【愛は盲目】国産次世代戦車を開発、2011年から実戦配備へ ○過度の愛国的報道は…

韓国の次期主力戦車、「XK2」が出庫式を迎えたそうで、それは慶賀すべきことなのでしょう。ですがこの聯合ニュースの報道によると「新型戦車は国産化率90%を目標に開発が進められ、ほとんどが国内独自技術で作られた」とか、愛国心が先立つあまり、事実と反することを報道しております。
「XK2」のエンジンはMTU、トランスミッションはレンク、また主砲はラインメタルのL55です。更にどうも暗視装置はサジェム、FCSなどはタレスらしいです。 さらにアクティブ・防御装置としてロシアのアレナ-Eを搭載するようです。

 K-1は実質的にアメリカの設計ですから、実質的に初の国産を祝うのはいいのですが、あまりに膨らまして報道するのはひいきの引き倒しになります。その点は我が国のマスメディアも大同小異で、防衛庁(今は防衛省ですが)の大本営発表を鵜呑みにした報道が多々見られます。
 
 アブダビのショーでメーカーの人間に「これは形状がK1ににておるが、その発展型か」と尋ねると、全くの新設計だとの答えでした。
 ですが、ぼくはかなりK1を参考というか、ベースに開発を進めてきたと思います。まだまだ国産化率は低いですが、この10年ぐらいで韓国の防衛産業はかなり実力を上げているのは事実です。決して侮れないレベルに間で達していると思います。
 
 その一つに彼の国はK9自走砲にしろ、工業製品として「量産」を行っています。とことろが我が国で装甲車輛の殆どは年の生産数が10輛程度の工芸品です。現場の人間の層の厚みが今後、開発やら生産で両国の明暗をわけるような気がします。こういう話しをしても当局もメーカーも切迫感がないんだな、これが。
 
 ぼくが陸自の新戦車に文句をつけると、「盲目的愛国軍事マニア」諸氏から非国民のそしりを受けるのですが、敢えて言わせ貰えば、90式と大差ないコンフィギレーションで、どうやって40トン台に戦闘重量を収めるのでしょう。55口径砲搭載とはいえK2は約55トンです。

 新戦車に44口径砲を採用することは都市部の多い我が国では有用かも知れません。ならば現在の90式を近代化した方が宜しいとあたしゃ思います。側聞するところによると、74式の砲塔はボルトで増加装甲を留めると、そこからクラックが入るそうな。
 これが近代化のできない理由のひとつとか。しそれが本当であれば、被弾の際に、想定よりも打たれ弱い可能性もあります。
 
 どうせ、退役させ車体があるのですから、これらを実際に105ミリ砲の射撃の的にして74式の防御レベルを検証する必要があるでしょう。またせっかくRPGやらロシアから買ったのですから、これも試して見るべきでしょう。

 敵を知り、己を知ることは古来より兵法の常道です。

 韓国のK2も今時他国の3.5世代戦車を量産化するメリットはあるのか疑問です。恐らく後、10~20年でMBTの概念は大きく変わるでしょう。
 ところが韓国や我が国は時代遅れの「新戦車」を延々と使い続けなくてはいけなくなる。しかも韓国の場合、仮想敵国は北ですからそんな大金かねて新戦車を開発する必要があったのかどうか疑問です。
 
 日韓共に新戦車よりも資源を投入すべきものがあると思うのですが・・・・





http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=2007030200110088&

この記事へのコメント

aju
2007年03月04日 01:40
こんばんはキヨタニさん。
俺の記憶違いかもしれませんが、数年前(3~4年前?)にどっかのブログか新聞なぞで陸自の101式とかの記事を読んだ記憶があるんですよ。
確かそれには日米の合同演習でお披露目したとか、ファジー制御の自立走行だとか、アクティブ走行がどうのこうので、米軍戦車を圧倒した、とか書いてあった気がするんですが…

夢だったのかしら。
腑に落ちませぬ。
野良猫
2007年03月04日 06:45
>>aju様
ブログがソースなら、架空…と言うか妄想兵器の記事だったんじゃないでしょうかね?

101式戦車って…
元ネタは、まさかポルシェ・タイプ101とか…
土門見人
2007年03月04日 08:37
 日露戦争当時の参謀次長、長岡外史が、戦後の関東軍の実験演習を視察していわく、「我が軍の陣地の強さを検証しているそうだが、我が軍の陣地を我が軍の砲で撃って、何が分るのだ?」ですとさ。
 時代は変わっても、お役人のやることは変わらんのだなぁ~~~
2007年03月04日 17:04
>101式
それはやはり妄想でしょう。あるいは小説だったりして・・・
アラメイン伯
2007年03月04日 23:21
陸自の戦車はスティングレイでいいのではないかと思います。この財政難のおりに山ほど開発費かけて国産する価値があるのでしょうか?


90式もイスラエルにわたしたら良い近代化改装してくれるでしょうね。
さげ
2007年03月05日 00:34
スティングレイ・・・自衛隊員の命と日本の防衛はあなたにとって毛ほどの価値も無いと・・・。
aju
2007年03月05日 04:21
やはり妄想だったか(爆
(しかしなんだったのか…)
何ともバツの悪いコメントでお茶を濁して申し訳ありませんでした。
一時はポルシェかとも思い直したのですが、しかし夢にしては記憶がやたら鮮明でして3年前ぐらい前から戦車の記事が出る度に「101式はいつでるのやら」
なんて興味を募らせてたもので…
まことに落胆しております(号泣

個人的には、日本には他国がぶったまげる様な近代兵器をジャガスカ作って売りまくって欲しいんですがね。
HONDA辺りに予算組んで戦闘機作らせたら結構おもしろそー

…なんて
これも場違いですね。はい。

この記事へのトラックバック

  • 戦車の必要性云々

    Excerpt: なんか、他方のブログを見ててふと思ったことを一つ。 【愛は盲目】国産次世代戦車を開発、2011年から実戦配備へ ○過度の愛国的... - 魁!清谷防衛経済研究所 ブログ分室 朝日新書「反戦軍事学」を読.. Weblog: No more Normalize in iza racked: 2007-03-08 19:10