リアル艦これってどうよ?

 先日も、東洋経済オンラインなどで陸自の衛生が全くダメ、というお話を書きました。

 軍事に興味がある人でもあまり衛生まで興味を持たないことが多いようです。実際に戦闘が起これば死人、けが人がでるのは当たり前の話です。ですが、いわゆる軍オタにはそれが受け入れらない人が少なく無いように思えます。

 ゲームと実戦の区別が付かないのでしょうが、そのような人たちがいわゆる「平和主義者」を「お花畑」と呼ぶのは噴飯物です。目くそ鼻くそを嘲笑うです。

 自分たちもお仲間だという意識がない。自分たちは知識がって、リアルな世界の裏の裏まで知っているという変な自信と妄想に支配されております。お花畑よりもたちが悪いといえるでしょう。 ウィキペディアとか2ちゃんねるとかで情報を漁って自分は一端の軍事通だ思っているから喜劇的です。
 ゲームやライトノベルあたりの話と、現実の区別がつかないのはリテラシー以前の問題です。フィクションと現実の区別が付かないのは幼児的です。

実際の戦争は悲惨です。
 
 たまにはリアルなフィクションも必要かも知れません。以前ぼくはPCゲームの現代大戦略で自衛隊に避難民に救助をさせるようなシナリオを書きましたが、例えば「艦隊これくしょん」あたりのゲームやマンガで、リアルな負傷シーンを挿入するなんてどうでしょうか?
 被弾すれば擬人化したフネのおねいちゃんたちの鼻から下の口の周りが吹き飛ぶとか、おっぱいとが吹き飛んだり、眼球がドロっと落ちたり、手脚がもげたり、腸がはみ出たり、半身がやけどでケロイド状になったり、半身が銃創でミンチ状になったりなどの「リアルな被害」を描写してはいかがでしょうか。

 ゲームはゲームであり、それを楽しむことが悪いとは申しません。小説にしても映画にしてもそれは同じことです。ですが、フィクションとおなじ感覚で現実世界を語るのは極めてアレであります。

 フランス書院文庫とかAVとかを教科書にしてリアルワールドのおねいちゃんを口説こうとするようなものです。そんなことをしたら即、猥褻とか強姦でお縄であります。
 それがわからない人たちが軍事通を気取って、現実世界の軍事を語るのは極めて危険です。

 防衛予算に上限があるという「現実」も理解できないのも同根の病です。
 過度に高価な新兵器を調達すれば、兵站や装備の維持費などに必要な予算が削られます。そのようなことが理解できない。だからピカピカの新型戦車を入れないと国が滅ぶとか信じたりしちゃうわけです。
 まあ、この手の人達には何を言っても無駄でしょう。何しろ自分が一番賢いと信じきっておりますから。
 


 東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

自衛隊は、やはり「隊員の命」を軽視している
戦闘を想定した準備はできていない<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/78310

現行の救急キットでは多くの自衛隊員が死ぬ
戦闘を想定した準備はできていない<下>
http://toyokeizai.net/articles/-/78336

 

 


この記事へのコメント

八王子の白豚
2015年08月12日 14:28
私も「艦これ」やってますが、あのゲームにそういうのを求めるのは八百屋で魚を売るべきだっていうのに似た行為ですよ?
リアルに人死にとかスプラッタ的なのを求めるならアメリカのゲームでそういうのがいくつかあるはずのでそちらを勧めたほうがいいと思います。
日本で売る以上、ゲームにその手の要素を求めるのは無茶ですし暴論に近いです。
「戦場のリアル」と「萌えミリ」は同じ方向を向いた反対側にあるものだと思います。
単に悲惨な死体が見たいなら東京大空襲後や原爆投下後の写真は色んなところで見られますし、日本軍が負けた後の写真なんかは考えさせられるものがあります。
色々問題の多い本ですが、「はだしのゲン」でも多少は参考になるでしょう。
実際に銃で撃たれたらどうなるかを取り扱った本もいくつか出版されていますので、一読するのも良いかと思います。(結構エグい写真出てました。)
キヨタニさんが心配しなくてもその辺を理解しようとする人はネットからでも図書からでもちゃんと情報を仕入れるものですよ。
っていうかまたどこかでネットのアンチキヨタニに絡まれたんですか?
元キャプテン
2015年08月12日 16:53
富士トレーニングセンター=FTCで戦闘シュミレーションすればイメージアップができるのではないでしょうか。ある隊員は攻撃開始から1時間後迫撃砲の弾着で木っ端微塵の審判、戦闘2時間で中隊壊滅し、戦闘不能。 203高地の世界です。現役時代、元日本軍の将校、元韓国軍の将軍の訓話を聞いたり、戦史巡り、現地戦術、図上演習、実働演習、一般の方より戦争について研究しましたが所詮机上の勉強で正直な所戦場についてわかりません。
似非軍事評論家の連中や口だけ大将の連中を習志野の空挺レンジャーや富士の幹部レンジャーに参加させましょう!
そうしたらでかい口はたたけないと思いますよ!
経験も勉強もしないで語るのはムカつくに限ります。
張り子の虎にウンザリ
2015年08月12日 18:00
小隊長以上は不死身。
その他も戦闘翌日には人員が補充されたとして復帰。
そんな馬鹿馬鹿しい訓練しかやっていないない自衛官に、現実の戦場の過酷さ、非情さなど理解できるはずがありません。
自衛隊の戦場医療は、太平洋戦争時代の米軍にさえ及びません。
個人衛生キットなど問題の一部でしかなく、衛生キットの内容を多少増やしても、戦場で大量出血するほどの戦傷した自衛官は、ほぼ確実に死にます。
負傷した隊員を運ぶ人員の余裕も、運ぶための装甲車もありません。
衛生隊が持っているのは、装甲化されていない単なる救急車。
最前線を走れば狙い撃ちされて蜂の巣です。
後方の医療施設に運ぶためのヘリも足りません。
戦死した隊員の遺族に払う金を、六千万にするか九千万にするかとの議論を国会でやっているようですが、大きな戦争になれば数万人規模の戦死者が出るでしょう。
数兆円にも及ぶ金額を、政府は簡単に払えるのでしょうか?
前もって戦死者を一人でも減らす事に金を使っておく方が、結局安上がりになると思うんですが。
安保法制で国民の危機感を煽りながら、結局は対岸の火事としか見ていないのでしょう。
平月入隊
2015年08月13日 02:05
清谷様、当然ご存知かと思いますが
一昨日、こんな記事を目にしました。
「自衛隊リクルート隊長に壇蜜さん就任」
私は、特別このタレントさんのことは好きでもないし嫌いでもないのですが、今回のリクルート隊長
には相応しくないと思うのです。なぜならば、自衛隊がほしい新卒者(4月入隊)の年齢からしてギャップがある。高卒、大卒、少年自衛隊に関しては中卒です。この方、どちらかと言うと中年のアイドル。S○Xシンボルのさいたるもん!さらに!女性はどう思うのでしょうか???本当に若々しく元気な新卒者はほしいのでしょうか?私でしたらこんなキャスティグは絶対にしません。もっと若くてさわやかなタレントを起用すると思います。清谷様はどのようにお考えでしょうか?
追伸、スレ違いで大変申し訳ございません。
きらきら星
2015年08月13日 09:17
艦これを美少女ゲームと割り切って史実と線引き出来る人ばかりならブログ主も腹は立たないでしょう。
実際は艦これで史実を追体験出来るとか真顔で主張する阿呆が少なからず居る。
そいつらが偏った半端な知識で現実の軍事を語る、例の御一行様の姿と重なるんでしょう。
英知の人・エイチマン
2015年08月13日 09:38
 こんな記事がありました。やっぱ、本当に戦争やっている国だと、こういう分野も本気で取り組むようですね。
『イスラエル企業、兵士の負傷を検出し、その所在を知らせる「電気織布」を開発』
http://news.militaryblog.jp/e681684.html
八王子の白豚
2015年08月13日 11:07
きらきら星さん
まあ、そうなんですよね~
あのゲームは太平洋戦争「っぽい」事をしてるだけなのでそれで戦史を語っては困ります。
これを入り口にそこから更に興味を持って知識を深化させていけば良い程度のものです。
これだけで戦争を学んだ気になってはいけませんよね。
ってか「艦これ」程度の知識で軍事評論家にイチャモンつける人がいるとは信じがたいですけど居るんでしょうね、そういう人。(俺もか?)
元キャプテン
2015年08月13日 11:18
現在の政治家の大半は戦後生まれで戦争は知りません。与党では戦争を知る世代ー古賀先生や野中先生の重鎮は引退しています。
そういう重鎮という抑止力が存在しないので、イケイケの方向にいくのではないかと思います。
故に我が総理は後方地域は安全だ!兵站はリスクがない!との与太話が生まれるでしょう。
ブロガー(志望)
2015年08月13日 17:57
お邪魔します。
 戦後日本では「戦争の悲惨さや残虐さばかりを繰り返し刷り込む事で、戦争に対し感情的・生理的な嫌悪感・拒否感を抱かせる(まともに考えられなくする)」事が「平和教育」として行われてきました。それが「戦争の悲惨さや残虐さについて語る=サヨク=反日」という図式を作り上げたのです。また「自衛隊=人殺し集団・平和の敵」の刷り込みが「自衛隊をけなす(批判と悪口の区別無し)=サヨク=反日」という図式も作り上げました。「戦争等についてまとも(論理的)に考えられず、イメージ等によってしか捉えられない」という"病理"は既に「膏肓に入った」のかも知れません。
元キャプテン
2015年08月13日 22:39
ブロガー様へ

つまり、こういうことでしょうか?
健康になりたい新興宗教に嵌まる又は 健康食品に嵌まる。 そんな感じですかね。願望や刹那主義が先行しているということを主張したいのでしょう。
病気にならないようにするには運動をする、暴食はしない、検診を受ける、予防接種を受ける。
戦争にならないようにするには、軍備を整備する、外国と友好関係を築く、資源の供給を安定化させる、経済を安定させる。具体的な方策を考えることが肝要です。願望のみは体育会系の精神論と同じです。理性や知性が必要です。
ブロガーさん、もう少しわかりやすい表現でお願いします。哲学的でわかりにくいです。
現在の職場で安保法制・軍事問題をパートのおばちゃんに説明しています。元幹部自衛官だからではないのですが、例えを引用したりしています。
トカマク
2015年08月13日 23:54
防衛費が国の大きさと周辺情勢に見合わない現実を見て欲しいですね。
トカマク
2015年08月14日 00:12
衛生なんぞより、原発やら重要施設に対する防衛に消極的な事の方が問題と思いますよ
suiso
2015年08月14日 23:14
「衛生なんぞ」
「補給なんぞ」
「情報なんぞ」
ブロガー(志望)
2015年08月16日 14:12
再びお邪魔します。

 元キャプテン様へ、先の私の投稿の内容をもう少し具体的に書かせていただきます。

 サヨク連中は「戦争はそれを望む輩(日本人)がいるから起こる。であるから戦争の悲惨さや残虐さ(だけ)を徹底的に叩き込んで、それを望む輩(日本人)をなくしさえすれば戦争は起こらない。」という考えに基づき、いわゆる「平和教育」を行ってきました。「教育」というよりも「洗脳」「条件反射付け」の方に近いでしょう。かつ「日本人"だけ"がそう思ったところでそれが何になるのか?」の問いに答えず、従軍慰安婦のような歪曲・捏造も辞さず、拉致事件も「北朝鮮撃ちてし止まんの声を挙げさせてはならない」とでも思ったのか無視・軽視してきました。それが「戦争が悲惨かつ残虐なものである(一面もある)という”事実”を伝える」事すらあたかも「サヨクどもの煽り」とでも受け取る人間を生み出したのではないかと思います。
とある在野の戦時国際法研究者
2015年08月18日 23:33
 衛生部門に関しては臨床心理士が幹部予備自衛官(衛生職)の任用資格になっていたりするので、以前ほど軽視とは言えない状態だと思います。まぁ、医幹の存在などの不自然さは諸外国の正規軍と比較すると怪しいですがね
メンタルヘルスの部分の方がフィジカルヘルスよりも近現代軍事の衛生部門では重要視するべき領分だと思います。
ちなみに、諸外国では家族レベルのメンタルヘルスまで臨床任務にしていますが、自衛隊に関しては・・・・・
 
とある在野の戦時国際法研究者
2015年08月18日 23:36
あ。ちなみに、オイラは軍ヲタを自称していますが、名の通り戦時国際法と並走して軍法・軍司法を史学的に検証するだけのヲタクなので、特殊というよりも、異端派です
元キャプテン
2015年08月20日 19:50
とある在野の国際法研究者様へ

自衛隊内のメンタルヘルスの件で意見を述べさせていただきます。
精神科医師や臨床心理士の増員は対処療法に過ぎず、根本的な解決にはなりません。問題の根元はガバナンス、マネージメント、組織文化です。
具体的な解決策として第3者機関つまり軍事オンブズマンの設立や外部人材の積極的登用、身分保障制度の見直しです。北欧やドイツの福祉国家の軍隊では、議会の中にオンブズマンを設置したり、兵士の労働組合があります。自殺率は一般の国民以下です。 私の20年間の軍歴から、臨床心理士の増員は効果が乏しく、防衛省のアリバイ工作やパフォーマンスにしか過ぎません。このことは自信をもって主張できます。
英知の人・エイチマン
2015年08月20日 22:20
>軍法・軍司法を史学的に検証するだけのヲタク
 をを、カメラード!
 菅野保之の『陸軍刑法原論』と『陸軍高等軍法会議判例集』は、目を通されたでしょうか?小生の宝ですぜ。
張り子の虎にウンザリ
2015年08月21日 23:15
東日本大震災においては、現地で活動した警官の4%がPTSDの状態になったようです。
自衛隊がどうだったかは分からないですが、警官より過酷な環境に置かれていたはずなので、
遥かに高い割合でPTSDになっただろうと思います。
被災地域の自治体職員などは、後に数百人が休職となったりしているため、
自衛隊は数千人が休職になっていても不思議ではありません。
しかしそんな話は聞こえてこない。
精神疾患を多数出す事や、更に休職者を多数出す事は、政府にとっても防衛省にとっても都合の悪い話です。
マスコミや野党にとっては格好の攻撃材料となるでしょう。
自衛隊には、「異常があっても異常なし」という、ことわざがあるそうです。
部隊が疾患の疑いのある隊員を受診させず異常なしと報告していた可能性や、
自衛隊病院が重度の疾患者にすら、休職が必要との診断を下さなかったという可能性は少なくは無いでしょう。
それらの救われなかったかもしれない隊員の取る道は、おそらく自主退職や自殺しかないのではないでしょうか?
実際にどれだけの隊員の人生が変わったのか、どれだけの隊員が退職後に命を断ったのか。
正確な実態が把握される事は、絶対に無いでしょう。
隊員への人命軽視は、おそらく戦場での負傷の事だけではありません。
トカマク
2015年08月22日 04:37
>警官より過酷な環境に置かれていたはずなので、
先ずこの思い込みでウンザリする。
派遣でこなれてる自衛隊の方が警察や消防より恵まれた作業環境だった事を知らないとか。
元キャプテン
2015年08月22日 05:22
張り子の虎にうんざり様へ

貴殿のコメントを読ましていただき、問題の本質をついている感じがします。 イラクの派遣では、空自の池田さんが負傷し、公務災害を認めないばかりかパワハラで退職に追い込まれました。現在、裁判で係争中です。 東日本大震災において福島で指揮を執っていた2連隊長も自殺しました。原因は確定できませんが、時期的に災害ー福島原発が関わっていると読んでいます。
平時において、護衛艦たちかぜのゴロツキ先輩によるいじめ事件・・・
隠蔽・事流れ主義・保身等の官僚主義が蔓延しています。 集団的自衛権が行使されればイラク派遣が比にならないくらい悲劇を生むでしょう。現役隊員もバカではありません。共産党による内部文章の追求も安保法制に反対している隊員が存在している証拠です。安保法制の廃案を願っているのは野党・平和団体よりも一般の自衛隊員であるということです。
張子の虎にウンザリ
2015年08月22日 19:27
福島原発には、事故当時にドーザー付の74式戦車が運び込まれましたが、あれで被災直後の原発に接近するなど自殺行為でしょう。
放射線は装甲板を容易に貫通して乗員を被曝させます。
あの74式は、撤去困難な放射能ゴミとなって今も現地にそのまま放置されているでしょう。
消火に使ったヘリは、除染しての再利用は困難になったでしょう。
おそらく今でも放射線が検出されるはずです。
大きな放射能ゴミとなって、廃棄も困難なままどこかに置かれているでしょう。
消火に携わったヘリの搭乗員は、もう子供を作れません。
そして被曝が原因で将来癌を発症する可能性は少なくない。
国は被曝した隊員に金銭的な保障をしたのでしょうか?
仮に隊員が後々国を訴えても、因果関係を証明するのは難しいかもしれません。
自衛隊員だから死んでもしょうがない、障害が残ってもしょうがない。
国民や政府に今もそんな考え方が蔓延しているなら、隊員は命を懸けて任務を全うできません。
隊員にも親があり、妻があり、子供がいるのです。
兵士の忠誠心を支えているのは、国への信頼感なのではないでしょうか?
元キャプテン
2015年08月23日 23:34
張り子の虎にうんざり様へ

国との信頼関係なしには戦えない。
真理をついた言葉です。
映画 硫黄島からの手紙で日本軍がアメリカ軍に多大な損害を与え、善戦したのは愛国心ではありません。指揮官の栗林中将に対する信頼感があったと思います。政治哲学者のマイケル・サンデル氏の 兵士は金で買えるか?この命題に対してハーバード大学の学生の大半は否という意見でした。金の切れ目は縁の切れ目とあるように金だけの関係は信頼関係はありません。
軍隊だけでなく、民間企業でも同様ではないでしょうか? 給料が高くても経営者との信頼関係がなければ辞めます。
話題急転して兵士も人間です。死にたくないのは臆病でもないし、逃げでもありません。人間として当然です。最も平和を望んでいる勢力です。イラク戦争に反対したパウエルや 太平洋戦争に反対した山本五十六が証明しています。 為政者や商人にとって 黙って死ぬのがいい兵隊としか思っていないと思います。
Yさん
2015年08月28日 15:08
艦これなどの戦略シュミレーションはについては、いろんな史実を知る上でのトリガーとして有用だと思います。ただ、そこで終わるのではなく、いろいろと自分で調べてみたり、実際に行ってみたりして、調べることが大事だと思うんですがね。何か語るんなら。ネットで色々な情報も、そのジャンルに関する本も簡単に入手できる時代ですし・・・
国際法
2015年09月11日 22:05
安保関連法案を読んでいたのですが、武器の使用で、次のような条文が出てきます。
「自己又は自己と共に現場に所在する他の隊員若しくはその職務を行うに伴い自と共に現場に所在する他の隊員若しくはその職務を行うに伴い自己の管理の下に入った者の生命又は身体を防護するためやむを得己の管理の下に入った者の生命又は身体を防衛するためやむを得ない」
これだと、もし敵軍が銃を突き付けて「降伏しろ」と言ってきた場合、武器使用の条件に合わないので、降伏するしかないようですね。安倍の机上の空論にはあきれます
NetrightHunter
2016年01月14日 13:02
萌えキャラでリアルな身体欠損を表現してもスプラッター系のキワモノになるだけで「現実」との接点は生じないでしょう。
因みに個人的には「艦これ」はヘドがでるほど嫌いです。
保守系メディアこそ徹底批判すべきだと思うのですが。

この記事へのトラックバック