【キチガイか共産主義者か?】村上ファンド裁判の高麗邦彦裁判長のお言葉

「弁解に終始し、反省は皆無」 村上前代表に実刑判決
http://www.asahi.com/special/060116/TKY200707190311.html

いやあ、さすがに日本の裁判官、凄いなあと感心しました。

「ファンドなのだから、安ければ買うし、高ければ売るのは当たり前と被告は言うが、このような徹底した利益至上主義には慄然とせざるを得ない」

商売は安く仕入れて高く売るしかないわけです。これは人類が貨幣を発明して以来変わりません。高麗邦彦裁判長はこの原理を蛇蝎のごとく嫌っているわけです。

 日本共産党にもいないような根っからの共産主義者か、完全に頭がおかしいかのどちらか、或いはその両方という3つの可能性しかあたしゃ思いつきません。

 もう一つ。藤原正彦氏の著作に洗脳された可能性もありますね。藤原正彦原理主義者。

 無論村上氏がインチキをして儲けたのであれば、それは罰せられるべきでしょう。是非もありません。
 また前からぼくは主張していますが、日本では経済犯罪、脱税の罪が軽いし、刑事犯罪に問われないことも多々あります。ですから経済犯罪の厳罰化も主張しています。
 道徳で裁きたいのならこの裁判官はイランで裁判官をやるべきです。
 我が国は政教分離ですから、あなたの居場所はありません。


 儲けてはいけないとうのは社会常識以前に正気を疑われる発言です。いいよなあ、公務員は。こんな与太な発言をしても次の月にはキチンと給料は振り込まれているし。誰かが働いて儲けた金の一部が税金になってあんたの給料になっている事実が理解できないらしい。

 金を儲ける苦労をしたことのねえ奴はこれだから…・・

 高麗邦彦裁判長の主張ならば社会保険庁こそは正義の味方ということになります。何千億円もかけたグリーンピアをはした金で売り払うんですから。集めた保険料をジャブジャブつかって国民が受ける年金はドンドン目減りしています。
高麗邦彦裁判長は社会保険庁および職員達をこれぞ、人の生きる道と褒めるんでしょうなあ…・

 いわゆる投資ファンドにも色々あって、会社を解剖してばらすような輩もいます。また四半期後の決算の数字ばかりを気にして長期的な利益を考えない経営者も尊敬できません。


 ですが、一方で会社を私物化して私服を肥やしている経営者もいるし、談合を繰り返しても恥じ入らない経団連のメンバーなんぞもいます。
 バブルの頃には会社の金で買ったゴッホの「ひまわり」を自分が死んだら一緒に火葬場で焼いてくれと言った経営者もいます。
 こちらの方も問題でしょう。

 ファンドの中には駄目な経営を立て直して、利益をとることという真っ当な商売をやっているところもあるわけで、ファンド=悪という昔の勧善懲悪アニメのようなメンタリティは頂けません。

 そもそも株主は利益を期待しているから、投資をするわけです。人様から金を借りておいて利息すら払わないというのであればそれは詐欺です。裁判所が詐欺師を褒めるとは世も末です。
 こんなトンデモなことをいっていると外国からの投資がみんな逃げてしまいます。

 市場経済にならばこのような適性を欠いた人物は淘汰されますが、公務員は首にならないからなあ。だから市場経済が嫌いなのか。納得。

 株主に還元するのが嫌ならば株式を公開しなけりゃいいんです。単純な話です。
 裁判所が道徳論持ち出すはなしじゃありません。

この記事へのコメント

ギガントロケット
2007年08月12日 00:53
文化放送も村上さんも大嫌いでニューズウィーク日本版なんて物凄く大嫌いだけど裁判官の判断はまるで裁判官と検察官が一人で兼任し、判決を下スターリン時代の旧ソ連の官僚主義そのまんまですね。まるでタリバンの宗教裁判所の裁判官が下した判決では資本主義国家とはいえないのではないかと思います。
2007年08月12日 01:29
>金を儲ける苦労をしたことのねえ奴はこれだから…・・

節回しが利いていてイイっす!
まともな民間でまともな上司がいたらすぐ首でしょうねー。まったく公務員しかなれない人たちは、、、、
好き嫌い良し悪しと法律を混同しているの人はタイに来ればいいのに、こっちの文化はそれがあたりまえですよ?買えるし、あぁ、買えちゃいけないのか、赤さんには。でも買収されないからひがんでいるのかな?こういう人は。


赤狩りやりたい、

あぁ、
ばか狩りか、
ソクラテス
2007年08月12日 11:52
何がなんでも村上を実刑にしたいんでしょう。アウトサイダー側の村上にしても堀江にしてもマスコミを使って、利益を上げることが非常にうまかったのですが、あまりにも利権に手をつっこみすぎた、独占的な利権をもつ村の掟に逆らう人達は許せないわけでしょう。
藤原正彦氏は自分の時代遅れの勘違いした書籍や学者というブランドを傘に見識をひけらかしているだけ。


石友
2007年08月12日 21:08
藤原正彦氏は個人的に尊敬している(自分は「日本よ普通の国になれ派」ですが)のであれですが、日本の裁判長が資本主義を否定するような事を言うべきではないんじゃないかと思います。
あーちゃん
2007年08月13日 00:22
村上氏の行為の当否はともかく裁判官のこのコメントは納得できませんね。

ニュアンスとしては利益至上主義になるあまり法律違反までしちゃだめよ、ということだと思うのですがそれにしてもこの言い方は商業蔑視がにじみ出てますね。

渡部昇一先生が江戸期の三大改革(享保・寛政・天保)は改革ではなくて商業を憎んで武家の世に戻そうとする反動だ、と喝破しましたが今だにそれが続いているのかと思うと何やら暗然たる気持ちになります。

法律の枠内であればどんどん競争をやる、法律を踏み越えればペナルティーを科するという基本的なことさえ押さえて余計なことは言うべきではありませんね裁判官というのは・・・。
foo
2007年10月09日 16:34
> 「ファンドなのだから、安ければ買うし、高ければ売るのは当たり前と…
つまり、市場取引は禁止という裁判所のお達しですか。素晴らしき社会主義。

この記事へのトラックバック