清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 防衛省の一両惜しみの百両損

<<   作成日時 : 2010/05/12 01:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 9

 と、いうわけで先週から現在中東某国におります。

 ゴールデンウィークから長めの休暇、ではなくて勿論仕事です。

 ネットの環境が不安定なので、更新やコメントに対する返事などがしばらくの間滞るかもしれません。


 さて、防衛省・自衛隊の調達問題の一つは、サンプルを買ったり、リースして試したりをしないことです。
 カタログだけをみて、入札にかけてしまうわけです。ヘリコプターにしてもトライアルは愚か、試乗もしないで決めてしまったりします。

 で、必要数を丸ごと調達しちゃった、でとんでも無い欠点が出てきたりして、こんなはずじゃなかった状態にならう場合が多々あります。

 どうもサンプルを買ったり、リースをする予算が出ないそうです。
 つまり丁半博打を打っているようなものです。現場ではそのようなリクエストを出しても上で許可がでないそうです。

 他国では候補の装甲車などを借りて、徹底的にあらゆる条件でトライアルをしたりするわけです。それでも採用した後に思わぬ欠点が出てきたりするわけです。

 ましてや、そのようなリサーチやトライアルをやらなければ、欠陥兵器を採用する確率は限りなく大きくなるわけです。
 
 技本も開発の参考に他国の装備をサンプル購入したりリースしたりは基本的にしません。

 以前東京財団の政策提言を書いた際に、発表前の審査会がありました。
 この政策提言ではもっと研究用のサンプル購入などをすべきだと書いたわけですが、審議会の委員の技本OBが技本はサンプルを買っているだと怒り出しました。どんなものをですかと尋ねたら、「リュックサックとか…」ですと。

 要は自分の古巣にイチャモンを付けられ思い、提言の趣旨を曲解し、インネンをふっかけてきたわけです。
 因みにこの方は大戦中の兵器の本なども書かれております。

 また現役の経産省から出向していた内調の人間は自分の言うとおりに政策提言を書き換えたら、「諸君!」や「正論」や「VOICE」などを紹介してやると口説かれました。勿論断りましたが。後に各誌の編集長にこの話をしたら呆れてました。

 話を元に戻しましょう。
 
 民間企業では例えば自動車メーカーなどは同業他社のクルマを購入してばらして徹底的に調べます。
軍隊も同じです。米軍が戦車駆逐車、センタウロや簡易自走砲、カエサルなどを評価のためにリースしています。

 自衛隊は実戦をしたことがないし、日本製兵器が実戦で使われることもありません。ですから、本来他国以上に情報収集と、リサーチに金をかけるべきです。また仮想敵の装備を入手する必要もあります。近年やっとRPGやAKなどを調達するようになりました。

 恐らくサンプルを買ったり、トライアルをした結果、本命に問題がなかったら「損をした」「無駄金」という考え方なのでしょう。ですが、それはリスク管理を否定する考え方です。海外旅行に行くときに保険に入るのは馬鹿らしい、というのと同じです。
 結果として「官は誤りを犯さず」というタテマエを通すために、現場は使えない装備を押しつけられたりするわけです。

 このような現状を放置してきた自民党政権の責任は大、です。
 さて、民主党は「百両」の損を未然に防ぐために「一両」を惜まない政策が出来るのでしょうか。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
自分が家電製品を購入するときでもまずは全社のカタログを見て比較検討は必ずします。その後、量販店に行って実物を見て、可能なら実際に触って操作してみたりもします。AV器機の類となると趣味も入ってますが、毎月専門誌を購読してチェックを行い、最後は必ず実物を見てから判断するようにしています。
 最近、同僚からテレビなどの機種はどれがいいか相談されることも多いですが、やはり最後は必ず実物を見てから決めろと言っています。
それでもアドバイスに従わずに購入して後で別のにすれば良かったと言う人間もいます。情報代を惜しむなというのは孫子の兵法の時代からの常識だと思っていましたが、官庁の組織がそんな低レベルのことをやっているのには本当に呆れます。まあ、自衛隊の装備も色々失敗家電製品のような部分は見受けられますが…。
SNK22
2010/05/12 06:22
キヨタニさまがおっしゃるようにサンプルを購入(またはリース)し、徹底的にテストをすることは大切だと思います。
また、現場の方は、その必要性をわかっていると思います。ただ、財務省や政府がそういったやり方を容認しない方が問題だと思います。
やはり日本の自衛隊は、永年、日陰者的な扱いを受けてきたために、まっとうな提言ができなくなっているような気がしてなりません。
アイゼンシュタイン
2010/05/12 08:15
>民主党は「百両」の損を未然に防ぐために「一両」を惜まない政策が出来るのでしょうか。
無理でしょう。なにしろ自衛官殉職者追悼式典にも誰一人顔を出さないのですから・・・そういえば清谷さんの新刊が出た後、コンビニで自衛隊最強と書かれた本がやたら目につくのですが知らない人はダマされるのでしょう。ひょっとしたらそれらの本を鵜呑みにした中韓人が祖国の軍拡を推進させるのだろうか?米のSDI計画の様になるのか?
元友店長
2010/05/12 13:26
最近の例だとロングボウ・アパッチなんかがねえ……イギリスなんか物凄く苦労してるそうだし。
サンプルの購入? リース? 出来たら本当に良いのですが絶対にありえませんね。民主党政権でその手の予算措置が取られる望みは全くのゼロでしょう。
あーにゃ
2010/05/12 20:44
悲しいかな旧軍からの伝統でしょうか?
物ができあがった時点で「完成」と見なし
延命・改修をすれば「未完成品を買い続けていた」と受け取られる可能性もあり
現場から改良の要求をされても、滅多に聞き入れられない
陸において、この傾向が強い気がします
ともとむ
2010/05/13 13:05
サンプルなんか簡単には売ってくれないよ。
どこのお人好しが研究目的での顧客なんかまともに相手しますかっての。
小銃火器のようなローテク兵器でも無い限り、有る程度纏まった数じゃないと普通は売りません。常識です。
米軍が何だって?我が国のどこにそんな金が?
すがり
2010/05/13 16:56
同盟国すら信用しない奴が
何故都合よく赤の他国の善意を当てにする?

何故こうも自分に都合のよい未来しか
訪れないと自惚れることができるんだろう?
あほくさ
2010/05/13 23:31
ヨルダンのSOFEXですか?
新浪網の写真
http://slide.mil.news.sina.com.cn/slide_8_326_4014.html
AFP
http://www.afpbb.com/article/politics/2726152/5745372
韓国の新聞
http://media.daum.net/economic/view.html?cateid=1045&newsid=20100512093021916&p=yonhap
残念ながら日本の新聞などの記事はネット上では見当たりませんでした。

中国メディアの熱心さが目立ちます。
かわごえ
2010/05/17 22:09
>ヨルダンのSOFEX

ご名答。
今回はいろいろとおもしろい取材ができました。
キヨタニ
2010/05/18 10:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
防衛省の一両惜しみの百両損 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる