【崩壊への序曲】「黒人支配」法案が可決 ジンバブエ下院

http://www.sankei.co.jp/kokusai/world/070927/wld070927003.htm

ジンバブエの下院が国内の外資系企業に対し、株式の過半数を地元の黒人に所有させる法案を可決しました。
 言うなれば逆アパルトヘイトです。当然外資や外国政府が許容できるはずありません(中国は知りませんがね)。これで更なる国際的孤立は確実です。

 もう無茶苦茶ですな。

 インフレは年10万パーセントと第一次大戦後のドイツ並み。国家経営センスのないムガベが大統領に居座り続け、大衆迎合の政策を続けてきた結果です。
 恐らくその次は、外資系企業を国営化に走るでしょう。政権崩壊はそう遠い先のことではないでしょう。水面下で英国を初め欧州各国が揺さぶりをかけるでしょうしね。

 ヘタをすると内戦です。そうなれば火事場泥棒的に権益を拡大しようとするでしょう。
一番無難なのが南アの保護領化、ないし南アの一部として連邦を形成することでしょうが、恐らく南アのANC政権でさえ面倒ごとを抱え込むのは嫌でしょう。

 恐らく現在でも多くのジンバブエ人が南アに流入しているでしょうし。

 実際問題としてムガベが死ぬことぐらいしか現状の変革は無いと思われます。
60年代に独立したブラックアフリカがどうなったか学習すればこんなバカな政治はしないのでしょうが人間中々学習ができない生き物のようです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

グラマン
2007年09月28日 22:19
あーあ。ジンバブエの少数民族の白人の人たちはどうするのだろう。いがみあうだけでは、「未来」、は無いと思います。ジンバブエには、穏健派かつ実力者の「指導者」が必要だと思います。
2007年09月28日 23:30
ジンバブエの黒人の雑貨店でぼられたら客の白人ねーチャンが抗議してくれた。でもそのじじぃ無視。
あのねーたんは元気にジンバブエを去ったであろうか、、

生意気な後進国の結構多くは自国民に過半数以上株を持たせてます。だから原住民やりたい放題!使い込みだけどねーw
シロ
2007年09月29日 12:32
韓国の朴正煕大統領のように、優秀で、かつ国の発展を第一に考えた独裁者が鞭をふるい、国民の尻を蹴り飛ばすのなら良いのですが、そうでないと本当に悲惨です。
2007年09月29日 17:22
CNNのサイトによりますと、外資系と限った書き方をしておらず、「白人」の企業の株を黒人に、という表現になっています。そうだとしたら終わりですね。これが中国だったら良かったのにw
2007年10月01日 13:27
中国が同国でどのようにたちまわっているのか気になりますね。
akusa
2009年01月02日 17:41
フランス外人部隊出身の連中にはそろそろビジネスチャンス。

この記事へのトラックバック