【あんた何様?】死ぬ死ぬ詐欺 と OhmyNews と 音羽 理史 その1

 今のロンドンにはいないようですが、初めてロンドンにいったとき、それから90年にロンドンに住んでいたとき、ロンドンのハイストリートでは金の入ったバケツを降りながら

 「チャリティー!チャリティ!!」
 
 と,、寄付を強要してくるオバハンたちがおりました。
 ぼくはこれをチャリティ・ババアと呼んでおりました。彼女たちは外国人やら田舎モノを見つけると寄付をしろと迫ってきます。
 せがまれてコインなんぞバケツに放り込もうのならば、
「あんた、何せセコイことやってんの!みんな札をいれてるわよ、札よ札!!」
などといって、たかってきます。これでは寄付ではなく強請たかりです。

 あたしゃ、「いい加減にしやがれこの腐れ×××のゴウツクババア!テメエ、インチキだろう」など中指を立て、悪態をつきまくって撃退しておりました。

 寄付集めがすべて善意で行われ、浄財がすべて苦しんでいる人のために使われている、そう信じるのは勝手ですが、それは些かナイーヴ過ぎると思います。
 寄付金が単にインチキ野郎の食費や遊興費にあてられるのであればそれはまだいい方で、テロリストやらプロ市民の活動資金源になっているとしたらどうでしょうか。

 免罪符を買った本人は満足でしょうが、その金で被害に合う第三者こそいい迷惑です。


 さてOhmyNews では音羽 理史なる人物が、いわゆる「死ぬ死ぬ詐欺」に関して「2ちゃねる」を攻撃する記事を書いております。
 
 確かに2ちゃんではある種「人民裁判」的なところもあるし、単なる憶測やそれに基づいた見当はずれの批判も多く見受けられます。

 ですが、既存のメディアが切り込めなかったところや、無視されてきた問題提議をおこなっていることも事実です。

 「『死ぬ死ぬ詐欺・まとめサイト』の卑劣さを考える」なる記事では2ちゃんねるの書き込みは憶測ばかりで信憑性がない、「批判者たちの言う根拠も有り体に言ってしまえば、他愛もないものだ。単なるげすの勘繰りに過ぎない」「彼らの『検証』というのはお粗末のひと言」

などとのべておきながら、この次の 「『死ぬ死ぬ詐欺』記事の反響に答える」なる記事では「あの記事は2ちゃんねる批判というわけではない」と逃げを打っています。。そして自己弁護。

 「まず、ぼくに対して『実際どうであるのかを取材していない』という批判があった。確かにぼくは取材をしていない。しかし、ぼくにはまず、募金活動の『どこに不明瞭な点があって、どこが疑問なのか』がよく理解できないのである。事務局側の説明のどこかに何か無理があるとは、ぼくにはまったく思えない」
 そりゃあなたが「募金活動の『どこに不明瞭な点があって、どこが疑問なのか』がよく理解できない」だからといって他のすべての人間もそうであるべきだいうのは暴論でしょう。
 そもそもジャーナリストなんて人種は疑うことが商売ですぜ。

 人様が「善意」といっていることは頭から信じなさい、というのでは「北朝鮮はこの世の天国」とだまされて彼の国へ移住した人たちの轍を踏むことになる。また新興宗教の勧誘には全部はいらないといけない、ということになります。
 
 「地獄への道は善意という敷石で敷き詰められている」がこの世の常です。

 少なくとも「2ちゃんねらー」の中にはさくらちゃんの両親の家の謄本を挙げたり、トリオジャパンや「救う会」に電話で問い合わせをしそれを元に書き込みをしている人も多々いるわけです。
 また2ちゃんに「救う会」寄りの書き込みをした発言者のIPから発信者がNHKやら通信社の人間ということを暴露したりしております。これは事実の追求ではないのでしょうか。

 「まず両親の年収。まとめサイトには『4000万円』とある。これはまったく根拠のない数字である。NHK職員の平均年収1100万円から推測した数字らしいが、しかしそれしても2人分の平均年収2200万円と比べ、1800万円も開きがあるのだ。推測にしても、あまりに開きすぎている」
 これもなんだかな、という感じです。
 根拠の数字はNHKの公開情報から人件費を頭数でわったものです。となれば比較的年齢の高い両親、しかも役付であり、制作ですから時間外手当などもでるでしょう。ですから3000万円ぐらいはあってもおかしくはないとぼくは思います。また皆が皆、両親の年収3000万円と言う前提で発言はしていません。

 しかも「まとめ」では「基本年俸は、父親・部長級:1,314万円 母親・課長級:1,051万円となり、合わせて2,365万円+α、手取りで7割位でしょうか。役職・地位からすると、+αの手当て部分も大きいと考えられます」分析を加えています。
 
 ここでは「2,365万円+α」という数字がでていますが、「平均年収2200万円と比べ」それほど極端な数字ではありません。音羽氏は「まとめ」を良く読まなかったのか、あるいは自分に都合の悪いデータを無視したのでしょうか。

 「彼らの中に誰1人としてNHKにおける給与水準の実態が分かる人などはいない。もちろんぼくも分からない。つまり、この『4000万円』を合理的な数字だとする根拠はどこにもない」
 まあ、NHK内部の告発者がいない、という前提でしょうか。でもNHKに聞けば年齢と役職のモデル賃金ぐらいは教えてくれるかもしれません。

 一般に報道においてすべてのデータそれが揃うことはまずないわけです。特に取材対象にとって都合の悪いモノことは尚更です。
 氏の主張なら確実な数字が得られなければすべての報道はするな、ということになります。
 
 それは「官庁の発表こそ正しいデータを元にしている」と「記者クラブに依存している既存メディアの言い分でもあります。もっとも官庁の情報が常に正しいわけではないわけですが・・・

 ぼくらの業界では、例えば兵器の取引の実態なんぞはわかりにくいわけけです。公式に発表された数字でも高めに発表している場合もあるし、低めに設定されている場合もあります。秘密協定なぞもあったりします。 
  また兵器単体ではなく、訓練やメンテなどのパッケージなど込み込みの場合もあります。ですから、我々は過去の取引やら売り手と買い手の力関係、関係者への取材などでパズルのピースを埋めていったり、大方の見積もりをおこないます。
 
 北朝鮮に関してだれが完全に正確な情報をもっているでしょうか。

 軍事に限らず、政治でも経済でも事実に基づいた推定を否定し、「完全な正確」を期するならば報道は事実上できない、そういう理屈になります。

 
この項続く


「死ぬ死ぬ詐欺・まとめサイト」の卑劣さを考える
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000001995
「死ぬ死ぬ詐欺」記事の反響に答える
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000002121
「死ぬ死ぬ詐欺」問題で見えてきたこと
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000002149

人の振りみて我が振り直せ●読売新聞の「死ぬ死ぬ詐欺批判」の批判はメディアの驕り
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newscaredisplay.do

死ぬ死ぬ詐欺---善意の募金ってどうよ?
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newscaredisplay.do



 清谷信一、石破茂共著の新刊が今週から発売となります。
画像

       
 軍事を知らずして平和を語るな―Issues on Japanese defense

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

本人が降臨して論破されてます
2006年11月09日 00:32
2006-10-08■[Text]他者をDisるときはDisるための裏付けがなければ話にならんと思うが
ttp://d.hatena.ne.jp/muffdiving/20061008/1160467259#c1160818868
2006-10-14■[キチガイ晒し]マトモに記事書けなく、マトモに議論できねえ尚絅学院大学人間心理学科2回生でオマニーのオナニー記者 音羽理史
ttp://d.hatena.ne.jp/muffdiving/20061014/1160820402
FMV-TOWNS
2006年11月11日 01:18
読んできました。頑に持論を曲げず最後にはキレて罵倒。やはり、こんな程度の人でしたか。
それにしても、オーマイニュースをはじめレガシーメディア出身の方々は、このての市民や学生さんが大好きなようですね。
2006年11月12日 23:24
根が純真なのでしょうね。彼らは。世界中が自分と同じ価値観を分かち合えると信じているわけです。
FMV-TOWNS
2006年11月15日 01:57
なるほど、そう言われると彼らの不可解な行動も理解できます。
ところで、清谷さんは迷走中のオーマイニュースの現状をどのように思われますか。
2006年11月21日 18:27
オナニーは自宅でコッソリと・・・・
ゆうりん
2007年02月23日 14:42
オーマイニュースはどういった基準で掲載されていのかなんとも不可解です。
2007年02月25日 23:30
まあ、鳥越さんの基準なんでしょうが・・・

この記事へのトラックバック