2017年11月パリ日記 その3 7.62ミリのブルパップ

画像


イスラエル、IWI社のタボールの7.62ミリNATO弾型、タボール7。単に後景を5.56ミリからスケールアップしただけではなく、全体的に改良が加えられています。ふと、考えると我々東洋人向けには7.62ミリのブルパップは扱い易い銃ではないでしょうか。通常型の小銃だとかなり反動がきついですからね。

画像

会場にいた、ミシュランのマスコット、ビバンダム君の着ぐるみ。。一般には余り知られていませんが、ミシュランは軍用タイヤの世界的大手です。

画像

会場内の寿司スタンドではカップヌードルも販売。


今日は取引先との話も早めに終わったので、少し早く上がって、ホテル近所のタイマッサージに。結構疲れがたまっています。

で、夕食は月曜日と同じレストラン、Auberge Pyrénées Cévennes へ。
https://restaurant.michelin.fr/2a8qfzg/auberge-pyrenees-cevennes-paris-11
朝食、昼食は例によってショウガ紅茶と人参ジュースだけでした。

画像

ワインはボージョレーヌーボーを勧められるも、軽めのコート・ド・リヨネのハーフボトル。お勧めのボージョレーヌーボーも悪くなかったのですが、やはりブドウジュース的な感じが。基本ボージョレーヌーボー以外のボージョレーは料理に合わせやすいので好きです。

画像

前菜はベーコンとポーチドエッグの入ったサラダ。ベーコンが熟成しており美味。
画像

連れはサヤインゲンのサラダ。これらはシェア。

画像

メインは本当は仔牛の頭の料理にしようとおもったのですが、給仕の黒人のおねいさんが、絶対止めた方がいいと、顔面の表情まで総動員で止めたのでやめて、リドボーのキノコ添え。付け合わせはポテト。多分仔牛は頭蓋骨をかち割って脳みそとか、舌とかがついた奴だと思われ。似たような、羊の頭かち割り料理はアラブで食べたのでおとなしく忠告に従いました。従って大正解。リドボーは盛りも良かったです。

画像

連れはよくある鴨のコンフィではなく、ガチョウのモモのコンフィのキノコ添え。これもシェアしたんですが、ガチョウのコンフィは初めてでした。

画像

連れはフロマージュ。ぼくは無理だったのでちょっとつまむ程度でした。

画像

デザートは青リンゴのシャーベットのカルバドスかけ。ここのシャーベットは結構ねっとりしています。カルバドスで大人の味。
画像

連れはアイスクリームにメレンゲとホイップクリーム、クランベリーソース。結構なボリューム。

最後はエスプレッソ。

画像

結構予約で埋まっていました。


画像

食後の腹ごなしを兼ねて、近所のサンマルタン運河まで。夜に来たのは初めてかも。

画像


付近のマクドは券売機の導入中の模様。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

八王子の白豚
2017年11月23日 21:59
フランスのマックは券売機方式ですか、まあ、人種の坩堝な所はパリもロンドンもNYも同じだからこういう配慮は必要なんでしょうね。
あまり歓迎しませんが五輪をやる東京も参考にした方が良いかもしれません。
7.62㎜弾のブルパップは面白いと思いますが、反動がブルパップはもろに肩に来るという話を読んだ事があります。
不評だったL85の話なのでFAMASやAUG、タボールはモノが違うとは思いますが、その辺りはどうなんでしょう?
aaa
2017年11月25日 07:35
SNS気取りですか…

この記事へのトラックバック