【噴飯、読売社説】東大大好き新聞社の社説が「履修漏れ」を叱る怪

 10月27日付・読売社説では[高校「必修」逃れ]「受験偏重が招いたルール無視」という社説で受験のため「不要な科目」を教えなかった高校を非難しておりますが、あんたらよくそんなこと言えるね、というのがぼくの印象です。

 大手新聞社が学歴偏重というのは良く知られた話しですが、読売新聞は、いやナベツネ氏は特にひどいです。
 
 ぼくがまだ読売の広告の仕事をしていた時代、記者や営業の人たちの出身校は早稲田やら慶応、一橋やらそれなりにバランスがとれていました。
 マスコミの通例で早稲田出身者が多かったように記憶しています(早稲田がジャーナリズムに向いているというのはイリュージョンだと思いますが)。
 
 ところがある年、ナベツネ氏の「我が社は人材が悪い。もっと旧帝大の、いい大学の学生をとれ」と人事に大号令をかけたわけです。

 翌年の新入社員は「努力」のかいあってか東大やら京大の出身者ばかりでした。御大は「今年は例年と異なり優秀な新入社員が揃って…・」てな挨拶をしたらしい。
 既存の社員は面白くありませんわな。「悪かったね、できの悪い私大出で」という陰口を結構聞かされました。

 世間で「いい会社」と思われている会社、役所がそういう学歴偏重主義に凝り固まっているからこういう不祥事が起こるんです。

 偉そうな社説はせめて東海大クラスの新卒者をとってからにすべきですな。それに別に新聞社が高卒、中卒をとってはいけないって法もないわけですから、採用を大卒に限定するのもおかしな話しです。
 かつての英国首相のジョン・メイジャー氏は中卒程度、故田中角栄氏は小卒ですが、頭脳明晰で首相になりました。読売新聞社はそういう可能性のあるひとを門前払いしているわけです。大卒相応の学力で社員を募集すべきでしょう。
 最近の大卒は院卒でも大したことないから尚更です。

 主筆、ナベツネ氏には「汝自身を知れ」という言葉を贈っておきましょう。


http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20061026ig90.htm



        清谷信一+石破茂代議士の共著!
画像

              軍事を知らずして平和を語るな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

シロ
2006年10月29日 14:45
戦前も日本の学歴偏重が、大いに弊害になりました。まあ、貧乏百姓の倅も学歴があるなら、末は博士か大臣かも可能だったという点は、公平だったと思いますが。
学歴偏重主義の悪い所は、高学歴者は、「自分は学歴が高いから、何でも知っている、社会に出た後勉強しなくてもいい」という思い込みが強いことでしょうね。
いわゆる高学歴者が、随分間抜けなことを言っている場面に遭遇すると、学歴コンプレックスが解消されます。
東大新人会
2006年10月29日 15:32
陸軍砲兵連隊入営、内務班1ヶ月で音を上げた東京帝大出身の元共産党員、渡邉恒雄クンらしいですね。この方年齢も味方したか、要領よく徴兵を逃れたね。
ソクラテス
2006年10月29日 20:02
 学歴偏重もそうですが、問題は記者クラブ制度ですね。
 あれはどうにかならないんでしょうが、あれにより記者の質問の質も下げてますし、競争原理が働かなく、既得権益にどっぷりつかっている。

 ナベツネについては彼のこと嫌いだった原口議員が実際会うとこんなすばらしい人はいないといってました。

 魚住さんの渡邊 恒雄メディアと権力じゃないけど、もともと彼は共産主義者だったようで、屈折した少年期をすごしていたようです。
 
土門見人
2006年10月29日 22:17
 あの時代、兵役は国民の義務で、あっしらのじいさん、ひいじいさんは、その義務に従って、お国のために命を張っていたのです。そら、軍隊内には色々陰惨なリンチや制裁はあったでしょうが、一方で戦後半世紀以上経っても、「班長殿」、「おお、××二等兵」殴った殴られた間で仲良く戦友会が続いているのも事実なんですよね。日本陸軍は村意識丸出しの組織で、日本人のいなかっぺ大将にとっては居心地の良い面もあったのでしょう。まぁ、帝大出のナベツネ氏とか、海軍の美化を飯のタネにしてきた元予備学生には分らんと思うのですが……(阿川のとーちゃん、別に嫌いではありませんが、陸軍の悪口書き過ぎは気に食わん)
メッテルニヒ
2006年10月30日 06:19
私も清谷氏のような意見を持っていたが今は少し変わってきている。というのもソニーが一時期新入社員をとるのに学歴を問わないと打ち出したことがある。ちょうどあの時期からソニーはおかしくなりだしたような気がする。学歴が能力に全く関係しないとは思えないのである。
メッテルニヒ
2006年10月30日 06:19
私も清谷氏のような意見を持っていたが今は少し変わってきている。というのもソニーが一時期新入社員をとるのに学歴を問わないと打ち出したことがある。ちょうどあの時期からソニーはおかしくなりだしたような気がする。学歴が能力に全く関係しないとは思えないのである。
きるすてん
2006年10月30日 09:51
阿川氏は、水泳が苦手な司馬遼太郎氏に
「リクサンはダメねぇ」とおっしゃったのだそうで。
 その司馬氏のことは、私は尊敬していますし「坂の上の雲」は大好きですが、陸軍や戦前の日本をボロクソに言うところはイヤですね。日清・日露のころの日本は立派だったが太平洋戦争のころは、政治家も国民もダメダメで、一人のヒトラーも出さずにこんな馬鹿をやった国は他に無いというのは、なんぼなんでもひどすぎます。
きるすてん
2006年10月30日 09:51
阿川氏は、水泳が苦手な司馬遼太郎氏に
「リクサンはダメねぇ」とおっしゃったのだそうで。
 その司馬氏のことは、私は尊敬していますし「坂の上の雲」は大好きですが、陸軍や戦前の日本をボロクソに言うところはイヤですね。日清・日露のころの日本は立派だったが太平洋戦争のころは、政治家も国民もダメダメで、一人のヒトラーも出さずにこんな馬鹿をやった国は他に無いというのは、なんぼなんでもひどすぎます。
きるすてん
2006年10月30日 09:56
阿川氏は、水泳が苦手な司馬遼太郎氏に
「リクサンはダメねぇ」とおっしゃったのだそうで。
 その司馬氏のことは、私は尊敬していますし「坂の上の雲」は大好きですが、陸軍や戦前の日本をボロクソに言うところはイヤですね。日清・日露のころの日本は立派だったが太平洋戦争のころは、政治家も国民もダメダメで、一人のヒトラーも出さずにこんな馬鹿をやった国は他に無いというのは、なんぼなんでもひどすぎます。
きるすてん
2006年10月30日 09:56
阿川氏は、水泳が苦手な司馬遼太郎氏に
「リクサンはダメねぇ」とおっしゃったのだそうで。
 その司馬氏のことは、私は尊敬していますし「坂の上の雲」は大好きですが、陸軍や戦前の日本をボロクソに言うところはイヤですね。日清・日露のころの日本は立派だったが太平洋戦争のころは、政治家も国民もダメダメで、一人のヒトラーも出さずにこんな馬鹿をやった国は他に無いというのは、なんぼなんでもひどすぎます。
通りすがり
2006年10月30日 21:51
讀賣新聞は大学名を隠して採用試験をしているはずですよ。
ただし
2006年10月30日 23:31
今般の履修漏れは、たった2~3教科で受験できてしまう大学があるせいではないでしょうか?そういう意味では、東大や京大は社会を最低2科目採らなければならないので、今回の不祥事には関係ないと思います。却って、早稲田・慶応の方がマニアックな知識を問う問題が多かったような気がします。私は私立大学の安易な受験科目削減が問題ではないかと思いますがいかがでしょうか?
truly_false
2006年10月31日 21:18
なんでもナベシネは早稲田出身の古参兵に凹られたことを根に持ってるんだとか(でも個人的には、受験した年に政経選択者を全滅に近いほど落っことした早稲田には少々ウラミが…)
2006年11月02日 23:55
東大大好きというのは宮沢元総理と
おなじですな。

この記事へのトラックバック