山口県光市の母子殺害事件=犯罪を自分たちの「宗教」プロパガンダに利用する「人権派弁護士」

 山口県光市の母子殺害事件の控訴審で、弁護団は死姦を、
 「死者を復活させるための儀式」
 長女を殺したのを、
 「長女は泣きやまないので首にひもをまいてリボンの代わりに蝶々結びにしたら死んでしまった」
 などと、いう主張を行っております。

 今回の裁判は死刑廃止論が持論の「人権派」の弁護士達のプロパガンダに使われているように思います。ハッキリ言って弁護団には被告のことなってどうでもいいのじゃないでしょうか。ただ如何に死刑を引きすだけかを目的としているように思えます。

 裁判を経験した人なら分かるのですが、弁護士には裁判を引き延ばそう争点に関係ないものをクドクドと述べる手合いが結構います。これによって裁判を長引かせ、裁判官を混乱させるための作戦です。
 これが恒常化しておるので、弁護士はどんなトンデモな理屈をこねくり回すことに何ら疑問を感じないのでしょう。
 
 弁護士は依頼人のためにベストを尽くすのが職業倫理なのでしょうが、このような被害者とその家族を侮辱するのは職業倫理、それ以前に人の倫理には触れないのでしょうか。

 ぼくは死刑廃止論というのは護憲運動とおなじで一種の宗教だと思っています。

 死刑廃止論というのは元来キリスト教的な価値観から進められてきたと言う経緯があります。 それを先進国では死刑を廃止がトレンドである、死刑廃止をしないのは文化的に遅れているなどと主張する人がいますが、そういうひとは耶蘇教にマインドコントロールされているんですよ。本人は気がつかないだけで。少なくともあたしゃ、そう思っています。あたしゃ耶蘇のl信者じゃないし。

 死刑廃止論も人それぞれの主張ですから頭からは否定しませんが、廃止論を唱える人達は少しは被害者とその関係者の心痛を想像して発言すべきだと思います。

 ですが、彼ら廃止論者は初めに死刑廃止があり、自分たちが正義と信じて疑わないわけです。反対する奴らは悪魔である。そういう理屈です。目的を達成するためには手段を選ばない。これは原理主義者です。

 死刑廃止よりもむしろ、代用監獄や自白過度に重視するなど、冤罪を生みやすい制度を替えていく方が「人権派」弁護士のつとめではないかと思います。
 
 あたしゃ、無実の人間が死刑になるのは忍びないが、悪人が吊されようと別に何の痛みも感じません。
 
 人命は等しく尊い、と言われても自分や家族の命がこの被告のような人でなしと同価値であると言われて、はいそう思いますという人は少数派ではないでしょうか。

 http://www.j-cast.com/2007/05/25007937.html

この記事へのコメント

石友
2007年05月26日 00:39
以前、死刑廃止論者の急先鋒であった人物が自分の家族を犯罪者に殺された事を機に死刑制度に対して肯定的に変わった事が話題になったようですが、どうも死刑廃止論者は身内に不幸がないと死刑制度の意義に気が付かないようです。
これは憲法についても言える事ですが、現憲法を護持していれば戦争は起こらないと本気で思っている左翼の人々は、実際に日本が敵性国家から攻撃されて家族、親友が亡くなった場合においても果たして現憲法を護持していればそれでいいと思い続けるのでしょうかね。
へろ
2007年05月26日 04:49
戦後の日本で、未成年の死刑が確定したのは永山則夫(90年判決確定・97年死刑執行)と市川一家4人殺人事件の犯人(1年判決確定)の12人いるとか(そのうち6人の死刑執行が確認できる)。この犯人が13人目になるんでしょうか?

日本では18歳未満には死刑が適応できないけど、この犯人は事件当時18歳になったばかりだったんだっけ。

この犯人が命の大切さを知ることになるのは、死刑が確定したときかもしれないね。
ソクラテス
2007年05月27日 12:48
 本村さんは私の知人が小学校の同級生で当時から物事をはっきりいう、しっかりした人だったようですが、彼はファイターなんでしょうね。普通の素人であれば、公共に自分の身をさらしてあれだけのことはいい続けれません。いろいろな人のサポートはあるんでしょうが、結局最後は彼自身がたった一人で決断するわけですから、並大抵のことではないでしょう。
2007年05月27日 14:03
この人権弁護士団の目的は死刑を廃止することなんでしょうが、絶対世論を逆の法に導いてますよ。まあ、それでも自分たちは正しい、と吼えることで生き甲斐を感られるので結果はどうでもいいのでしょうか。
穿った見方をすれば、実は彼らはぼくなんぞ足下にも及ばない、強硬な死刑賛成論者で、これは死刑存続のため高等戦術ではないかとも考えられます。

さた
2007年05月27日 21:34
日弁連に懲戒請求をしよう!
さた
2007年05月27日 21:36
日弁連に懲戒請求をしよう!
アラメイン伯
2007年05月27日 22:02
この弁護団こそ精神鑑定が必要だと思うわ。
オブジェクト
2007年05月28日 17:09
やちゃいましたね……。
どうも弁護団は被告を挑発し暴力行為を引き出して死刑回避でも謀ってるんじゃないかと勘繰ってしまいます。
人間てのは目的達成のためなら如何なる卑怯もいとわないですから。
彼らの目的は「自分に都合の良い自称人権派というスタイル」の完遂が達成ですから被害者の人権なんて眼中には無いんですよ。
犯人にとって無期懲役なんてどうとでもないでしょう。
なぜなら反省なんて全くしてないんですから。
そういえば父親も結構被害者に挑発行為を行って得ましたね。
被害社宅に行って「また結婚すればいいだろう?」と言ったたそうで。

>アラメイン伯
ですね。

ちなみに、精神鑑定なぞ幾らしたところでサイコパス等異常人格は治りません。
そういう人間は、十年後二十年後仮出所してもまた再犯するだけだと思います。
宅間守という人間をちょっとでも良いから調べるとよくわかりますよ。
宅間守は明らかに病気に擬装にして減刑を狙ってました。
事実、宅間守は過去、入院(その入院さえも怪しい)していたということで保釈された実績を持ってます。
オブジェクト
2007年05月28日 17:12
追伸
この世の中には、必ず“どうしようもない人間”が存在しています。
名無し
2007年05月31日 13:44
耶蘇教であれば
犯罪者こそ、ぱらいそさいげねように死刑にすべきだと思うんですよ。
そう言う点では原理主義の風上にも置けん連中だと思うのです。
2007年06月03日 00:10
死刑反対ごっこの永久運動が彼らの生き甲斐です。
死刑廃止になるって一番困るのはレゾンデートルを失う彼らでしょう。
名無し
2007年06月30日 03:13
ぼくは、弁護士になったときは、今後イデオロギー的発想をさけて世の中を1ミリづつでもよくするために地道に努力していこうと決意した。
ところが、弁護士活動に入ってみると日弁連においても単位弁護士会においても党員であることを秘した共産党の人々が強固な組織的活動をもって弁護士会を牛耳ろうとし、そこへ新左翼の人々が加わって、弁護士会は「人権擁護」という看板のもとで政治イデオロギー闘争の場となった。

東大共産党・弁護士の55年より
名無し
2007年06月30日 03:20
<日弁連>
弁護士の4人に一人は共産党直系といった状況なのだ。
 とりわけ深刻な問題は、全ての弁護士が強制加入させられる日本弁護士連合会(日弁連)が完全に共産党に実効支配されかけている現状である。日弁連を脱退したり除名されたりしたら弁護士資格を喪失するという性格上、日弁連はあらゆる思想信条の弁護士が所属する機関として政治的に左右に傾くことは本来許されない。しかし昭和41年の党大会で決定した方針に基き、共産党は「自由法曹団」を中心にして日弁連の委員ポストを独占する戦術を進め、大半の弁護士は日常の活動が忙しくて委員なんかになりたがらないことから、やがてほとんどの委員ポストが共産党系弁護士で占められるに至り、今や日弁連は共産主義者に事実上支配される機関と化してしまったのである。

 深田 匠著「日本人が知らない『二つのアメリカ』の世界戦略」より
中野
2008年08月11日 20:08
日弁連は左翼団体だから身内をかばうだけですよ。懲戒は裁判所ができるように、法律を改めないとね。
宗教家
2008年12月24日 17:43
死刑存置論も宗教イデオロギーだと思いますけどね

この記事へのトラックバック

  • 山口県光市の母子殺害事件

    Excerpt: さすがに清谷さん、痛快な発言です。 山口県光市の母子殺害事件=犯罪を自分たちの「宗教」プロパガンダに利用する「人権派弁護士」(前略) Weblog: ケセラセラ~ racked: 2007-05-26 22:41