清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 自衛官採用年齢30歳はリーズナブルか?

<<   作成日時 : 2018/07/24 17:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 67


自衛官採用年齢引き上げへ=30歳上限、人材確保厳しく―防衛省
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000063-jij-pol


>現行18〜26歳までの採用年齢について上限を30歳程度とすることを視野に検討する。少
子化や景気回復を背景に優秀な人材の確保が厳しさを増していることを踏まえた措置で、
陸海空各自衛隊との調整が付けば、2019年度から実施する。

>特に自衛官候補生の採用数は12年度の9963人をピークに5年連続で減少しており、17年
度は7513人にとどまった。同省関係者は「景気回復に伴い、優秀な人材は民間企業に流れ
ている」と危機感を示す。

>今回、年齢引き上げを検討するのは、自衛官候補生と一般曹候補生の2職種。自衛官候
補生は任期制で、教育期間を含め陸上自衛隊が2年、海上・航空自衛隊が3年。任期終了後
に継続するか否か選択できる。一般曹候補生は終身雇用が原則で、部隊勤務などを経て、
自衛隊の中核を担う人材となることが期待されている。


 この問題はまず現状の分析が必要です。単に採用年齢を上げるだけでは済まない話で、自衛隊の人事全体を再設計する必要があります。

 自衛隊は15年以上極端に任期制自衛官を削減してきました。士の充足率は1士、2士で4割、士長入れて7割です。「兵隊」の頭数が極端に少ない。仮に10割充足していれば1〜2割減ってもなんとかなるでしょう。ところが4割から2割が減れば大変なことです。
 
 ですが、これは防衛省、自衛隊が自ら招いた災いです。
 

 これは財務省から固定費減らすために人件費減らせといわれたからですが、給与、年金、退職金など払う費用が少ない削減が簡単な、「契約社員」を安易に減らしました。

 対して「正社員」たる曹〜将官までは逆に増えています。これでは固定費を減らすための人員削減にはなっていません。単に財務省に対するアリバイ工作であり、それは自衛隊を自ら弱体化させることでした。
 
 曹クラスの人材供給源は士クラスです。1、2士が4割であれば、その中から曹になる人間の選択幅は小さくなります。その分優秀な人間を取るのは難しくなります。例えば4名の内から1名の曹候補を選ぶのと、10名の内から選ぶのではどちらが優秀な人間を選ぶことができるかは言うまでもありません。

 少ない分母から曹を募れば、それは曹クラスの弱体化を招きます。軍隊は基本下士官で回っています。その下士官の質が下がることは、人的基盤が極めて脆弱になり、また組織としての能力が低下することを意味します。

 ところが防衛省も自衛隊も組織防衛のためと、「正社員」の人事に手をつけて「悪者」になることを恐れて削減に手をつけませんでした。これは組織としてダイナミズムがなく、硬直化しているということです。更に申せば当事者意識&能力が欠如している。

 将官の人件費は退職金やら年金、その他手当など含めれば士の10倍にはなります。つまり将官1名減らせば10人の士を減らすことと同じです。更に申せば副官、秘書、運転手なども必要なくなるので、その分人員を削減できます。

 更に申せば自衛隊では幹部=将校の予備役が殆どおりません。実質的に陸自の3尉クラスだけです。後は医官とか通訳とかの専門職だけです。つまり戦時に消耗した将校を補充できません。人的資源の面から見れば継戦能力はありません。
そのくせ、戦時に装備は増産する必要があると諸外国の数倍から10倍以上のコストを払って、性能の怪しい国産兵器を漫然と調達しております。まるでできの悪いコントを見ているようです。

 そして将校の予備役制度が実質ないということで、人事が硬直しています。現役の将校を削減することが難しくなっています。また予備役がいれば削減した将校を補充することも可能ですが、それができない。更に申せば諸外国では一定年齢で一定階級になっていないと軍に残れないシステムを採用しているのに、自衛隊は原則定年まで残れます。これは人件費の高騰と、平均年齢の高齢化を招いています。

 
 昨今の人手不足による任期制自衛官の募集は既に東日本大震災以前から予測できたことです。人口動態をみれば容易に想像はつきます。にもかかわらず、任期制自衛官の採用を絞ってきたわけで、人手不足は自衛隊の自ら招いた人災です。

 普通科など戦闘職種でなければ、30歳に採用を上げてもあまり問題はないでしょう。会計とか整備であれば出戻り隊員は即戦力となるでしょう。
 ですが、一番の問題である自衛隊に入る若者が減っていることに対する根本的な対処にはなりません。
 自衛隊に兵隊として入って2年以上在籍して、除隊した後の仕事が見つけにくい、特に正社員の仕事を見つけにくいことが問題です。

 ですから、以前から申し上げているように、地方自治体に一定数元自衛官の採用を求める。例えば警官や消防士、防災関連など部署で採用するようにする。できれば予備自衛官として。そのためには優遇措置をとってもいいでしょう。民間企業ならば一定数元自衛官を採用すれば税制などで優遇する手もあるでしょう。

 例えば3年以上士として勤務したもの大学や専門学校に進むならばその費用を一定額防衛省で持つ、というのもありでしょう。

 また航空機の整備など専門職は自衛隊での資格を民間でも使えるようにする。そうすれば、再就職が楽になるし、専門能力も活かせます。例えば30代で退職して、民間の整備会社に転職するなどということが恒常化すれば、隊員の平均年齢も低く抑えられるでしょう。

 航空機や車輌の初等訓練などは民間、あるいは国が特殊会社を作って、そこに退職した自衛官を受け入れるとう手段もあるでしょう。国がやるならば株式会社にしてバランスシートを公開しないと不効率な経営になります。
 
 女性自衛官のさらに多様な職種への採用も必要でしょう。また結婚、出産で退職した女性自衛官を、基地内の託児所などで再雇用するという手段もあるでしょう。

 要は自衛隊にははいったけれど、止めた後の当てがない、という現状を変える必要があります。
 また曹〜将官に至る「正社員」の予備役制度を導入し、人員をドラスチックに減らす人事体系をつくること。不要なポストを減らして筋肉質の組織にする、外部でできる仕事は外部に委託するなどあらゆる部分での人事や業務の見直しをすべきです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(67件)

内 容 ニックネーム/日時
清谷さん
「曹クラスの人材供給源は士クラスです。」本来そうなんでしょうけど大学等を卒業して曹候補で受験して入隊する方も多いし曹クラスも尉官に滅多に上がれないので曹クラスばかりが増えて士クラスから這い上がる人が相対的に少ないと聞いたことがあります。実際どの程度かは分かりませんが。その原因が正社員の肥大化なんでしょうね。よく知らなかったのですが他の国も自衛隊みたいに正社員は定年まで軍隊にいられるんだと思っていました。他の国はちゃんと人件費対策で出世していかない正社員に辞職勧告するんですね。一番の対策はとにもかくにも少子化対策だと思うんですが、そこまでの道筋が見えないなら有効な対策は徴兵するか外人部隊を雇うかでしょうかね。
やれやれ
2018/07/24 18:49
あまり関係ないかもですが、ふと思い出したのが自衛隊における徴兵制の議論。
高度な?軍事技術を有する自衛隊では徴兵制は馴染まないといいます。
しかし同じく高度な?軍事技術を有すると思われるイスラエルやロシアなどは、徴兵制をとっているとか。
そんな訳で自衛隊の徴兵制無用論には、ちっとも説得力を感じられません。
ターボ
2018/07/24 20:49
近所の高卒の流れを見ると頭のいい子は、とにかく大学と名前がつくとこに進学。そうでない子は専門学校と相場決まっています。その専門学校とやらの入学金が高いこと。その上途中下車でも返金無し。

何故自衛隊に入れないのか疑問に思っていたところ入り口は狭いようで、昔のように駅前で名前と住所が書けたら即採用とは行かんようです。大卒、もしくはコネが必要とか。まあ、これは昔話ですが。
最悪、外国人技能実習で災害派遣要員を確保するレベルまで来たということですね。個人的には何の問題もないと思いますよ。給水だの瓦礫の撤去など底辺の仕事をさせておけばね。
琉球土民子
2018/07/24 21:23
清谷様

2士から1尉、20年以上の勤務経験をした者として発言します。
カスは1万いてもカスである。頭数揃えても意味はなし。 昭和の時代やバブル期の採用で証明した筈です。低質で素行が悪いな隊員が増え、士気と能率が低下します。その端的な例がたちかぜいじめ事件や当別のレーダーサイトの強姦未遂事件です。バブル期採用のクズが優秀でまじめな隊員が自殺したり、辞めたりして組織に損害を与えています。辞めるべき人材が居座り、利益をもたらす人材が去る。おかしな現象です。
素行が悪い、働かない、階級・役職に見合わない働きをする人間を排除する人事制度を作るべき。 逆に功績や能力がある人間を高い地位に就けるのもいいでしょう。
外部人材の登用です。高度なスキル、豊富な社会経験を有している者を幹部=将校として採用する。 問題ないでしょう。医官やパイロットみたく国家資格を必須なものではないし、自衛隊の仕事は誰でもできますから。
極端なことを言えば清谷さんは 師団長クラスの将官の仕事をこなす能力はあります。私だって、2佐クラス 例として 大隊長や師団司令部の部長の仕事はこなせます。自衛隊の幹部の仕事は誰でもこなせます。私みたいな無能な人間でも。 会社を経営するとか、会社を買収するとか、特許を取るとか 、赤字の会社を黒字に再生するとかと違い、自衛隊の仕事は結果責任や説明責任はないので 誰でもできます。読み書きできて五体満足だったら。
外部の人間を将官に採用するのもいいんじゃないですか。弁護士、大学教授、大企業の役員とか。 会社でも外部取締役もいますから。
ガラガラポンする人事もいいんじゃないですか。本当に戦う組織になるには。
元キャプテン
2018/07/24 21:38
まったくもってナンセンスで場当たり的な施策だと思います。
30歳で入隊し2任期満了すれば34歳
現状、現場では20代後半ですら再就職が厳しくなるので、3任期以上の継続は特例です。
かといって、1任期で退職されては戦力になりません。
曹にできる人材であればともかく、そうでない場合や本人が現実を知って希望しない場合は、普通のサラリーマンですら35歳の壁がある終身雇用制主流の日本でどうするつもりなのでしょうか。自己責任や中隊長に押し付けて終わりではあまりに無責任です。

「人がたりない」という前に、まずは現状の編制や充足率の設定が我が国の情勢に適合してるのかを見直すべきだと思います。特に「水陸」や「機動展開」、「統合」などを重視しているにもかかわらず、将官ポストのために「方面隊」や「師団」を維持するなど無駄の極みです。
また、自衛隊には「隊員の人件費はタダ」という誤った経済概念がはびこっているため、給与が40万を超える陸曹に一日中、駐屯地の草刈りをさせたり、技官では手当が発生してしまう夜間のボイラー監視などを平然とさせています。

清谷さんが提言されておられます所謂「米軍式」の強制ピラミッド維持人事制度や再雇用施策にも賛成です。
ただ、米国民の米軍人に対するリスペクトと我が国のそれではあまりにも差がありすぎるので、すぐには難しいと思いますが、業務のアウトソーシングに関しては、現職と予備自が協同する形式で整備や警備、駐屯地管理等、積極的に解禁し定年組もふくめて元自衛官の受け皿を増やして、若年退職制度の維持のためにも推進していくべきだと思います。
この際、民間委託では食堂委託のように問題点もでてくるため、現在のエルモのように独立行政法人形式が理想的だと思います。
元陸自幹部
2018/07/24 21:57
任期自衛官を任期後、予備自衛官として自治体に雇用してもらうのは、得策でないと思います。
災害時や有事に動員されてしまうと自治体の体力が落ちます。防災担当として採用しても必要な時に居ないのでは、意味がありません。
予備自衛官としてではなく、たんなる再就職先で良いと思います。
初心者
2018/07/24 22:22
>小野寺氏 イージス「1基1000億円弱」を事実上撤回

http://mainichi.jp/articles/20180725/k00/00m/010/007000c

>>「変動のため確たる価格の回答は困難」

つまり、「いくら掛かるか分かりません」と言うことですか?まさか、所管の大臣が、そんな事を仰るわけはないですよね?ね?
KU
2018/07/24 22:44
確かフランス陸軍外人部隊では、逮捕歴が無い、国際指名手配されてない等の条件であれば18歳から40歳迄入隊できたはずです(今は変わっているかもしれません)。

外人部隊を参考にして採用年齢を40歳迄上げてはでしょう。

「更に申せば諸外国では一定年齢で一定階級になっていないと軍に残れないシステムを採用している」

この理屈を国立、私立、公立問わず学校の教師に応用すれば問題教師達のせいで不幸になる子供達も少しは減りますよ。
Masaya Hariu
2018/07/24 23:47
琉球土民子 様へ

昔は駅前で名前さえ書ければ即採用、今は大卒かコネ?
昔の部分は的中していますが、現在の自衛隊の採用難易度は公務員の最底辺、 但し防衛大学校や航空学生は除く。ボンクラ高校やFラン大学が主流です。昔とは好景気の昭和の末期かバブル時代のお話で、昔はそれほど酷かったらしい。国立養護学校、国立特別支援学校と揶揄され、与太郎の集まり。その当時入隊したのが佐官クラスや上級陸曹。現在は国立介護施設。与太郎が高齢化し、平成入隊の者が介護する構造。自衛隊の採用試験は昭和の時代より難しくなっただけで、他の職業と比べても採用は容易です。私は偏差値50代の田舎の普通高校しか出ていないのに20代で幹部になり、30代半ばで中隊長職 民間では課長クラス。私が優秀ではなく、底辺の母集団だから若くして管理職になれただけ。進学校のドベが底辺高校に転校したらトップになることと同じ。謙遜でもないし、事実です。
元大人の幼稚園の先生が語りました。

元陸自幹部様へ

元同業者として、貴方の主張する、自衛隊は人件費はタダだからと抜かす戯けいました。それも佐官クラスで。コスト意識や労務管理という概念や思想がないんでしょう。現在の職場の先輩
元キャプテン
2018/07/25 09:13
>>同省関係者は「景気回復に伴い、優秀な人材は民間企業に流れている」と危機感を示す


景気が良いのではなく、人口減少で起きてる現象なのに(笑)根本の認識から間違ってる。こういう連中が書く処方箋はアテにならないでしょう。
マリンロイヤル
2018/07/25 10:12
曹候補生は定年が早い、再就職すると大きく収入減、年金需給までの期間が長すぎる。
自衛官候補生ならすぐ退職。
こんなことが分かっていて自衛隊を就職先に選ぶバカはいません。
まともな人は少しは人生設計するものです。
今の援護部署を広い意味でエルモみたいにしてアウトソーシングした自衛隊の業務にあたるとか、退職者を人材派遣する業務を行うなど、退職自衛官の雇用を保証しないと今の若者は結構現実てきです。
高級幹部は天下りが保障されているので切実感は無いでしょうが。
自衛隊は自衛隊、軍ではないと言うことです。
進路指導
2018/07/25 11:55
すいません、誤りがあったので訂正します。

外人部隊を参考にして採用年齢を40歳迄上げてはでしょう。
             ↓
外人部隊を参考にして採用年齢を40歳迄上げてはどうでしょう。

予備役を増やすのは賛成ですが以下の様に変えるといいかもしれません。

祝日、年末年始を除く毎週土日、毎月上旬、中旬、下旬の平日に予備役、即応予備役の訓練を2日連続で行なう。但し、平日に訓練を行なう場合は曜日を極力重複させないこと。

予備役と即応予備役の訓練は毎年1月から12月、又は毎年4月から翌年3月迄行なう。

毎年の訓練は、予備役2日×10回、即応予備役2日×15回を義務とする。

予備役から即応予備役、又は即応予備役から予備役への編入を認める。 但し上官達が部下達に対して強要してはいけない。

人件費を抑える為に、勤務態度の悪い、又は10年以内に階級が上がらなかった予備役と即応予備役は退役させる。

日本の法律による不要な縛りを解き、諸外国の軍隊と同等の行動が出来る様にする。

もういい加減、自衛隊は軍隊なのか、準軍事組織なのか、法執行機関なのか明確にする。

等が実現すれば少しはマシになるはずです。
Masaya Hariu
2018/07/25 16:52
高校・大学でも魅力・インセンティブがあると辺境な場所でも入学試験の難易度・競争率は高い。インセンティブとは大学の合格実績、部活の対戦実績、就職実績、国家試験の合格率とか。
自衛隊は魅力があるのか?
私はほとんどない。あったら採用試験が難しく、進学高校や難関大学の学生がたくさん応募するはず。それは企業や官公庁も同じ。
情報化社会で若者や親は情報収集します。昔の地連みたく 歓楽街のポン引きは通用しません。ブラック企業がどうか見極めますからね。
たちかぜ事件を筆頭にパワハラ自殺や人権侵害の訴訟で、ブラック公務員のレッテルを貼られていることも考えられると思います。
防衛省・自衛隊の採用担当は現実を見るべき。給与が良くても 職場環境や将来性がなければ人材は集まらない。
高校生でも世の中の変化を分析できる。子供だからって舐めるな!自分は塾講師や公共交通の仕事をしていたので若者の特性を熟知しているし、コミニュケーションを取っている。中学生でも自分で判断して行動できる。
元キャプテン
2018/07/25 17:30
清谷様

幹部の予備役制度についてOBとして物申します。
幹部にしろ、陸曹にしろ、日本の環境では予備役は馴染まない、理解が得られません。なぜなら被雇用者は訓練召集になかなか応じることが現実的に難しく、上司・同僚の理解が得られない。交代制の勤務では職場に迷惑を掛けてしまう。 私が経営者・管理者の立場で考えると 古巣の職場=自衛隊に非常勤で働くことに いい感情を抱くはずがない。去った職場と公的に関係を持つのは矛盾しているから。また副業なので 賛同できない。私が経営者だったら予備役になるなら解雇します。経営者や自営業は別です。自己責任ですから。
予備役をどうするか?私は戦時昇任の方が合理的で現実的です。陸曹でも幹部並みに仕事をこなせます。退官した人間を復職させた場合、再訓練や補償・手当のコストが要らない。内部昇任の方が問題点をクリアできます。引き継ぎもスムーズにできます。
清谷さんの主張する幹部の予備役は実現性や実効性は乏しいと考えます。気を悪くしないでください。私個人の経験から得た意見ですから。
元キャプテン
2018/07/25 17:50
>防衛省 陸上イージスの適地調査 入札手続きを延期

http://mainichi.jp/articles/20180726/k00/00m/010/087000c

方針が二転三転しますね。でも、導入自体は撤回しないのでしょうね。
KU
2018/07/25 22:17
もうここまで人集まらないと10年後には選抜徴兵かな?現代兵器はハイテク云々ほざいてる一部軍オタが泡吹いて倒れそう
山銅
2018/07/25 22:44
山銅さん、兵器の進化、ハイテク化ってのは殺傷力のアップだけに非ず。素人でも扱えるよう操作方法やメンテナンスを改善することだって含まれます。

過去の戦史を紐解けば、銃器の普及で農民上がりの足軽や銃兵が、日々武芸を鍛錬している騎馬武者や騎士をなぎ倒すことが可能になったわけですし。

>現代兵器はハイテク云々ほざいてる一部軍オタが泡吹いて倒れそう
被本塁打大王
2018/07/26 08:11
いっそのこと、囚人部隊を創設したら? 軍務に服したら刑期半分とか。刑務所の収容人数オーバー解消やランニングコスト削減になります。 昔、韓国で死刑囚を工作員に養成しました。シル・ミドですが。いい人材活用じゃないですか。独立愚連隊みたくなって。
工藤会や関東連合の元メンバーをリクルートしたら?
兵隊の本質は荒れくれもの、ゴロツキ、ならず者の集まり
中国の諺で 良い鉄は釘にならず。良い人は兵にならず。

元気があっていいんじゃないですか! 幹部連中はアウトレイジみたく下克上されて面白いですよ! 昔先輩でいたなぁ、隊長の2佐を木刀振り回して追っかけ回した方が。
兵隊ヤクザ復活、今自衛隊に必要なのは兵隊ヤクザ。
元キャプテン
2018/07/26 11:53
>>>選抜徴兵制

それを聞いて真っ先に思い出すのは、↓

http://www.amazon.co.jp/新世紀日米大戦〈1〉笑顔のファシズム-C・NOVELS-大石-英司/dp/4125004862

ですね。


>4倍増6000億円に イージス・アショア費用はどこまで膨れる

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/234097

>>予備弾など含めれば6000億円は現実的な数字と言えます<<

なら防衛省も、そうと正直に言えば良いのに。
KU
2018/07/26 20:47
現時点でも、即応予備自衛官を雇用している企業には、いくらか忘れましたけど、給付金が発生しています。
また、任期制自衛官には、任期数によりますが、任期満了金というものも支給されていて、進学等にも一部活用している方もいるとのことです。
ボーヤはるみち
2018/07/26 21:05
フランスはこういう考えのようです。
仏軍は2002年からの完全志願制の導入により、職業軍人化が進み、2002年以降職業軍人及び任期制軍人の退職者数が大幅に増加する。そのため良い再就職ができることが優秀な軍人を確保することになるとの基本的考えから、再就職準備のための6ヵ月から1年の有給休暇制度が設けられているほか、軍再就職支援センター、外郭団体、各基地における職業訓練、職業紹介等の施策を推進している。これらの措置によって、退職者の80%が6ヵ月以内に再就職している。
 また、再就職支援とは別に、退役軍人を公務員に採用する制度が設けられており、多数の退役軍人が文官に任用されている。
ボーヤはるみち
2018/07/26 21:16
陸自ばかり槍玉にあげるようで心苦しくもありますが、
方面隊や師団旅団の統廃合を進めて定員を削る措置を並行するのも濃さを維持する一つの方法でしょう。士が7割しか居ないとはいえ、0ではないのならそうやってやりくりするのもありと考えます。
高級軍人のポストを減らすタイプの削減には内部からも強い抵抗があるのは宇垣軍縮と似てますよね。

人員の年齢構成のアンバランスさは、自衛隊内部の問題というよりは日本の労働市場全体にいえる硬直性のデメリットを自衛隊も引き受けていると見た方が正しいのではないでしょうか。経済紙にしばしば登場する団塊退職後の会社の人員構成とか、不足する中堅社員とかと根底には相通じるものを感じます。
ふきのとう
2018/07/26 22:39
元キャプテン殿

相も変わらずお元気そうですなぁ。カキコの内容もどっかで見たような古巣の扱き下ろしネタばっかですが。
仮にも元自衛隊幹部?を名乗る人間が、公然モラルハザード必至の囚人ヤクザ部隊とか、DQNの兵隊が将校を木刀で追っかけ回すのを面白おかしく奨励?してる時点で、マジ終わってますね。
こんな人間が20年間武器持って血税貪り食っといて、まっとうな批判や提言ならともかく(一応、してるようですが)、古巣を人生狂わしたクズ組織呼ばわりして非生産的なゴマメの歯ぎしりを繰り返し吐き捨ててる様見ると、不快感しか覚えないです。

まあ、1年かそこら前に、職場の野戦衛生について現場から何か改善の提言されましたか?という他意のない問いに対して、なぜか意味不明のガチギレされた時点で、諦めてますがね。
ニ読者
2018/07/27 08:15
元キャプテン氏の唯一の権威は、自衛隊で20年メシを食ってきた元一等陸尉(化学科)、ということですよね。ですが、その自衛隊を大人の幼稚園だの国立介護施設だの幹部の仕事はだれでもこなせるだのとバカにすると、ご自分がかじり付いてる権威をご自分で毀損することになるではありませんか。まるで腹が減ったからといって、自分の足を自分で食うようなものです。なんでその矛盾に気がつかないのでしょうか。
要は、大人の幼稚園(自衛隊)も介護の仕事も塾講師も長続きしなかったくせに、プライドと自己顕示欲と自衛隊への憎悪だけは異常に肥大した、秋田県の普通科高校卒の40過ぎのオッサン(愛読書は「沈黙の艦隊」と「右向け左」)ということなのでしょう。相手にするだけ時間の無駄といっていい、ショボくて小さな人間なのですか、二読者氏の投稿に刺激を受けてコメントしちゃいました。また清谷さんから怒られちゃうかなあ。
ひゃっはー
2018/07/27 16:27
ひゃっはー殿

元キャプテン殿は化学科でいらっしゃいましたか。それは初耳でした、かなり驚きです。
平成初期までの自衛隊の内情が、下はそれこそ「右向け左!」的な超3Kで上はなんちゃって職業軍人だったことくらい、宝島社刊「裸の自衛隊」とか読めば判ることで、現役中に氏が相当苦労されて忿懣やる方ない思いをしたとしても、ことあるごとに他人様のブログの記事の内容にこじつけて書くのは、いかがなものかと思うのですがね。
せっかく豊富なネタをお持ちなら、「様」付けで敬愛している清谷さんを見習って、本一冊くらい世に問うてみればよろしいのに?
ニ読者
2018/07/28 01:22
私はそんな本など読みたくはないですね。自分の都合に合わせて、「自衛隊OB」と「元大人の幼稚園の先生」の立場を使い分けてコメントするような卑怯者の書いた本に、何の価値があるというのでしょうか。
自衛隊OBなら、自衛隊に少しくらいは帰属意識や敬意があるべきではないのでしょうか。元大人の幼稚園の先生なら、専門家ぶって上から目線で防衛問題を論じる資格はないでしょう。
自衛隊の人事制度には多くの問題があることは確かですが、こんな男を中隊長にしなかった自衛隊には、まだまともな部分が残ってるなと思います。
ひゃっはー
2018/07/28 14:22
以前勤めていた運送会社の約8割は自称「兵隊上がり」それも陸自のみ。国防意識に燃えて入隊は皆無。皆免許取得の為が大半。大型取れば金魚のフンみたいに「牽引」が付いてくるようで皆、所持していましたよ。聞けば大砲引っ張るからセットだとか。私もそうだけどトレーラーは前だけは何とか行けても後ろはセンスがなければ無理ですよ。

し代わって逆に海自は免許取得のチャンスが、なかなか巡って来ないらしいらしいですね。空自のスクランブルのように緊急出港とかあるらしい。なんたらかんたらの元海自の話だけですが。個人的には単なる言い訳にしか聞こえなかったです。要はアホ。
自衛隊は職業訓練学校で委員でないの会
2018/07/28 21:17
二読様
ヒャッハー様

結論から 別にあなた方に同意や理解を求める気はないし、不快だったらシカトすればいい。職業の選択や進退についてあなた方から言われる理由や筋合いはない。個人批判は的外れ。言論封鎖、思考停止。あなた方は昔の社会党や共産党と同じ穴のムジナ。

古巣の組織に悪い感情を抱くことについて、虐げられ 冷遇されれば 誰でもそうなるでしょう。あなたが高校の生徒や保護者としましょう。非行もしていないのに停学処分を受けた。相応の成績を取っているのに大学の推薦を受けれない、赤点を取っていないのに落第させられた。 そんな仕打ちを受けたら自主退学しますよね? 私はそのような仕打ちを受けたんですよ!私も人間ですから我慢に限界あるんですよ! いい感情を持つわけないし、帰属意識なんか消えるでしょう。違いますか? 少しは想像力を働かしてはどうでしょうか?
元キャプテン
2018/07/28 22:46
続き

古巣の組織を悪く言うことについて、辞めてから批判して何が悪い。前川前事務次官も 安倍政権や教育政策を批判しています。辞めてから批判しています。何か問題でも? 辞める度胸もないのに2チャンネルや転職サイトに部隊や上司の誹謗中傷したりする現役のバカ共や組織に不利益をもたらし、評判を落としてもケジメをつけれない 組織に居座る恥知らずの現役をなぜ批判しないのでしょうか?。私はそちらの方が問題ですが。辞めた私を批判するのは的外れでナンセンスでは?なにか自衛隊に恩義や受益があるんですか? ヒャッハーさん、あなたも組織批判したり、馬鹿にしていますよね。
矛盾していませんか? 私は現在、自衛隊から仕事や金を貰ってません。提灯持ちする理由はない。
私のコメントは下品な表現でしたが、 選択肢や方法論としてはアリでしょう。 人集めにはインセンティブないと集まりません。愛国心やボランティア精神では解決しません。外人部隊も選択肢ですし、囚人部隊も選択肢です。 更生・再チャレンジ、刑務所運営のコストダウン、自衛隊の人件費節約 という利益もある。 囚人も刑期終えたら働かなければならないんですよ。また、囚人だから狂暴・凶悪という先入観捨てた方がいい。
元キャプテン
2018/07/28 23:20
清谷様
閲覧者御一同様


私の下品なコメントで関係のない、変な方向になってしまい、お騒がせしまして誠に申し訳ございませんでした。
言い分けがましく聞こえますが、新しい世界で生きる又は転職するには 過去の自分を否定つまり自己批判や自己否定しないといけません。家を新築するには元の家を壊さなければなりません。できるできないかの問題ではなく、やるしかない。 よく自衛隊OB、特に階級が高かった方が階級章で物を言ったり、自衛隊は良かった〜、自衛隊時代の功績の自慢話をして新しい職場で顰蹙・反感を買い、居場所を失っている話を直接・間接的に聞きます。私はそういう話を現役時代から聞いていましたし、ゼロからの出発なので自己否定・自己批判しています。矛盾しているように見えますが私は矛盾してません。自衛隊はいい職場だと未練がましい態度取ったら 周囲は おかしいと感じませんか? 言っていることとやっていること違うじゃん!となります。
住んでいる街では外国人の方がたくさん働き、生活しています。外国人であることは否定できませんが 日本語や習慣に馴染んでいます。できないのではなく、やらざるを得ません。生活するためにやるしかないでしょう! それと同じ。外国人の方が母国をパラダイスのように語ったら 、聞いている日本人は母国へ帰ればいいじゃん!と思います。
元キャプテン
2018/07/29 04:36
 自衛隊って、単に不人気業種だから人が集まらないので、ここは思い切って、「年齢不問、未経験者歓迎 アートホーム(兵法生活)な職場です。」で求人をかけるしかないんじやないかいナ? ( < 全くのブラック求人じゃねえかYO!)

 優秀な人材を、極めて安いコストで使い潰すのは日本の伝統芸とも言えますので、これからは兵員として優秀な人はおフランスの外人部隊か米英の民間軍事企業に流れるコトになると予想できますナ。

 何らかの事情があって自衛隊を辞めた人が予備役に応じる可能性は低いし(ダブルワークで儲かるならいざしらず。)、本職自衛官より労働時間が長くなり過労死する可能性も大なりですナ。

 リーズナブルを求めるなら、安かろう悪かろうを受け入れるしかないのをいい加減に認めるしか無いんだナ、コレが。

 奨学金制度をちょこっと弄って、肉体労働返済制にしたら、頭数だけは集まる気がする。

 後は、お家芸の「(強制はしないけど、断ったら村八分)ボランティア」に頼るコトになるだろう。
 
はて?
2018/07/29 10:32
>私の下品なコメントで関係のない、変な方向になってしまい、お騒がせしまして誠に申し訳ございませんでした。

元キャプテンさん、私は別に気にしてはおりません。これからも遠慮なく古巣をたたっ斬っておくんなせえ。

私は元キャプテンさんの古巣斬りより、小笠原某や井上某らによる「自衛隊ヨイショ」「自衛隊スゴイ!」の方が自衛隊にとっても、一般国民にとっても有害無益であると感じてますがね。甘言耳に快く 諫言耳に痛し。現役の自衛隊員も、自衛隊擁護派も、元キャプテンさんのコメにいちいち噛みつくより、自衛隊を(いろんな意味で)ホワイト職場に変革するよう活動した方が良いと思います。それが、ブログ主たる清谷氏の願いでもあるはず。
被本塁打大王
2018/07/29 13:14
本題に戻ります。先程の泥試合は止めます。
人間は損得、インセンティブで動きます。精神論、愛国心、ボランティア精神では動きません。徴兵、外人部隊、囚人部隊、 奨学金、色々な選択肢があっていいと思います。高校、大学入試と同じく魅力的な学校には優秀な人材が集まり、魅力がない学校にはカスが集まる。職場も同じ。世間のニーズを知りましょう。
極論を言いましょう。在日米軍や第7艦隊を買収したり、民間軍事会社に委託し、自衛隊を解体。そういう選択肢もアリ。柵の中でしか生きていない、兵隊バカや筋肉バカが失業しようが知ったことではない。甘えたことを抜かすな。五体満足で読み書きできれば働ける。外人でも日本で起業・就労している。日本人だからできない理由はない。車椅子や寝たきりの方は別です。 要はやる気と意識の問題! 言い分けは聞きたくない!
元キャプテン
2018/07/29 13:26
元大人の幼稚園の先生へ
相変わらず、お元気なようでなによりです。
ところで煙草はまだ吸ってらっしゃるんですか? そうでしたら、そろそろ禁煙されてはどうでしょうか。自衛隊OBであることを実質的に自己否定するあなたも、長生きしたいでしょう。
ひゃっはー
2018/07/29 13:32
元キャプテンさん、
戦争真っ最中で最前線に送り込む兵隊が足らない、
って言うような状況なら塀の中の住人を駆り出す手もあるかも知れませんが、そのような戦局では恐らく空自も海自も大打撃を受けどこかに上陸されている状況でしょう。それに武器を持たせたり特別な訓練をするのは色々無理あると思うので無難に食事や輸送など後方部隊のお手伝いがせいぜいかと。仮に殺人犯だからとは言え戦場での戦闘に役立つでしょうか?味方からは自分が殺されるかも?と変な目で見られるのがオチかと。あまり現実性は無いですし徴兵する前の最後の最後の手段ですよね。

最近は企業で副業が認められている所が増えているようですが予備役自衛官は副業時間でって言うのはどうでしょうね。例えばですが駐屯地に夜集まって2,3時間訓練するとか。近くに基地や駐屯地の無い所だと無理ですが田舎なら閉校した学校を時間借りして臨時の訓練場にするとか土日は校庭でキャンプとか。で、一定時間の参加をもって給料を払うと。射撃訓練とかはできないですけどね。
やれやれ
2018/07/29 14:40
先のコメントの内容を引きずった上浅学の身でまだ色々と勉強しないといけないトコも多いのを承知で申し上げますけど、2次防以前、管区隊があったころは管区隊がほぼ師団相当の位置づけだったように思われます。それを予算や世論諸々の制約で、陸自の人員規模を維持したまま師団や旅団を増やしたところがそもそものズレの始まりだったのではないでしょうか。そこに、90年代以降の日本経済の成長鈍化を背景とする予算削減圧力による人員削減が重なった結果が現状ではないかと愚考します。
師団の人員規模を増加しさえすれば戦力が向上するとは考えてませんが、一方で士官の階級が元来は指揮する兵力の規模(をきちんと掌握できる技術の有無)と密接な関係があることを思うと、陸自ができて以降、抜本的とも呼べる組織構造の変革が行われていなくて、改憲論じゃないですが金科玉条のように師団や旅団といった戦略単位の数を維持していく必要もないのでは?と感じます。

第二次世界大戦中だったでしょうか、枢軸国でも長期にわたる戦争による人的物的損害の蓄積から定数を削減する事で戦略単位の数の維持につとめたケースが多いように記憶してますが、連隊や中隊といった部隊の名称は冠してもその中の部隊が削られると戦力としては低下したという評価を下す向きは結構あったように思います。普通科連隊の中に普通科中隊6とかってて要するに正味2個大隊規模ですよね。3個大隊なら連隊というのもわかりますが、まるで国民擲弾兵みたいです。
ふきのとう
2018/07/29 20:07
> いっそのこと、囚人部隊を創設したら? 軍務に服したら刑期半分とか。

元キャプテンさん、囚人部隊というと、どうしても悪名高きこの部隊が思い浮かぶ件(^^;)

第36SS武装擲弾兵師団
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC36SS%E6%AD%A6%E8%A3%85%E6%93%B2%E5%BC%BE%E5%85%B5%E5%B8%AB%E5%9B%A3

犯罪者軍隊の師団長ディルレヴァンガー :密猟者・犯罪者・問題児を率いたナチスのサイコでサディストな師団長のすべて!
http://xanadu.xyz/B/post-22/

ソ連軍の懲罰部隊をマネて、督戦隊もセットにしないといけませんな(^^;)でないと後方にも最前線にもおけません(^^;)

懲罰部隊#ソビエト連邦
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%87%B2%E7%BD%B0%E9%83%A8%E9%9A%8A#%E3%82%BD%E3%83%93%E3%82%A8%E3%83%88%E9%80%A3%E9%82%A6
被本塁打大王
2018/07/29 21:27
お邪魔します。
 事実と論理が無く、心情と直接的人間関係「しか」無い日本人にとって問題とは「忖度で解決する」ものであって、「仕組みや制度で解決・改善する」ものではないように思われます。

 それから欧州大陸の陸軍幼年学校は、跡取りでない貴族の次男三男に、貴族の子弟にふさわしい仕事を与えるという役割もあったそうです(英国では貴族の子弟が商売をする事に抵抗が少なかったとも)。近い将来日本にも大量の移民や労働者が入ってきて、企業も移民や労働者の方を雇うようになって、「生粋の日本人」の仕事は軍事・国防関連ぐらいしか無くなるかも知れません(一握りの優秀な人間は官僚になるが)。尤も逆に軍事・国防関連を「血と死と人の恨みに穢れた"ケガレ仕事"」として外国出身者に押し付けた挙句、「庇を貸して母屋を取られる」破目になるかも知れませんが。
ブロガー(志望)
2018/07/29 21:47
元キャプテン殿
わざわざ返信ありがとうございます。
これまでの経験上、どんな反応があるかは予期していましたし、不毛な応酬でスレ埋めするのも何なので、最低限の返しに留めます。

>不快だったらシカトすればいい
自衛隊の人事絡みの話になると、貴方の使い古された悪罵コメが皆勤賞のごとく付くので、嫌でも目に入ってしまうんですよ。たまになら受け流せるでしょうが、皆勤賞となると不快感を催すのも当然ではないですか?

>私はこのような仕打ちを受けたんですよ!私も人間ですから我慢にも限界あるんですよ!
まぁ、まずは落ち着きましょうや。(苦笑)相当な人事上の不利益を被ったのはお察ししますが、私ら批判者に力説してもしょうがないでしょ。(笑)
別に古巣を愛そうが憎もうが、帰属意識持とうが持つまいが自由ですけど、そこまで我慢できなきゃ、訴訟でケリつければよかったじゃありませんか。元労働官僚の村木厚子氏がいい例でしょう。
わざわざ後出しジャンケン野郎の前川某を例にしてる時点で、程度が知れますよ?
現役隊員どいながらネットでチクり攻撃してる輩共は確かに卑怯で唾棄すべき存在ですが、わざわざ議題にも上ってない連中を引き合いに出す理由が判りません。
ニ読者
2018/07/30 19:03


>また、囚人だから狂暴・凶悪という先入観捨てた方がいい。
貴方、その前に「兵隊の本質は荒くれもの、ゴロツキ、ならず者の集まり」「兵隊ヤクザ復活、今自衛隊に必要なのは兵隊ヤクザ」等と書かれましたよね?
囚人の狂暴さを兵隊としての戦闘力向上に役立てようという考えとしか、私の貧弱な語学力では読み取れませんでしたが。インセンティブ云々は、後付けの言い訳にしか見えません。
要は、試験を経て部内幹部になっても、軽蔑していたはずの「大人の幼稚園の先生」に甘んじ、部下にはその程度の服務指導しかせず、不平不満を溜め込みながらも陸曹士時代を含めて20年間血税を食んでいたということなのでしょう。で、とうとう自分を騙すのに限界が来て飛び出した、と。
まぁ、仮に持論の和製懲罰部隊が誕生したら、性格的に指揮官に向いてそうですが、木刀で下克上云々を大っぴらにもてはやしてたら、真っ先に後ろから撃たれるのではないですか?私なら、仮に冗談であってもそんなことを公言する人間の下には付きたくないです。
ニ読者
2018/07/30 20:24
続々(最後)

これで〆にしますが、別にカッコ付けて「私は自己批判・自己否定しています!(キリッ)」とわざわざ高らかに宣言しなくてもいいですよ。(笑)誰もキャプテン殿にそんなもの求めてませんから。
繰り返しになりますが、貴方のカキコの8、9割は古巣への非生産的な恨みつらみだけで、元陸自幹部(?)としての知見が光るであろう装備品の運用や改善に関する建設的な提言や批判は皆無に等しいではありませんか。「様」付けで敬愛されている清谷さんとの越えられない壁はそこですよ。
ひゃっはー殿の御指摘にもありましたが、自己否定云々言われるなら、別に元陸自幹部という経歴をことさら強調されなくともよいではないですか。
申し訳ないですが、「ここが変だよ自衛隊!」の大宮ひろ志氏、元航空生徒出身で「右向け左!」の原作担当した史村翔氏、同じく元反戦自衛官で文筆家の小西誠氏ら、多少批判的であっても著作を正々堂々と世に問うた元自衛官の方々の方が、貴方の兆倍は尊敬すべき人物です。

以上で、元キャプテン殿への批判・反論は最後とします。改善も反省も期待はしてませんので悪しからず。皆様どうも長々とお目汚し失礼いたしました。


PS 被本塁打大王殿

私も、井上某氏の自己陶酔的で歯が浮くような自衛隊無条件&無邪気ヨイショ記事読むと、吐き気すら催します。
完全には難しいでしょうが、自衛隊が可能な限り合理的かつホワイト(?)な国防組織になるなら、辛口批判も全然アリだと思います。
後ろ足で砂かけるような無責任な言いっ放しは、論外ですが。
ニ読者
2018/07/30 20:34
大人の幼稚園から逃げ出した奴が、大人の実社会で負け犬の遠吠えを年中繰り返している。しかも、その内容ときたら「自分は大人の幼稚園では先生だった。エッヘン!」みたいなのばっかり。とても歯抜けの40代・男性の所業とは思えません。それとも福島で放射能を浴びて脳に腫瘍でもできたんですか。
ひゃっはー
2018/07/31 19:11
コメント欄の皆様に提案。

コメント欄で議論は誠に結構なのですが、単なる人格攻撃になるのでは得るところはないかと思います。実際に相手にあって同じことが言えるか、また自分が言われてどうかということを考えてコメントしてはいかがでしょうか。
キヨタニ
2018/07/31 19:43
私の口足らず、下品な表現で炎上させてしまい お詫び申し上げます。
説明責任・釈明という名のいいわけを させていただきます。
囚人部隊について、刑務所に収監された人を狂暴・粗暴というイメージを持っていますが、確かにそのような方も存在します。犯罪は人間が起こすのではなく、環境や人間関係が起こす。この台詞は私の現在の職場の上司のお言葉です。上司は以前、刑事の仕事をしていまして。教養や人格が備わっている方が犯罪に走り、逮捕・取り調べしていたらしい。つまり だれでも環境要因で囚人になり得るということです。例の文科省の局長は多分、収賄?で囚人になると思いますが、無教養・粗暴な人間が東大出て、キャリア官僚の試験突破して 局長の地位に就けますか? 刑務所も定員オーバー気味、いずれは社会復帰しなければならない。しかし、世間の風は前科者に厳しい。そして犯罪に走り、刑務所に再収監。軍務に服すれば刑を減免するという方法も自衛隊の人手不足、刑務所の収容オーバー、再犯防止というメリットが期待できます。素行が悪ければ刑を延長すればいい。 柵も堀も対して変わらんでしょう。
元キャプテン
2018/08/01 21:40
続き

兵隊ヤクザについて私が陸士・3曹時代 口より手が早い、兵隊ヤクザの怖いオジサンいました。私も蹴られたり、叩かれたりしましたが別に恨んでません。陰湿さはなく、あっさりしていて面倒見が良かったですよ。
たちかぜ事件のクズ2曹みたく弱いものいじめとか 女々しい女の腐ったようなことないですからね。兵隊ヤクザの存在は規律を保ち、指揮官の暴走を抑制します。兵隊ヤクザは必要悪ではなく、必要なんですよ! 兵隊ヤクザは60代、70代の高齢になり 現役復帰には無理があります。体力的に。最先任上級曹長、親会社のコピペでたいして効果が期待できず、兵隊ヤクザの方が規律やガバナンスを正すことができます。
元キャプテン
2018/08/01 21:55
木刀で追いかけ回した先輩について、先輩は粗暴なチンピラではありません。まじめに働いていました。隊長が覗きで捕まり、停職処分を受けましたが、本人は居直り 辞職しない。本人は無責任でケジメをつけれない恥知らずの奴の下では働きなくないとブチキレた。その先輩は辞めましたが。犯罪者を庇う組織に失望したと。ヒャッハーさん これがまともな組織ですか? 二読者さん こんな恥知らずの下で働きたいと思いますか? 私は根拠のない主張はしてませんよ。名誉のために言いますが、まともでリスペクトできる方もいます。全員、クズやカスではありません。組織の体質と個人の資質は別物です。あらかじめ言っておきます。
元キャプテン
2018/08/01 22:07
元キャプテンさん、
囚人に関して言いたいことは分かりますし誰でも犯罪者になるのはそのとおりでしょう。彼らを一人前?の兵士に育てる為には最低半年位は鍛えて教練など頭にも色々叩き込む必要があるのでは無いでしょうか。それより何より本人が自発的に懲役を減らすために兵士になりたいと志願する必要があります。強制では徴兵と同じでイヤイヤやっているようだとやはり信用されないでしょう。そしてだれが管理するのか?それなりに使える人でないと難しいと思います。そして平時に愚連隊は必要ないと考えます。塀の中に一定数予備役を確保するようなプログラムなら有りかもしれませんが。それとこれが最も重要な事ですが、犯罪者も高齢化が進んで若者が少ないという事です。老人と言っていい世代の囚人が増えすぎて刑務所が老人ホーム化した所がいくつもあるそうです。老人になって一人で働いて生活するより塀の中で働いて飯を食うほうが幸せだと思う老人による再犯が非常に多い。これでは兵士にも使えませんが。それと少子高齢化のお陰か世代が変わったからか日本人がお行儀良くなったからか犯罪率は過去最低を毎年記録しています。つまり犯罪者自体が少なくなっているんです。つまりこのプランが実行されても早晩行き詰まる可能性があります。そういうのもあって誰でも比較的できそうな後方任務ならまだ何とかと思ったわけです。
やれやれ
2018/08/02 00:31
元大人の幼稚園の先生へ
まずは「脳に腫瘍〜」の暴言は謝ります。被災地でご活躍されたことには敬意を表します。
「犯罪は人間が起こすのではなく、環境や人間関係が起こす。」ですか。だったら覗きで捕まった隊長には、何の罪も責任も無いことになるではありませんか。では誰がその罪や責任を負うんですか? 陸幕長ですか? その隊長を木刀で追いかけ回した先輩ですか?
自衛隊の仕事はだれでもできる、と暴言吐いておいて「高度なスキル、豊富な社会経験を有している者を幹部=将校として採用」しろ、ですか。
たかが、大人の幼稚園の先生ごときの仕事を放り出した人が、ご自分は大隊長や部長クラスの仕事はできる、ですか。「兵隊ヤクザ」達の指揮・統率ができると本気で思っているんですか?
自衛隊に魅力はほとんどない、と言っていますが、そうなった責任の一端が貴方にもあるのではないのですか。つまり元自衛隊幹部としての責任感のかけらもない。それとも大人の幼稚園の先生だったのだから、責任はないと強弁されるおつもりですか。
あと、自衛隊を解体しろ、と言ってる人から、なんでお前は「昔の社会党や共産党と同じ穴のムジナ。」と言われなきゃいけないんですか。それは貴方でしょう。
ひゃっはー
2018/08/02 01:30
ヒャッハー様

あなたいい加減にしたらどうですか?チンピラのゴロ巻きや揚げ足取りして 議論の土俵にも上がっていない。過去私の現役のこと根掘り葉掘り 突っ込んで生産性もない。犯罪の原因や背景を述べただけで免罪は主張していません。日本語理解していませんよね? 自分の都合のいいように解釈していませんか? 魅力のない職場にしたのは私に責任?その根拠はなんでしょうか? じゃ〜私から言わせれば魅力がないから去った。去った人間は責任あるのでしょうか?去った人間に責任を擦り付けるのは小門違い 違いますか? 責任放棄したと仰いましたが、途中退職したから責任放棄という考えは暴論ですよ!中谷代議士、村井知事は自衛隊時代の仕事を他人に丸投げして去ったという理屈が成り立つますよね。本人を前にして言えますか? 私だけ攻撃の的にし、OBのマリンロイヤルさんや元陸自幹部さんを攻撃しない。私からは人を見て対応しているチンピラとしか思えない。攻撃するのは現役で組織を食い物にしている輩でしょう。何度も言うように私を個人攻撃するのは無意味で的外れだと言っているんだよ!
共産党の党員に知り合いがいるが付き合いたくありません。自分の主張・思想にそぐわないと言論封鎖し、法敵扱い、レッテル貼りをする。あなたと同じですよ!自分の考えを強要し、他人の考えを傾聴しない。コミニュケーションが成立しないので相手にされない。あなた、私を個人攻撃して優越感に浸りたいだけだろ、そういうのを自己満足、自己陶酔って言うんだよ!
元キャプテン
2018/08/03 07:48
閲覧者、コメントした皆様 何度も醜い場外乱闘して 不快な思いをさせてしまいお詫び申し上げます。 執拗な個人攻撃に頭にきて、反撃しました。私の主張やコメントに非難・批判は構いませんが関係のないプライベートや過去のことを根掘り葉掘り、いい加減にしろ!と思い、不本意ですが反撃しました。清谷さん、私のコメント削除して構いません。例のチンピラがゴロ巻いて、収拾つきませんから。
元キャプテン
2018/08/03 07:55
元大人の幼稚園の先生へ
ええ、中谷氏や村井氏は自衛隊から逃げたんでしょう。しかし、中谷氏は精鋭無比の空挺団で小隊長でした。そして自衛隊から「逃げた」後は公正な選挙で当選し、村井氏と同様に政治の世界で活躍しています。
対するあなたは何ですか。大人の幼稚園の先生の仕事もできなくて、退職後は匿名で自衛隊の仕事は誰でもできる、と暴言を吐く。もしも、あなたが国会議員だった場合、自衛隊の仕事は誰でもできると言ったら、その瞬間に非難轟々です。中谷氏や村井氏はそんなシビアな世界に身を置いているんです。両氏と元大人の幼稚園の先生ごときを同列にするのは両氏に失礼です。
あなたの発言は、自衛隊OBの名に値しません。マリンロイアル氏を自分と同じように批判しないのはおかしい? 味噌と糞を一緒になんかできるわけないでしょう。
言いたいことはまだありますが、もうこの辺りでいいでしょう。一生、女にモテたいという欲求不満を抱え込んだまま、自衛隊の悪口を言い続けて下さい。
ひゃっはー
2018/08/03 16:07
ヒャッハー様

しつこいよなぁ〜、あんたも過去、自閉隊とか馬鹿にしていましたよね?
心変わりしたのでしょうか?
どういう捉え方するかはあなたの勝手ですが。あなたは一体何ですか。陸幕長から2士まで職業選択の自由や進退の自由はあるし、仕事は人生の目的ではなく、生活する手段なんですよ。辞める、続けるは本人の選択。 あなた自身のことは何も説明しなく、 自分のことを棚に揚げる。支離滅裂でしょう。辞めてから批判して 何が悪い。現役で組織から金と仕事貰って組織を批判・誹謗する輩の方が問題ですよ。なぜ、あなたはそれを非難しないのでしょうか? ご自身の意見や主張を述べず、私の非難に固執する。わからない?あなたはどういう意図や目的があって投稿しているのでしょうか?教えてください。私の軽蔑しても構いませんが、執拗に相手するのはわかりません。シカトすればいいだけでしょう。私にはさっぱりわからん。 あなたと相手しても進展性はないし、貴方のコメントには何も言いません。私の誹謗中傷には断固反撃します。
元キャプテン
2018/08/03 23:55
元大人の幼稚園の先生へ
相変わらず、お元気なようでなによりです。
ところで精神崩壊した後の、お体の調子はどうですか?
2種免許を持ってない私が言うのも何ですが、バスを運転される際は、くれぐれも細心の注意を払って運転に集中して下さい。
ひゃっはー
2018/08/04 10:29
元キャプテン殿

先に、これで最後と書きましたが追加で。自分がホント嫌になりますが……。
恐らくは、自分への批判や非難に対しては、主義主張の問題ではなく本能的に、省みる前に全力で叩き潰さなければ気が済まない性格なのでしょう。昔の職場にもいましたよ、そういう人。
それをもっと早く認識して引き下がるべきでした。どうもすみません。
ただ全てに言えますが、キレる前にまずは落ち着きましょう(苦笑)私はこれで打ち止めにしますが、また他の方から似たような批判や非難受けたら同じ返しするんですか? 自分を小っさい人間に見せるだけですよ。

あと、貴方の人生や経歴などに興味も関心もないので掘り返す気にもなりませんが、このブログの読者を数ヶ月続けてたら、「自衛隊の人と金の話になると必ず食い付く、古巣を異常に嫌悪・憎悪する自称元陸自1尉(大人の幼稚園の先生)」という特異なパーソナリティが浮かび上がってくるではないですか。主張の内容共々、御自分で宣伝しまくってるようなもんでしょ。
散々、私怨剥き出しの暴言・暴論をがなり立てておいて、不快ならシカトしろとは、公共の場で汚物を撒き散らして開き直る迷惑隣人や、最近流行りのヘイトデモ団体に似ていると言わざるを得ません。
ニ読者
2018/08/04 10:43


生き方は人それぞれ自由ですから、職場に合わなきゃ中途退職もアリでしょう。しかし自分が自衛隊を「逃げ出した」と表現されたことに反応して、何の関係もない他の元自衛官のコメンターの方々や政治家をわざわざ巻き込まなくたっていいでしょ(苦笑)
私が貴方を非難したのは、元陸自幹部?とは思えぬあまりに粗暴な主張の内容に対してであって、自衛隊を辞めたためではありませんから。
ともあれ、好き嫌いは別として、貴方はその組織に20年いて血税から給料をもらっていた。そのことをもう少し重く受け止めて、古巣を批判・非難するにしても、もう少し節度を持たれては? と申しているわけです。

あと、持論の囚人部隊について。
私が粗暴犯の戦闘力への活用としか読めないが?と批判した後、急に正論ぶってインセンティブ云々の言い訳されてましたが、その前の「シルミド、独立愚連隊、工藤会・関東連合元メンバー」の記述はお忘れか、あるいはなかったことに、ですか。
いいとこ取り、つまみ食いを非難するのは、も少し御自分も改善された後がよいのでは?
ニ読者
2018/08/04 11:15
続々(終)

これまでのカキコを読むに、かつての上官も大概な人が多かったようですが、その下にいる間に歪んだ性格となってしまったことについては、本当にお察しします。

もう今後は返信されなくて結構です。私も疲れましたし、貴方もお疲れでしょう。
その程度の覚悟もない卑小なタダ乗り人間に、テメエでブログ立ち上げろだの本を出せとも言いません。
ブログ主の清谷さんが消去されないうちは、まぁ続けてもいいんじゃないですか?
私も釣られずにスルーできるように気を付けます。

PS ↑の陸上イージスに関する記事で、元キャプテン殿の名を騙って軍事的見地からしっかりした意見を書いている人がいますが、よもや本人ではない、ですよね……?
ニ読者
2018/08/04 11:31
ヒャッハー様

いいえ、こちらこそ。心配してくださいありがとうございます。猛暑が続いているのでお体に気を付けてください。
自分の現在の仕事に精進します。
二読様
イージスアショアのコメントは本人です。コメントは結構ですし、信用してとは言いません。あなたのご指摘は6割り方的中しています。
私が自衛隊勤務の最後の職場は醜い環境でとんでもない方いました。離職3名、自殺未遂、精神崩壊など 私から言わせれば 映画ブラック企業に勤めているけど限界かもしれない! に近いイメージです。現在の職場環境は一応は満足して、大半の方は常識の備わった方です。他人のことを言えませんが 多少クセがある方もいますが、上記の職場の人物よりはまともです。仰る通り、節度と冷静さを失わないこと。今の仕事に精進します。冷静さを欠け ご迷惑お掛けしました。これで和解しましょう。
元キャプテン
2018/08/04 14:57
二読者様へ
元キャプテン氏は一種のくさやですな。
年中、暴言や妄言という悪臭・腐臭を発散させているんですが、それを乗り越えると何とも言えない芳醇で熟成された独特の風味が味わえるんですよね。で、気がつくと半年に一回くらいの割合で、無性にかみつきたくなっているんですよ。
あなたは、その魅力に覚醒したんです。
私は東野圭吾の小説を読んでたので、気がつきました。
ひゃっはー
2018/08/04 16:03
 ナニをやっても自衛官が、ユーチューバーを抜いて小学生がなりたい職業になることは無いと断言できる。

 映画「トップガン」の後、米海軍に入隊する人が一説によると500%増えたとあるので、自衛隊もそれなりのプロモーションをしなければならないのではないかいナ。 (米海軍に入ったところで、トム・クルーズになれるわけではないので女の子にモテるわけは無いのだがナ)

 米海軍が「In The Navy」を大ヒットさせたように、ARJ48なんてなのアイドルグループをつくるとかサ。

 自衛隊に一時でも関わると、一生ついて回るという「なんだかな〜」な感じ払拭しないと、益々入隊希望者が減るんじゃないかいなと思うわけだ。

 ※「In The Navy」:勿論ヲレが考えたデマだ。 男性コーラス・グループ:Village Peopleが1979年にヒットさせる。 どういうグループかというと、6人のレーザラモンHG(元ネタだろう)が歌って踊るというアレな感じで一世を風靡した。 歌詞の内容は、まあ、ソウイウことだ。

 ※ARJ48:MRJ48でないところに悪意があったりなんかする。
はて?
2018/08/04 20:57
米戦略家たちの常識は「陸自は縮小が必要」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53821
周辺の軍事情勢が厳しさを増している今日、日本が第2次世界大戦から学び取り現在に生かさなければならない様々な教訓のうち国防の基本方針に関わる筆頭は、「外敵の軍事的脅威は海洋で打ち払わなければいけない」ということである。

ご尤もだと思います。基本海自空自がやられたら日本はおしまいですから。日本中でゲリラ戦を展開するつもりなら別ですが、面倒な占領するより海上封鎖するんじゃないでしょうか。島しょ部ならまず先に陸自を配置するべきでしょうが、今の所部隊の規模は小さいですしその他大勢の陸自隊員は多すぎるかも知れませんね。でも人員構成の悪さから既に実質的な縮小状態かも?
やれやれ
2018/08/16 18:18
陸上自衛隊は「縮小」ではなく「活用」が日本のため
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53838
上の北村氏の記事のアンチテーゼの様です。
米軍と自衛隊は、その置かれた環境の違いのために、全く違った性格をもった組織です。米軍は、典型的な外征軍であり、米国領域外で作戦することが基本であり、米国本土が戦場になることを徹底的に避けます。
「陸自の人員が多すぎるから削減しろ」という議論は近視眼的で古い考えです。陸自は貴重な組織です、縮小を考えるよりも活用することを考えるべきです。その方が、より現実的で効率的です。

と全て北村氏の記事内容の真反対の主張の様です。
やれやれ
2018/08/17 14:49
どこで戦争しようが海を隔てた地域での作戦には制空権と制海権が勝敗に決定的な要素だというのは変わらないと思うんですよね。敵が我が国に対して作戦をする時には必然的に海を隔てた作戦となるので、それに対抗するには陸を削ってでも海空に集中投資すべきだという主張は当然だと思います。「我が国特有」という言葉は漫然と使うべきではない言葉でしょう。我が国特有の事情から考えれば我が国に軍隊は不要、なんて言い切ることも出来ると思いますよ。我が国特有という言葉を用いずに説明できてこそだと思います。
ふきのとう
2018/08/18 20:19
記事で仰られたように、「将官とそのポストが多すぎる」「将校の予備役制度がない」「能力にかかわらず終身雇用のせいで人件費高騰」などの指摘は一理あると思います。
ただご自分の意見を主張なさるにしても、自衛隊やその支持者に対する尊重を欠いた、「まず自衛隊の現体制の否定ありき」の偏った論調になっていると私には見えます。それが少し残念でした。
ですがこれからも、清谷さんの意見ををきちんと受け止めて、自分なりに「日本の国防」について考えていこうと思っていますので、よろしくお願いします。
murasame
2018/09/07 12:54
〉自衛隊やその支持者に対する尊重を欠いた

まあ、OBや霞ヶ関方面からもよくいわれるのですが、仕事の記事は抑制しています。ブログは場外乱闘ですから。
仰ることもごもっともとは思うのですが、はるかに穏当に主張されている現役の方をみてきただけに、ある程度きつい言い方をしないとインパクトがないかとも思います。

プロならな当然のことをサボり、国防を危うくしている人たちがぼくに物言いを考えろというのもどうかと思うところもあります。誇りを傷つけて欲しくないというのもいささかナイーブかとも思います。
キヨタニ
2018/09/07 17:22
元大尉殿
あれは誰でも出来る仕事ですよ(健康なら)。特に時間を掛けて真面目に取り組めば猶更。
どちらかというと誰かがやらないといけない仕事だとは思いますけどね。
 自衛隊は世間的に見ればまともじゃないですよ。独自の価値観があって時には手が出る事もある。
かと言ってそれが駄目だったかと言われると違うと思いますね。ここは幹部殿と同じ意見だと思いますが。
 やられたときは頭に来たりしますけど、そこから何でそこまでやるのかとか、そういうのを実際の訓練や実任務を通して理解するのであるとは思います。
 確かにクソな所はありますがどうしてこんな素晴らしい尊敬できる人間がここにいるのか?
という出会いがあったりするのが不思議な組織だと思います。(逆もある)
 
清谷様
私は自衛隊が好きでもありとても嫌いでもあります。
お世話になった反面、物言いするべきではないと思う事もありますが、先輩方や後輩達の為、国民の払った代価の為にもできれば良い組織へと一層の進化を遂げて欲しいとも思います。
 内から変えるのは私は困難と思います。外から国民全体が良識をもって圧力を掛けなければ変化はないと思います。
何卒、愛らしくも憎たらしい?古巣を見捨てず適宜適切に批判し続けて頂けますようお願いします。
19190213
2018/10/12 19:34
50代でも予備自衛官に…自衛隊、止まらぬ「高齢化」の実態
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58170
ここでも自衛隊の人員構成の問題の指摘をされていますね。概ね既知の事ばかりですが予備自衛官も高齢化に進むとは知りませんでした。
予備自衛官も年間30日も訓練に参加だと人集まらないですよね。基本的に後方支援で前線でドンパチすることは無いと聞いていますが、それなら訓練を年1回一週間とか月1回土日とかでもよくないでしょうか。任務も輸送、炊事、警備とかに特化すればもうちょっと何とかなる気もしますが。
やれやれ
2018/11/02 11:44
>50代でも予備自衛官に…自衛隊、止まらぬ「高齢化」の実態

 80すぎの爺さまに「死ぬまで働くべし」な「ブラック労働国の象徴」として君臨してもらいたがる政府らしい話ですナ。

 来年まで持たずに、「過労死」したらどうするつもりなんだか?
 あったことはないけど「真面目な人」なんだろう。 正直者が馬鹿を見る国は続かないと思うんだけどネ。 そもそも、職業選択の自由がないのは気の毒だ。
 最後の言葉に「朕は、ヒモになりたかった」くらいの冗談を言ってもバチはあたるまい。

 植木等=サンが「無責任キャラ」で一世を風靡したのは何だったのかね。

 「無責任自衛隊」だったらヲレでも協力できる。 ( <まて、コラ!)

 生きて虜囚の辱めをノウノウと受けた人たちが築き上げた結構いい加減な国「日本」なんだから、現場の人間たちも「無責任」に生き延びて欲しかったりなんかする。
はて?
2018/11/02 13:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
自衛官採用年齢30歳はリーズナブルか? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる