【キチガイ裁判官】三菱自工、リコール隠しで無罪というか、門前払い【犯罪はヤリ得】

 三菱自動車の虚偽報告めぐる裁判で被告三菱自動車及び、三菱ふそうトラック・バス元会長、宇佐美隆氏らに無罪の判決がでました。
 
 裁判所の判断は「メーカーへの報告要求は、国土交通相によるものでなければならない」今回それがなかった。被告が国交省に虚偽の説明をしたか否かは判断も下さなかった。つまり事実上の門前払い、という驚くべきものです。

 この理屈ならばすべての官庁の行為、命令にすべて大臣や長官が目を通して決済しなけれならなくなり、どこの官庁でも大臣が何十名も必要となるでしょう。またパスポートの審査にしても運転免許の交付にしても個々に大臣の裁可が必要となるでしょう。

 この程度のことなら始めから裁判所が受理しなければ、関係者は長期間拘束せずにすんだし、このトンデモ判断に関して迅速に控訴をでできたでしょう。わざわざ人手と時間と税金を費やしたのはそれこそ犯罪行為です。

 被告の宇佐美隆氏は「法を的確に運用した裁判所に敬意を表する。我々を苦しめた警察、検察に猛省を求める」とのべ、弁護団も「捜査に問題があった。初めからフレームが決まっていて、それにはめこむ形で取り調べたのでは」と述べています。

 ですが、三菱自工は記者会見で事実を認め、謝罪したではないですか。それでこの言いぐさはないでしょう。まあ会社はこのような発言に頭を抱えているでしょうが。

 司法が機能しないようですから我々国民は三菱自工の自動車は買わないとか、防衛庁をはじめとして官庁に三菱自工の製品を採用しないように直接、あるいは政治家を通して間接的に訴えるべきです。
 
 またどうせこんなことだと株価は下がっているでしょうから株式を収得しておいて株式総会に乗り込んで質問するというの手でしょう。

 裁判が機能しないならば、国民がこういう企業を倒産に追い込むことによって社会秩序をもたらすしかないでしょう。

 また、裁判所に抗議の電話をすべきでしょう。 こういう判決を野放しにすると社会生活が極めて困難になります。キチガイを放し飼いにしてはいけません。

 我々国民はそいつがどんなに異常でも事実上裁判官を罷免することはできません。これは制度の欠陥です。これを国が直さないというのであれば、裁判官に対するテロを許容して欲しいものです。そう考える人は増えるでしょう。法治国家であるならばおかしな裁判官を更迭するシステムを作ることが法治国家の体制維持に必要であると思います。
 ぼくが被害者の家族だったら、この裁判官を殺すとはいいませんが、木刀でめった打ちにして半身不随の目にぐらいに合わせてやろうと思うかもしれません。

 こういときこそ読売新聞社遊軍竹村文之氏に頑張って欲しいものです。
 「人が何人も死んでんのやで!!」と。

 裁判官たるもの、法律の前に常識を知って欲しいものです。常識が無い奴は法衣を着る資格はありません。
 
  


 三菱自欠陥隠し:なぜ無罪…死傷事故の遺族はぼうぜんと
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20061214k0000m040081000c



画像

                     軍事を知らずして平和を語るな

この記事へのコメント

オブジェクト
2006年12月18日 22:48
まったくその通りだと思いますね。

今回の件、
裏で裁判官と三菱が取引してるんじゃないかと勘繰ってしまいますね
南無
2006年12月21日 04:51
んー、手続き上の瑕疵ですから別にリコール隠しを何ら正当化するものではないですよね。日本は法治国家としてちゃんと機能してることの証左でしょうw

本件の教訓は、行政はあからじめ課長クラスの専決にしとかないといけないよ、ということでしょう。
2006年12月28日 00:09
しかし、厳密にいうならばパスポートには大臣が認証していることになるわけで、すべてのパスポートの申請書類を大臣が見ないといけないということになります。役所の職務とそれに対する認証を行政と司法ですりあわせる必要があるでしょう。

この記事へのトラックバック