北朝鮮の核開発抑止効果が高いのはミサイル潜水艦開発じゃないの?

さて、昨今北朝鮮の弾道弾及び核兵器開発が話題になっております。
前から申しておりますが、これらは「政治的な兵器」であって、使用したらそのときは、北朝鮮はおしまいなわけです
だから先ず使用されない。ただ独裁者が不治の病なんかにかかって、死なば諸共とか考えれば別でしょう。その場合でも周囲が使用を止めるとは思いますが。

だからといって備えが無くてはないとはいいません。ですから以前からぼくはMD整備には肯定的です。
ですが、それは「保険」として費用対効果を考えないといけない。

そもそも北が水爆やICBMをいつかは完成させるのは分かっていたことだし、国際社会の制裁があまり効果もないことも分かっていたはずです。

それが降ってわいた災難であるかのように、Jアラート乱発で、不要な恐怖を煽るのはいかがなものでしょうかね?
外交と軍事に強い安倍政権という「虚像」を信じている国民に不安感を与えて、落ち込んだ政権の支持率をあげるのが目的だろうと言われても仕方がないでしょう。
安倍政権が外交と軍事に強いというのは完全なイリュージョンです。
ついでに経済もそうですけどね。


イージスアショア導入もその支持率向上のための手段でしょう。
本来MDシステムはいろいろな選択がありますが、それが全くない。いきなり「この道しかない!」でアショアの一択です。

この人には思考力というものがないのでしょう。

ですからグローバルホークやオスプレイ、AAV7なども費用対効果、運用上の必要性も考えずに、アメリカ様からそそのかされて、とにかく買え、と自衛隊に押しつけたわけです。
結果自衛隊では補正予算をジャブジャブ使っても、他の装備の調達費や、維持整備費、需品などの予算が削られて装備の整備や訓練に大きな支障がでています。

つまりアメリカのいいなりになって、使えるかどうかも分からない装備に大金を掛けたために返って自衛隊の戦力を減退させているわけですが、気がつかない。

仮に北の核兵器と弾道弾が最大の安全保障上の脅威と認識していたのであれば、なんでこれまで早期警戒衛星や、レーザー兵器、各種プラットフォームに使える大型のUAVや飛行船などの研究を熱心にやってこなかったのか。あるいはMDシステム対応イージス艦のさらなる増強とかね。場合によっては陸自の師団何個か減らしても、R&Dや各種装備の調達に力を入れてくるべきだったでしょう。
それを今になって慌てた、あるいはモリカケ問題から頭晒すために慌てているふりをしているというのは随分と胡乱であるかと思いますよ。



さて国際社会が、北朝鮮の制裁に真面目に取り組まない原因の一つは、端的にいって我が国が舐められているからです。いくら安倍首相が「許さない」とか「断固として」とかいっても実効性が全くない。だから国連での演説でもガラガラだったわけでしょう。
しかも大半の国にとっては対岸の火事です。

諸外国が一番震撼するのは我が国の核武装です。これは米国や中国、ロシア、韓国などの近隣諸国は勿論欧州その他の国にとってもこれはインパクトがあります。

理屈でいえば米国の核の傘は必要なくなり、日米関係も大きく変わるでしょう。
何しろ被爆国の日本が核武装するわけですから、あっというまに世界で核武装競争が始まるでしょう。

基本的に核武装はしたくないけど、国際社会が無責任ならウチも核武装するよ、いいの?
というメッセージを国際社会に与えるべきです。


その一番いいのがミサイル潜水艦の整備です。ミサイル原潜は世論のハードルが高いですが、通常動力のミサイル潜水艦を建造して通常弾頭のSLBMやら巡航ミサイルを搭載する。まあ島嶼防衛用だとか、色々理屈をつければ宜しい。昨今では通常動力潜水艦でも非大気依存型の動力を搭載した艦はかなりの期間潜行が可能です。

これを建造。運用すれば国際社会が手を打たないならば、ウチにも考えがあるよ、と強いメッセージを送ることができます。

自分の核武装をした上で核軍縮を求める方が、実はデモをしたり、折り鶴を折るよりも核軍縮が進むのかもしれない、という考え方があります。
急がば回れというやつです。いわゆる平和主義者には受け入れないとは思いますが。
百年清河を待つよりも、まずは日本が核武装をして、あるいはする意図をみせて、核軍縮を主導するという方法も検討だけはすべきじゃないでしょうか。
まあ、これだけの経済力もって核武装もすれば外務省の悲願である国連常任理事国加盟も夢じゃないかもよ。


実行力のない「決意」だの「断固たる意思」だのは鼻で笑われるだけです。
例えばドルが国際通貨として地位が揺るがないのも米国の軍事力と、NY市場の決済能力があればこそですよ。

裏書きのない「手形」なんて誰も相手にしませんやね。

そういう意味ではミサイル潜水艦と通常弾頭型SLBMの開発というのはインパクトがあるかと思います。

ぼくは原則我が国の核武装には反対ですが、タブーを恐れずこういうオプションも考えておくのが政治の役目ではないでしょうか。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

ブロガー(志望)
2017年09月25日 22:35
お邪魔します。
 「United Nations」は「国際連合」では無く、「連合国」です。ですから「United Nations」には「敵国条項」があり、「戦勝国(とされる国)は、旧枢軸国である日本が平和を乱そうとしていると判断すれば、日本を攻撃する事が認められている」のです。ですから日本が核武装の意図を示せば、日本に「敵国条項」が適用される可能性を否定する事はできないのではと思われます。第二次大戦後にできた北朝鮮は「敵国条項」とは無関係で、「今の世界に主権国家を凌ぐ権威は存在しない(「United Nations」もEUもそれには程遠い)」「核保有”自体”の禁止を強制するルールは未だ存在しない(作る努力はなされているが)」といった今の国際社会の基本原則の恩恵を受けているのです。核保有するなら「朝鮮戦争で北朝鮮に世界地図から抹殺されかけた韓国」でしょうが、今の韓国(文大統領)ではそれが望めない事が望ましいです(THAAD程度でゴタゴタするような)。
 核や敵国条項を別にすれば、「潜水艦による対地攻撃」は、日本はかつてイ400潜を造りましたし、「いつ撃たれれるか分からないプレッシャー」を海上の艦船だけではなく陸上にも与えられ、相手に防空を強いる事ができるという効果もあるので魅力的です(「核ミサイルに全部」の北朝鮮に、防空に割り当てられるリソースがあるか)。
ブロガー(志望)
2017年09月26日 07:31
訂正
×望めない事が望ましいです。
〇望めない事が悩ましいです。
チャイカ
2017年09月26日 20:05
>その一番いいのがミサイル潜水艦の整備です。

再三述べますが、日本はこの問題に於いて、何もしていない訳ではない。

弾道ミサイル防衛(BMD)を、紆余曲折の末、政府が整備を始めた〇四年には、早くも陸自が射程300キロの国産巡航ミサイルの研究開発をATACMSとHIMARSの導入と共に要求しましたが、連立与党の公明党の反対で潰えました。また同じころ、海自もトマホークの導入を求めましたが、これまた…。その後も、07年には、レイセオン社が、日本に対してトマホークの導入を提案したり、09年にも、自民党が巡航ミサイルの導入を対艦弾道ミサイルの研究開発と共に要求したが、自民党から、民主党政権に交代した事等もあり、実現しませんでした。(此処まで、ウィキ等参照)即ち、悉く政治の壁で、阻まれた訳です。

しかし、漸く、ささやかながらも、残存性に優れたSS搭載型のUGM-84LハープーンBlock IIミサイルの装備化が決定し、来年度に引き渡し(48基)となった経緯がありますが。

ですから、難易度の高いSSB整備の前に、そうりゅう級のSSG化を確実にすべきかと。UGM-84LハープーンBlock IIミサイルは、小粒でもピリリと辛く、決して子どものおもちゃではないです。是が上手く行けば、既存の強靭な盾=BMDに加えて、小粒だが、ピリリと辛いSSG化したそうりゅう級潜水艦が、我が手中に収まります。

少なくとも、現状より、事態の緩和が可能では?
やれやれ
2017年09月26日 21:48
イージスアショアにしてもグローバルホークにしてもアメリカが売ってやる、なら有難く買いますみたいな関係じゃないでしょうかね。深く考えて発注した事には同意ですが日本が欲しそうにしている物を高く売りつけられて、それを喜んで高値で買ってるような気がしています。それとイージス艦は2隻追加で手配していたと記憶していますが。あと核兵器は政治的恫喝はともかく国民世論が許さないと思います。きっと北のミサイル以上の大騒ぎになりますよ。もっとも簡単かつ穏便な方法は米軍に日本(付近)に核を配備するよと匂わせる事でしょうか。あと潜水艦の件は面白いと思いますが直ちに実効性がありそうなのはトマホーク・ミサイルとシステムを買って来ることでしょうか。SLBMのミサイル潜水艦を作る所からして敷居が高いし建造やら試験やらで実戦配備に時間がかかりすぎるでしょう。トマホークなら魚雷発射管から発射できれば改造は最小限で済みそうですがどうでしょうね?普通に護衛艦に搭載しても良いし。何れにしろ方法は色々あるでしょうがちょっと間に合いそうな気がしません。今のままだと一年以内にドンパチが始まっても不思議ではない気がします。
やれやれ
2017年09月27日 17:21
すいません書き間違っていました。
☓「深く考えて発注した事」
○「深く考えないで発注した事」
KU
2017年09月27日 21:07
今日発売のPANZERに来年度の概算要求の解説記事がありましたが、AAVへの装備を想定した、水際障害処理装置(地雷原処理装置)の研究も盛りこまれているんですね。てか、陸自は未だに敵の対戦車火力が待ち構えている場所への敵前上陸を、本気で考えているんですかね?だとしたら、あまりにアレすぎて...。おまけに「しかしここには統合機動防衛力重視という建前以外に水陸両用車、ティルトローター機販売国への配慮も見え隠れしないだろうか?」なんて突っ込まれているしorz 。それから、DSEIでサーブが新型の短距離地対空システムを公開したそうですが、そろそろ陸自の近SAMも後継機の話が出てきても良さそうですね。
yakozen888
2017年09月27日 21:19
>これらは「政治的な兵器」であって、使用したらそのときは、北朝鮮はおしまいなわけです
だから先ず使用されない。
と言いながら。

>だからといって備えが無くてはない(原文のまま)とはいいません。ですから以前からぼくはMD整備には肯定的です。
と続けるのは支離滅裂である。「先ず使用されない」とたかをくくるなら、備える必要も限りなく小さい。

まず核が「政治的な兵器」である旨の定義は、核抑止の一面の結果にすぎなく。普遍・不変であるとは言えない。
その不確実性は、あなた自身もわかっているはずだ。

抑止論、なかでも核抑止論は、単科大学でも大抵構えている国際政治学を履修したものは、バーナード・ブローディからジョセフ・ナイに至る核戦略の理論・政策・倫理的な様々な立場・見解についてほぼ教わる。

ポスト冷戦の危機管理において、核抑止の有効性が変質してきたこと。
たとえば90年代にホワイトハウスが、国家安全保障報告で新興軍事国家やテロリストに対して核抑止など、ほとんど意味を持たなくなったとレポートした事実なども。

「先制不使用」の均衡が成り立たないかもしれない、という想定への戦略が必要を迫った所以のMD整備ではないのか。

「先ず使用されない」等と希望的観測に基づいた判断が冒頭に来るようでは、70数年前のこの国の職業軍人らと同じ轍を踏んでおる。
奈辺の整理なく、ただ延々と兵器の名称と得失を挙げるだけならば所詮は「プラモデル趣味的夢想」に過ぎぬと言っておこう。
マリンロイヤル
2017年09月28日 06:25
核兵器には、核兵器でしか対抗できない。これをハッキリ言ってるのは、政治家では石破茂だけですね。自分で核兵器を造るか、アメリカの核兵器を日本に配備させて発射ボタンを預かるか、このどちらかしか道はない。だいたい、北朝鮮が核まで持ってしまったのは、長年に渡って朝鮮総連の工作活動を放置してきた自民党に大いに責任がある。自分で国難を作っておきながら、国難突破解散だとかふざけた話でしょう。
八王子の白豚
2017年09月28日 21:10
SLBM潜水艦の配備は賛成です。
ハープーンやトマホークを配備するというのも無しではありませんが、弾道弾と比べて内外へのインパクトに欠ける上に果たしてそれらが北朝鮮の要地に敷いた防空網を突破できるのかが疑わしいです。
湾岸戦争の頃に自衛隊関係者が「あんなものは簡単に撃ち落とせる、それなり以上の国を相手に飽和攻撃でもせねば巡航ミサイルは通用しない」と豪語していたそうですから。
核武装となるとこれは難しいですね、正直言って国民の核アレルギーは世界最高レベルですし・・・
個人的には相互確証破壊の担保として保有すべきと考えますが。
核シェアは有望ではありますが、アメリカが日本をドイツ位に信用しているかがポイントになるでしょうね。
国難突破選挙?
2017年09月28日 21:26
 趣味的幻想ですか。そうでしょうね。ならば、なおさら日本には何もできることはありませんね。核武装こそが、相手の核使用を抑止できるはずというのもつまりは幻想でしかなく、かといって、日本の単独行動はプラモデル的幻想でしかないわけでしょう。
 せいぜいネットで憂さ晴らしが関の山ということですか。
真の愛国者ゆりか
2017年09月29日 03:19
軍事的対応のみでは垂直的水準と水平的水準の相互作用の調和に欠ける。
だから、我が国としては、金正恩のことはリバイアサン軍に任せて、シスアド軍を有する国家として、ひらすら水平的水準のソフトパワー、就中経済力を磨くべき、ということか。
ま、あくまで在日米軍ありきということだ。
$←ドルマーク
KU
2017年09月30日 09:55
>中国ヘリ博覧会に展示されたZ-19武装ヘリ、AH-64Dのロングボウ・レーダーに似た謎の装置!

http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/50757570.html

純国産の偵察ヘリは飛ばせないし、ロングボウはロングボウで追加発注も掛からないしorz 。いっそのこと、この機体を買っちゃうとかアリでしょうか。でもホントに攻撃ヘリは導入しないんですかね?
yakozen888
2017年09月30日 10:04
中学生ではない大人なのだから。現実に即して考えるべきです。
皆さんの言う、2000キロ先の敵策源地を叩くスタンドオフの最新鋭兵器は日本のどこにあるのか。
自衛隊の制式装備として、今日現在存在するのか。

事実実態として、「ない」のだ。

翻って、危機はほとんど切迫しており。武力衝突に至るか、先送り的小康を得るかは遅くとも数か月内に岐路に至るであろう。
衝突と言っても米国対北朝鮮では、大型ダンプトラックと自転車が正面衝突するようなもので、中露が支援・介入しない限り決着はごく短期につくと思われる。

問題は、米国防長官が言う周辺国に被害を及ぼさない軍事制圧なるものが成功するかどうかです。
蓋を開けたらサイバー攻撃だけでした、と言うなら噴飯ものだが。
体制崩壊に追い詰められた金体制が、米軍の先制第一撃を経てなお生存しているかもしれない、核・ミサイルの行使を果たして躊躇するか。

北の核兵器の実態が、まだ実戦配備前であり。かつ斬首作戦により、司令を発するスネーク・ヘッドが速やかに刈り取られたにしても。
警報即発射(LOW)または攻撃下発射(LUA)の警戒態勢にあるかもしれぬ、日本攻撃用「ノドン」200基の何割かが、火を噴かぬと断言できるか。

「政治的兵器」だから先ず使用されない、使用しようとしても側近が止める等と予断するのは実に危うい。
そもそも最悪の事態を「ないだろう」と端からオミットせず、「あるかもしれぬ」と想定してかかるのが危機管理の原則ではないか。

ですから、以前からぼくはBMDには肯定的と言っていますと、自家撞着をそこで言うか。
真の愛国者ゆりか
2017年10月01日 12:53
プリエンプティブ・ストライクを行った場合の反応と滅亡寸前の国家の反応は全く別のカテゴリーである。

ま、「it will be right」が一番いけないことだけは、間違いない。
被本塁打大王
2017年10月01日 15:08
失礼します。

島嶼奪還作戦でせっかく買った水陸両用装甲車が使えない!【自衛隊には突破できない法律の壁】
https://news.infoseek.co.jp/article/spa_20170930_01377377/
https://news.infoseek.co.jp/article/spa_20170930_01377377/?p=2

この記事を書いた小笠原氏ってのは、桜林女史の後釜を狙っているんですかねえ。
「自衛隊員様の手足を法律が縛っている!」って指摘そのものは間違っていないんですが、AAV7そのものがサンゴ礁を走破できないポンコツであることにダンマリなのは感心できませんな。
ふきのとう
2017年10月01日 15:37
私個人としては、「基本的に核武装はしたくないけど、国際社会が無責任ならウチも核武装するよ、いいの?」というメッセージが諸外国にきちんと伝わるか、というのは甚だ疑問ですね。面倒くさいツンデレみたいな事を実演するのはリスクが大きいと感じます。「核武装したくないとか言いつつ本音は大国意識から核武装したいのだろう、わが国もそれに備えて対日核戦略を練り直さねば」みたいな誤った受け取られ方をするのではないでしょうか。

また、北朝鮮と違って核燃料を現状100%輸入に頼っている状態というのも、日本の核戦略が諸外国からコントロールされる余地を大いに残してしまっている点も、日本の核武装をプラフとして使う外交戦略の価値を落としていると思います。
KU
2017年10月01日 19:17
>哨戒機「P-1」や輸送機「C-2」の購入に興味を持っている国

http://newswitch.jp/p/10577

結局は政府頼みですかorz
ひねくれオヤジ改め被本塁打大王
2017年10月09日 14:58
ふきのとう氏へ。

米朝接近と孤立する日本
http://grnba.com/iiyama/img03/nkr_uran/index.htm

第一次安倍政権退陣直後の古い記事ですが、今改めて読むと非常に興味深い。

隠れた資源大国・北朝鮮。

この記事へのトラックバック