着手が遅いがやらないよりは… レアメタル:政府、安定確保へ体制づくり

 政府がレアメタルの安定確保にようやく乗り出したようです。ご存じのようにニッケル、タングステン、パラジウム、インジウム、バナジウム、モリブデンなどレアメタルの大半は旧ソ連、中国、そしてアフリカなどに偏在しております。

 ぼくは以前からアフリカ諸国との関係の強化、特に地域の超大国であり資源大国でもある南アとの関係を強化し、南アを足場に情報収集とアフリカ外交を積極的展開する、また中国とロシア、そしてその二国とアフリカとの連携を阻害するべしと訴えてきました。

 ですが政府も、メディアもレアメタルが暴騰する最近までその確保の重要性を認識していたように思えません。せいぜい備蓄しようというのがいいところです。が、輸出国が輸出を止めたらそんなことは焼け石に水です。

 今回経産省の資源戦略研究会(座長・浦辺徹郎東大大学院教授)は今月、レアメタル確保を目指した民間企業による鉱山開発への支援▽使用済み製品に使われたレアメタルの再利用推進▽ナノテクノロジーを応用してタングステン、レアアース、インジウムの代替材料を開発などの報告書をまとめたそうです。

 これらも必要でしょうが、アフリカでの日本のプレゼンスを拡大し、同時に中国による囲い込みを他の先進国ともに妨害する、また中国とロシアとの協調が過度に親密にならない様に外交的なアクションを行うことが必要なことであり、また最も効果的な対策だと思います。

毎日新聞 2006年6月24日 18時41分
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/wadai/news/20060625k0000m020031000c.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

電気屋
2006年06月25日 23:55
 確か前の戦争のときも、タングステンやモリブデンの備蓄が減ってから大騒ぎしていましたが、きっとお役所の皆さんは間違った歴史認識をなさっているのでしょう。
 最近は半導体分野で使うヘリウム、最近鉱山を国有化したロシアのチタンなども油断できません。
 使用済み機器のリサイクルも出来ないことはないでしょうがコストなどを考えると、、
2006年06月26日 00:47
ドイツはゴムが無いので合成ゴムを開発し、オレンジジュースまで合成してしまいました(これがファンタ・オレンジの元という離しもありますが)。それでもレアメタルを合成するのは難しいでしょうなあ。

リサイクルはシステムさえ構築すれば、さほど効率が悪くはないとは思います。
truly_false
2006年06月26日 01:48
ちと前に、北方領土で、ものっそいレアメタルが発見されたというハナシを仄聞しましたが、あれはなんだったんでしょうか?
guest
2006年06月26日 06:01
北王朝崩壊、世襲防止、この実現に向けて、
テポドンを打ち揚げさせよ!さすれば、「統一
高麗国」くらいにはなり、少なくとも、タングステンは手に入る。南北非武装地帯の大開発準備に入らねばならない時期だとの認識が政府に無いことは残念だ。







pongchang
2006年06月26日 06:59
石油も非鉄金属もレアメタルも高値掴み。
高いときに、衆愚的に国家備蓄の声を上げ、高騰を維持させる。
安いときに国民代議士財務省を納得させるのが難しいのは判るが、安いときに価格維持のため買え支えてあげないとね。
TOR
2006年06月26日 19:46
三年くらい前の日経産業新聞でレアメタルの元素転換に成功したと言う記事が一面で載ってたことがあります。
鉛から金を作るわけではありませんが、工業的にコストがペイするくらい安定量産する技術がそのうち出てきて欲しいですな。
宇宙開発に金を注ぎ込む理由が一つ減りますけど
2006年06月26日 22:53
我が国も周辺海域を掘削してみると以外なお宝が埋まっているかもしれません。だから中共 が触手をのばしてるんですが・・・

 代用手段の発見・発明はそれに伴う技術の発展がともなうので歓迎すべきですが、いかんせん時間がかかります。
電気屋
2006年06月26日 22:57
 確かに設計段階からリサイクルについて考慮したり回収方法の改善で効率は上がるでしょうが鉄やアルミはともかくレアメタルとなるとスクラップton集めて1-2gramの世界です。確かに地面から掘り起こして精錬するよりは効率は良いでしょうが・・・
 仮にそのへんをクリアしても今度は人件費の問題が出てきます。
2006年06月26日 23:07
電子基板やらエンジンの触媒だけを取り出して、そいつを溶かして金やらプラチナやらを取り出すのは結構割りにあっているようです。その他の微少金属まではわりませんが。でも最近は相場が高騰しているので存外ソロバンに合うのかもしれません。
きんぎんすなご
2006年06月27日 08:27
国内の鉱山会社の中には、採掘は止めたけどその精錬設備と技術を応用し産廃からの希少金属回収で生き残っている所もあるようで…
最近は液晶関係でも資源回収事業が立ち上がっているので表向きは環境規制云々と言っているようですがやはり近年のレアメタル高騰で採算が取れるようになったからでしょうねェ
2006年06月27日 23:49
相場が下がった時にはどーんと、政府が買っておくというの必要でしょうね。
 いずれにしても特定のレアメタルに頼らないような技術革新を怠らないことも必要でしょう。
 例えば自動車エンジンの白金触媒は代用が難しいといわれていましたが、ハイブリッドならその必要性が減ずるし、電気自動車なら必要はありません(最も別なレアメタルは必要ですが)。
D・Dダレル
2006年07月04日 23:12
相場が下がっても買う前に近所の困ったちゃんに根こそぎ買い占められてたりして…
それにしてもF-35のエンジンの可変ノズルは元々ロシアが開発したものなんだから、逆にロシアが金にものを言わせて当初作るはずだったVSTOL機を開発するってのはあり得ませんかね?
それよりも表向き仲の良くなって「常に世界最強でなけりゃいかん症候群」な某国に高く売りつける方がお得か。

この記事へのトラックバック