司法の人権侵害 <痴漢行為>植草被告の保釈取り消す

 植草一秀氏はまた痴漢容疑で公判中です。が、未だに勾留されています。地裁は保釈しようとしたのに検察が抗告して、東京高裁が地裁の決定を取り消しました。

 痴漢ですから現行犯逮捕ですから、証拠隠滅も、あれだけの有名人が雲隠れもないでしょう。自宅からセーラー服がでてこようが、女装した写真がでてこようが、それは個人の性癖の問題であって事件とは関係ありません。
 本来とうに勾留をといて然るべきところを、百歩譲って600万円払いますから、保釈しろと頼んでも日本の司法は無視したわけです。
 これが連続100人強姦殺人魔とか、連続爆弾魔ならば話はわかりますが。

 本来勾留する必要ない微罪の人間を長期にわたって拘束するのはそれ自体、被告を追い込むための手段となります。
 
 これが植草氏=ミラーマンのことだからと面白がってはいけません。
 ぼくも、このブログを読んでいるあなたも同じような目にいつ遭うかわからないのですから。サラリーマンが何ヶ月も拘束されれば仕事に差し支えます。また我々のような自営業者やら自由業の人間は=失業です。

 昨年名誉毀損で逮捕勾留された鹿砦社の松岡社長などその好例です。
 
 中小企業経営者が何ヶ月も「別荘暮らし」を強いられれば倒産の憂き目をみます。なんとかなるのは公務員ぐらいのものでしょう。

 これだけ明白な人権侵害が行われているのも関わらず、マスメディアはもちろん、人権派の団体が動かないのは不思議です。俳優の離婚とかぷっつん女優が暴露本を出したとかよりも余程切実な問題なはずなのですが。

 またこういうとが続けば続くほど、みなが検察に楯突かないように、という自主規制が働くようになり、益々住みづらい世の中になっていきます。
 お上に楯突くやつはドンドン勾留して、その間にあること無いことマスメディアにリークして潰してやるぞ、という脅しがまかり通ります。

 まるでナチ政権時代のドイツのごとある・・・

 福島瑞穂、どうした! こういうときこそあんたの出番だぞ。


http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20061209k0000m040121000c.html

http://kiyotani.at.webry.info/200610/article_7.html


画像
           
                  軍事を知らずして平和を語るな

この記事へのコメント

truly_false
2006年12月10日 02:51
まあ、ウチのところの前知事もタイーフォとなりますたが、相変わらず警察方面からのリークはヒドいです。前々知事もタイーフォで、それが現職在任中ということだったので、今回以上に世間の耳目を引きますたが、十何年もかかって結局は無罪。マスゴミはこの四半世紀の間、まったく変わっとりません。
成田の近くの住人
2006年12月10日 07:41
結局、「警察の発表=真実」と思いこんでいる上に、記者クラブで便宜を図ってもらっているため、情報の裏をとらず、垂れ流しをするのでしょう。
今の日本では、マスコミによる「人民裁判」状態になってしまっていて、被疑者=犯人になっているところに怖さを感じます。
こんな中で裁判員制度が導入されたら、ますますえん罪が増えるような気がしてなりません。
シロ
2006年12月10日 10:01
痴漢で騒がれると本当に命取りになりますから、たとえやていなくても、騒がれるより「2,3万円払って」という気持ちになるのが人情でしょう。
それに漬け込んで、痴漢をデッチ上げる美人局女子高生もいるわけですから、男性も油断が出来ません。
女性専用列車が出来た時、冤罪痴漢に巻き込まれなくなるのというので、むしろ男声の方が歓迎したといいます。
とりあえず彼は、まだ疑われている弾劾であり、判決が下りるまで被告は無罪であるとされる「無罪前提の原則」が、適用されないこと問題視すべきでしょうが、警察の大本営発表を垂れ流してばかりのマスコミに期待するのは無理なようです。
あーちゃん
2006年12月10日 20:39
別に植草教授には興味はありませんが今回の保釈の取消しはひどいですね。
間接的な拷問のようなことをしておいて「国民の皆さんの信頼を」なんて最高裁も寝言は寝て言えという感じですね。
2006年12月10日 21:29
検察のいいなりになる裁判所、検察にネタをたよるメディア両方に問題があります。アメリカに圧力をかけて貰うしかないんでしょうかね。
通りすがり
2006年12月11日 13:32
学校では三権分立と教わった記憶があるのですが・・・
検察も乱暴ですが、裁判所も駄目ですね。

明日は吾身との認識を持ちたいものです。
植草左翼痴漢
2009年06月27日 18:33
痴漢の後もせっせと左翼ブログを書いていたらしいが、
痴漢行為に対して最高裁は被告植草一秀の上告を棄却する決定をした。懲役4カ月の実刑とした一、二審判決が確定する。
左翼痴漢植草の影響力は微々たるものと思われるが、決して気持ちの良い存在ではない。

この記事へのトラックバック

  • 日本の真の支配者は警察&検察官僚

    Excerpt: 首相「漆間副長官と記者、受け止め方にずれ」 西松事件 http://www.asahi.com/politics/update/0309/TKY200903090108.html Weblog: 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所  racked: 2009-03-12 17:46