【田母神論文・将軍の反乱】文民統制ですかぁ…

 田母神論文でメディアも永田町も大騒ぎしております。

 また確かに、一軍を率いる将としては問題ありの内容はではありますが、頷ける部分も多々あります。何でもコミンテルンのせい、悪いのは全部他人というのは如何なものかとは思います。
 このような形でこのような内容の論文を自衛隊の首脳が意見を発表すれば非難されるのは当然です。
 ですが、内容よりもむしろ特定の親しい企業の主催の懸賞に応募する方が問題であると思います。

 しかし大騒ぎをするような問題じゃないでしょう。まあ本人は確信犯かつ愉快犯でやったことでしょうから、大騒ぎすると田母神氏が一番喜ぶのではないでしょうか。恐らく氏は今度の発言で世間が大騒ぎし、議論が起こることを望んでいるようにも思えます。
 メディアも永田町もまんまと彼の作戦通りに踊らされているように思えます。氏の作戦勝ちでしょう。

 まあ、朝日新聞を始め、あの戦争に関しては捏造記事や意図的な誤報を垂れ流してきたメディアは業界の人たち、あるいは他国からインネンつけられると精査もしないで土下座をしてきた政治家たちもかつての自分たちの所行を見直してみることが必要ではないでしょうか。
 また自衛官の子弟を父親の職業を理由に差別してきた教職員組合も同様です。

 田母神氏を懲戒解雇すべきであると主張するならば、不法ストを支持したり、国旗や国歌に敬意を払わない、国家に反逆する不埒な日教組の連中も全員懲戒解雇すべきです。
 民主党にはその度胸はありやと聞いてみたい気がします。

 民主党が騒いでいるのも単にこれを政局にして選挙をやりたいというのが見え見えです。麻生総理が解散を先送りにしているので、センセイ方選挙の兵糧が底をついてきていますからねえ。
 だいたい、あんたら職場放棄して地元に帰って選挙運動してばかりで、永田町にいないじゃないですか。それでシビリアンコントロールができますか。

 シビリアンコントロールに関して言えば、政治家もメディアも偉そうなことを言えないと思います。よその国では通じない空理空論を振り回しているだけです。それは報道機関や政治家の仕事ではなく宗教家の仕事です(じゃあ、公明党はOKというわけもいかないでしょうが)。
 他の国では通じない子供の戯言みたいな議論を平気でしています。どうせ政権をとれない社民党や共産党ならまだしも民主党もいまのレベルでは拙いでしょう。

 また今回の騒動を来栖統幕議長の超法規発言とだぶらせて報道しているメディアもありますが、みそもくそも一緒の議論です。

 来栖氏は「現在の法律では自衛隊は戦えません。しかたないから戦時には自己判断します」ということでした。これが大問題となったわけです。
 ところがぼくも以前から指摘しているとおり、自衛隊には法的に縛りが多く、法的には戦争ができません。有事法などの制定で随分とましになりましたが、未だに問題がありです。

 では来栖氏はこう言えばよかったのでしょうか。
「自衛隊は戦時には法的な不備により戦闘できません。我々は公務員として法を順守する義務がありますので、国民の皆様は不本意ですが死んでください。法を犯してまで国民を助けません。シビリアンコントロールを遵守いたします。恨むなら馬鹿な政治家と馬鹿なメディアにあおられて自衛隊をがんじがらめにした自分たちの愚かさを恨んでください」
 と、いえば「政治的に正しい」発言で政治家やメディアも納得したのでしょうか。シビリアンがあまりにも馬鹿だったから軍人がこのような発言をしたのではないでしょうか。
 
 それは来栖氏が職務に忠実だったからこそこのような「王様は裸だ」的な発言をしたのだと思います。保身と天下りだけ考えていたらあのような発言はしなかったでしょう。
 それを政治家とメディア、世論がよってたかって袋叩きにしたわけです。それがシビリアントロールでしょうか。

 ぼくが心配するのは今回の件で現役自衛官の情報発信がより消極的になることです。現在は戦前よりも現役の自衛官の将校の発言が世に出ません。むしろ彼らに積極的に発言させることが自衛官が世を知り、世が自衛官を知り、それがシビリアントロールに寄与するはずです。ところが誰も発言しません。
 これでは世の中が自衛官が何を考えているか分かりません。

 そもそもまともなシビリアンコントロールに関する意識があれば警察予備隊時代から自衛隊を警察官僚が牛耳ることを許しはしないでしょう。
 しかもシビリアンコントロールとは内局優位と勘違いしている。シビリアンコントロールを理解してるのであれば、警察と軍隊という国家の二大暴力装置をともに警察官僚に監督させるという恐ろしいことはできないと思いますが。

 いっそのこと、政治家に軍事に関する試験を行って合格点をとれないセンセイ方は落選してもらうというのはどうでしょうか。

田母神俊雄氏の論文
「日本は侵略国家であったのか」
http://www.apa.co.jp/book_report/index.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

ころころ
2008年11月13日 17:28
自衛隊は、誕生時の名称が「警察予備隊」で分かるように、制度上軍隊ではなく「警察」なので、「文民統制=政治統制」はありえません。
現代の自衛隊の状態は、バカな政府にとって「クーデター」の心配はありませんが、国家と国民にとり危険極まりない状態です。

自衛隊が軍隊ではなく、警察ならば免職は当然という見方も出来ますね。
ななし
2008年11月13日 18:03
参考人招致でテレビ中継されず、ヤフーのネット調査もすぐなくなる。おかしな話だらけです。いままでの戦後民主主義教育の矛盾点が暴かれることを抑えるために必死です。
とーりすがり
2008年11月13日 20:17
幹部公務員への、「どこをどう突付いても合法な賄賂の贈り方」を周知させた貢献の度は多大でしょう。トップを差し置いて部下が受賞するわけねえっつー話。
土門見人
2008年11月13日 21:04
 田母神氏の参考人招致は実況中継せず、夕方と夜のニュースで切り貼りにして流し、論説委員やキャスターに一方的に叩かせるあたり、マスコミにとって不愉快、不都合な内容であることが、予め分っていたということでしょう。
 フジTVに至るまで、我が国のマスコミは東京裁判史観の奴隷だということですな。
論理ではなく感情で袋叩きされるT氏 
2008年11月14日 00:14
空軍参謀長として本当に無能だったか有能だったかは戦時でなければわかりませんが、平時の参謀長としては言いすぎじゃね?腹に収めておけばいいのに。(氏と似ている考えを持つ者ですが)
2008年11月14日 02:46
匿名で発表すれば、このように問題にはならなかったと思います。まあそれだと、田母神氏の意図する議論喚起はできませんが。

外交官時代のケナンが、ミスターエックス名義で冷戦構造に関する論文を発表してますよね。
お茶菓子
2008年11月15日 11:06
 論座が萩上チキの特集を組んだ時には団体職員が論座は俺達を見捨てるのかという投書が多数あったそうで…。若宮論説委員が週刊現代と語った事と違いますけど
abcd
2008年11月15日 12:15
>田母神氏を懲戒解雇すべきであると主張するならば、不法ストを支持したり、国旗や国歌に敬意を払わない、国家に反逆する不埒な日教組の連中も全員懲戒解雇すべきです。


このあたりはホントそうだよね。
朝日新聞あたりはそのへんを内面でどういうふうに折り合いをつけているのだろうかね。
逆に田母神を弁護する輩も、「国旗や国歌に敬意を払わない、国家に反逆する不埒な日教組の連中」をどうするのかということが問われることだし。

この記事へのトラックバック

  • 田母神俊雄

    Excerpt: 田母神氏の参院ネット中継つながらず アクセス集中で 朝日新聞田母神俊雄・前航空... Weblog: けんじの日記 racked: 2008-11-13 16:59