戦車に冷房必要なし 日韓の共通認識

韓国の戦車、内部温度は56度!なのに指揮官の車両はエアコン付き=韓国ネット「暑すぎて戦争なんてできるか」「これには実は深い意味がある!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150913-00000001-rcdc-cn

>韓国合同参謀本部と防衛事業庁が11日、国会国防委員会のセヌリ党議員に提出した資料「戦車・装甲車冷房装置に関連する所要決定現況」によると、2006年の性能改良事業当時、軍の作戦要求性能に、作戦指揮任務のため将校が主に搭乗するK-277指揮装甲車への冷房装置取り付けが反映された。

>「酷暑時、装甲車内部の温度上昇(40~43度)による戦闘疲労を抑え、戦闘効率を向上させるために必要である」というのがその理由だ。また、 K-277指揮装甲車と同様の車輪型指揮所車両にも戦闘指揮の効率化、運用利便性などを考慮して1000万ウォン(約100万円)台の冷房装置が装着された。しかし同時期、兵士が搭乗するK-200歩兵戦闘車には、陸軍は冷房装置の必要性調査すらしておらず、合同参謀会議で議論がなされていなかった。

>また、合同参謀は陸軍が要求したK1A2戦車への冷房装置設置を最終決定していたが、事業推進中だった2008年2月、突然この決定を撤回することを防衛事業庁に伝えた。
費用対効果と戦術的運用に問題があるというのが理由だった。

>合同参謀は、K-1戦車と戦闘環境が類似した最新型K-2戦車には、「酷暑時、戦車内部の温度が56度まで上昇するため、冷房装置を技術的・付随的性能に反映することにした」としており、明らかに二重基準ではないかという批判を受けている。



 奇しくも戦車の冷房に関しての認識は日韓同じようなものです。もっとも指揮通信車には冷房つけるだけ韓国軍の方がマシでしょう。更に申せば装軌式の指揮通信車すらない自衛隊の現状はどうよ?と思いますが。

 各種装甲車を更新している韓国陸軍に対して、陸自は戦車だけは大好きで、新型戦車を導入しておまけに「装輪戦車」まで大量導入しますが、指揮通信車、歩兵戦闘車、自走迫撃砲、工兵車輌、偵察車輌など更新はおろか、既存車両の近代化すら行っておりません。このため電気系統やエンジンなどでトラブルが多く、稼働率はかなり下がっているようです。

 当然ネットワーク化なんぞは遠い世界のお伽話です。

 陸幕のメンタリティは新しくて「つおい玩具」を集めてはしゃいでいる程度の悪い軍オタレベルということです。

 仮に10式に冷房を入れるにしても大変です。まず補助動力装置の出力を上げないといけません。現状は今の仕様でギリギリのようですからパワーの余裕はないでしょう。まず新品の補助動力装置を捨て新しい物に変えないといけない。また冷房の出力をミニマイズするためには、イスラエルように密閉した被服にダクトを通して、冷気を送る方法がありますが、車内が狭い10式にその余裕があるでしょうか。

 前から申し上げておりますように、陸自の機甲科は大幅に減らすべきです。
 まともに使える機甲旅団程度を1個、その他独立戦車大隊を1個程度の戦力まで減らすべきです。浮いた金で装甲車両の近代化、野戦救急車など本来装甲化の必要車車輌などに回すべきです。第7師団なんて実態は第7戦車博物館に近いでしょう。
 また更に浮いた金で海自や空自の近代化を行い、浮いた人員は海自あたりに回せばよろしいでしょう。

 ところが、戦車を減らすのは嫌だとゴネて、思考停止状態で、その上金がないのにオスプレイやらAAV7やら必要性が怪しい玩具を大人買いです。

 社内政治至上主義、「火の出る玩具」偏愛が許されるような胡乱な組織には未来はありません。


東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
陸自の「機動戦闘車」調達は予算のムダ遣いだ
陸自機甲科の失業対策が主目的?
http://toyokeizai.net/articles/-/82806

Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました。~
【防衛省、機銃の調達はMINIMIのみ】~小銃用弾倉による空砲射撃で“弾詰まり”
http://japan-indepth.jp/?p=21427







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

KU
2015年09月15日 06:27
そんな現状そっちのけで韓国ばかり笑う酷使様が、如何に多いことか。マスコミはマスコミで、気にもしなけりゃ見もしないし。政治家は政治家で毎日毎日、神学論争に勤しんでいるし。何度も言うように社会保障などと同じ税金を使う話なのに、この差は何なのでしょうね。
KU
2015年09月15日 18:25
>エアバス・ヘリコプターズ、多用途ヘリ(艦載型)の提案を見送る

http://blog.livedoor.jp/jsdf_times/archives/1040124982.html

流石に今回は空中給油機調達とは違い、FMSは使わないでしょうに、よほど、UH-Xの件が堪えているのでしょうかね。まずはUH-X採用を巡り、全くやる気を起こそうとしなかったパートナーと縁を切るほうが先だと思いますが。
マリンロイヤル
2015年09月15日 18:44
10式は、総火演で履帯が外れたり(笑)冷房どころか、足回りに根本的な何かがあるんじゃないですか。
海軍亭主
2015年09月15日 23:02
陸海空自衛隊にそれぞれ問題点有るでしょうが。陸自飛び抜けて酷い。

どうにかならんモノか・・・

今出来ることは、海空には予算定員を定員に対して満額認めて、陸自を徹底的に締め上げる位ですかね?最もそうしても将軍さまは維持して陸士が減って現場が大変になるだけでしょうが。
元キャプテン
2015年09月15日 23:03
大正末期に宇垣軍縮で将校4万人リストラしました。数個師団も廃止しました。 浮いた財源で戦車や飛行機で近代化しました。
なぜできない? 高級幹部のポストが減る?天下りが減る?自分のご都合主義なのでは?
少子高齢化で人件費膨張、末端の現場部隊は人手 不足、 老兵だらけの後備歩兵部隊、船頭多い中央機関、ハコモノ買いすぎてランニングコストなし、部品買えなくて稼働率定価 倒産寸前の乱脈経営と同じです。現在の経営陣=将官クラスは当事者能力ゼロ? メインバンクの介入が必要なのでは?
清谷さん、経営者の視点から防衛省・自衛隊の装備調達や組織運営はどう思いますか?愚問だと思いますが 御意見ください。
きらきら星
2015年09月16日 09:27
誰だったか陸自のことを「開店予定の無いスーパー」とか言ってました。
開店準備は続けているが開店日が何時になるかは判らない。
そうこうしているうちに半世紀。
いつしか開店準備そのものが目的化してしまったんだとか。
ブロガー(志望)
2015年09月16日 22:26
お邪魔します。

なぜ地方の観光地は変われないのか 地縁血縁型の「地元プレーヤー」はもう限界
http://www.msn.com/ja-jp/money/news/%e3%81%aa%e3%81%9c%e5%9c%b0%e6%96%b9%e3%81%ae%e8%a6%b3%e5%85%89%e5%9c%b0%e3%81%af%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%ae%e3%81%8b-%e5%9c%b0%e7%b8%81%e8%a1%80%e7%b8%81%e5%9e%8b%e3%81%ae%ef%bd%a2%e5%9c%b0%e5%85%83%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a4%e3%83%bc%ef%bd%a3%e3%81%af%e3%82%82%e3%81%86%e9%99%90%e7%95%8c/ar-AAehRQK?li=AA4Zju&ocid=U218DHP#page=2

 己が積極的になす事無くそこそこのものが得られ、積極的になしたところでそれにみあうものが得られない「ぶら下がり」の状況では、お互いの顔色を伺い、お互い監視し合う「横並び」になるのはある意味「必然」ではないかと思います(他が多く得れば自分の得るものが少なくなりかねないので)。
ブロガー(志望)
2015年09月16日 22:34
続きです。
 部隊間で「格差」を作ると「自衛隊内の和」が保てず、自衛隊間で「格差」を作ると「防衛省内の和」が保てないのでしょう。尤も有名観光地は周辺観光サービスの「負担」を負ってはいないでしょうが(少なくとも直接は)、自衛隊は国の予算・国民の負担によって存続していますから、国・国民がその負担を背負えなくなれば「お終い」なのですが。
八王子の白豚
2015年09月16日 23:07
オスプレイ、陸自の調達計画のいい加減さを曝け出す良いきっかけになりませんかね?
陸自は自称リベラルなマスコミの皆さんが食いつきたくなるようないい加減な調達を結構してますからね~
30年更新してない拳銃・異常に高価な小銃・ライセンス元が出す性能が出せない機関銃と「火の出る」装備の小さい物でも問題だらけですから・・・

この記事へのトラックバック