清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 陸自の戦車なんて74式の近代化で十分。MCVは不要。

<<   作成日時 : 2018/08/06 12:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 31

 兵器の性能というものは相対的なものです。
 
 旧式兵器でも相手がそれ以上の旧式だったり、持っていなければそれでいいわけです。


 例えば南アフリカのオリファント戦車。元々大戦中に開発されたセンチュリオンです。
 これで現在も問題がない。
 なぜならば、かつて周辺諸国はT-55やT-62であり、105ミリ砲を搭載するなどの近代化を
 受けたオリファントは圧倒的な強さを発揮しました。
 オペレーションモジュラ-では南ア国防軍は90ミリ砲搭載のラーテル装甲車で戦って、圧倒的な勝利を収めています。これは相手が旧式戦車で、練度も低かったからです。
 現在も南アの周辺諸国に3.5世代戦車もなく、また高い脅威となる仮想敵国も存在しません。


 翻って我が国ですが、90年代初頭にソ連が崩壊したので、90式戦車ですら必要なかったわけです。
 実のところ、最盛期のソ連ですら日本への本格的な侵攻する能力はなく、そのような計画も存在しませんでした。そのソ連が崩壊したのであれば尚更です。周辺諸国も同様です。

 ところが陸自は90式を量産、あまつさえ更に新型で、90式と大同小異の10式まで、開発して、その上に戦車定数削減のためか、「装輪戦車」である機動戦闘車も開発、量産しました。これに数千億円のコストが掛かっています。


 ですが、防衛大綱にあるように、我が国に大規模な上陸作戦を行う仮想敵国は存在せず、主たる脅威はゲリラ、コマンドウであり、更に島嶼防衛、弾道弾による攻撃です。

 そうであれば第3世代あるいは3.5世代の戦車は必要ありません。
 戦車の主たる任務は普通科の支援です。また一定の機甲戦闘能力の維持のための種火としての機甲戦力の維持です。
 であれば、戦車はせいぜい150〜200輌で十分で、旧式戦車の近代化でも宜しい。
 別にNATOの最新型戦車や機甲部隊と正面から闘うわけじゃありません。
 相手はゲリコマ、あるいは軽装備の水陸両用部隊です。

 そうであれば105ミリ砲を搭載した「装輪戦車」も必要無し。せいぜい汎用装甲車に76〜90ミリ砲を搭載したモデルで十分です。機動戦闘車の開発目的だって、対戦車ではなく、普通科の火力支援と、軽戦車までの対処です。


 例えば74式のパワーパック、駆動系を一新し、装甲を強化し、センサーを一新しネットワーク化を施す。RWSを装備する。

 90式、10式、16式MCVに投入した数千億円、恐らくは7千億円ほどの予算があれば、70〜90年代に導入した装甲車輌のリプレイスや近代化、ネットワーク化、特科のネットワーク化や、精密誘導砲弾の導入、普通科の近代化や、無線機の更新もできたはずです。
 
 繰り返しますが、別に必ずしも高価な最新兵器が必要なわけでなく、環境や仮想敵に合わせた装備が必要です。
ですが、一部の新兵器がないと死ぬと騒ぐ、自称現実派の軍オタさんたちは、それが分かりません。通じなく、数が足りない無線、ネットワーク化もさらず、普通科の装備も劣悪、特科に精密誘導砲弾もなく、UAVやUGV.の導入は途上国よりも遅れている現状で戦車だけは最新型を導入すれば国防は安泰だと考えるのは軍事的に、かなり奇異な考え型です。



■本日の市ヶ谷の噂■
空自のKC767は長いこと空中で下げたブームが収納できず、着陸時に壊すために使用不能で、米国での演習では米空軍の給油機に給油をお願いしていたとの噂。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(31件)

内 容 ニックネーム/日時
> 陸自の戦車なんて74式の近代化で十分。MCVは不要。

空自は初飛行が1958年5月27日という「老兵」F-4を近代化して今も使い続けてます(第4次F-Xの迷走やF-35の開発遅延も原因ですが)。なんで陸自は同じことができないのかなあー

> 例えば74式のパワーパック、駆動系を一新し、装甲を強化し、センサーを一新しネットワーク化を施す。RWSを装備する。

> 90式、10式、16式MCVに投入した数千億円、恐らくは7千億円ほどの予算があれば、70〜90年代に導入した装甲車輌のリプレイスや近代化、ネットワーク化、特科のネットワーク化や、精密誘導砲弾の導入、普通科の近代化や、無線機の更新もできたはずです。

乗員用クーラーの設置もお忘れなく。

陸自隊員が外敵と戦う前に自国の夏将軍に斃されるなんて事態は真っ平ごめんです。
被本塁打大王
2018/08/06 12:55
KC-767Jのフライングブームが収納出来ないのは本当なんですか?

先日のKC-130Hも含めて、それでは意味ないですよ。

清谷氏に質問ですが、航空祭、音楽祭、航空観閲式、競技会、スローペースによる武器の調達等にお金を使っているから、修理の予算が確保出来ないのですか?
Masaya Hariu
2018/08/06 16:26
それでも、戦車と火砲の定数を削減しようとしている点は評価出来るかと思います。あくまで削減しようとしている点は、ですけど(^_^)。たとえ、新型装備で旧式装備を更新するにせよ、更新すべき数を考えても7〜8年もあれば一通り終えて良さそうなものですが陸自の場合、四半世紀経っても小銃1つ、更新し終えないしorz。かと言って旧式装備を魔改造しまくって、全く別な姿に変えるわけでなし。ただ新しいオモチャを欲しがるだけだし。それでも個人なら許されるでしょうが、曲がりなりにも公的機関ですものね。



>防衛装備庁(ATLA)が『電磁加速システム(レールガン)』を含む様々な兵器技術の研究開発とその取り組みを紹介

http://news.militaryblog.jp/web/ATLA-reveals-its-research-on/Railgun-technology.html

相変わらず、予算を広く薄くばらまいているんですかねぇ···。何か特定の分野に集中的に予算を注ぎ込み、後はスッパリ諦めて海外から輸入する、なんて決断はいつになれば行われるのやら。装備庁といえば、陸自向けの先進個人装備システムの開発は、どうなっているのでしょうね。最近は、あまり聞きませんけど。
KU
2018/08/06 20:25
オリファント戦車
http://combat1.sakura.ne.jp/OLIFANT.htm

> オリファント戦車がこうした数次に渡る大掛かりな改修・改造に耐え得たのは、ベースとなった車両が元々頑丈で車体規模に余裕のあるセンチュリオン戦車だったためである。

F-4戦闘機と同じですね。機体(車体)が大型・頑丈で内部にも余裕があるから近代化改修に耐えられる。
被本塁打大王
2018/08/06 20:46
よく聞く新型を開発したほうが安上りって絶対嘘だと思う
今時の軍隊でネットワーク化もされてなくまともなUAVもないとかお隣の国のことを笑っていられる状況じゃないでしょ
ジャンカルロ
2018/08/07 05:24
>もはや自衛隊に装甲車は不要な理由

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53737?display=b

清谷さんや文谷さん以上に過激な人が(((^_^;)。でもまぁ、このくらいドラスティックにやらないと、いつまで経っても時代遅れなままですよね。


KU
2018/08/07 06:49
湾岸戦争の多国籍軍とイラク軍の戦車の損失割合の差がそのままM1とT-72の差として印象付けられたのが尾を引いている部分も大きいように思います。ゼロ戦とF6Fとかと似たような構造も感じもしますね。
ふきのとう
2018/08/07 10:08
 日本の海岸付近の上陸可能な場所には、だいたい人が住んでいて、侵攻してきた武装勢力に火砲なりかをぶっ放せば日本の民間人も一緒に吹っ飛ぶという問題を片付けない限りは、どれほど高性能な戦闘車両を配備しても宝の持ち腐れにしかならない。

 いざ、侵略されたときに当該地帯に住む民間人がどのように避難するのかが議論されたコトがあるのかどうか、ヲレは知らない。

 まあ、「俺と俺の妻娘ごと侵略者をブチ殺せ!」というのが立派な日本国民なのかもしれないが、現実にそんなアレな人が何人いることやらナ。

 侵略軍が、人のいない海岸に上陸して、人のいない山間部にすすんでくれればいいのだが、そんな都合のイイ侵略軍があるのだろうか?

 「ヲレの家と自動車があるところは避けて、頑張ってくれよナ」と思うわけだ。
はて?
2018/08/07 12:41
自称現実派の軍オタさんたちって、大半が原発擁護派なんだよなあ。

戦車については「新型でないとダメ!」と言うくせに、運転開始から40年経過した老朽原発については電力会社や御用学者の肩を持って「機器を取り換れば無問題!」と運転延長に賛成するっておかしくないかい?

40年前と言えば、まさに74式の調達がスタートした時期ですよねー
被本塁打大王
2018/08/07 19:14
戦闘力の要素は火力、機動力、防護力だが 現代戦は上記にプラスして情報通信力と兵站力。火を吹くものだけで戦争はできません。師団というのは作戦基本部隊で工兵、通信、兵站、航空部隊があり、独立した作戦を実行できるよう設計されています。
しかし、無知な人間は火を吹くものはカッコいい、強いと錯覚をしてしまう。 ただの素人ならいいが、軍事に関わるプロがねぇ〜。
旧日本軍の悪しき 兵站軽視のDNAかなぁ?
元キャプテン
2018/08/07 19:17
> 湾岸戦争の多国籍軍とイラク軍の戦車の損失割合の差がそのままM1とT-72の差として印象付けられたのが尾を引いている部分も大きいように思います。

ふきのとうさん、アニオタも兼務している軍オタさんは、湾岸戦争でイラク軍のT-72相手に無双する米軍のM-1を見て、ザク相手に無双するガンダムを夢想したのかも知れません。併せて「新戦車M-1を有する米軍は世界最強!米軍様を味方に付ければ日本の国防は安泰!」と、新戦車信仰だけでなく対米追従をも拗らせることに…orz

でも、10式がM-1みたいな傑作戦車になれるとは思えんのですが…
被本塁打大王
2018/08/07 22:25
現在の職場に元戦車兵の先輩がいまして、富士教導団戦車教導隊に所属、弾薬手から戦車長まで経験、74から90まで取り扱いしていました。その先輩曰く、10戦車の開発・調達は不要、74式や90式の近代化改修で十分、 兵站・訓練のコスト 、戦力見積の定量化など型式が違う戦車があると現場サイドは混乱すると。清谷さんの主張と差異はありません。その方曹長で定年し、35年間勤務し、後半は地本で兵隊の調達の仕事をしていました。戦車男の発言は説得力がある。
軍事オタクの方々 、世の中費用対効果というものが存在しますよ。経済原理が働かない業界でも。 長年の経験者の発言は清谷さんの主張と変わらない。つまり清谷さんの主張は根拠がある。ノスタルジーや願望では仕事できません。私や例の先輩は過去形ですが、責任があるんですよ。発言・主張するなら相応の根拠を用意してください。 現役の方はダメ、守秘義務があるし、組織が発言したと捉えられますから。曲がりにも現在、組織から仕事と給料貰っていますから義理立てしないと。退官してから発言してね!
元キャプテン
2018/08/08 06:41
> その先輩曰く、10戦車の開発・調達は不要、74式や90式の近代化改修で十分、 兵站・訓練のコスト 、戦力見積の定量化など型式が違う戦車があると現場サイドは混乱すると。

> 軍事オタクの方々 、世の中費用対効果というものが存在しますよ。

元キャプテンさん、戦史に詳しい軍オタならば、ナチス・ドイツ軍機甲部隊の整備兵が、連合軍やソ連軍に比べ多種多様な自軍の戦車・突撃砲等に対する補修と維持で大変な苦労をしたことを知っているはず。知っててなんで自衛隊員に同じ苦労を強いるのだか…orz
被本塁打大王
2018/08/08 10:39
元キャプテンさんの先輩の正論を、隅田金属日誌のコメ欄にも紹介しておきました⇒ http://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/?no=45#comment

余談ですが、現場の戦車兵は乗員用クーラーの車内設置を求めていますか?「クーラーが駄目なら、小型の扇風機でもOK」とか?
被本塁打大王
2018/08/08 10:57
被本塁打者王様

別に他の記事に紹介するほどの記事じゃありません。常識から考えれば素人でもわかる話です。教導団は教育研究部隊なので新旧混合の装備はアリでしょう。 しかし実働部隊は違うでしょう。スペックが違う戦車が3種類もあれば作戦立案でも煩雑になるし、シュミレーターも3種類必要、乗員も74から90式へと簡単に習熟できない。また、整備部門でも部品を誤って違うタイプの車種の物を請求することだってあり得ます。コストの面、業務の効率性から考えればナンセンスです。車種を統一し、必要な都度 火砲・火器や指揮通信システムをバージョンアップすればいい。部品も量産化できるn部品単価を下げれる。 余分な在庫を抱えることがない。教育でもシュミレーターはひとつのタイプで済むし、教える手間を省ける。運用面でも バージョンが違ってもベースは同じなので故障してもすぐ乗り換えられる。幕僚も戦力見積が定量化できる。マネージメントや経済性という概念が乏しいんですよ。古巣の業界は! だから精神論やハッタリがまかり通る。やはり、ある程度の地位になったら外部の事業所に出向させ、今までの仕事が無駄が多いか、カルチャーショックを与えるのもいいでしょう。恥を掻くのも必要ですよ!人間 慣れた環境にいると思考停止になりますから。 米軍だってBー52を50年くらい使ってますよ。ベトナム戦争の遺物ですが。近代化改修すれば50年くらい経っても現役バリバリです。
元キャプテン
2018/08/08 17:07
被本塁打者王様

戦車の乗員はクーラーの設置を求めているのか?
私は訊いていないので明確にはお答えできませんが、そりゃ〜 求めているに決まっているでしょう。誰だって快適な空間で働きたいですよ。建設現場だってクールミストを設置したり、調理場だって 寒いくらい冷房を入れています。暑さは体力を消耗させ、判断力を低下させます。痩せ我慢や精神論では勝てません!そんなこと抜かす輩は大概無責任で、思考停止な人間です。
装甲車両は冷房の補助動力装置や室外器を設置するスペースが乏しく、装甲板が熱を吸収するので 冷房する能力よりも 熱の吸収が大でしょう。乗務員用の水冷式な戦車服の開発もアリだと思います。
元キャプテン
2018/08/08 17:19
自分も清谷さんの記事やブログを見てる内に、戦車は90式及び74式の改良型で十分じゃないのかと、前から薄々と思っていました。
名無し
2018/08/08 18:23
> 本日の市ヶ谷の噂
youtubeにある2017年11月の岐阜基地航空祭で疑似空中給油として、展示飛行してたのは自衛隊機じゃなかったのか―。
74は(バックが)鈍足なので早く代替して...
2018/08/09 02:05
>我が国に大規模な上陸作戦を行う仮想敵国は存在せず、主たる脅威はゲリラ、コマンドウであり、更に島嶼防衛、弾道弾による攻撃です。

日本って危機感が薄い国だと思うなあ。中国こそがいまそこにある危機・Clear and Present Dangerだと思うんだけど。政府はあからさまに言えないけど。
ごんごん
2018/08/09 10:26
被本塁打王さん、
軍オタが必ずしも戦史に詳しい訳でも無いですし。
軍オタと言っても第二次大戦の兵器が好きとか英国面に堕ちた変な兵器が好きとか何とかの作戦が好きとか色々あると思いますよ。戦史でも特に後方部隊や作戦運用面に焦点を当てている方なら効率悪い運用に腹を立てているかも知れませんが、自衛隊最強(米軍を除く)を信奉するファンタジーな頭の持ち主やアニメの戦闘のご都合主義をストレートに信じているお花畑の方には新型兵器と言うだけで喜んでしまうのでしょう。あと日本の製品は世界一と勘違いしている人とかは。何でもかんでも良い訳ではなく世界で色々揉まれて生き残ったものは良いでしょうが、他所と比較もしない輸出できない戦争もしない実績もない国の国内向けの怪しい兵器が製品として良いものではありません。せめて比較してからで無いと良いとは言えない。彼らは心地よい夢を見たいだけだと思いますよ。
私なんて外野から見たら軍オタに見られることに違和感を感じているのですが、単に写真好きで花からモデルさん、スポーツに戦闘機に戦車まで撮っているだけで、航空祭や基地公開などで写真好きで集まって話をしたら現職さんが思いの外多かったから知り合いが増えて自衛隊に興味を持った様なものですから。そんな門外漢全開の私から見ても何だかなってのが多くて納税者としてがっかりしている訳です。

KC767の件が本当ならやばいんじゃ無いですかね?私も岐阜基地他でブームを伸ばしているデモ見ましたが故障が多いとか?
まあ使っている国が日本とイタリアで少数だからトラブルあると大変なのかも?

見た目が同じで中身が違うKC46はアメリカ軍が採用していますから何か問題があった時の対処は早いと期待しています。
やれやれ
2018/08/09 14:30
> 痩せ我慢や精神論では勝てません!そんなこと抜かす輩は大概無責任で、思考停止な人間です。

元キャプテンさん、小中学校へのエアコン設置に難色を示している所沢市長は元高校球児&元高校野球顧問で、埼玉県議時代は体罰を肯定する条例を制定しようとして顰蹙勝った人物。この手の体育会系は自衛隊に限らず日本社会のあちこちにいて様々な害悪をまき散らしてますよねー┐(´д`)┌ヤレヤレ

>装甲車両は冷房の補助動力装置や室外器を設置するスペースが乏しく、装甲板が熱を吸収するので 冷房する能力よりも 熱の吸収が大でしょう。乗務員用の水冷式な戦車服の開発もアリだと思います。

M-1はちゃんとエアコン装備しているとのこと。国産戦車・装甲車と違い、余裕のある車体設計のなせる業ですな。

まあ、米軍は昔から「兵士に優しい兵器」を作ってましたからね。壊れにくい、使いやすい、スペースが広い等々。

無論、米国製兵器でも、あれもこれもと性能を詰め込み過ぎてタイトな設計になり、残念なことになった例もありますが…(オスプレイ等)

> そんな門外漢全開の私から見ても何だかなってのが多くて納税者としてがっかりしている訳です。

やれやれさん、逆に門外漢だからこそ、内部の人間や信奉者には見えない問題点が見えてくることもあるんですよ。「私は門外漢だから」と言って卑屈にならず、どんどん意見を発信しましょう!
被本塁打大王
2018/08/09 19:42
湾岸戦争のときは米軍とイラク軍の戦車が逆だったとしても変わらないと言われてた記憶あるから全然違うだろう。
abcd
2018/08/09 21:22
調達数は年間数両のみで単価はよく輸入戦車を批判する際にあげられるサウジのM1並みの10数億円
誰の目で見ても失敗は明らかなのにいまだに10式を決死擁護する人ってソビエトや中国が北海道や九州に上陸してきた平行世界から書き込んでるんでしょうか
山銅
2018/08/10 07:46
74式のエンジンを水冷V8に載せ換え、主砲も105ミリから40ないし35ミリ機関砲に交換すれば、車内スペースが拡大してエアコンも搭載可能なのでは?
ガネット
2018/08/10 21:37
履帯をゴムに変えるだけでも1トンは軽くなります。
キヨタニ
2018/08/10 22:30
私はずっと陸自が海外に派遣されて死者が出ないでほしいと思っていましたが、最近の腐敗ぶりを見るにつけ、PKOで数十人の死者が出ない限り、この組織はまともにならないのではないか、と思うようになりました。悲しい話ですが、戦闘経験が軍隊をまともにするのかもしれません。
横浜の黒豚
2018/08/11 11:01
横浜の黒豚さん、
私も概ね同じです。PKOの度に隊員は大丈夫なのかな?と気を揉んでいました。戦闘地域では無いと言いつつも小競り合いや巻き込まれる恐れもありますから。自衛隊、特に装備に興味を持ったのもPKOでした。陸自の装備が果たして使い物になるのかどうなのか、使い物にならなかったらどうなるのかと。で、海外の兵器や装備を目にするにつれ本気で心配になり今まで無事だったのが奇跡の様な気がしています。流石にヤバイと思ったのかPKO部隊だけは少し強化された様ですがこんなので海外行ってどうするの?本当に安全なら施設部隊では無くて建築会社で良いよねと思う次第。つまりそうではないから国連軍を派遣する訳でいつまで死者が出ないか不安です。仰るように壮絶に死人が出るまで国も自衛隊も変わらないかも知れませんが、それでは困る訳でいい加減真面目に取り組んでもらいたいものです。手遅れになったら自衛官のなり手もPKOに志願する隊員も激減するでしょうね。
やれやれ
2018/08/12 09:07
お邪魔します。
 日本人には論理が無いので、「大機甲戦か戦車不要か」の両極端しか考えられず、「大機甲戦の可能性は乏しいが、"歩兵の盾"としての一定の役割はある。」といった"程々"が考えられないように思われます。戦時中、特に後になると旧陸軍の優先順位は「航空機>戦車」になっていったと聞いた事があります。B29他の米の航空機は日本に押し寄せていましたが、米の戦車は日本には迫っていませんでしたので。文谷数重氏が取り上げていた新型護衛艦も「対正規軍相手の決戦志向」から「中国の示威的行為への対抗」へのシフトのように思われます(21世紀の松型駆逐艦か)。
 九七式戦車は第一次大戦の「敵機関銃網に穴を開けて味方歩兵を通す」といった事を主眼に開発されました。戦車は高価なのでそんなに数は無いだろうという事で、対戦車戦闘についてはあまり考えらえていなかったそうですが、戦車が普及すると当時はまだ「戦車には戦車でないと歯が立たない」状況だったので、「敵戦車に勝てる戦車」が求められるようになりましたが、当時の陸軍はそれには十分追随できなかったようです(戦闘機の二千馬力化も同様か)。その後携帯型ロケット弾の登場等で必ずしも「戦車には戦車でないと歯が立たない」では無くなり(無論正面対決でロケット弾を持った歩兵が戦車に勝てるわけではないですが)、戦車に求められるものが変わってきました。戦艦が廃れたのに戦車が廃れなかったのは、戦車には"歩兵の盾"という役割があるからとも聞いた事があります。しかし日本人の頭の中では未だ「敵戦車に勝てる戦車が良い戦車」なのではないかと。
ブロガー(志望)
2018/08/12 14:01
> 最近の腐敗ぶりを見るにつけ、PKOで数十人の死者が出ない限り、この組織はまともにならないのではないか、と思うようになりました。

横浜の黒豚さん、旧日本軍はノモンハン事件で約2万人弱の戦死傷病者を出しましたが、それでまともな組織になったかと言うと(以下略)

ノモンハン戦争から学ぶべきこと
http://www7a.biglobe.ne.jp/~mhvpip/Nomonhan.html

日本軍が壊滅的な敗北をしたノモンハン事件 実はソ連側のほうが被害が多かった
https://bushoojapan.com/scandal/2014/08/22/27908
被本塁打大王
2018/08/12 14:01
74式は経年劣化有りそうだからやめた方が良いと思った
たぁ
2018/08/14 01:48
昔も今も、普通科の装備を軽視し貧弱なのと弾薬備蓄が少ないのは変わってません。情報ネットワークを作ることも運用することも下手なのも変わってない。日本人は歩兵の小火器に関心がなくて、興味が有るのは大きな箱物ばかり。つまり相変わらず歩兵には最後は万歳突撃させるつもりいる。日本人にとって兵器とは、戦いを想定して作る戦争に勝つ為のものでなく、興味があるものか無いものかの嗜好品。
へり
2018/08/20 07:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
陸自の戦車なんて74式の近代化で十分。MCVは不要。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる