清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 「第二の装備調達予算と化した防衛補正予算」を報道しないマスメディア

<<   作成日時 : 2018/08/24 13:26   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 10

防衛予算5兆2986億円 19年度概算要求 過去最大に
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3443668022082018000000/

>防衛省は22日、2019年度予算案の概算要求をまとめた。過去最大の5兆2986億円を計上する。18年度当初予算比で2%の増額となる。不安定な北朝鮮情勢を踏まえミサイル防衛を引き続き強化するほか、宇宙監視、サイバー防衛、電磁波を扱う電子戦の3分野の対応能力を高める。8月末に正式決定する。

>概算要求には23年度の運用開始を目指す陸上配備型の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の取得費で約2000億円を盛り込む。


 毎度申し上げますが、来年度予算だけを取り上げて報道しても意味がありません。

それは東日本大震災以降、防衛予算の補正予算が「お買い物予算」あるいは「概算要求でこぼれた装備の救済予算」となっているからです。

 本来補正予算は例えば先の大水害の際の派遣に伴う隊員の手当や、装備の損耗とか、為替変動で燃料費が高騰して燃料費が足りなくなったとか、予算編成時に予期できなかった突発的な支出を手当するものです。大震災で被災した装備の回復などもそれに当たります。

 

 これがまだ震災直後ならば、民間の消費が下がっており、一時的に政府の支出で経済を支えるという名目もたっったでしょう(ぼくは肯定しませんが。ならば軍事に使うべきではなく民生に使うべきでした)。
 それにしても3年が限度でしょう。

 なし崩し的に本年度の補正予算は来年度の予算で買えなかったものを、買うための「第二の防衛予算」と化しています。その額も年々増えています。17年度補正予算案の防衛費は2345億円で過去最大でした。この中の本来の補正予算以外の「買い物予算」は1800億円程度でしょう。


 新聞やテレビなどの記者クラブ所属のマスメディアこれを全く指摘せず、来年度予算だけを取り上げています。
 昨年になって日経はやっとこの問題を取り上げましたが、12月の政府予算案がでてからです。


日経がやっと来年度防衛予算と、本年度の補正予算を合わせて報道
https://kiyotani.at.webry.info/201712/article_16.html

 これではおそすぎます。本来概算要求がでる前後の今の時期に「第二の防衛予算」によって、防衛調達が不明瞭であることを読者に指摘すべきです。ですがなんの理由があるのか記者クラブ会員のメスメディアは報道しません。
 これは国民の実質所得を減らし続け大失敗となったアベノミクスがあたかも成功しているように、見せかけるための詐術でしょう。2013〜2015年までの実質所得は累計で4.6ポイントの下落で2008〜2009年までのリーマンショックに匹敵しています

 安倍政権では防衛予算に限らず各省庁の補正予算を増やしていますが、それは政権維持のために、国の借金でGDPを膨らますことにほかなりません。自分の世間維持のために補正予算を私する政権を、なにゆえ多くの有権者が問題にしないのか。それはやはり「報道機関」である記者クラブ会員のメディアが報道も批判もしないからでしょう。また共産党の機関紙の赤旗も問題にしないし、国会でもこの問題があまり議論されておりません。


 おそらく今年は補正予算の過去最大になり、「買い物予算」は2千億円、それ以上に膨らむ可能性があります。

 約5.3兆円の防衛予算のうち、2千億円は大したパーセンテージにならないように思えますが、昨年度の装備調達関連費用は9千億円弱、今年は9千億円を超えるでしょう。であれば、補正予算の「お買い物予算」は22%、2割強になります。
 
 これでは来年度の防衛予算の装備調達を国会で議論してもその後で、2割以上の予算が打ち込まれるでは国会の予算審議は機能しないも同然です。

 これは文民統制の面でも好ましいことではありません。 


防衛補正予算1966億円の買い物リストを検証
ヘリ、装甲車などの装備を買おうとしている
https://toyokeizai.net/articles/-/100679?page=4


補正予算が第2の防衛予算に〜政権批判しない野党とメディア〜
https://japan-indepth.jp/?p=24881



アベノミクスがいかに個人消費を冷やしたか指摘しています。




■本日の市ヶ谷の噂
イージスアショアでロッキードマーチンのレーダー採用がリークされ、レイセオン派だった小野寺防衛大臣が大激怒。大臣室から小野寺大臣の怒声が漏れた程の怒りようだったとの噂。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
自衛隊の小銃に関する英文記事です。
調達がダメだと指摘されています。
This 1 Photo Is the Japanese Self-Defense Forces Big Problem (Or The Gun In It)
https://nationalinterest.org/blog/the-buzz/1-photo-the-japanese-self-defense-forces-big-problem-or-the-26292

以下は、翻訳した要点の抜粋です。
1、設計時期は年代的に古くないが、近代化がなされていないため欧米やロシアの小銃に劣る
2、人間工学的な問題がある
・マグウェル(マガジンの差込口)にテーパーがないため、迅速なマガジン交換が困難である
・諸外国の小銃に全長が長い
3、最も目立つ問題は、小銃の付属品を整備する現実的な計画の責任ある実行が欠けていること
4、レールシステムはOTSという会社が出しているが、その使用は極めて少数だ
5、89式小銃への光学機器の標準化欠如は現代戦環境への適応を制限することになる
6、防衛力の強化には、歩兵火器を包括的に欧米の水準に引き上げる計画を策定すべきだ
7、水陸機動団が発足した際、光学機器を使う隊員は見られなかった一方、米海兵隊の小銃手は4倍率の光学機器を使うのが標準だ
CPR
2018/08/24 16:58
メデイアはダメよね
いくらでも繰り返せるけどさ

いま、省庁、自治体の障害者雇用の水増しが大問題だけど、メディアはちゃんと障害者は雇ってるのかなと

調べれば、ああ」という、みんなで渡れば怖くないなアレでしょう。

しょうもない国だけどね
aaa
2018/08/25 11:19
小野寺防衛大臣が大激怒で声が響くって、そんなにレイセオン社のスパイ6に拘りがあったのでしょうか?
SSAO
2018/08/25 18:10
小野寺大臣がレイセオン派なんですか?
いや政治家個人が特定企業の派閥みたいに
書いてあると癒着とかですかね?
お金を貰っているのかレイセオンの兵器に心酔しているのか。
鶴の一声でひっくり返すとかあるのでしょうか?
そもそもどっちのレーダーの性能が良いのか
或いは使い勝手が良いのか比較検討して
決めるものでは無いのですか?
性能に差がないなら賄賂の量か誰に賄賂を渡したかで決まるんですかね??
やれやれ
2018/08/25 20:16
やはり、頼みの綱は財務省(ry。野党もモリカケやら何やらと、世間的にウケそうなネタばかり追わずに、こうした一見、地味そうなネタをやれば少しは党の支持率がアップするかもしれないw。ま、やりたいと思う人も中にはいらっしゃるのでしょうけども。

>オスプレイ 佐賀配備計画 県が容認 地元漁協と協議へ着陸料100億円

http://mainichi.jp/articles/20180825/ddm/001/010/161000c

例えばの話ですが、何らかの理由で安倍総理が今年か来年中に退陣したら、この話はいったい、どうなるのでしょうね?一度決まったからには、何があろうと進めるのでしょうか。



>空自機がまた緊急着陸 同機体、愛知・小牧基地

http://r.nikkei.com/article/DGXMZO3459872025082018000000?s=0

新しいオモチャばかり買っている場合では無いような...。
KU
2018/08/25 20:42
何で防衛省や自衛隊の人達はアメリカの武器(拠点防衛用のミサイルや軍用機等)にこだわるのですかね?

前にも述べましたがイスラエルの武器もいいとおもうのですが(アロー3やヘロンTP等)。
Masaya Hariu
2018/08/25 21:44
お邪魔します。
 この件に関しては「軍隊(自衛隊)なんかがあるから戦争が起きるんだ。」という考えに凝り固まり、例えば「外国から責められたらどうするんだ」とでも言おうものなら、「貴様等は戦争がしたいに違いない。この平和の敵め。」と罵倒するような連中への"配慮"もあるのではないかと思われます。何せ連中を「相手にせず無視する」事ができない状況と思われるので。尤もそういった連中が「本予算で調達せず、補正予算でこっそり調達するなんて卑劣だ。」と言わないところを見ると、連中は"本心"では「自分達の目に入りさえしなければ良い。」とでも思っているのか、それとも「そこまでやったら、自分達の方が『和を乱す悪』とされかねない。」とでも思っているのかとも思ったりもします。
ブロガー(志望)
2018/08/25 23:13
>初の武器輸出 インドが「日本製の高性能飛行艇」US2購入を決定か

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/57198

どこまで信じて良いのやら。
KU
2018/08/26 07:13
>台湾、上陸を阻止する新兵器開発か

http://zapzapjp.com/54047080.html

レーザー誘導ロケット弾....。自衛隊が装備する日は(ry。
KU
2018/08/26 12:42
CPRさんの情報はありがたいので

感謝

自衛隊の不真面目さもヘンだけどね

30年も遅れてて何か楽しいのか
aaa
2018/08/26 17:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
「第二の装備調達予算と化した防衛補正予算」を報道しないマスメディア 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる