北沢防衛相「中国を日本の脅威と考えたことはない」ならば防衛費は半減でもOK?

防衛相「中国を日本の脅威と考えたことはない」
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2009-11/30/content_18979508.htm

 さすが民主党。如何にも民主党的な防衛相を選んだものです。


建国60周年祝賀式典をテレビで見た北沢防衛相は、「アジア、さらには世界の大国としての中国の気勢を実感した」と、中国の軍事パレードの凄さを心から讃嘆した。また、軍事パレードに登場した軍事装備から、中国の軍事力の進歩が感じられたと指摘した。

 このパレードには弾道ミサイルも登場しました。この国の核ミサイルが我が国を指向しているですが、それが「頼もしい」と仰るわけです。それとも我が国には指向されていないとでも思っているのでしょうか。

 未だに少数民族を弾圧し(例えば、ウイグルでは若い娘が大都会に無理やり働きに出され、地元の若い男性は結婚相手がいない状態です。ウイグル人の人口減の狙った政策としか思えませんが)。
 言論の自由も無いし、自国に都合の悪いことを書く、外国人のジャーナリストは入国させないし、させても盗聴備考を付ける、あるいはハニーとラップに引っかける。他国の経済水域を無視してガス田を建設して天然資源を盗掘する。紛争地に武器をばらまく。先進国の軍事技術を盗む。

 こういう国が脅威ではないと。

 中国が脅威でないならば防衛費は半分でもいいでしょう。財務省や社民党あたりはそう言うかもしれません。
 パックイン・ジャーナルで愛川欽也氏が「仮想敵なんて、北朝鮮だけでしょ。仮想敵を想定するなんて時代遅れ」などと主張していましたが、愛川氏のレベルが高いのか、防衛大臣のレベルが低いのか・・・・
 同じレベルということは間違いなさそうです。何でも党内のエラい人達の都合で、軍事に詳しい一派を防衛省から遠ざけたり、要職に付けないような画策があるそうです。となるそ長島政務官がぼくの質問に答えられないとしたのはそういう党内の空気を読んでのことかもしれません。

 無論いますぐ中国が攻めてくるわけでもないし、中国の軍事力がすべて我が国に指向しているわけでもありません。ですが中国共産党の腹の内が天使の羽のように真っ白ではないでしょうよ。


北沢防衛相は、現在の世界・アジア太平洋情勢の下、中国が技術革新の中で空と海の軍事力を不断に強化することは完全に理解できると表明。「各国の国情は異なるので、わたしが中国の国防政策についてとやかく言うことはない」「付き合う中で互いの関係中の合理性を感じることは非常に大事だ」と述べた。

 彼の国は我が国が少しでも新兵器を調達すると「軍国主義への回帰」だといい、大騒ぎしますよね。

 また「中国が技術革新の中で空と海の軍事力を不断に強化することは完全に理解できる」ならば、自衛隊の装備の更新のペースは大幅に遅らせてもいいことになります。

 中国が脅威でないならば、何が脅威なのでしょうか。火星人でしょうか、怪獣でしょうか。

 大綱を改訂しょうという重大な時期にこのような人物を防衛相に据えるというのはぼくには理解できません。


「軍服海外調達『聞いたことない』」 北沢俊美防衛相の無知
http://kiyotani.at.webry.info/200911/article_9.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 36

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

クマのプータロー
2009年12月03日 20:34
もっとも驚異なのは金星人なんじゃないですか~?
太陽をパクパク食べられちゃったら地球そのものの危機ですがw。
21
2009年12月03日 20:47
もう…
何この国?
2009年12月03日 22:21
>>仮想敵を想定するなんて時代遅れ

昔赤旗に軍事同盟、集団的安全保障体制は時代遅れなんて記事が載りましたが…
じゃあ愛川さんは、
ナウなヤングにバカうけで時代の最先端を行くお洒落な代案があるんでしょうかね
SNK22
2009年12月03日 23:58
うーん、今の防衛大臣はこういう人物なんですか…。柘植久慶氏の一連の中国本でも読ませてやりたい。軍事パレードを見学していてこういう感想を述べるとは…。中国=友好と頭の仕様が固定されているのか、やはり何か弱みを握られているとしか思えません。あるいはリップサービスのつもりかもしれませんが、おだてるとつけあがる可能性の高い国に対してははっきりと「脅威である」と言うべきだったと思います。
ななし
2009年12月04日 20:32
日本と比較しての、中国の人口と人件費を目当てに産業がなだれをうっている状態では、大臣という立場上、中国を脅威とはいえないでしょうね。
はるあたま
2009年12月19日 13:48
>中国が脅威でないならば、何が脅威なのでしょうか。火星人でしょうか、怪獣でしょうか。

ゴジラ。

それはいいとして、脳内にお花畑が広がっているとしか思えない。
数え切れないほどの領空侵犯と原潜による侵入、観測船による日本海の観測。
あげく核を日本に向けている時点で、中国がこちらを「仮想敵」の一つにしているのは明確だろ。
八王子の白豚
2009年12月21日 00:27
ふう、うちの会社の労組で押しているから民主党に投票したけど、こんな馬鹿が防衛大臣か・・・俺の1票を返せ!ファッキン民主党!

この記事へのトラックバック