが防衛省の「初度費」は初度費ではありません。
これは延々と払い続けることができることになっています理屈の上では20年も30年も払い続けられる。
これによって、装備調達がますます不透明になりました。
初度費のあり方も見直すべきです。

UH-Xは潰して、既成品を買うべきです。そうすればスバルのヘリ部門は潰れて、メーカーが1社ヘリます。
不要な装備調達で無駄に税金を使う必要もなくなります。

それともどうして無駄に防衛費を使いたい理由でもあるのでしょうか?







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
この流れで行くとNAHも国産なんでしょうか。仮に安かろう悪かろうとなると···スバル案(そうなると最早、攻撃ヘリとすら呼べない気もしますけど)が一番安く済みそうなんですがorz。あと、NBC器材の調達で防護服や除染セットには触れられているのに、なぜかNBC偵察車は書かれていませんね。アレな試作品が開発中止になったことと関係しているのですかね?
KU
2018/09/04 20:46
「それともどうして無駄に防衛費を使いたい理由でもあるのでしょうか?」何でもバラマキ、税金無駄遣いし放題、所詮他人の財布だから好きなだけ使ってしまえ内閣だから無駄使い=企業への媚、堂々と賄賂で恩を売って票集めって所じゃないでしょうか。市ヶ谷のお偉いさんも甘い汁を吸いたいのでしょうね。真面目に防衛を考えていれば無駄遣いが国防の首を締めてることに気づくでしょう。そんな空気を読まない人は出世から外れて左遷とかでは無いでしょうか?だから頭の悪い方々が牛耳るのではないかと愚考します。
海外に兵器を販売してない防衛産業の製品がアレなのはガラパゴスで仕方ないとしても、航空関係の民生品(完成機)も揃ってアレなのは防衛部門がアレの上に金もらっているから儲かると脳みそが花畑になっているのでしょうかね。普通に考えたら価格面でUH-Xの民間型が売れる道理がありません。国が企業にゴリ押しすれば別でしょうがベルから買ったほうがオトクな上に信頼性も高そうです。スバルからわざわざ買うとは思えません。それとBK117を個人的に擁護しますが新型のBK117 D-2、エアバスヘリコプタH145は結構改修されている様ですよ。B737も延々とリニューアルして残っているので新規性が無くとも売れる要素があれば売れると言う事でしょう。米軍も旧型ですが軍用型を使用していますし価格の事は分かりませんが、お値段次第ではUH-Xの代わりに使用するのも有りじゃないですかね。エアバスヘリコプタも軍用型を売っていますしスバルと競わせるのも面白いかも(爆)。
やれやれ
2018/09/04 21:47
偶々ニュースを見たので
ヒラタ学園がドクターヘリとして2機目のH145を導入
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180904-95627163-otakuma
BK117D-2と同じ機体ですが川崎では無くエアバスヘリコプターと言うのがミソかも知れません。
やれやれ
2018/09/04 21:55
陸自が調達予定のベル412EPIを全てキャンセルして、H145Mにしましょうよ。

川重も見た目がほぼ同じBK117を作っているのですから。
Masaya Hariu
2018/09/05 01:30
このブログを知ってから、私が現役時代に感じていたもやもやがはっきり書かれていて、驚きました。私もA棟にいたことがありますが、防衛省に自浄能力はありません。エリートと呼ばれる人の99%は上しか見ていませんから。ろくでもない国産兵器や必要のない米国産兵器を買い続けるのは、政治家や企業に気に入られたい上しか見ない人たちにとって当然のことなのです。
ikkaku
2018/09/05 16:25
ikKaKu様

A棟で勤務した経験でエリートと呼ばれる方々の99%はヒラメ、そんたくですか? やはり官僚主義の弊害が蔓延していると思います。先の大戦でボロ負けしたのは官僚主義の弊害で、進歩なし、学習能力ない業界だ。私も退官して 現役時代の悪習が世間との隔絶さを見に染みました。あなたはまともで常識的な脳みその持ち主ですよ。
元キャプテン
2018/09/06 06:45
UH-Xやオスプレイに限らずわざわざこのご時世に新規開発して単価が15億近くなった戦車や既存の制服で十分なのにわざわざおニューの制服買って肝心の迷彩服の調達数が半減したりと陸のお買い物はひどいっすね
猿がパソコン叩いてんのかな?
山銅
2018/09/07 01:43
清谷様

永田町での勉強会を妨害?
どのクラスの方々なのか察しがつきます。清谷さんは蛇の如く執念深く、小学生の頃いじめた先公をリベンジしたり、税務署長や警察署長と喧嘩したり、バカ幹部ごときは敵にならんでしょう。一度完膚なきにしたらどうでしょうか?世間の厳しさを教えたらどうでしょうか。
清谷さんはジャーナリスト、経営者としてシビアでリスキーな世界に身を置いています。言葉一つ間違えただけで訴訟されたり、テロにあったりする危険もあるし、判断を間違えると会社倒産し、身ぐるみを剥がされる。例の妨害している 方々はそのような覚悟と度胸はあるのでしょうか? ハッタリと精神論を語り、部下に威張り散らして飯を喰っているチキン野郎でしょう。
どの業界でも批判非難されるんですよ。うちの会社なんか 恐喝紛いのクレームなんて日常茶飯事。 例の妨害している方々をクレーム担当をさせたら面白いでしょう。3日でクビを言い渡されるか、自ら辞めるか。
元キャプテン
2018/09/07 06:47
続き

OB株主としての立場として発言。
社会で活動すれば、程度の差はあれど評価されます。批判・非難は当然です。寧ろ非難・批判はモラルハザードを抑制します。世間の目として。自衛隊は良いのか悪いのか知りませんが生産したり、サービスを提供しません。また市民生活との関わりが少なく、世間の関心が薄い。 当然、カルトの如く 閉鎖社会となり、モラルハザードになるのは必至です。
5兆円という国家予算の一部を使っているので株主たる納税者は厳しくチェックすべきでしょう。政策、予算、人員、編成、装備とか。
例えばOBが野党の国会議員、ジャーナリスト、大学教員になるとかもっと正しい情報を普及する責任があると感じました。 私も責任の一旦はあります。
宗教まがいの反戦団体でなく、理論武装で攻めましょう。 自衛隊の内部でもCSR・社会的責任やコーポレートガバナンス・内部統制をもっと教育すべきで 社会人として最低限の常識を身に付ける。それも入隊時に。 その部分が欠けている。私は退官して痛切に身に染みています。
元キャプテン
2018/09/07 07:58
元キャプテン様
A棟D棟はまさに官僚主義の巣窟です 最後の決め台詞は、国産技術の継承と維持 日米同盟の深化と実効性の確保 でほとんどの兵器調達・研究開発は出来レースとなります。
もちろん、米国製は国産なんかより20年くらい先を行ってますし、国産にも稀にいいものもありますが・・・・・
ikkaku
2018/09/07 12:37
兵器づくりより、人づくりよね

コレはどこでも苦労してるというか、失敗ばっかだけどね

別に防衛省や、公務員や、日本や、に限らないけどさ

特に内局は、東大でも、ランクの墜ちるヤツが流れてくると言うことじゃないですか?

今時大手では、売り上げが8割海外だったリだとか、外人同僚だったリだとかは日常だけど。

そういう状況にも対応してないというか、世間でなにが起きてるのかも知らない、興味ない連中がエリートとして、ふんぞり返ってるだけでしょう。

絶望的だけどね。
多国籍演習でも、ちゃんと見てるのかなと。
見てるヤツはキヨさんに密告はしてるのだろうけど。

キヨさんの言う海外視察もへたくそだとかでは、どうにもならないけど。
他国の軍の事例にも興味がないと。ただ措機内の人事や出世ばかり、と。

そういうのが中枢にいるからおかしくなってるか。

コレを考えると、防大生や幹部候補の2割は海外留学組か。
あと内局も、東大ででもいいけど、海外に休学留学経験あるヤツでないと。

あと内局の幹部の2割は外人上司にしちゃうか。

アベアレ軍政で、女性登用が進んでて、人事改革がどうのと言ってる。
それはいいけど、ヌルいと。
aaa
2018/09/08 09:21
a棟、d棟が官僚主義だとか、そこが問題ではないですよね。

問題は、防衛産業に天下り、そのために予算要求する陸海空の幕僚監部でしょう。
官僚ではなく、自衛官の天下りが酷い。取引先のメーカーでも、無能な顧問としてして採用されています。
通りすがり
2018/09/08 09:27
ikkaku様

私の現在の職場の親分は元警視庁の刑事をしておりまして、休憩時に警察勤務時代の裏話で、親分曰く 警察の敵はゴロツキでもテロリストでもない。官僚主義と 警察官僚だ!
踊る大捜査線と同じです。自衛隊と同じく階級制の上意下達の官僚組織なので抱えている問題も共通しているでしょう。
なぜ太平洋戦争でボロ負けしたのか?アメリカの国力に負けたのではなく、自国の官僚主義で負けたと思っています。正に歴史は繰り返す。 原点回帰。学習していないのでは?

あと諺のとおり、敵は内にあり、バカな大将敵より怖い。
元キャプテン
2018/09/08 13:02
通りすがり 様

コメントで防衛産業に就職した先輩・OBのお話について、私が現役時代に調達関係の仕事をしていました。リアルに関わっていました。 例として、現役時代の階級・役職が抜けきれず上から目線、 後輩の私に命令口調、自分で営業回りせずプロパーと一緒に行動。まぁ 給料泥棒ですよ!
私は態度が酷いOBは職場に出入り禁止して、OBの上司に担当者をチェンジしていただくよう苦情を申し上げました。出入りしている営業マンから苦情聞かされ、後輩の私は、先輩の尻拭いで頭を下げましたよ!
苦情の内容は、口だけ大将で実績が伴っていない。あと階級章が抜けきれない。元1佐クラス。 柵の中でしか生きていけないし、上げ膳下げ膳して裸の王様の環境にしてしまいましたから。頭下げることはできないでしょう。
全てではありませんが、悪評が多いです。本人の資質だけでなく、裸の王様の環境も一因でしょう。
元キャプテン
2018/09/09 10:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
【防衛予算概算要求】防衛予算拡大で自衛隊の弱体化を図る安倍政権その2 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる