日本の捕鯨船員、重病でNZに搬送

 日本の捕鯨船の乗組員が重病になりニュージーランド、ウェリントンの病院に担ぎ込まれたそうです。
 
 で、ニュージーランドは反捕鯨国で、捕鯨船は同国海域には入船できなので、ヘリコプターで病院に搬送されたそうです。

 まあ、環境テロリスト集団、シーシェパードが日本の捕鯨船の居場所を密告すると賞金を出すというキャンペーンをやっているということも影響しているのかも知れません。

 ですが、ここで無理矢理にでも入港すべきでした。

 ニュージーランド政府が拒めば、「ニュージーランドは黄色い人間より、鯨の方が大事」と宣伝に使えるでしょう。

 ニュージーランド政府も捕鯨反対ですが、シーシェパードのようなならず者も困るという態度ですから入港はこばまんでしょう。

 ですから堂々と入港して、メディアなどの取材を受け、捕鯨の妥当性を訴え、反捕主義は人種差別的な色合いが強い、あるいは反捕鯨団体が如何に無法、独善的であるかを自分たちの言葉で、彼の国で訴える千載一遇の機会だったでしょう。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070205-00000034-jij-int



日本の捕鯨船に約300万円の懸賞金 オーストラリア
http://www.afpbb.com/article/1282703

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

qyen
2007年02月06日 10:23
反「反捕鯨」の戦術としてはアリなんでしょうけど、病人をネタにってのはあんまり褒められたものでは無いと思います。
シロ
2007年02月09日 23:26
やっちゃいましたよ。
調査捕鯨の日本船を妨害 2船員負傷、南極海 [ 02月09日 13時26分 ]
【シドニー9日共同】日本の調査捕鯨に抗議する米国の環境保護団体シー・シェパードの船2隻が9日、南極海で調査捕鯨を行っている日本鯨類研究所の船団の調査母船、日新丸に接近、化学物質の液体入りの瓶を投げるなどし、日新丸の乗組員2人が軽傷を負った。液体は悪臭があるが、毒性はないという。この行動中にシー・シェパード側の高速ゴムボートに乗っていた活動家2人が一時行方不明になったが、約7時間後に無事発見された。


http://www.excite.co.jp/News/world/20070209132654/Kyodo_OT_CO2007020901000316.html
シロ
2007年02月09日 23:46
で、こんなニュースも。

遭難した反捕鯨団体の活動家2人を日本の捕鯨船が救助 - オーストラリア

【シドニー/オーストラリア 9日 AFP】
南極海で9日、反捕鯨団体「シー・シェパード(Sea Shepherd)」の活動家2人が
一時行方不明になったが、日本の捕鯨船の支援で約7時間後に無事救助された。
http://www.afpbb.com/article/1321919?lsc=1&lc=3
2007年02月10日 00:24
プロパガンダはあらゆる手段をつかうべいです。
シーシェパードのようなテロリストが大手を振っているのは世論の支持があるからです。どんな手段でもこれを崩さないとその内死人がでますよ。
石けん
2007年02月10日 20:23
環境赤軍、環境テロリストだよねぇ。
しかも、あろう事かそのテロの標的に救助されていたのか。

環境赤軍に捕鯨船が襲撃されたのはテレビでやったいたけど、しろさんが書き込んでいる「赤軍がテロ標的に救助された」っていうのはやっていないな。

またマスコミの情報操作か?
2007年02月12日 00:21
 自分たちが正いから何をやってもよいというのは選民意識に犯されたテロリストの論理です。

 

この記事へのトラックバック