左利きは得か損か?

「左利き」はなぜ淘汰されなかったか?仏研究
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2577498/3862875

 ぼくも左利きです。
 
 左利きには両手利きが多いそうですが、ぼくもそうです。恐らく小さいときに矯正されるから両手利きになるのではないでしょうか。
 
 ぼくの場合、幼稚園児の頃矯正されていたのですが、途中でこけて右腕にヒビが入る下がをしてギプスをしたので、また概ね左利きに戻ってしまいました。

 ボールを投げたり、ギターをひいたりなどは左利きですが、字は左右どちらの手でも書けます。筆跡は殆ど同じなのですがやはり字は脳で過書いているからでしょう。どちらかの手が疲れるとスイッチして書けるのでこれは便利です。

 箸を使うのは基本的に右ですが、長年箸を使うのがヘタで、大学生の時しつけ箸をつかって直しました。左手で箸は使えなくはない程度です。

 小銃や短機関銃を撃つときは、基本的に右です。これは利き目が右である上に、ボルトアクションライフルやブルパップのライフルを撃つときに左を使うと不便だからです。
ですが、拳銃は左です。右でも撃てますが命中精度は3割ぐらいは落ちるでしょうか。

 つまり右利きと左利きを使い分けているわけですが、不便なのはよく右と左を混同してしまうことです。急に「右!」とか言われても。一瞬躊躇してしまいます。ですから、クルマの運転は恐いのでしないようにしています。

 恐らく脳の発達は左右ほどよく行われているのではないか、という気はします。これは左利きというか両手利きのメリットでしょう。恐らく両手を使うドラマーやピアニストも同様なのではないでしょうか。
  ただ、ハサミやギター、自動販売機に至るまで世の中多数派である右利きようにつくられておりますから、日常生活では不便を強いられております。

 血液型による性格の傾向というのはあまり信じない方ですが、左利きと変わり者が多いそうです。その意味ならばぼくは典型的なAB型人間ということになります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

右翼
2009年03月07日 07:36
私は右利きですが、障害者でもないのに左も使わないともったいないですので、なるべく左も使用するように心がけています。
キヨタニさんが、よく右と左を混同して急に「右!」とか言われても脳がパニクるには驚きとともに笑ってしまいました。
SNK22
2009年03月07日 07:49
自分も左利きです。ビデオカメラの撮影が好きでよくやっていますが、カメラは必ず右手で操作しないといけない構造になっています。銃器の類もそういうのは多いでしょうね。
以前は左利きには天才が多いなどと言われていたものですが、左利きの遺伝子というものが発見できない、遺伝ではなく多くの場合は環境によるという結果が出てしまったのでそうしたある種の左利きの神秘性というものも今後なくなってしまうかもしれないですね。
科学者や芸術家・コンピューター関係の人間やスポーツ選手に左利きは多いそうですが政治家にはあまりいないそうです。オバマ大統領が左手で書類にサインしているのを最近見てちょっと心配なような、応援したいような複雑な気持ちになりました。クリントンやブッシュ(父)も左利きだったけど…。
クマのプータロー
2009年03月14日 08:40
種子島鉄砲鍛冶の流れをくむ種子島の鍛冶屋さんは、左右どちらでも使える裁ち鋏を作っています。30年、価格が変わっていないそうで・・・廃業目前かな?
大量生産では難しい作業工程があるようです。

この記事へのトラックバック