NHK政治部記者の暴言 不誠実な「皆様のNHK」の態度

さて件のNHK記者暴言事件の続報です。

 本日小野寺防衛大臣の記者会見に参加しましたが、以前記者会見ではぼくに暴言を吐いて、身分を明かさずに逃げたNHK政治部の鈴木徹也(てつなり)記者は何の質問もしませんでした。
 マスクをされていたので、風邪を引いて声が出なかったのかもしれません。いや~、他人の質問に駄目だしするような優秀な記者さんで、しかも防衛記者クラブは二回目ということですから、さぞかし鋭い質問をするのではないかと期待していたのですが。今後の鈴木記者動向についてはこのブログで報告していくつもりです。

 NHKは他のメディアからの抗議で、この件でNHKとしても見解を聞きたいといっているににも掛からず、視聴者からのクレーム係に対応し、絶対に広報につなごうとしません。
 で、さきほどNHKの代表に電話をかけたのですが、全く同じ「広報は一般の方からのお話はお繋ぎできません」とか言うわけです。ぼくはカナダの専門誌の人間だと何度も繰り返しているにもかかわらず。

 NHKの電話交換台では極力広報に電話をつなぐな、というマニュアルもでもあるんでしょう。それとも記者クラブ会員以外のメディアは「報道関係者」にあらず、と思っているのでしょうか。こういう体質だから不祥事がよく起こるんじゃないでしょうかね?

 で、結果として政治部の鈴木記者の上司の伊藤さんという方とお話することになりましたが、現在たて込んでおり、後ほど連絡するとのことでした。はてさてどうなることやら。


防衛省記者クラブの匿名で罵声を浴びせる残念な記者(画像あり)
http://kiyotani.at.webry.info/201310/article_7.html

防衛省記者会見後に罵倒し、圧力を掛けた記者の正体。皆様の大NHKは過ちを犯さず
http://kiyotani.at.webry.info/201311/article_5.html



『記者クラブ』というシステム〜防衛省大臣記者会見後で非記者クラブ会員に圧力をかけるNHK記者の存在①
http://japan-indepth.jp/?p=1131
『記者クラブ』というシステム〜防衛省大臣記者会見後で非記者クラブ会員に圧力をかけるNHK記者の存在②
http://japan-indepth.jp/?p=1135

自衛隊の情報源はウィキペディアや2ちゃんねる?①
http://japan-indepth.jp/?p=979
自衛隊の情報源はウィキペディアや2ちゃんねる?②
http://japan-indepth.jp/?p=994
自衛隊の情報源はウィキペディアや2ちゃんねる?③
http://japan-indepth.jp/?p=1011

“報道ヘリ”が象徴する大手メディアの問題点〜災害救助の弊害と匿名の無責任体制①
http://japan-indepth.jp/?p=941
“報道ヘリ”が象徴する大手メディアの問題点〜災害救助の弊害と匿名の無責任体制②
http://japan-indepth.jp/?p=950

この記事へのコメント

憲法問題
2013年11月12日 20:09
共産党が海自の身辺調査を「憲法19条」思想と心情の自由を侵すものと噛み付いていますがNHKも該当しますよね。TVを買ったらNHKも必ず見るような前提での受信料契約。この点も共産党は突いて欲しいです。
ブリンデン
2013年11月12日 22:26
清谷様

11月12日の防衛大臣会見のリリースを読みましたが、専門家らしい鋭い質問をなさっていますね。今後も、こういった質問を期待しています。
会社員40
2013年11月13日 17:00
喧嘩をするにも嫌らしい話ですが、相手を見てするのも重要なわけで。キヨタニ先生相手とはそーいう意味で無謀なお人の様な気が…

この記事へのトラックバック