鉄ちゃん、A君の思いで

 昨今は鉄ちゃんブームらしいです。

 あれこれ雑誌なんぞで「鉄ちゃん特集」を見るだに、大学時代、所属していたSF研にいた鉄ちゃん、A君を思い出しました。

 A君は二浪して金属学科にはいってきたのですが、ぼくと体育の授業は同じグループでした。彼は浪人時代の二年間を代ゼミで過ごし、代ゼミを「我が母校」と呼んでおりました。

 で、何を思ったのか、ぼくについてきて全くSFも知らないのにSF研に入ってしまいました。ぼくは昔から一風変わった人間に見込まれる運命にあるようです。

 A君はいつも学ランで通学してきました。しかもいつもパンパンに膨らんだ学生鞄を下げています(無論彼は体育会ではありません)。しかも雨の日は番傘です。しかも白いマジックで自分の名前を書いたゴム長という出で立ちなので、大学では有名人でした。

 ある日、SF研の連中と小田急に乗っていると、向こうの方からアナウンスをしている声が聞こえます。A君が自分で車内アナウンスをしておりました。
 
 ぼくらは知り合いと思われたくないので、身体を縮めておりました。鉄ちゃんのみんながみんなああいう「業務放送」をやるとは思えないのですが、直接の知り合いにあの手合いがいるというのも困ったものです。

 彼は平和主義者で鉄道は平和の乗り物です、というのが持論です。

 それはいいのですが、彼は学校の書店に棚に並べられている「戦車マガジン」とか「丸」なんぞといういかがわしい雑誌を平和な鉄道雑誌で隠すのでした。
 まあモルトケが鉄道を駆使して普仏戦争に勝利したとか、我が帝国陸軍にも鉄道連隊が存在していたなどということは彼の頭のなかには存在しないのでしょう。

 ある晩、留学生会館に住んでいる知り合いの部屋で酒盛りをしておりました。その前に確かSF研のコンパがあったのですが、A君はウザイので巻いてきたのでした。

 すると部屋の外から「ポーーッ」という汽笛のような声が何度も聞こえました…・・
酔ったA君でした。

 「ポーッ。この辺りにいることは分かっているんだ。ポー」

 そんな叫き声が聞こえました。我々は部屋の電気を消し、しばしの間声を殺しておりました。
 
 大学を出て幾星霜、今から一〇年ほど前のことです。大学時代の先輩と津田沼駅にいたときことです。
 偶然にもA君と遭遇しました。幸運にも彼は我々に気がついていませんでいした。彼を見ると大学時代と全く変わっておりませでした。経年変化が全く見られない。

 「おい、奴はやはり人間ではなかったようだな」

 二人で妙に納得してしまいました。

 幸か不幸か、こういう類が身の回りに色々いるので変人に耐性が出来てしまい、今や多少のことでは驚かなくなってしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

北極28号
2007年05月23日 13:28
いやはや、あんまり笑かさないで下さい
>先生
2chで言う所の「茶ぁ吹いた」状態になってしまいました。

所で、鉄っちゃん達って人によりけりなんでしょうけど、私の聞き及ぶ鉄な人達って可也好戦的で厄介な「アレ」らしいです。SL撮るのに線路のど真ん中に車止めて列車を止めてしまったり、次の撮影ポイントに急いで移動する為にありえないスピードでパジェロやランクルで野山を駆けずり回ったりで、地モピーには大層受けが悪いそうで。(しかも地元に金を落とさないそうで(w)

まあ、盆暮れにPTAのオバハン連中が見たら卒倒しそうな同人誌を朝も早くから並んで山の様に買い漁る私が言うのも何なんですけどね(w
土門見人
2007年05月23日 21:36
 軽便鉄道命!だった元鉄(今でも廃線跡巡りは好き)の一人として言わせて貰うと、悪質な輩はごく一部です。
 多分、美少女フィギュア愛好者の中に占める性犯罪者と同じような割合に過ぎないでしょう。
アラメイン伯
2007年05月23日 23:13
また。スゴイ人ですなあ。
僕の友達にもいますよ。鉄ちゃん。
彼はとにかく鉄道で旅行するのが好きです。なにせ四国から北海道まで鈍行で旅行する人ですからね。
僕も一度、彼に誘われて10年ほど前に九州を鉄道旅行しました。3日間グリーン車のりほうだいってチケットで。
つばめレディーってアテンダントみたいなのがついてくれて豪華な旅でしたが、途中どうしても普通列車の鈍行の区間がありました。その区間、僕は辛かったのですが彼はニコニコしてましたねぇ。

そういえば鉄ちゃんと軍事ヲタクを兼ねてる人っていますよね。
石破茂さんもそうですよね。




北極28号
2007年05月26日 13:30
土門見人様
いやあ、風流で良いですね。
>廃線跡巡り
私の場合、大昔金の無い頃に一番安い切符と沢山のカップ酒とつまみを持って普通電車のボックス席に陣取り終点まで一人で酒盛りするのが楽しみの一つでした。もちろん下車等せずに折り返しで元の所に戻っていくだけなので、さながら移動居酒屋なかんじでしたね(JRの皆さん御免なさい)

仰るとおり、鉄でも軍でも女でも幼でも(マテコラ)一定数の「困ったちゃん」がいるおかげで大多数のまっとうな(w連中があらゆる意味においてコストを払わざるを得ない状況にあるのは共通の悩みでしょうね。
2007年05月27日 13:58
石破氏は乗り物が好きだっので初め鉄道会社に就職しようとしたそうです。
 宇垣大成氏は鉄ちゃんです。
Tammy
2007年05月30日 15:35
>小田急に乗っていると、向こうの方からアナウンスをしている声が聞こえます。A君が自分で車内アナウンスをしておりました。

学生時代は相模大野、現在生田在住ですが、ひょっとしたら見たことあるかもしれません・・・
2007年06月03日 00:19
小田急はこの手の自主アナウンスする方が多いようです・・・

この記事へのトラックバック