バイオエタノールはメジャーなエネルギーソースにならない

 と、ぼくは思います。サトウキビの絞りかすやら余ったワイン、とれすぎて値崩れしたイモなんぞを原料にするならば、これは健全だと思います。

 ですが、わざわざそのためにトウモロコシやら食用の作物を栽培して燃料用するというのはどうでしょうか。
 まず、将来地球全体でトウモロコシを食料業界と燃料業界で奪い合うようになるのではないでしょうか。
 地球上で飢えているが人間がいっぱいいるといっても問題は絶対量の不足ではなく、偏在である。例えば我が国なんぞでは実際のに食べる用の何割か分という大量の食品が廃棄されている。それが問題であって作物の燃料利用の本質的な問題ではない、という意見もあるでしょう。
 
 また現在多くの穀物が家畜の飼料になって、それが肉やら乳製品やらに形を変えているわけで問題ないじゃないかという考え方もあるでしょう。だったら、家畜に飼料を食わせずに、そのまま穀物を喰った方が「エコライフ」だ、肉を喰うのを止めてしまえ、その分をバイオエタノールに回せばいいという考え方もできるでしょう。

  
 これららの問題と食用の作物をバイオエタノールに使用するこことの合理性と、倫理性の整合性は考えるべきでしょう。

 それとは別の問題もあります。これらの作物を作るために、大豆やら牧場をつくるためにアマゾンの森林を焼き払って、畑にしちゃようなことを平気でやる業者が出てくるでしょう。

 となれば、「地球に優しい」燃料とことにはなりません。その場合、単に燃料の多様化が進むだけ、ということになります。

 なんでもかんでも「地球に優しい」とか「エコ」とラベルを貼って商売にネタにするのはどうかと思います。
 寧ろ、食用油の廃油などある程度定量的に入手可能な各種の廃棄物のリサイクルをシステムとして構築するほうが正しいのではないでしょうか。

 バイオエタノールはあくまで廃物の有効利用に止めるべきではないでしょうか。
 親が昭和一桁世代なものでしょうか、食い物を燃やして自動車を走らせるというのはなんだか罰当たりなような気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

ななし
2007年04月18日 00:37
あなたがどう思おうと、
石油を掘って、持ってきて、精製して売るより安く作れれば、
メジャーになります。
まろぽん
2007年04月18日 12:33
 結局のところ、我が国の石油業界も破廉恥な行為をとっているようですのでメジャーになるのは困難かもしれません。しかし混乱の止まらない中東からの原油輸入依存度がおよそ9割に及ぶ現状を考えると、少しでもリスク分散を図るのが施政者の役割だと思います。
味噌団子
2007年04月18日 13:33
石川県では水素プロパンガス化する事で天然ガスが必要無くなる技術が発明されたりてんぷら油の廃油でバスや車動かすまでになりました 石油がなくなれば馬車ですね
犬右
2007年04月18日 16:26
どこぞの議長と似たような意見ですな。
2007年04月18日 23:43
 アマゾンの森林が全部トウモロシ畑になるような未来は余り楽しくないと思いますが。バイオマス=エコという単純な図式でを信用しては将来を誤ると思います。
アロン
2007年04月26日 16:25
バイオエタノール。
非常に危険な動きではないでしょうか。
自動車にトウモロコシを与えることは、
日本の食生活に多大な影響を与えるはずです。すでに、肥料高騰より、おそらく
秋以降にいろいろな食物が値上がりするでしょう。
Repunit
2007年05月02日 04:46
天ぷら油から精製したバイオディーゼルとは違い、現在のガソリン車はエタノールを燃料とする事を前提として作られてはいないのでとりあえずガソリンに3%混ぜて耐久テストしてしまえという事じゃないですかね。まぁホース類の材質改良とエタノール減税でコストがどちらに傾くか興味はありますが。
日本ではサトウキビだけでなく廃木材や生ゴミからエタノール精製する実験も行われているようですが、大量生産は不可能でしょうね。
となればリスク分散なら原発増設したり、火発を石油の比率を減らしたり(石炭ガス化複合発電etc.)するのではないでしょうか?
国はエネルギー開発研究にもっと補助金出してもいいのではないかと思います。
2007年05月02日 13:26
風力発電もチタンとかアルミをふんだんに使っていますから、本当にエネルギーの収支があう「やさしいエネルギー」になるかどうかは設置場所にもよるでしょうし。原発が最近見直されていますが、核廃棄物の問題が完全に片づいたわけじゃないですし。

 これだ代用エネルギーのメリット・デメリットを総合的に研究する機関が必要でしょう。エネルギーの消費自体減らすのが一番なんでしょうが。
ブロガー(志望)
2007年06月19日 22:18
お邪魔します。

>バイオエタノールはあくまで廃物の有効利用に止めるべきではないでしょうか。

 バイオエタノールはそれのために作物
を栽培なんかしたら「作るために使った
エネルギー」と「それから得られるエネ
ルギー」との関係はどうなるのでしょ
う。そうなると結局「途上国の人間(の
安い労働力)を搾取」になるのでは。

この記事へのトラックバック