堀江被告に対する量刑は妥当か

一審維持「理解できない」=弁護人、「こじつけ」と判決批判-ライブドア事件
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080725-00000077-jij-soci

 堀江貴文被告が有罪か無罪かはここでは問いません。
 
 問題なのはその量刑と裁判長のコメントです。

 誰もが同じような犯罪を起こした場合同じような量刑ならば問題はありません。法治国家ですから。
 堀江被告が仮に有罪にしても初犯で、金額だってたいしたものじゃありません。経済犯罪の罰則は極めて軽いのが我が国の現状です。
 実際これが官僚や政治家の横領や収賄、銀行不正融資、あるいは経団連メンバーの老舗大企業の談合などならば執行猶予は3~4年、事実上無罪です。組織的な犯罪が無くならないわけです。
 
 今回の判決が 「成り上がりの若造だから刑を重くしてやれ、厳しくしてやれ」と感じるのはぼくだけでしょうか。

 今まで経済犯罪に甘すぎた、これから経済犯罪に厳しくするというのであれば納得するのですが、これまでの例からみて官僚や大企業の犯罪は恐らく今後も極めて軽い量刑が適応されるでしょう。
 
 繰り返しますが、誰もが同じような量刑ならば問題はありません。地位や職業によって量刑が異なることが問題です。税金を食い物にした悪徳官僚や悪徳企業には極めて軽い量刑が適用されるのは納得がいきません。
 これは法の恣意的運用です。

 
 それから長岡哲次(ながおか・てつじ)裁判長は堀江被告が裁判に出てこないと非難していますが。別に裁判に本人が出てこなければならない理由はありません。被告や原告が出てこない裁判はいくらでもあります。
 六法全書にどこにもそんなことは書いていません。裁判官が言っているのは「お白州犯罪者が出てこないのは何事か」と起こっているようなものです。
 つまりこのオッさんは「気分」で裁判をやっておることになります。あたしの裁判を担当した遠藤浩太郎判事も気分で判決出しましたけどね。
 
 

 それから被告は無実を主張し、反省の色がないともいっています。つまり裁判官は初めから堀江被告が有罪であると断定しています。これでは中共 の裁判と同じです。検察が有罪と判断したのであるから有罪である、その前提に裁判をおこうなうと公言しているようなものです。  
 これまた法治国家の裁判官のいうことでありません。


 裁判の被告、ことに国策捜査の被告は弁明をするな、素直に罪を認めろというのであれば裁判ではありません。我が国では裁判官が無条件に検察側あるいは警察を信じる傾向がつよくこれが冤罪を引き起こしていることは痴漢冤罪事件などを見ても明らかです。

 つまりこの長岡哲次(ながおか・てつじ)裁判長はキチガイか、極端な権威主義者か、あるいは世論に迎合する機会主義者、もしくはそのすべてでしょう。

 少なくても裁判長席にすわるべき人間ではありません。

 こういう人間が裁判を行うのは、まさにキチガイに刃物、酔っぱらいが自動車を運転するようなもので犯罪行為です。

 このような法を無視する裁判官については所属の裁判所、あるいは最高裁に抗議をだすべきです。そのような抗議が多ければ裁判官は出世ができなくなります。ひいてはキチガイ判決を抑制することになります。
単にこのブログをコピペするあるいは編集して裁判所にメールやファックスするだけでも宜しいかと思います。

 弁護士会がこれ以上弁護士が増えると法律家の質が下がると主張していますが、弁護士にしろ判事にしろ、こんな程度の低いキチガイがゴロゴロしているわけで、まったく説得力がありません。
 早急に競争原理を導入して、無能や精神を病んでいる法律家を法曹界からキックアウトすべきです。



この記事へのコメント

お茶菓子
2008年07月26日 23:53
小室直樹という政治学者がこの国の司法は江戸時代から全然変わってなく、裁判官や検事の都合によって、変わると皮肉ってましたけど…。何となくわかるような気がします。この国の法治国家を自称していますが…。警察や検察の国策捜査によって決定されていると思います。私個人は堀江被告は大嫌いですけど…。
落武者
2008年07月27日 08:14
「これ以上弁護士を増やすと質が下がる。スピードを落とすべき。」先日の日弁連会長会見。
伊藤真(カルト九条)が日経で
「業界のエゴと思わないで欲しい」。
業界のエゴそのものですがな。
しかも質が下がるうんぬんの主張は
「今までの弁護士は特別な存在で優秀」と自分で言ってるもの。
とんでもない勘違い連中です。
競争原理導入で世間の風を知らすべきですな。
とーりすがり
2008年07月27日 08:47
問題は、頭数が増えるのは弁護士ばかりで裁判官検察官は増えないってことでしょう。過去の司法試験合格者数500人時代でいえば、今後どう努力しても合格は覚束ない成績順位3千位レベルが、現行制度では弁護士になるんですから、そりゃあロクでもない弁護士が増えますって。
一方、裁判官検察官は成績上位者から順に任命されるから、官の方は痛くも痒くもない。
「法を無視する」とありますが、こと裁判官検察官にとっては、ある意味「法は無視するもの」なのであって、それが明治以来の日本の法制度の伝統なんです。例外的裁判官は極少数で、いても10年任期で再任拒否くらうから、保身のためにも例外=危険なことはしない。
抗議ていどのことでそういう主流裁判官が追放されるなら、日本現代史がもっと違ってますって。

ちょっと劇薬的手法になりますが、最高裁判事の人事に内閣が介入して(国会が立法で介入してもよい)、最高裁事務総局による人事の専横を排除するようにすれば、裁判所も変わってくるんじゃないかと。介入される裁判所のほうも、どしどし違憲立法審査権を行使すればいい。
2008年07月27日 11:36
■[主張]ライブドア判決の意味するもの・・堀江は楠正成か?-時代の転換はもう始まっている!

http://yutakarlson.blogspot.com/2008/07/blog-post_26.html

こんにちは。このブログの記事の趣旨からは少し外れると思いますがコメントさせていただきます。
この件に関して私のブログではまず産経新聞のニュースを掲載してみましたが、見方があまりに皮相的すぎると思いました。私自身は、この判決の意味するものは、時代の転換点がすでに始まっていることだと思います。我々は確実に今までとは異質な時代に、少し前からすでに入っています。そうした意味で堀江は過去のモニュメント的な存在になると思います。さらに、一見あまり関係ないような、通り魔事件や、ストーカー判事のような事例は、大きな時代の転換点にありがちな混乱や不安の現れであり、時代の徒花に過ぎないと考えます。私達はもっと大きな本質的な時代の転換点にいることを認識すべきと思います。こには、長くコメントできません。詳細は是非私のブログをご覧になってください。
あーちゃん
2008年07月27日 18:07
弁護士っていっても要は示談屋であり整理屋でありサービス業であるわけです。

だからその能力を机上の勉強で計ろうというのが無理というものではないでしょうか。

いつだったか大阪のほうでつかまっていた示談屋はたしか5~6年で何億円か稼いでましたね。

彼は無資格だったけどサービスがよかったからそれだけ稼げたわけです。

弁護士も競争原理にさらされれば当然質はよくなると思います。

自分は過去に弁護士に相談することがありましたが日曜に営業(?)してなくってエラく難儀したのを覚えています。

平日に休みを取って相談に行ったら話しの聞き方が下手くそなオタク弁護士だったしね。

早く人数を増やして使い勝手をよくしてほしいものです。
へろ
2008年07月28日 03:22
>裁判の被告、ことに国策捜査の被告は弁明をするな、素直に罪を認めろというのであれば裁判ではありません。
じゃあ、キヨタニさんは司法取引制度には否定的なんですね。
2008年07月28日 12:28
初めから有罪と国がきめるなら裁判は茶番ということです。
司法取引とは別問題だと思います。
因みにぼくは司法取引には賛成です。
完全な制度はないと言うものの
2008年07月29日 00:07
確かに酷い裁判官ですよね。まるで遠山の金さんみたいな感じ。近代法治国家の裁判官たる資質も資格も能力にも疑問符がつく人物のように思えます。

数年前にNHKで海外の犯罪系ドキュメント番組が放送されていて、本当は犯罪を犯していない若者が、ベターな選択として司法取引に応じて刑務所の中にいるという話がありました。裁判という制度に潜む根本的問題のように思います。(代替制度はないけど)
どーせ上告するんだろ
2008年07月29日 00:24
この裁判官はどーせオレの結果なんか気にしてないんだろって感じですよねw

名無し
2014年07月19日 01:27
裁判官というのはとても恐ろしいです。だって、自分の思った事を書いていいらしいです。判決文に。これじゃ裁判の意味ない。世の中ってこういうものなんです。だから皆で、裁判官に思いを伝えましょう!!私たちは間違ってないのだから。

この記事へのトラックバック