【沖縄タイムス社説】[防衛「省」法案]幅広い論議が必要だ=昇格反対

 (2006年10月30の沖縄タイムスの社説です。タイトルでは「議論が必要」とうたっているのですが、事実上防衛庁の省昇格反対の意見です。

 
 新しい省が国防相になるのか防衛省になるのか名称は知りません。

 ですが、社説では防衛省になったら軍拡になるのではないか、という疑念を掲げています。「省昇格は近隣諸国に誤ったメッセージを送り、これまで以上に警戒感を抱かせることになりかねない」と。
 
 その理屈ならば、我が国の周囲には国防相をもった国々に囲まれておるわけで、あちこちの周辺諸国から近い沖縄の人たちはこれらの国の「軍拡」やら、警戒感を持たないのでしょうか。

 またスイスやらスウェーデンやらも「軍拡の可能性が強い」潜在的軍国主義ということになります。


 おおよそ、世界の大多数の国家は軍隊を管理する専門の省をもっており、そこが軍隊を管理運営しているわけです。
 我が国のように内閣府の外局の防衛庁がある方が異常なのです。世界で唯一このような異常な組織をもっていることに疑問を感じないことにぼくは不思議でなりません。 

 これは「軍事を知らずして平和を語るな」にも書いていますが、国防省に昇格させることのメリットは防衛庁を「現業官庁」から「政策官庁」に変換することです。
 普通の国は国防省が主体となって国防政策をつくるわけですが、我が国場合防衛庁は自衛隊を管理するだけの現業官庁なわけで、換言するならばまともな国防政策を策定する役所が無かったわけです。これまた世界の常識からみれば極めて異常であります。

 もっともぼくは現時点では省昇格には反対です。というのも、それに伴い、具体的にどのようなメリットがあるのか、どのように変えていくのか、また自衛隊はどのように変えていくのか、そのようなグランドデザインが提示されていないからです(内部的にはとっくの昔に策定しているんでしょうが)。故に真っ当な議論が国会及び、メディアでも戦わされていないからです。

 単に省昇格が防衛官僚、あるいは政治家の利権拡大だけに終わる可能性があります(個人的にはその可能性大だと思うのですが)。
 このような大改革には若手や外部の人間を大胆に登用すべきでしょうが、恐らくはそうならないでしょう。


 野党はそういうところを、具体的なケースを政府を追及すべきです。ただ駄々っ子の用に反対を叫ぶのは知的怠慢です。

 この社説もそうですが、なんとなく恐いという情緒を煽るだけです。それはジャーナリズムではなくアジテーターの仕業です。きちんと職務を全うして欲しいものです。



http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20061030.html#no_2


        清谷信一、石破茂代議士共著!

画像

                    軍事を知らずして平和を語るな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

現役保険営業マン
2006年11月03日 00:15
確か「沖縄タイムス」は沖縄戦における「陸軍からの集団自決命令」がウソであると明確になったにもかかわらずいまだに認めようとしない新聞社のはず…。
そんなアホ会社にまっとうなことを望んでも…。
guest
2006年11月03日 10:48
幕藩命原理主義カルトたる防衛省でも、国防省でも、未来の防衛に対する矛盾は解消しない。軍事の一部を市民の手に取り戻し、「地球時差利用の遠隔越境防犯」なり
「地球時差利用の遠隔越境防衛」の初段階
実験を関係国市民相互で行う時代である。なぜならば、国家でも、企業研究所でもコストパフォーマンスに優れたシステム防衛
システムに取り組む能力が無いからである。アキバ、新竹、中関村、龍山区、国家なる粗雑な幕藩体制を超えて、地球村電脳児レベルが趣味的防衛研究を行う時代。
落武者
2006年11月03日 10:53
guest はん
あんさんの仰せの趣旨は判らんでもない。
寧ろ正論の面もあろうかと。
但し、そのいつもいつもの
幕藩バクハン連発はそろそろ
変えたほうが宜しいかと思いますわ。
皆さん、引いてまっせ。
guest
2006年11月03日 11:30
幕藩命原理主義カルトを超えて、「一蓮托生の地球村」化しか、落武者や、ご子息を救う道は無い。引こうが、引くまいが、地球村化は地球規模の善き合理性へ収斂する一本道じゃ! 道は遠かれど、実現に向けて、変化しとる。 レスが不快だったらゴメンね。
2006年11月03日 15:45
とても不愉快です。
guest
2006年11月03日 16:22
先生が、「一蓮托生の地球村」化した世界に不快感を持つのは、「幕藩命原理主義カルト」である証拠です。 越境越後屋経済学(産業のボーダレス化)の信奉者や、
npo/ngo/ボランテア/コミニテーを手掛ける
方だったら、更に、優れた一蓮托生の地球村概念を構築できようものを! 地球規模の善き合理性探求とは、幕藩命原理主義カルトでは、無理かも知れない。 これも、
不快だったら、ゴメンなさい。 でも、これは僕の信念である。 
2006年11月03日 16:51
集団自決に関しては曾野綾子氏がずいぶん前に出した本(最近WACから再出版)でインチキだと指摘しています。
それを受けて再調査でもすればいいのですが、それをやると自己崩壊を起こすのでしょう。

アラメイン伯
2006年11月03日 21:04
私もキヨタニ様に賛成ですね。
なんか庁より省のほうが格上というだけで防衛省にしようとしている気がします。
ただ省にすけば決済ルートが短縮されるメリットはあるでしょうね。


TK
2006年11月04日 08:49
地元民として恥ずかしいです。
沖縄タイムス・・・。
2006年11月05日 10:44
何でも、自民党では防衛長官はいやだが、防衛大臣ならなりたいというセンセイ方は多いそうです。
シロ
2006年11月05日 22:12
>防衛大臣ならなりたいというセンセイ方は多いそうです。

センセイ、センセイと呼ばれると、それほどエラくなくても、本当にエラいような気になって、夜郎自大になります。そうした人が、防衛大臣になるのは怖いですね。

この記事へのトラックバック