一式陸攻は名機か、駄作機か?

 旧海軍の一式陸上攻撃機、一式陸攻は「ワン・ショット・ライター」などという不名誉な二つ名もありますが、ぼくはこの機体は名機だったと思います。

 というのは、当時の日本海軍は主敵を米海軍と想定し、戦艦部隊の劣勢をカバーするために、侵攻してくる米海軍の艦隊を潜水艦や攻撃機などで邀撃漸減し、最後に艦隊決戦を挑む、というものでした。

 そのような戦闘においては一式陸攻は極めて有用な機体でした。航続距離が長く、速度も速かったわけです。恐らく当時のアメリカの常識ではこれほど長大な航続距離を持つ雷撃機は想定していなかったでしょう。
 大海戦に際して例え陸攻隊を半分以上すり潰しても米艦隊主力を葬り去れば、こちらの勝ちなわけです。

 よく一式陸攻は爆弾の搭載量が少ないという批判がありますが、また4発にすべきだったという話もあります「海鷲の航跡」にも三菱の技術者がそう進言したが、海軍が聞かなかったという話もでてきます。

 ですが、本来この機体は雷撃機です。爆弾搭載量を増やせばそれだけ機体が大きく、重くなります。となると雷撃に際して被弾する可能性も増えますし、製造・運用コストも掛かります。
 
 当時の海軍の予算も面からも生産・維持コストの低い双発は正しい選択だったと思います。実際問題として雷撃機としての充分な機動性有し、防弾機能も充実した4発の雷撃機の開発し、それなりの数を揃えることは当時の日本の工業力と予算では不可能だったでしょう。

 これが初めから「雷撃も出来る爆撃機」であれば4発という選択もあったでしょう。

 ですが、ご存じの通り、英東洋艦隊の戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」と巡洋戦艦「レパルス」を撃沈したり、真珠湾攻撃などで戦いは航空兵力中心になりました。しかも想像もしていなかった消耗戦となり、高価な航空機が消耗品扱いとなりました。
 その原因をつくったのは我が帝国海軍なわけですが・・・
 
 
 消耗戦という環境においては一式陸攻はその強みよりも弱点が目立つようになりました。当然熟練搭乗員の補充は簡単にできませんから、搭乗員の技量も急速に低下していったわけです。

 もしも真珠湾攻撃がなければ一式陸攻の評価は違ったものになっていたかもしれません。

 つまり、短期に勝負がつく戦争で終わったら、あるいは戦艦同士の艦隊決戦でカタがつくような戦いで始終していれば、一式陸攻は名機として記憶されたでしょう。
 
 まあ、戦争というのは短期決戦のつもりが長引くということが得てしてありがちです。イラク戦争もそうですが。


 海軍の失敗はそのようにドラスチックに戦争のパラダイムが変わったことを認め、装備の開発や運用などの転換に時間がかかったことです。その主たる原因は硬直した思考にありました。
 その点アメリカ人の切替は早く、組織が柔軟に対応しました。
 当時の海軍は、日露戦争で鮮やかに勝ちすぎて、その再現を夢見ていたことも大きいでしょう。その点米国の切替えの早さには見習うべきところが多々あります。


 また、当時の海軍の開発姿勢には反省することろは多数あります。メーカーを見下したり、開発の意思決定が硬直的だったり、陸軍と航空機生産の資源を奪い合ったり。

 ぼくたちが気をつけなければいけないのは、歴史から学ぶときに現代の鳥瞰的な立場からだけで物事を判断するのではなく、当時の「常識」やその時点の現実を加味しなければならない、ということです。
 例えば現在の民主主義国家の常識でいえば、戦国時代も江戸時代も独裁軍事政権でけしからんという見方もできますが、それでは歴史は見えてきません。

 平たくいうと「後知恵」では何とでもいえるということです。

 
ル・オタク―フランスおたく物語 (講談社文庫)
講談社
清谷 信一

ユーザレビュー:
海外での日本のマンガ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

紫電改
2009年02月14日 22:42
一式陸攻の話ですが、それで言うと【銀河】も
本来の性能を出す事が出来ずに終わってしまった飛行機ですよね。誉エンジンの出力不足に泣かされました。なぜそこまで【誉】にこだわったのか?という今の時代で考えると考えられませんが、その時代で考える事が必要だと思います。又その教訓を今の私達は活かすべきです。
自衛隊装備等についても考えるべきだと思います。
【悲劇の発動機「誉」前間孝則著】が勉強になります。
とーりすがり
2009年02月14日 23:01
>メーカーを見下したり、開発の意思決定が硬直的だったり、(中略)生産の資源を奪い合ったり。
これって、現代日本でもそのまま当てはまるような気が・・・
ラジオランチ
2009年02月15日 11:00
私の大嫌いなカレル・ヴァンウォルフレンの究極的な政策決定権を持つ頂点が存在しない、このような権力が失敗に動揺に直面して、どうしていいのかわからなくなるので、危機感が募り、結果的に危機感が強調され、「危機を乗り越えるために総員必死になって頑張れ!」という精神論に陥ってしまう…という皮肉をいってましたが、何を解決するのか…。それを妨げる問題に対して、誰が責任を負うのか、解決するためにどうすればいいのか、実現するための責任を負うリーダーシップが欠けているといって糾弾している方々が与党を糾弾しているが、社民党や民主党だってリーダーシップが不在なのでは…と思います。韓国だって危機感強調型の究極的な政策決定権を持つ頂点が存在しない点では同じなのに、今の日本では自民党や公明党をリーダーシップ不在と糾弾するけど、戦前からあったわけですしね…。
シロ
2009年02月17日 23:07
少しズレますが、田母神氏が更迭された理由は例の論文ではなく、氏がタイフーンの導入を主張したからではないか、という声が聞こえてきます。F-22が導入されれば、整備は米軍が一手に握り、日本側はネジ一本触れないにも関わらず、金だけ取られる。そうした状況よりライセンス生産も可能なタイフーンを採用した方が国益にかなう、というわけです。
田母神氏自身は、タイフーンを推したとは言及していませんが、「F-22では、僅かな数しか配備できず、戦力にならない」「欧州製を採用しても、日米関係は変わらない」と、ある雑誌でコメントしていますから、「当たらずとも遠からじ」と言うことでしょう。どうも裏には利権がらみの匂いがしています。
2009年02月18日 23:34
>タイフーンを推した
かどうかはわかりませんが、米製以外の
選択肢もありという発言はなさっていたようです。
2010年01月01日 03:40
はじめまして

どうでもええことですが、マレー沖海戦は96陸攻だったのでは?(映画での知識ですがw)
一カトリック
2014年11月29日 11:50
必ずしも、そうではないようです。
4発にする代わりにエンジンを1グレード落とせば、コストはさほど変わらず、性能は大幅に上がったろう、という考察もあります。

http://www.aramant.com/chuukou/page04_01.html
八王子の白豚
2014年11月30日 00:39
一式陸攻については毀誉褒貶の激しい機体ですね。

当時の海軍のドクトリンを考えたらあの機体はあれで正解だと思うんですが、結果的に海軍自身が一式を活躍できないような戦い方をしちゃいましたね。

低空進攻で雷撃を行うだけの機体に7名の乗員と貴重な高馬力のエンジン・日本基準で言うと重爆級の機体が必要だったかは先輩たる96式陸攻も含めて考察の余地はありますが・・・

後知恵で言えば後継機の「銀河」のもう少しサイズを絞った高速機があれば色々と使えたように思えますがね。(あれ?モスキートになっちゃったかな?)
2019年07月07日 22:37
 二式陸偵の雷撃機化とかか?
俘囚剣
2019年07月08日 22:15
   ワーテルローの戦いが始まる前(あのへんに両軍が布陣した後)ウェリントン卿は西に支部を設けたそうです。貴重な兵を割いて。フランス軍が西から回りこむのでは?と恐れたようでして。
  私はこの話を二冊の本で読みました。一冊目は上に記した配置を批判していました。ただでさえ人手不足なのに、と。二冊目の本は、ウェリントン卿の判断を支持していました。
「西の支部がなかったら、フランス軍は本当に回りこんだかもしれない。ナポレオン・ボナパルトは敵軍の穴を見出すのが大得意だったのだから」

  二冊目のほうが上。と私には思えます。
俘囚剣  
2019年07月08日 23:05
  清谷先生同様、後知恵を排していますから。・・・・・・・支部を置くことで回りこみを封じフランス軍に真っ向勝負を強いたということでしょうか。いやこれこそ後知恵・・・・・・・・・

この記事へのトラックバック