憲法9条があればハーグ条約、ジュネーブ条約は必要なし?

 憲法9条を素直に読むとですね、我が国は如何なる理由があろうとも戦争しない、ということになります。戦争になりそうな場合は降伏するか、アメリカ様に守ってもらうしかないわけです。

 ならば、戦争を前提としたハーグ陸戦条約やらジュネーブなんぞは必要ないということになります。
 ところが護憲派の方々から両条約の批准を覆そうとか、そんな条約があるから戦争がこの世から無くならないのだ、こんなもの無くしてしまえ、という論を寡聞にして聞いたことがありません。とても不思議です。

 ハーグ条約では批准国に条約の内容を徹底衆知させることを求めていますが、我が国で長らくこれを行っておりませんでした。本来ならば義務教育で教えるべきでした(確か今の中学校あたりでは教えているはずです)。

 てなわけで、ぼくたちの世代ふくめて今のオトナは「戦争を知らない子供達」ではなく「ハーグ条約を知らない大人達」になっています。万が一、戦争になったとき、交戦規定や捕虜の扱いに関する規定を知らなければ、大変な悲劇を生むのですが。前の戦争でもそれがもとで酷い目にあった部分もあるのですが、戦争の教訓を無視しているということになります。これでは「戦争を知らない大人達」です。

 まあ、政府も野党も知識人もマスメディアも「どうせ戦争なんて起こりっこない」とタカをくくっていたとしか思えません。

 子供達には学校で教えるとして、オトナに対する教育が必要です。政府はパンフレットなどをつくって各家庭に配布するなり、ネットで積極的に情報を流すとか、告知活動をすべきです。
それが嫌ならば、戦争しないから批准を撤回すべきです。



お勧めCD
「戦争を知らない子供達」の作詞者である北山修の作詞作品を集めたアルバムです。「あの素晴らしい愛をもう一度」などご存じの曲も多く収録されています。北山修の著書によるとあの歌は反戦歌ではなかったそうです。当時何かというとオトナからお前らは戦争の苦労も知らずに、と説教されるのに単に反論したかったそうです。

「戦争を知らない子供達」は発表当時、非常に話題になった歌で、あるテレビ番組のテーマ曲
だったのですが、その労働組合が労働運動の時に歌ってTVでの放送が中止になったそうです(このへんうるおぼえなので間違っていたらごめんなさい)。

個人的には中学時代この時代のフォークが好きでした(無論リアルタイムで聞いたいたわけではありません。故に周囲から浮いていたわけで)。
北山修の声と分かりやすい詞が好きでした。それと音痴なところ。あの音痴の北山修が堂々とレコードをだしているのだから、というのがぼくがギターを弾き始めたきっかけです。もっとも未だに万年初心者ですが。 

画像

   戦争を知らない子供たち-北山修 作詩集(紙ジャケット仕様)
戦争を知らない子供たち-北山修 作詩集(紙ジャケット仕様)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2007年09月28日 01:34
こんばんは!
世の中のルールを知らないのはルール違反ですねw
「知らない」では済みません。
知らないことは罪でもあります。
知らせないことはもっと罪悪です。
自分たちの都合によって勝手に操作するのは「戦前よりひどい」情報操作ですね♪ まさに「戦争ハンターイ!派」は民主主義の敵だったのですねーw

あぁ!だから独裁者や中共とかと仲がいいのか!w
kazu
2007年09月28日 01:51
戦争のルールは911で変わってしまいましたね。テロとの戦争と言う名目で戦争を続けないと優雅な暮らしが出来ない人が居るのでしょう。
ttp://video.google.com/videoplay?docid=-845461387975920288&hl=en
guest
2007年09月28日 07:37
全くkazu先生の仰る通り! 同感す。 国境無きバカげたネットゲーム企画途上で「政産軍学共同体」に隷属している国家(幕藩)や、ホワイトハウスに気付いた。だってそうでしょう、今は国家(幕藩体制)も、軍事も、半導体に象徴される民生品がその命運を握る時代です。極論すれば、今日は母国で兵器を作り、明日は越境奴隷として飛行機に乗り、敵国の為に、兵器作りに精出し、国家(幕藩)間の対立なり、戦争なり、紛争は、、「政産軍学共同体」や越境越後屋経済に巨額な利益と、権益をもたらすなんて言う構造をメデイア(記者)は気付きもしないのです。その影でネットカフェ難民が激増し、大和新世代を奴隷以下に落とし込んでいる構図。洋上燃料無料スタンドサービスの形骸化を防衛族は気付きもしないのです。「非産油国が産油国へ燃料無料サービスとはなんとバカな民族だろう」と各国新世代に大和新世代が冷笑されるのに耐えられない。
石友
2007年09月28日 12:06
「優雅な暮らしがしたい」から対テロ戦をやっている人間なんていませんよ。
KWAT
2007年09月28日 23:20
>>戦争なり、紛争は、、「政産軍学共同体」や越境越後屋経済に巨額な利益と、権益をもたらす

 エリア88に描かれてることを真に受けてる人がここにも。m9(^Д^)プギャー
guest
2007年09月29日 06:14
KWAT先生へ、 あのぅ~、先生が使用する武器は誰が作るか教えてくれませんか? 先生のご子息を未来に、越境越後屋の手代や、越境奴隷として、敵国へやむなく送り込まねばならない国際労務が専門ですが? 越境越後屋経済学とは
別名で、ボーダレス経済と言い、国家なる粗雑な幕藩体制の無意味部分や肥大部分を崩壊させる作用があることに気付いてくれませんか。
シロ
2007年09月29日 11:23
先の選挙で、「9条を守って、戦争国家アメリカから日本を解放しよう」などと絶叫している候補者がおりましたが、わが国がアメリカ幕府の直轄領であり、その代償が9条なのだと理解しておりません。軍隊を持ち、自主防衛をする第一の目的は「他の国にに言いなりならないため」なのですけど。
平和主義者の「平和運動」なるものは、戦争を嫌悪し、軍事に関する無知を促進することに他なりません。
どうすればこうした輩を説得できるか、色々考えましたが、やはり一度核攻撃なり毒ガス攻撃なりで死者が100万人くらい出ないと考えを変えないのでしょう。
guest
2007年09月29日 11:46
シロ先生へ:外国の軍隊が駐留する国を真の独立国とは言わない。尚、市民の虐殺なら、使えない核より、**tonの高性能気化爆弾を投下する方が効果があると思いませんか? 日本はそれを運搬するロケットさえも即時に作れる生産技術保有大国なのです。 政産軍学共同体の手代となりたるホワイトハウス、越境越後屋経済学に隷属してしまった国の政治家や官僚、その影でネットカフエ難民なる奴隷以下の大和新世代を生み出してしまっている粗雑な労務政策、世界は非生産者の利口もんにより、おかしく、おかしくされている。げに、幕藩命原理主義カルト体制とは「地球規模の善き合理性」へ収斂しない組織である。 
2007年09月29日 14:34
”修身要領”をお勧めいたします。
福沢諭吉は特亜との決別といい、ものすごい人でしたねー。
きるすてん
2007年09月29日 16:09
軍事に無知な人を「平和を愛する人」だと持ち上げる国ってのは日本位のものなのでしょうね。軍事や兵器に詳しい人を平和の敵か犯罪者予備軍のように中傷する人がこんなにいる国も日本だけなのでしょう。谷沢永一氏は日本を丸裸のすっぽんぽんにして中国などの共産国に売り渡すために日本の左翼が思いついた論理だと言っています。井沢元彦氏は平安時代から日本にあるケガレ忌避が原因だと考察しています。どちらも説得力がありますが、「戦後日本的反戦平和教」の研究はオタク文化の研究同様、まだ研究が始まったばかりの若い学問なのかもしれません。谷沢氏や井沢氏以上の研究家(?)が出てくることを願ってやみません。反戦平和教とその信者たちの生態(病態?)の研究は日本人の本質を探究することにつながると思うからです。

2007年10月01日 13:23
日本政府が成人に対してこれらの条約に関する啓蒙を怠っている現実を、平和団体こそが指摘すべきだと思うのですが。
シロ
2007年10月02日 10:44
戦争体験者からは叱られそうですが、「戦争でひどい目にあった」とかいう話を何百回聞いても戦争防止に役立たないと思います。癌体験を聞いても、癌の予防にならないように。
そろそろ、戦争を科学的に分析し、研究する姿勢が主流になっても良いでしょう。

2007年10月07日 00:21
アリバイ作りでしょうね。
通りすがり
2007年10月19日 03:13
初めまして
興味深い内容が多かったので今後も読ませていただこうかなと思っています
でも,キヨタニさんの文章は何かと一側面からものごとを捉えて発せられていることが多いように感じます
憲法9条は「諸国民の公正と信義に信頼」することを誓った憲法前文のもとに「正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し」「戦争を放棄」すること誓ったものですよね
そういう立場から「戦争を放棄」する国がおこなう教育で,ハーグ条約など戦争をする際のルールを教えないことはそんなに不思議なことじゃない気がします
(何があっても)「戦争を放棄」する国なのですから,戦争をするルールは知っている必要がないのというスタンスだったではないでしょうか
万が一のときに武力を行使する自衛隊隊員が知っていれば十分な話ですよね
まぁ,個人的には教えた方が良いと思っていますが
通りすがり
2007年10月19日 03:16
続きです
また,護憲派の人もあくまで「日本人の一人」としての現行憲法を守りたいと子どもじみている自分たちを自覚しながら言っているだけで,この世界において戦争をおこすなということを他国に押し付けようとしているのではないのではないのでしょうか
日本国憲法はあくまで平和を求める他国の良心を信じて謳われているのであって,それを承知の上で現行憲法を守ろうとしている人たちが多数でしょうから

ですので,冒頭から
護憲派の人たち=他国が起こす戦争も否定している人たち
という図式で話を進められるキヨタニさんの論理の展開の仕方は疑問です(私個人は,そんなことを言いそうのは,極左系の人たちだけな気がします)
冒頭,といえば,現在の世界のあり方から考えると,安保はさておき守ってくれそうなのは何もアメリカ様だけではない気がします
以上,感想まで
2007年10月19日 23:42
ジュネーブ条約やハーグ条約は批准した国は国民に周知する義務があります。
それを嫌ならば批准をしないことしか選ぶ道がありません。

>万が一のときに武力を行使する自衛隊隊員が知っていれば十分な話ですよね。

充分ではありません。国民が定められた以外の抵抗をする、あるいは捕虜を虐待するなどをすれば、敵国に虐殺や非人道行為を許す口実を与えます。また現在の国際社会ではこれらのことは知らなかった、では済まされません。

かつて作家の野坂昭如氏は自衛隊などいらず、国民各自がバズーカ砲をもって戦えばいいと主張しましたが、これなど完全にNGです。

2007年10月19日 23:43
ジュネーブ条約やハーグ条約は批准した国は国民に周知する義務があります。
それを嫌ならば批准をしないことしか選ぶ道がありません。

>万が一のときに武力を行使する自衛隊隊員が知っていれば十分な話ですよね。

充分ではありません。国民が定められた以外の抵抗をする、あるいは捕虜を虐待するなどをすれば、敵国に虐殺や非人道行為を許す口実を与えます。また現在の国際社会ではこれらのことは知らなかった、では済まされません。

かつて作家の野坂昭如氏は自衛隊などいらず、国民各自がバズーカ砲をもって戦えばいいと主張しましたが、これなど完全にNGです。

この記事へのトラックバック