<イラク陸自>民間機利用で抗議…乗務員組合が防衛庁に

まあ、例によってこいつらは、という話です。

イラク派遣から帰ってくる自衛隊員たちが民間のチャーター便を使って帰国したことについて、「航空労組連絡会」など航空労組3団体が「民間機が攻撃対象となる恐れがあった」と防衛庁に抗議し、今後、民間機による自衛隊員の輸送をしないよう要請したそうです。
 
 まともに考えればチャーター機が自衛隊員の移動に使われたからといって、テロに遭う可能性なんてほとんど無いわけです。率直に申し上げて、彼らの主張は矮小な左翼イデオロギーに基づくものであり、合理的はありません。

派遣された自衛官の家族たちは一日千秋の思いで帰国を待っていたでしょう。
 自分たちの夫が、親が、兄弟がまるで犯罪者か極悪人のように呼ばれて嬉しいはずはないでしょう。そういう人たちへの配慮すらできない、この空の労働者たちは利己主義に固まっており、おまけに血も涙ないのでしょう。
 こういう心根の連中は事故でも起きた際には乗客を押しのけてテメエたちだけが助かろうとすrんじゃなっかと勘ぐりたくもなります。 

因みにこの航空安全推進連絡会議(議長 大野則行)は航空労組連絡会(議長 内田妙子)、日本乗員組合連絡会議(議長 石山 勉)と連名で2005年1月27日に小泉首相宛に自衛隊が民間チャーター機を使うなと要請書を出しています。

 それによると自衛隊の民間チャーター機を利用することが「純民間航空施設である羽田空港の軍事利用」だから反対するそうです。
 また、自衛隊が軍服姿で民間機を利用するのは言語同断だそうです。

有事に軍が空港を使うことは当然でしょう。これら労働団体の方々は、戦時において空港が使用できなれば、自衛隊は戦術的柔軟性を確保でません。それは自衛隊の損害をふやすだけではなく、民間人の被害もふやすことになります。また、当然ながら空港を守るための対空ミサイルの配備や、空港を守るための地上部隊の配備もできません。そうなると戦略拠点たる空港は敵格好の襲撃対象、特に特殊部隊の攻撃対象になります。
 またそのような空港の制限があれば潜在敵敵国の奇襲を行おうという誘惑を与えるようなものです。つまり戦争誘発の危険性を上げることになります。

何故、この人達はこれほどまでに戦争を欲し、利敵行為を行いたいのかぼくには理解できません。

 それほどテロに巻き込まれるのが嫌ならば、アフガンやイラクに軍を派遣している国々、アメリカ、イギリス、スカンジナビア諸国、ドイツ、カナダ、韓国などのエアラインの乗り入れ、またそれらの国々に対して日本のエアラインの乗り入れ禁止を首相に訴えるべきでしょう。その方がまだ論理的な整合性があります。

 因みにぼくはコペンハーゲンやら、チューリッヒやらヨーロッパの空港ではPKO活動などのローテーションで迷彩服姿の軍人をみます。彼らの主張ならばこれら欧州の空港やエアラインは戦争協力、民間空港の軍事利用をおこなっています。
 
 航空安全推進連絡会議には外国のエアラインの労組も入っていますが、主力は日本のエアラインの組合です。彼らの対する抗議は外国に行く際には日本のエアラインには乗らないことでしょう。

要 請 書http://jfau.phenix.or.jp/
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060725-00000136-mai-soci

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

土門見人
2006年08月01日 00:31
 航空業界、特にJALは空飛ぶ国鉄ですからね。これまで国交省が、とにかく「JALは潰さない。潰させない」という甘やかしを続けてきたから、労使とも古い体質を温存させているのです。労組が国労動労に近い体質を持つのも無理はないでしょう。友人の元JAL機長(自称「予備役空軍少将」、航大以前の防衛庁委託教育組)は、現役時代に機長組合の赤い体質にさじを投げて、脱退しましたとさ。
 いっそ、123便並の事故が起きる以前に郵便局か雪印と同じ目に遭わせてショック療法にした方が、JALのためでしょう。

 なお、空自の知人は、公用の機内で「見合いシート」に座った際、CAに「私は小牧ABにある迷彩色のバス(C-1のこと)の運転手です」と冗談で言ったら、「珍しいバスですね」と、本気で受け取られたそうです。別の空自は、機内でCAから「兵隊さーん」と呼ばれて、「俺たちって、本当に影薄いんだな」と実感したとか……
落武者
2006年08月01日 01:29
これまた出来レースの弊害ですわ。
日教組と同じ。
給料だけは世界トップクラス。
ああだこうだと講釈垂れとるが
結局は銭を多くせびろうとする卑しい根性無しです。
自由化で荒療治すればすぐへたりよりますわ。
その程度の輩です。
ラプ
2006年08月01日 02:05
そういやイランイラク戦争時に、JALかANAのどっちか(どちらも?)は知りませんが、テヘランからの邦人救出要請に「危ないから嫌」って拒否したんじゃなかったでしたっけ?
シロ
2006年08月01日 09:36
左巻きって、自衛隊を厄介者扱い、税金泥棒扱いする割に、いざというときは、その税金泥棒に泣きつくんですよね。自尊心ゼロ。
主義主張は別にしても、「税金泥棒の世話になるなら死んだ方がマシ。墜落事故にあっても救出せずに放って置いてくれ。」とでも言ってくれれば骨があるとは、思いますが、グダグダ文句を言うだけ。
エヴァンゲンリオンの冬月風に言えば、「ただ、文句をいうだけが仕事の下らない連中」です。
しかし、自衛隊派遣の賛否はともかく、決定したの政府であり、現場の自衛官は任務を全うしただけである以上彼らを攻めるのはおかど違いでしょう。
帰国した自衛官には、一言「ご苦労様でした」と言って頭を下げるのが、人間として最低のことではないでしょうか?
2006年08月01日 15:11
イラク派遣だって、アメリカ依存のツケですよ。そのツケを払ったが自衛隊ですよ。にも関わらずこの仕打ち。とても人間のやる行為じゃありませんね。
成田の近くの住人
2006年08月01日 15:40
今回、撤収の際はJALのチャーター便が使われましたね。興味があるのは、
1.操縦士は自衛隊出身者だったのか
2.機内でサービスに当たったCAから、隊員さんにねぎらいの言葉があったのか
どんな対応だったんでしょうね。
truly_false
2006年08月01日 19:02
たぶん、こういった件のチャーター便は管理職の操縦になるんじゃないでしょうか?つか、いまスピリッツで『CAとお呼びっ!』ってのをやってますが(TVでもやってる)、この主人公のよーな“派遣CA”等の権利保護に、組合は取り組んでるんでしょうかね。こんなド赤い世迷言をホザいてるヒマなんてないでしょうが。
北極28号
2006年08月01日 20:33
「航空労組連絡会」など航空労組3団体が「民間機が攻撃対象となる恐れがあった」と防衛庁に抗議し、今後、民間機による自衛隊員の輸送をしないよう要請したそうです。

>>いやラブ様も仰っていましたが、この人達、自国民でさえイランイラク戦争時に平気で見殺しにしてますたよ。
2ちゃんベースのAA劇のページですが・・・

http://sunset.freespace.jp/aavideo/2004/compe04/006.htm

なんてのがありましたので貼っておきますね。
労使が酷いのはJRはトップクラスですが、いやいや航空業界も丙丁付けがたいですね(w
北極28号
2006年08月01日 20:35
・・・あれ、アドレス消えていましたね。
すいませんでした。
2004/以降のアドレスは・・・

/2004/compe04/006.htm

となっています。御確認下さい。
akihanasui
2006年08月01日 20:47
う~ん悪いのはこの件を変な風に報道したメディアであってJAL・航空会社批判というのは的を外しているのではないでしょうか。
もちろん、このような労組を放置してきたという意味において主要航空会社は労使ともども反省すべきでしょうが、実際のところ、今の航空会社の職員で労組のこの行動を支持しているのがどれ程かと言えば、まぁ殆ど居ない訳で。
老舗労組では極少数の左巻きの人達が勝手な政治運動やっているというのはこの国ではもはや常識の範疇ですが、その極少数の彼らが馬鹿なことをやったからといって、何の注釈もなしに(つまり労組全体の意見として)報道してやる必要があるのでしょうか。
土門見人
2006年08月01日 21:45
 才色兼備&高嶺の花&高給取りのCAも今は昔。その実が空飛ぶ肉体労働で、ローテーションは不規則、立ちっ放しで腰痛・筋肉痛は当たり前、乾燥した機内で肌荒れでカサカサ、商売の一環の化粧も自己負担、んでもって契約社員化でワーキングプアに半分転落というのが、現在のCAだそうですから。(うぷぷ)
 労組は、政治問題より、世にも可愛そうな空の天使の労働条件の改善に血道を上げるべきでしょうな。(えいじさんに言わせれば、男アサリにしか眼中にないスッチーには情け無用でしょうが、毎年職場にJALのレアモノCAカレンダーを飾る拙者としては、どうしても力になってあげたいですなぁ……うあははははは!)

http://www.keiko-web.com/top.html
 こちらは、そういう世界から足を洗ったイラストレーターのサイトです。あっしも、時々出没中。
2006年08月01日 22:09
航空雑誌に、最近タイの航空機をチャーターすることが多いと書いてあった。
JALは経営が危ないのに、こんな事よく言う。
労働組合としたら、逆にもっと使って下さいと言うべきだろう。
電気屋
2006年08月01日 23:05
 今回の件もイランイラク戦争の件もそうですが日本のパイロットや労働組合の連中にはプロとしての意識が無いんでしょうか。パイロットをはじめ、医師、弁護士、技術者等特殊な技術を持つ専門家は主義思想に関係なく自分の仕事をする義務がある。イランイラク戦争のときのように危ないからなどという理由で一般人を見捨てるなど言語道断です。
 それから、自分が持っている免許を良く見るべきだ。自分たちの専門家としての身分を保証しているのが他ならぬ日本国だということが良く分かるはず。
2006年08月02日 00:26
毎度のことですが、本来組合員の権利と生活を守るべき労働組合が、一部の偏った活動家たちの道具に成り下がっている。現在週刊現代がJR東日本と革マルの癒着の暴露キャンペーンをやっていますが、活動家が交通の安全まで脅かしておる模様が述べられています。
 
すねお
2006年08月02日 01:12
年配の労働組合長=パリパリの共産主義者→世界・日本の赤化革命追求→自由主義世界の弱化・日本の弱化→日米反対→自衛隊反対(その他、教育の荒廃化、社会の混乱化、・・)。だから常識による論議は無効。確信犯。亡くなるのを待つしかない。
D・Dダレル
2006年08月02日 22:45
業務上、現場への移動は公共交通機関を使うことが多いんですよ。そこで携帯に乗る可能性のある路線の運行情報をメールで受信出来るようにしたところ、酷い時は日に100件を超える事も。
異動の前に大石英司氏の日記で「関東は毎週人身事故が起きる」といった話を見て、いくらなんでもそりゃオーバーだろうと思っていたら、いざ関東に勤務したら確かに人身事故が毎週必ずどこかで起きている。
その他に多いのが「車両点検」「線路点検」「線路への侵入者」と。
あと千葉の現場行った時は、行きは時刻表通りなのに帰りがなかなか出ない。乗り換えで山手線の車内ディスプレイの運行情報で「ストライキ」と。
もしこいつらが本気でテロを計画したら、NBC兵器はいらないな。運動エネルギー兵器がいくらでもいじれるんだから。
D・Dダレル
2006年08月02日 22:54
空も陸も。会社ぐるみで責任逃れが出来るシステムで固めてしまったんですかね。真面目に働こうという者が下らない革命ごっこの犠牲になり、顧客の命すら省みない。
ちなみに就職した際、研修で本庁に行く必要があり、飛行機で行けと言われたその日、JALとANAとJAS(当時)で事故が相次ぎ、思わず上司に言ったものです。
「輸送機で行かせて下さい。荷物扱いで結構ですから」と。勿論却下されましたが。
truly_false
2006年08月03日 03:12
>千葉の現場行った時は、行きは時刻表通りなのに
>帰りがなかなか出ない。

千葉動労の仕業かと。3月ごろのお話ではなかったでしょうか。
というか、もはや彼奴らの矯正は不可能なので、ロシアの戦略ロケット軍みたいに、移動輸送部門を独立兵科とするのはどうでしょうか?これで連中のサボタージュをカバーできるようにすると。浅知恵ですかね。
2006年08月06日 22:42
ぼくも高校生時代千葉動労には煮え湯をのまされました。バスも電車も一時間に一本のところでくだらんストすなヴォケ!といつも憤慨していました。
D・Dダレル
2006年08月06日 22:47
>truly_false様
その通り、今年の3月でした。
独立兵科…その位じゃ連中は排除出来ないんじゃないかと。必ず細胞を潜り込ませて来るでしょうから。それにしてもサボタージュして高い給料貰って、その上保護される。何てブルジョアな革命屋共なんだろう。

この記事へのトラックバック