痴漢冤罪量産の警察、その片棒を担ぐメディアは反省なし

痴漢疑われた男性、線路へ…電車にはねられ死亡
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170515-OYT1T50076.html?from=ytop_main5

全く痛ましい事件です。
このような逃亡が起こるのは我が国が法治国家ではないことが大きいわけです。

新宿署 痴漢冤罪めぐる証拠隠蔽、改竄工作が発覚か
http://news.livedoor.com/article/detail/11354281/

>信助さんは外部との連絡が取れないまま、新宿西口交番で1時間半にわたり取り調べを受ける。外部との連絡を認めない取り調べは「逮捕・監禁状態」であり、違法捜査そのものだ。信助さんは警官から「新宿署へ行けば電話を貸す。あなたの話を聞くから」と新宿署へ連行された。

> しかし、信助さんは新宿署でも徹底的に痴漢の被疑者としての扱いを受ける。刑事は所持品検査や指紋押捺を行い、信助さんが拒否しているにもかかわらず無理矢理に全身写真を撮るなど、人権を無視した違法捜査を行った。これらはすべて信助さんが所持していたICレコーダーに記録されている。


>新宿署の刑事はその事実を信助さんに伝えていない。それどころか、ICレコーダーには信助さんが痴漢の容疑者だと誤解させる暴言が記録されている。

>信助さんの帰宅を心配する母親の原田尚美さん(59)に、「息子さんが電車にひかれ危篤だ」と告げる電話がかかってきた。09年12月11日午後9時3分、病院に駆けつけた尚美さんの目の前で信助さんは息を引き取った。尚美さんが息子の声を聞くために遺品であるICレコーダーのスィッチを押すと、警察署で行われた取り調べの一部始終が記録されていた。それはもの言えぬ信助さんが遺族に託した「潔白と違法捜査の証言」だった。

遺族が起こした裁判の結果がこれです。

>「原告の訴えを棄却する。裁判費用は原告の負担とする」

 3月15日午後1時10分、東京地裁709号法廷に小海隆則裁判長の抑揚のない声が響いた。その瞬間、傍聴席は水を打ったように静まり返った。5年をかけた母親の願いはわずか1分で打ち砕かれた。

これでも司法は、警察のいうことを盲信するわけです。
一般市民は嘘をつくが警察は嘘をつかない、そいういう刷り込みがなされています。

小海隆則裁判長 この名前を良く覚えておきましょう。



まず、有無を言わさず代用監獄に収監され、何ヶ月も釈放されない。
警察は思い込みで、犯人をでっちあげます。
そして容疑者が「自白」しなければその間、拷問のような取り調べを続けます。

その間、皆様のNHK含むメディアは容疑者=犯人とばかりに、「容疑者の男は」と、連呼され、自宅にまで押しかけてきます。
当然会社は休まないといけない、世間体を気にする会社ならば解雇されます。

だから警察は「早く認めなよ、そうすれば家に帰れるから」と無罪の人間に自白を強要します。



日本国憲法には以下のようにあります。

第三十一条  何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。

第三十四条  何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。又、何人も、正当な理由がなければ、拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならない。

第三十六条  公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。

第三十八条  何人も、自己に不利益な供述を強要されない。
○2  強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。
○3  何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。


読んでいると空しくなってきます。憲法がただのお飾りであることがよく分かります。
であれば改憲南下する必要ないでしょう。基本的人権を踏みにじるように、無視すればいいのですから。

以前某官庁の課長から「清谷さんもハニートラップ気をつけた方がいいよ」と忠告されました。市ヶ谷とか諸々恨みをかっているでしょうから、ということです。独身だから大丈夫ですと申し上げたら「違いますよ、電車で痴漢にでっち上げられる可能性だってあるでしょう」と仰っていました。例えばそういう輩が仕込みをしたおねいちゃんが、大騒ぎすれば翌日「軍事評論家(ぼくはそう名乗ったことはありませんが)痴漢で捕まる」と報じられ、容疑者の「男」はと呼ばれ、面白おかしく報道されることになるでしょう。ぼくが筆一本で食べている実であれば、翌日から失業者状態です。長期に渡って拘束されれば尚更です。
これは誰にとっても他人事ではない、ということです。実際にそのような美人局事件も過去起こっております。


周防正行監督のこういう映画もあります。






さて、警察と結託して人民裁判を行うマスメディアですが、このような事件が起きても自分たちの遵法意識の低さ、冤罪製造機であることを反省もしません。

ことに警察と癒着しているテレビ、新聞はその手先、岡っ引きとなることで利益を得ていますから、その利権の維持比べれば個人の人権なんぞ、たいしたもんじゃねえや、とでも思っているでしょう。

こういう連中が改憲について報道したり、議論したりするのは茶番でしかありません。
この程度の土人なみの国に米軍が事件を起こした将兵をおいそれと引き渡すわけないじゃないですか。
文明国じゃないんだもの、自国の市民を引き渡すものですか。


アレ総理も憲法改正する前に、こういう文明以前の無法をなんかするべきじゃないでしょうか。
まあ、もっとも法律で禁止されていないのだ、とばかりにお友達の学校法人に利便を与えるような人ですから、法を守ろうという意識は極めて低いのでしょうから、こんなことを気にもしないでしょう。

この記事へのコメント

チャイカ
2017年05月17日 20:26
>アレ総理も憲法改正する前に、こういう文明以前の無法をなんかするべきじゃないでしょうか。

確かに日本の司法に問題が有る事は否定はしない。
しかし、司法なり、何なりが信用できる国などは少ない。

以前にも述べましたが、米の陪審員裁判なるモノは、原告や被告が、お金や人種差別の感情などで、
判決を采配出来ます。

嘗て、LAPDはスピード違反を犯したロドニーキング氏を逮捕の際、警官20名で半殺しにしました。しかし、この様子を近隣住民が撮影し、全米で報道。その後、映像で面の割れた警官4名が裁判にかけられました。しかし、事もあろうに白人住民の多い地区での陪審裁判で、陪審員は無罪評決を出しました。この結果に怒った黒人たちによって、死者53人、負傷者約2000人、放火件数3600件、崩壊した建物1100件に達し、被害総額は8億ドルとも10億ドルともいわれる、恐るべきロス暴動への道に繋がりました。(ウイキ参照)

流石の日本警察も此処まで、極端ではないでは?
この問題で、日本の事を土人なみの国と述べるのならば、当時、ロドニーキング氏に対し、非道外道や無法の限りを尽くしたLAPDやそれを管轄していた米ロスアンジェルス市も同様か、それ以下ではないのでしょうか?

ブロガー(志望)
2017年05月17日 22:59
お邪魔します。
 神道及び日本人にとって罪は"穢れ"です。だから江戸時代治安担当の役人は「不浄役人」とも呼ばれました。世界史的には治安の維持は政権の最重要課題の一つのはずなのですが。結局のところ日本人にとって「事実」などどうでも良く、「穢れている(と思われる)人間を排除する事」が重要なのでしょう。汚職政治家が当選すると「禊は終わった」と言いますし(汚職の事実及びその背景などどうでも良い?)。
マリンロイヤル
2017年05月18日 05:38
もう、満員電車に乗る人はウェアラブルカメラを装着して、常に両手を撮影しながら通勤するべきですね(笑)
八王子の白豚
2017年05月18日 18:13
酷い話ですね・・・
だいぶ前から電車内での痴漢については冤罪が後を絶たないと言われ続けてましたね。
周防監督の映画は実話を叩き台に作られたものだそうですが、その結末は・・・
よく言われる事なんですが痴漢事件は冤罪であることを証明するのに「悪魔の証明」を求められるので法律の勉強が出来ても脳味噌の出来がよろしくない「法律バカ」ばかりの日本の裁判官は絶対に被告を有罪にするという事です。
記事に出ていた小海隆則氏もその口なのでしょう。
裁判員裁判ってこういう時にやるべきなんじゃありませんかね?
で、これもよく言われますが痴漢に疑われたら逃げろ、というのもあります。
管見ですが駅長室などに付いて行くと「一般人による自主的な逮捕」という意味の分からない状況が発生して、それは警官が対象者をそのまま逮捕できる状況になるそうです。
これも警察に都合が良すぎませんかね?

北極28号
2017年05月19日 09:16
もっと酷いのは、被疑者が被害者女性の衣服繊維が付いていないか調べれば触っていないだろうと手間暇かけて検査しても、警察&検察は原則スルーですからね。じゃあ一体何を持って被疑者は自身の無罪を自分自身の手で立証出来るのでしょうか?

それこそ、善意の第三者が目の前にいて触っていないことを立証してくれる、という信じられない様な低確率にすがる以外実質「ゼロ」なんですよ。こんな理不尽な事件が放置され続ければ、そら言葉が悪いのは承知していますが、被疑者が線路に飛び降りるのはむしろ当然でしょうよ。

ほんとに男性専用車両の導入って考えられないのかなぁ?

この記事へのトラックバック