【常識の無い奴を裁判官にするな】式での起立・国歌斉唱定めた都教委 通達は「違憲」 東京地裁

 バカな判決がでたものです。東京地裁の難波孝一(なんば・こういち)裁判長が
「入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代の斉唱を強要するのは不当だとして、東京都立の高校や養護学校などの教職員が都教委などを相手に、起立や斉唱義務がないことの確認などを求めた訴訟」
の判決で
「少数者の思想・良心の自由を侵害する」
として違憲・違法と判断しました。
 
 前から申し上げておりますが、国旗国歌に敬意を払うのは常識です。特に学校は勉学だけではなく、常識を教えるところでもあります。ですから、学校において国旗国歌に敬意を払うべきふるまうよう生徒を指導するのは教育の一部です。違うというならば、学校なんぞ全部やめてしまって塾にすればいいのです。勉学の効率からいえばその方が遙かに宜しい。組合活動だけやる気があったり、授業にやる気がない駄目な教師を全部クビにすれば公務員を大幅に削減できます。教師はみな塾の講師になり、厳しい市場社会にされられてください。大半の教師は落ちこぼれるでしょうが。
 
 さて、この難波孝一(なんば・こういち)なる基地外判事ですが、判決はまず、日の丸、君が代について
「第二次大戦までの間、皇国思想や軍国主義の精神的支柱として用いられ、現在も国民の間で宗教的、政治的に価値中立的なものと認められるまでには至っていない」
「掲揚や斉唱に反対する教職員の思想・良心の自由も、他者の権利を侵害するなど公共の福祉に反しない限り、憲法上保護に値する」

と判決で述べたそうです。

 先日もアフリカ・アエロスペース&ディフェンスの開会式で南ア国歌が演奏されたときは出席者は起立し、軍人は敬礼、民間人は胸に手を当てておりました。おれはANCが嫌いだからなどと座ったままの人間はひとりもおりませんでした。無論強制ではありませんが、座ったままそっぽをむいているような人間は相手にされないでしょう。このイカレ判事は子供がそういう常識の無い大人に育つ「権利」がある、そういいたいのでしょう。

 国家というのは色々な過去のしがらみを背負っておりますから、その国の国歌、国旗に楽しくない思いを抱いている人間も多いでしょう。欧米各国なんぞさんざ帝国主義時代には悪さをしてきたわけですが、俺は国は英国に侵略され愚民化されたからユニオンジャックが嫌いだ、俺の爺さんはB-29の爆撃で殺されたから星条旗は許さないなんぞといいだすときりありません。
 また学校の校則も守る必要が無いことになります。パンツが見えるようなミニスカートはこうが、ガムをかみながら授業を受けようが、勝手ということになります。何しろ法律で規制されていないことは屁理屈をこねれば全部通らないといけない、そいうことになります。こういのはあたしゃ得意なんですが。

 裁判所でも同様のことが起こります。開廷時に「全員ご起立おねがいします」と言われても、わたしは起立しないとか、刑事被告がガムを噛んでいようが、証人が証人席で机の上に足を投げ出して証言しようが、傍聴人がビキニの水着を着てこようがかまわないと。
 また傍聴席の人間が、撮影や録音を禁止するのはかつて我が国は全体主義であり、司法がその手先となって国民を弾圧してきた、よって司法に全く敬意を払う必要がない、そう主張すれば違法行為以外は許されることになります。
 ところが裁判所はつい最近まで被害者の家族が被害者の遺影を法廷に持ち込むまことを禁止しておりました。これこそ憲法違反です。また少しでも裁判官のご機嫌を損ねると退席させられたり指導されたりします。裁判官はまるで中世の絶対君主のように振る舞います。まさに「民衆の敵」ですなあ。

 要は他人に厳しく、自分に甘く。換言すればダブルスタンダード、それが裁判官の「常識」なのでしょう。世間を知らない&想像力が皆無のボンクラはこれだから困ります。「裁判官の常識は、世間の非常識では困ります。これじゃ陪審員制度を導入するしかない、そんな気もします。

 裁判官は世間の評判を気にするそうですから、出来るだけ東京地裁や最高裁、法務省などにボンクラ判事の基地外判決に抗議をすべきです。ひとりでも多くの人が、こういう判決は迷惑だ、世間様の風に当たってみろと抗議をしていくことが司法を変えていくと思います。


http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060922k0000m040087000c.html

http://www.asahi.com/national/update/0921/TKY200609210287.html

この記事へのコメント

落武者
2006年09月22日 13:49
国から手厚い身分保障と厚遇を受けた勘違い法律屋が同じく血税を貪る勘違いサヨク教師もどき公務員を、まして血税から賠償を命ずる・・・これぞ時代錯誤のサヨクたかりごっこですぜ。
キヨタニさんの仰せの通り、地味に本気に抗議の声を法曹・ますゴミへぶつけるげきですな。
こんな裁判屋は、得意そうに「画期的判決」なるワンパターン垂れ幕を掲げる左翼弁護屋になれば十分です。若しくは伊藤真塾の講師とか。
ああ、気分悪い・・・。
へろ
2006年09月22日 23:57
変な判事は弾劾裁判でどんどん罷免したらどうですかね。ただ、弾劾裁判はほとんど受理されないし、上訴が認められないので、あんま開かれていない。
60年の間に7件受理、5件罷免というのは少なすぎな気がしないかな、国会議員さん?
もん
2006年09月23日 00:26
裁判官を辞めて「再就職」の時期が近いと「画期的判決」を出す傾向があると聞いたことがありますが。それにしても世界の笑いものになりそうな内容ですね。
シロ
2006年09月23日 11:36
国家は、人民の敵といいながら、その国家が身元を保証したという証明書であるパスポートで海外旅行をし、日の丸が嫌いだといいながら、災害のときは日の丸のついたヘリコプターに救助されることを何とも思わない精神。
日の丸や君が代が嫌いなら、日本国籍を離脱して好きな国へ移住すればいいのですが、それもしない。
こうした国家という共同体の一員ではなく、「日本国籍を持った外国人」は、寄生虫以下の存在です。寄生虫は、宿主のやることに一々口を挟みませんから。
シロ
2006年09月23日 12:14
>また学校の校則も守る必要が無いことになります。パンツが見えるようなミニスカートはこうが、ガムをかみながら授業を受けようが、勝手ということになります。何しろ法律で規制されていないことは屁理屈をこねれば全部通らないといけない、そいうことになります。こういのはあたしゃ得意なんですが。

生徒から、「礼儀や常識に反することでも、気に入らなければ、あんたの言うことに従わなくてもいいんだろ?」言い返され、教室が動物園状態になっても、どうせ責任はとらないんでしょうな、この教師たちは。
生徒が、好き勝手にやってもとやかく言うことはできませんよ。自分から、「それが、正しい」と主張してしまったのですから。
2006年09月24日 02:37
東京地裁棚橋哲郎判事もボケ、少なくても、怠慢判事です。よろしく、、。
義圓
2006年09月24日 02:37
東京地裁棚橋哲郎判事もボケ、少なくても、怠慢判事です。よろしく、、。
義圓
2006年09月24日 02:37
東京地裁棚橋哲郎判事もボケ、少なくても、怠慢判事です。よろしく、、。
名無し
2014年07月19日 01:04
弾劾裁判なんて意味ありません。やったかも知らせてくれない、てかやってないだろ。裁判官は自由なんですよ。いろんなちからで守られてて、現場を見てないから、好き勝手な判事を下せる。おかしい!!間違っている!!辞めさせるべきだ!! 皆で、裁判官に手紙を書き、間違った考えを持った裁判官は辞めさせるべきです!!

この記事へのトラックバック