程度の低い愛国者こそ国益に反する

コリアタウン騒然! 「国へ帰れ」在特会街宣、「恥を知れ」住民ら抗議 2時間“攻防”
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130331/waf13033120530019-n1.htm


 こういう騒動を見るに、我が国も悪い意味で先進国化したのだなあ、と感じます。
 欧米にいるプア・ホワイト、底辺の白人と同じです。
 
 自分がアメリカ人だとか、フランス人だというところにしかレゾンデートルがない。
 だから他者を排除すること、見下すことで自分は価値がある人間だ、と安心するわけです。


 こういうムーブメントが起こるのは、リアル社会でいいことがなく、自尊心、自己認知欲求が満たされない、それを自分よりも「下の人間」を見つけて、苛めて歪んだ優越感を感じているだけです。

しかも群れないと行動もできない。

やっていることはナチに入党して、ユダヤ人を苛めていたドイツ人と同じ。


無論ぼくにも差別心はあります。ですが、差別心を克己する努力をするのが文明人だと思っております。また、ぼくは基本的に日本語を話し、日本国籍を有すれば日本人だと思っております。在日でも帰化すれば日本人です。全ての在日が悪いわけでもないでしょう。

ぼくも横暴を極める在日の人間から不利益を蒙ったことも直接何度もあります。
昔新聞社の広告の仕事をしていた時代のことですが、不動産の広告で「日本人以外でも公的融資を受けられます」と明記しておかないと在日の活動家がやってきて嫌がらせをするわけです。無論全ての在日の方がこういうことをやるわけでわないが、在日は厄介だからかかわらない、となります。
また、支払いをしない、催促すると日帝36年の~というのが始まる社長もおりました。

 ですがだからといってコリアンタウンでがなり立てて何か世の中変わるんでしょうかね?

 何度も引用しておりますが、サミュエル・ジョンソンの「愛国主義とはごろつきどもの最後の隠れ家である」という言葉の通りです。

他者のグループを劣等と決めつて差別するのは自分が無能だと公言しているのに等しい。


 自分にはカネが無い、まともな職がない、GF(あるいはBF)がいない、周囲から尊敬されない、無名だ、それは全て朝鮮人が悪いんだとでもいうのでしょうか。
仮に我が国から在日が一人もいなくなっても彼らが自分の思っている人生を送ることができるようになることは200パーセント以上の確率であり得ません。

 現在の自分を変えるために勉強や努力しない、あるいはできない屑が「愛国」に逃げ込むわけです。

 率直に申しあげて彼らこそ国賊であり、国の恥です。


 まあ程度の悪い、国産兵器礼賛の軍オタも同じです。
 防衛省や自衛隊は100パーセント正しいのだという「結論」から全てを演繹しようとするから、「不都合な現実」に目をつぶり、都合のいい知識の断片を継ぎ合わせ、想像と願望で繋げて国産兵器を礼賛するわけです。
 根底にあるのは日本人が優秀だからという選民意識があります。
 では、ご自分はどのくらい優秀なのかと。
 まあ、この手の人達は得てして自分の評価を極めて過剰に見積もる傾向がありますが。

 世界の軍事費の半分を消費し、基礎研究を含めた研究に湯水のようなカネをかけ、世界の戦場で実際に兵器を使用し、また極めて強大な情報機関を多数有し、そのうえGAOという極めてシビアに装備開発を査定する組織を抱えているている国ですらも兵器の開発には問題があります。
F-35なんてその好例でしょう。かつては自走対機関砲、サージャント・ヨークとか軽戦車、シェリダンなんてシロモノもありました。
 
 対して我が国は殆ど基礎研究や研究開発にカネをかけず、実戦の経験もなく、輸出市場で揉まれたこともありません。
 
 それで全ての兵器が列国に互する、あるいはそれ以上のものだ。不完全なものはない、と信じるのは、

 「我は大和民族だから」と主張する選民主義に他なりません。


 欠陥のあったり実戦では使えない兵器を、素晴らしい国産兵器であると吹聴し、褒め称えるのはぼくからみれば利敵行為です。戦争になって前線で戦う自衛官こそいい面の皮です。
 幼稚な愛国心は国益を害します。まあ幼稚な方が耳に入りやすいし、気持ちよくなるものですが。故に出版界でも大政翼賛的な自衛隊礼賛本ばかりが出版されるわけですけども。
   

 本当に愛国的な活動したいならば、
 「史実を世界に発信する会」 のような活動をすべきです。我が国の国内の議論は内向きで、いくら日本語で騒いでも外国人は聞いてくれません。ですからこの会では世界に向けて、従軍慰安婦などの問題についても英語で我が国の主張や事実を発信しているわけです。
 http://hassin.org/

 以下同会の活動の概略をHPから引用します。  

事業の概要
近年、欧米諸国(主として英語圏)においては、国内外の一部勢力により、一連の悪意ある反日宣伝、つまり「反日ブラック・プロパガンダ(悪意の虚偽宣伝)」と呼ぶべき活動が活発に行われており、これにより、日本国民の名誉を不当に貶める虚偽の事実・イメージが広く流布され、蔓延している状況にあります。 このような状況が放置されれば、我が国の将来に重大な禍根を残すことは疑いありません。当会は、このような状況を打破するため、政府・外務省等に頼らずに、民間有志を糾合し、英文により真実を海外に発信していく「ホワイト・プロパガンダ(真実の広報)」活動を、インターネット上で展開します。

事業の主旨
近年、特定アジア諸国による反日宣伝は熾烈を極めており、なお強化されつつあります。幸い、日本国内では、反日ブラック・プロパガンダを監視できるメディアが存在し、反駁資料に容易にアクセスできる環境もあります。

しかし、多くの有益な真実を含んだ資料は、日本語のまま蓄積されており、ほとんどは英訳がされていません。そのため、英語圏の読者にとって、東アジア近代史は反日ブラック・プロパガンダで埋め尽くされた分野であり、これと対比して検討し得る有力な文献が存在しないが故に、正常な議論が成立する環境にありません。 仮に、欧米の知識人が特定アジア諸国の反日宣伝を疑わしく思ったとしても、反駁に利用できる英文資料が殆どないのが現実です。かといって、彼らが日本語文献を自ら英訳して紹介してくれることは期待できません。東アジア地域に対する欧米諸国の関心はそれほど高くないのです。

残念ながら、日本の政治家や外務省は、反日宣伝を国是とする国々や国内の左翼勢力との摩擦を避けるためだけに、このような事態を戦後60余年にわたり放置してきました。その結果、現時点で我が国は英文による反日プロパガンダに対して全く対抗力を持っていません。 現に米国では、日本では「噴飯もの」とされる反日プロパガンダ本ですらベストセラーとなり、常識化し、日本国と日本人のイメージを大きく毀損しています。カリフォルニア州で「反日教科書法案」が議会を通過し、ニューヨークタイムス紙に連日強烈な反日記事が踊るのも、反日ブラック・プロパガンダと無関係ではありません。 このままこのような事態を放置すれば、将来、我が国は国際社会において「いわれ無き土下座か、孤立か」という究極の選択を迫られることになります。

このような「不作為による自滅」の道を回避すべく、当会では、反日ブラック・プロパガンダに対抗しうる日本語資料を、それぞれの著作権者の諒諾を得て可能な限り大量に、迅速に英訳し、逐次インターネット上にアップロードして参ります。


同会の事業を経済的にサポートするほうが、コリアンタウンで罵声を浴びせるより、余程国益に適うと思います。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

unimaro
2013年04月02日 13:25
お疲れ様です!

>自分がアメリカ人だとか、フランス人だというところにしかレゾンデートルがない。

この「アメリカ人」を

「自分が住友金属だとか、三菱重工だというところにしかレゾンデートルがない。」

「自分が慶応卒業だとか、東大卒業だというところにしかレゾンデートルがない。」

「自分が山口組だとか、桜田門だというところにしかレゾンデートルがない。」

にしても十二分に♪

なんにしても虚勢になる肩書き使うやつは存在するだけ社会に害悪だと思います

本名知らないけど(携帯しか知らない)、十二分に信頼できる黒社会の者もいますし、中身とその付き合い内容だと。
エヴァンゲリオン
2013年04月02日 15:00
終戦直後の事情というのが、最近やっとマスコミにのるようになって来たのは進歩だと思いますよ。

例えば、「アメリカ命」の瀬戸弘幸氏などに史実を突きつければ、少しは冷静になるかも。

GHQ主導によって戦後日本で朝鮮人が暴れまくった
http://www.youtube.com/watch?v=LmcCBfNDalE
チャイカ
2013年04月02日 16:58
こんにちは、ブログ主様。
チャイカです。
 未熟な私に対し、他の投稿者様同様、このような投稿場所を提供され、かつ、多忙な身ながらも、時には、御指導、御指摘と貴重な情報を頂き、感謝しています。
私は、最初に在日韓国、朝鮮人、中国人に対し、排外運動を行う在特会を筆頭とする人達の運動を目にした時、外国でのkkkやネオナチ等の運動を連想し、海外で有色人種や日本人で有ることで差別を受けたら、どうなのだろうか?
また、愛国心は重要ですが、外国人を差別し、自国の名誉を貶める行動はできないと考えました。
その一方、在日韓国、朝鮮人、中国人について、彼らの本国が、現在、日本に対し、領土問題等で敵対的立場をとっていることだけでは有りません。
彼ら自身、その殆どは善良な人でしょう。
しかし、不法滞在を筆頭に各種の悪事に走る人が、目につきます。また悪事に走った人間を真っ先に同胞社会が批判したことを聞いた事がありません。
南米、特にパラグアイの日本人移民(移民開始は戦前ですが、おもに移住が始まったのは戦後)の素行や評判等と比較すると、大きな差です。長文になるから、簡単にしか記しませんが、移民の国アメリカでも、移民一世を大使、それも母国の大使にすることはありません。
母国への利益誘導をされてはたまらない、
そこまで移民を信用なんかしていませんから。
しかし、パラグアイは違っていました。
日本人移民一世の田岡前大使、豊歳現大使が
駐日大使を務めています。
自国の利益を考えてはいるでしょう。
それでも、移民で大変な苦労をしたが、悪事等に走らなかった日本人と母国の日本に絶対の信用を置いていない限り、パラグアイが日本人移民一世を母国の大使にすることはなかったでしょう。



チャイカ
2013年04月02日 17:00
連投申し訳ございませんが続けます。
 在日外国人や、ましてや差別の問題は難しいです。私自身、悪事に走る在日の事を知ると、
時にはネガティブな感情を持つこともあります。
しかし、私は准看護師です。
戴帽式で分け隔てなく、誠意をもって、看護を行う事等を誓った以上、それに反する行動はできないと考えています。
 純国産装備と関連する裾野の広い関連技術の問題についてですが、私は問題がないとは言いません。
しかし、以前の私の投稿でも、一部触れましたが、装備、技術開発等は試行錯誤しながら、自分で行わないと身につきません。
また、経済的波及効果等もあります。
ブログ主様が専門誌等でレポートされている通り、発展途上国においても、自分たちの装備、技術開発を懸命に行っています。
如何でしょうか?
ブログ主様が述べる反日諸国によるプロパガンダにたいし、近現代史における日本の歴史等に対する海外への情報発信を行っている団体への支援は同感です。それに加えて、中国には、チベットやウイグル、文革や天安門等、韓国には
ベトナム戦争中の残虐行為等の広報が必要だと思います。
長文かつ要点が絞り込めていない投稿で申しわけございませんが、ブログ主様並びに皆様方の御指導、御指摘と貴重な情報をお待ちしています。

第9
2013年04月03日 05:34
シェリダンはストライカーMGS程度には役に立ったから駄作でも無いと思います

シェリダン配備部隊はMBT無いですし
カド
2013年04月03日 20:02
 20数年来の軍事マニアですが、自衛隊の装備調達の硬直化はずっと指摘されてますね。装輪装甲車も踏破性、耐久性と疑問符が当初から見られます。
市場ならとっくに淘汰されるのに実戦被害がないから改修されないでは、対峙する前線の隊員が不幸ですね。
中東の民兵がタンデム弾頭のRPGを抱えてる映像を観て。民兵の装備レベルはどんどん上がってるのに自衛隊は遅いなと感じます。
排外主義者の罵詈雑言は聞くに堪えない。国のためなんて言って欲しくないです。


ブロガー(志望)
2013年04月03日 22:46
お邪魔します。
 この問題には日本人の「心情を絶対化して論理を否定する」傾向も関係しているのではないかと思います。戦前の天皇機関説も政治の仕組みとしてはそうならざるを得ないのでしょうが、ある人々にとっては天皇について「論理的に考える」事自体が”不敬”だったのでしょう。そういう人々にとっては「御真影(天皇の肖像写真)を見てはらはらと涙を流す」事が重要であって、己の行為等が本当に国のため、天皇のためになっているのかといった事は重要では無かったのでしょう。それは「程度の低い愛国者」も同じ事だと思います。まあ『スタートレック』のバルカン星人のように感情「自体」を否定はしませんが。
やぁ正樹
2013年04月04日 00:13
 
>ぼくは基本的に日本語を話し、日本国籍を有すれば日本人だと
>思っております。在日でも帰化すれば日本人です。全ての在日が
>悪いわけでもないでしょう。
 
 
 「イラクやアフガニスタンは多民族国家だから手を抜けば直ぐに分裂する」と言う言い草に対しては、どのようにお受け取りになられているのでしょうか?間違った受け取り方とお思いなのでしょうか?それとも当然の受け取り方とお思いなのでしょうか?多民族国家であることが、破局の始まりではないのでしょうか。移民・外国人受け入れや、それに伴(ともな)う多民族国家化を怖ろしいと思わない人に[清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所2013/02/12 17:51『「戦闘服通勤やめて」と叫ぶカルト集団 』『陸自大津駐屯地:「戦闘服通勤やめて」 地元住民反発、市長に協力要請 /滋賀』]を安全保障音痴呼ばわりをして嘲笑する資格があるのでしょうか?
 
 また、他民族・他人種との共存を毛嫌いし排斥することを白眼視をなさるのであれば、分離独立運動をどのようにお思いなのでしょうか?母国での分離独立運動で迫害されたとして日本での難民申請をしている在日クルド人に対して「分離独立運動は、他民族・他人種排斥そのものだから止(や)めろ」とでもお思いなのでしょうか?また無国籍のクルド人は皆無なのに、「クルド人は、国を持たないことでの最大の少数民族である」と言う言い草に対しては、どのようにお受け取りになられているのでしょうか?
 
やぁ正樹
2013年04月04日 00:14
 
>無論ぼくにも差別心はあります。ですが、差別心を克己する努力を
>するのが文明人だと思っております。
 
 そもそも差別って、何ですか?強姦事件や殺人事件を犯して訴えられた黒人が「黒人でなければ、訴えられなかった」と言うあの類(たぐい)のことですか?差別って、噛み砕いて言えば、毛嫌いのことですよね?毛嫌いって大罪ですか?私は強姦の方が大罪だと思います。鳩山由紀夫・民主党等政権時の普天間絡(がら)みでの日米ギクシャク関係で2009年12月にテレビ朝日ワイドショー『ワイドスクランブル』でビートたけしの実兄の北野大が「沖縄の人には悪いけど、国と国との約束は守らなきゃ」と発言していましたが、米兵犯罪などで苦しんでいる沖縄県民に対して、そう発言をする人物に対して番組降板をしようとは思わない人に、差別如きを問題視する資格があるのでしょうか?
 
マリンロイヤル
2013年04月04日 15:59
在特会の是非はともかく、朝鮮人を弁護するのに「人種差別」を持ち出す以外に手が無くなった、というのが本当のところでしょう。
名無し
2013年04月04日 16:12
同感です、ただ国産兵器全否定と誤解されたくはないですよね。海外製の兵器で日本の政治状況やインフラに適合しないのもあるので、そういう時は国産兵器で良いと思います。
unimaro
2013年04月04日 23:57
横レス失礼
>「イラクやアフガニスタンは多民族国家だから手を抜けば直ぐに分裂する」
↑、アラブ人は特に厳しいです。他は大きな問題さえ起こさなければどうにか上手くやっていけるのですが。
ブロガー(志望)
2013年04月05日 23:33
再びお邪魔します。
 近代国家は「国民」で構成されます。「国民」は必ずしも「民族」とは一致しません。例えば「アメリカ民族」は存在しませんし、EUも「ヨーロッパ民族」を作ろうとはしていません。国籍の取得(帰化)は本来「出身国と国籍取得国のどちらかしか選べない場合には国籍取得国を取る」事が前提であり、「日本に生まれ育ちながら日本よりも(特定の)外国」という人間が少なくない中、自らの意思で「日本」を選んだ人間はありがたいとすら思います。「毛嫌い」ですが例えば「AKB48が嫌いだからCDは買わない、コンサートに行かない」と「AKB48が嫌いだからコンサートを妨害する、ファンに暴言や暴力を浴びせる」との違いです。最後に自らにとって「同胞」とはどういった人達でしょうか。「自分のように"目覚めた"人だけ」というのであれば左翼連中と変わらないのではないでしょうか。
やぁ正樹
2013年04月05日 23:41
 
 unimaro様
 
>アラブ人は特に厳しいです。他は大きな問題さえ起こさなければどうにか上手くやっていけるのですが。
 
 返信をなさって下さり、どうもありがとうございます。
 フランス系住民が多数を占めるカナダ・ケベック州のカナダからの分離独立の動きが止(や)まないことからも、多民族共生は「机上の空論・絵空事(えそらごと)」ではないのですか!?
 
チャイカ
2013年04月06日 22:00
今晩は、チャイカです。
ブロガ―(志望)様、私の投稿に対する返信でしょうか?
私が、パラグアイの歴史の浅い日本人移民の例をあげましたが、日本のように事実上、国籍と民族が近い国ではなく、グラアニー族とスペイン人との混血が主体です。国土の割に人口が少ない等の理由で今でも各国から移民の受け入れを行っており、多民族国家です。また、同国は、外国人に寛容で自国で生まれた人には、生地主義で国籍取得や二重国籍も認めていますし、移民や帰化の手続きも日本やアメリカより容易です。しかし、未来を秘めているとは言え、とても貧しい国で日本人に限らず、各国の移民は大変な苦労をしていました。しかし、そのなかでも、日本人移民は悪事等に走らない、約束は守る等の評価を受けていました。
絶対の信用がない限り、日本国籍からパラグアイ国籍に帰化したとは言え、移民一世の田岡前大使、豊歳現大使が母国の大使を務めたのは、まったく異例な事です。なぜなら移民の国アメリカでも移民一世は大統領になれない等の制約があるからです。


チャイカ
2013年04月06日 22:04
長文連投申し訳ございませんが続けます。
また、同胞と言う言葉を使った理由は外国で悪事に走った日本人が現地の日系社会から、どのような扱いを受けるのか、具体的な例を探しました。そうするとハワイで違法に武器や麻薬の入手をはかり、FBIのおとり捜査で逮捕され、裁判にかけられたヤクザ者のことを知りました。その人物の著書によると、いわく、事件が発覚すると、FBIに嵌められた自分に対し、かばうことなく、真っ先に邦字誌上で現地の日系社会の関係者が同胞の恥等と言って、糾弾していました。
在日の人達の殆どは善良な人でしょう。
しかし、彼らの社会が悪事に走った人間を、かばうことはないにしても、真っ先に同胞の恥等と糾弾したのは、聞いたことがないからです。
パラグアイの日本人移民と在日の人達との違いがどこにあるのか、ずっと疑問に思っていました。それらの理由等があり、同じ外国人と言う意味で使いました。
しかし、私は同胞というのは、ただ単に民族や国籍、考え等が同じ人という意味とブロガー(志望)様の述べられる様に{国籍の取得(帰化)は本来「出身国と国籍取得国のどちらかしか選べない場合には国籍取得国を取る」事が前提であり、「日本に生まれ育ちながら日本よりも(特定の)外国」という人間が少なくない中、自らの意思で「日本」を選んだ人間はありがたいとすら思います。}との2つの考えがあり、ブロガー(志望)様同様、むしろ後者のほうが重みがあります。
ただし、母国と祖国、2つの重みに悩み、苦しんでいるのは、国籍を問わず、外国に移住した人たちの共通の問題だと思いますが。
チャイカ
2013年04月06日 22:05
これが最後です。
やぁ正樹様、あなた様が、一部述べられるように世界の大半は多民族国家で、人はそれぞれ民族の重みを背負い、時には、汗や血、涙を流しながら、自民族の国を持つ為に生きているのは事実です。
しかし、自分と立場が違うから、排撃するのでなく、国によっては名目にすぎませんが、連邦制国家等のように一つの国の中で、違いを認めつつ、お互いを尊重しようと言う考えもあります。
人種、民族、国籍、性別等違いがあっても分け隔てなく公平に扱う。
違いを認めつつ、お互いを尊重しあう。
この2つを実行するのは
とても難しいことかもしれません。
でも平和ボケと言われるかも知れませんが、
私は准看護師です。
戴帽式で分け隔てなく、誠意をもって、看護を行う事等を誓った以上、それに反する行動はできません。もし、これに反した時、准看護師としての立場を失い、場合によっては法の裁き等を受けるでしょう。
長文かつ内容が十分整理されておらず、大変申し訳ございません。
ブログ主並びに皆様方の御指導、御指摘等お待ちしています。
名有り
2013年04月14日 03:10
>だから他者を排除すること、見下すことで自分は価値がある人間だ、と安心するわけです。

清谷さんも韓国や北朝鮮を批判してますけど、それって韓国・朝鮮人を見下して安心したいからですか? 違いますよね? そういう頭の悪いサヨクメディアみたいなレッテル貼りは止めた方が良いですよ。
ブロガー(志望)
2013年04月14日 08:18
チャイカ様へ、

>ブロガ―(志望)様、私の投稿に対する返信でしょうか?

別にそういった意図はなかった事をお伝えします。

 それと余談ですが同じ民族でありさえすれば団結できるのでしょうか。中国人は生まれ育った環境が全く異なる人間同士でも同じ宗族と分かれば強固に団結できるとは聞いた事がありますが(一族では団結できても民族では団結できない?)。一方ユダヤ人やイスラム教徒は「神のみが絶対」が徹底し過ぎているためなかなか団結できないとも。
チャイカ
2013年04月14日 23:18
今晩は、ブロガー(志望)様
未熟な私の問いかけに対し、回答頂き、ありがとうございます。「それと余談ですが同じ民族でありさえすれば団結できるのでしょうか。
以下、略」難しい問題で、申し訳ございませんが、私はパラグアイの日本人移民の例について、ある程度知っていますが、中国人やユダヤ人、イスラム教徒の例は良く知らないです。
その為、再びパラグアイを例にあげます。
パラグアイの日本人移民は、おもに戦後まだ時間が経っておらず、経済的にも苦しい時代の日本で、政府間で移民協定(驚くなかれ、現在も有効)を締結した上で行われた、事実上の国策移民です。
パラグアイ側も血で血を洗うチャコ戦争やパラグアイ内戦が終結して、時間が経っておらず、
国家建設等に力を入れなければならない時代でした。そのような時代背景があり、両国民とも国家等について強く意識していたでしょう。
その上で、移住地は未開拓地で厳しい環境でもあり、根付くには時間が必要でした。また主導権争いによる内部対立や抗争もありました。しかし、所詮、よそ者、遠い外国でもあります。移民どおしが、いがみ合っても意味がなく、厳しい環境の中、同じ言葉と文化を持つ日本人で有ることを意識していたでしょう。その上、ゼロから家や畑等を移民同士で支え合いながら、作らないと生きていけない現実を前に強い絆、団結心も生じたでしょう。
未熟な私であり、現地在住の移住者の皆様方に対し、失礼な表現を使ったかも知れません。
お許し下さい、あらかじめ謝罪しておきます。
八王子の白豚
2014年06月14日 23:48
在特会かぁ、言ってることの大まかな部分は分かるんだけど、やり方がどうにも賛同できないよなぁ・・・
在特会へのカウンターとやらをやってる連中も「どこのチンピラだよ」って突っ込みたくなるのばかりだし。

軍オタへの批判はまあ、分かりますが、この人たちの意識を現実を直視する方向に持っていくように色々なネタを提供していくのがキヨタニさん達の役目じゃないんですか?(まぁ、2chのネトウヨ連中の意識改革は無理だと思いますがね)

この記事へのトラックバック