F22導入難航 旧型F4使用延長 防衛省検討 情報漏洩が影響

 このニュースで考えるべきことは、
「すでにのどから手が出ている」という田母神俊雄航空幕僚長の言葉をどう捉えるかでしょう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070715-00000061-san-pol

 本気でそう考えているとしたら、単に新しいおもちゃが欲しい馬鹿将軍ということになるでしょう。
 が、タイフーンを買う場合に備えてBAEシステムズを牽制する、あるいは米国側に対して「ウチはF-22買いたかったのに、売ってくれないから欧州機を買っちゃた。悪いのはおたくよ」というエクスキューズのための布石、とも考えられます。そうであれば政治的な発言ととれます。

 日本のセキュリティが甘いなんていうのは先方は先刻ご承知です。じゃなかったらMDの共同開発なんぞもやっていないでしょう。
 国会で秘密会議ももてないし、議員も役人も機密情報を漏らし放題です。まあ、情報に関する感度の低さ、意識の低さはハイそうですかと直せるものじゃありません。
 前の戦争の情報戦での教訓を未だに全く生かしていないぐらいですから、我が国の情報、諜報音痴は筋金入りです。どんなに努力してもあと10年単位の時間がかかるでしょう。

 F―22の収得の可能性に賭けるためにF-4の耐用年数を延ばすいうオプションも語られていますが、そんなんことをすればアメリカに足下をみられるのは明らかでしょう。

 日本に売ればイスラエルやサウジも売れと言ってくる。特にイスラエルは米国内に強力なロビーがおりますから、ロビーなし同然の我が国が導入すればイスラエルが輸出を獲得するのは遙かに容易でしょう。
 イスラエルが買うということは、その技術がロシアや中国、インドなどに漏れることを意味します。日本の情報漏洩よりもよほど危険です。

 とならば米空軍いうところの「絶対的航空優勢」はもろくも崩れ去ります。

 ここ一年ほど内外の専門誌でもいわゆる第5世代のステルス戦闘機の有効性に疑問を呈する声が増えてきています。
 
 予算の面からいっても空自がF-22を購入すると大変な負担になります。仮に収得単価が300億円、他の候補機が150億円とすると、ざっくりいって、60機買うと約1兆円の差になります。
 ただ、欧州機であるタイフーンを買う場合現在ユーロおよびポンドのレートは対円でかなり上がっているので為替の面からは米国勢の方が有利でしょう。


 これから先、MDに予算が喰われるなか、空中給油機、CXおよびその派生型の収得、さらに次期戦闘機の開発、基地の防備の強化など予算はいくらでも要ります。
 この時期に1兆円も余計な金が捻り出せるでしょうか。
  空幕長ともあろう方が算数ができないとは思えません。まさか、新しいおもちゃがほしいとだだをこねるような大人げない真似はしないでしょう。

 では当初の半分の30機だけ購入する、とういうオプションはどうでしょう。確かにある程度量を質で補うことはできるでしょう。
 ですが、それも行き過ぎれば全体として防備が薄くなり、防空体制の穴を作ることになります。
 F-22に搭載できるウエポンシステム(特に胴体なに収容するもの)はかなり限定されますから、国産の兵器が搭載できずに、米国製を購入することになります。となれば兵器体型が複雑化し、また個々のミサイル、爆弾の調達コストの値上がりも呼ぶでしょう。
 これも間接的にF-22の運用コストを押し上げる結果になるでしょう。

 さらにF-22のメンテですが、これは丸ごと米国に払うことになるわけです。寿司屋の時価みたいなもんですから、最初は安いと言われても後でどんと上がってしまう可能性もあります。何しろコストの検証のしようがありませんから。
 ロッキードマーチンは現用機よりメンテは安いとはいいますが、それがどうして?と具体的に聞くと答えが返ってきたことはありません。あたしゃ何度も聞いていますが。

 まあ、F-22を導入する、それは長期的視点で国益を考えてのことという見方もできなくもありません。

 F-22の選択は国内産業に金を落とさないということになります。
 空自のみならず、内局、経産省、の天下り先を減らしても国内の防衛産業に金を落とさないことで、業界の仕事を絞り、再編を促すという見上げた算段であるという見方もできます。
 が、それほどこれらの役所に国士がそろっているとも思えません。
 
 そもそも今のところ海外の民間機の下請け仕事が山積みですから、当面官需が絞られても重工を始め業界はそれほど痛くはないでしょう。
 むしろ民間市場に人も金も集中できるので喜ぶのではないでしょうか。

 ぼくのみるところ、候補はF-15EXとユーロファイターに既に絞られているような気がします。さてどうなることでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

The All:
2007年07月18日 07:27
純粋に技術的に見て、日本の携帯ブロードバンドは、広域化/高速化が推進される。即ち、低高度湾岸巡航無人飛行を可能にする模型飛行機を趣味で作れ時代が来る。そして長距離飛行が可能となる。F-**に象徴される有人戦闘機配備を縮小し、自律+遠隔手動操縦型無人機配備を模索する時代だ。なぜ、平成大本営は、有人兵器至上主義に拘り、納税者負担の軽減を図りながら、防衛力の強化を推進できないのか不思議だ。米国政産軍学共同体がなぜ有人戦闘機を高値で同盟国へ売り、その金を何に使うのか、なんで洞察が出来なんだろうか? 無人化推進である。日本もアジアもこれで行け→http://cliplife.jp/search/?query=uav
石友
2007年07月18日 07:30
自分もF-22の導入は困難だと思います。米国側に売る気がまったくないですから。
大体、防衛産業の頭である三菱重工に仕事が回らない時点で実現性が低いですし。もし仮に導入するとしても30機程度でしょうね。
次期FXはタイフーンかF-15FXのどちらかだと思います。本格的なステルス戦闘機導入は「心神」からでしょう。
guest
2007年07月18日 07:39
石友 先生へ、バカ高い有人戦闘機の日本配備は、純粋に技術的に見て、納税者
負担の軽減にはなりません。 すでに、
日本国内(アキバ)でシュミレーション
段階ながら技術開発に成功した趣味技術の援用で、自律+遠隔手動操縦型無人機
試作国際コンテストはどうですか? **重工製ではなく趣味の「ロボコン技術」の援用で、米国に負けない無人機の試作は可能なのです。F-22/機分で、ここ→http://cliplife.jp/search/?query=uav に示す無人機を2万機を趣味側レベルで、日本が技術主導(独占)で製作が可能なのです。 ダメですか?
しょうちょう
2007年07月19日 20:40
 無人兵器技術はECMがかかると怖い感じがします。
(スタンドアローン下における不測な事態対応技術の確立が……orz)
 積極的自律戦闘行動ができる『実用レベル』はいった技術確立までは長い道のりが想像できてしまい困ります。
 もちろん国が挙げて技術向上すべきです。それは同時に相手が無人兵器を投入してきた場合の対応策を講じるにも役立ちますし、なにより民間にフィードバックしたときの恩恵も興味深いです。
 (情報ネットワーク、災害救助ロボ、高度情報処理システムetcetc……)

 ユーロやF-22もそのための“時間稼ぎ”には必要だと思います。


 ああ、早く戦闘妖精できないかな~
土門見人
2007年07月19日 22:16
 選ぶ方もお役人です。
 これまで米国製の機体を一貫して採用し、無難にやってこれたのを、自分の首をかけてお役所主義と対決し、欧州製を選択する冒険をするでしょうか。
石友
2007年07月19日 22:35
近年は自衛隊も欧州機の導入を積極的に行ってますから、可能性としては以前より高いと思います。
まぁ、実際はF-15FXで落ち着きそうですが。
アラメイン伯
2007年07月19日 22:50
007の次回作を日本で撮影することを条件にタイフーンを採用しましょう。
K
2007年07月19日 22:55
お役所主義からいうと、F-2の後にF-15FXとか採用するかなあ?
あからさまに、選択は間違いでしたと言っているようなものだし。
石友
2007年07月20日 06:56
>k氏

かつて空自はE-3は日本での運用に向かないとの理由でE-2を採用しましたが、その数年後、E-2では不十分との事でE-3の導入を決定しています。(実際は生産ラインの関係上、E-767が導入されましたが)
ですから空自がF-15FXを採用する事になんら抵抗はないでしょう。大体、今回のFXはF-4の後継機選定ですから。
ギガントロケット
2007年07月20日 17:35
 ポピュラ-サイエンス日本版2002年2月号にステルス戦闘機やステルス爆撃機に使われるステルス素材は携帯電話の電波は吸収される性質がありドイツのシ-メンス社が対ステルスレ-ダ-の開発研究している記事がありましたし 新聞労連や朝日や毎日やプロ市民から国粋主義者の機関紙とかいわれている北国新聞の2007年7月の正確な日付は忘れましたけどロシアが対ステルスレ-ダ-の研究開発している事認めたという記事が掲載されていますが清谷さんや石友さんはどう思いますか guestさんには聞いてませんので 関係ない話ですけどアルプス少女ハイジの続編がありおじいさんがハイジに介護される話でおじいさんの元 が金持ちになっていたという話でした オタク嫌いの頭の悪いが顔も性格も悪い野田聖子とつるんでいる酒井順子にハイジの続編読んでほしいです 頭と顔と性格が悪い酒井順子にピッタリだから 文化放送も消えて欲しいです 
石友
2007年07月20日 18:18
>ギガントロケット氏

恥ずかしながら、ロシアで対ステルスレーダーなる物が開発されているなんて知りませんでした。もし、ロシアが対ステルスレーダーの開発に成功した場合、米軍は戦術体系の変更を余儀なくされるでしょうね。(ロシア以外にも広まるでしょうし)
戦闘機開発に於いても、ステルス性に囚われない運動性重視の機体が次々に開発される気がします。
なはなはなはなはな
2008年12月14日 01:17
F15の改修に勤しみ 日本がもっとも下手糞な外交にムダヅモ無き改革を断行し ロビー活動を活発化させて F22売ってくれないならユーロファイター買っちゃうよっと揺さぶりをかける 売ってくれたらめっけもん 20機ほど買いましょう もちろんライセンス生産でね 売ってくれなきゃユーロを50機購入します ライセンス生産で 技術を習得したら国産ステルス戦闘機を主力戦闘機に 今後10年かけたら何とか成るかもって 今の政治家官僚には無理でしょうね

この記事へのトラックバック