イタリア、蛇行の車摘発、性行為試みる 女70歳、男59歳

面白いんで全文引用です。 

ローマ――イタリア北部、ミラノ市北東部にあるコログノ・アル・セリオ市の警察は16日、市内を蛇行(だこう)運転した車を摘発したところ、酩酊(めいてい)気味でほぼ全裸に近い高齢男女がセックスを試みているのを発見したと述べた。

 女は70歳、男は59歳だった。

 服を着用させて飲酒検査を実施、運転していた男は許容量の約3倍摂取していることが判明した。

 地元署は、「昼食でアルコールを飲んだ後、抑えが利かなくなったのではないか」とみている。2人が夫婦なのかは不明だが、「夫婦は普通、こんなことをしないのではないか」と推測している。

CNN
http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200603170010.html


いやあ、流石イタリア人としか言いようがないですねえ。
元気で宜しいというべきか、悪魔の仕業というべきでしょうか…・

老いてこそ人生

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

truly_false
2006年03月17日 17:57
そのむかし、やはりイタリアにて、カー○ックス中に、サイドブレーキが外れたかなんかで、坂道を暴走してきた車に追突されたハズミで中田氏してしまって妊娠と相成り、(中絶できないので)そのカップルは、お腹の子をめぐって裁判に訴え出たとかという事件を思い出しますた。ゴムはキチンと付けましょう。
2006年03月17日 19:56
このカップルでおめでたの可能性は無いでしょうが・・・・
きんぎんすなご
2006年03月18日 23:56
さすが、選挙期間中は禁セックスで臨むと公言した首相の国は違いますね(苦笑
2006年03月19日 00:52
 彼の国では徴兵期間中は一週間に一回精力を押さえるホルモン注射をケツに打たれるそうです。
シロ
2006年03月19日 12:23
各国の兵役期間では、兵隊の性処理はどうやっているのでしょう?
出すべきものを無理やり抑えるわけにはいかないし、かといって下半身が役に立たないと兵隊としても役に立たないし。
2006年03月19日 14:51
これと言ってないでしょう。まあ、週末は外出できるところも多いようですから自己責任でしょう。
くまー
2006年03月20日 09:58
>兵隊の性処理
従軍慰安 PAW! PAW!
は冗談として、大抵は駐屯地の周りに色街ができるでしょう。
フネに乗る海軍は悲惨ですが。
2006年03月20日 23:32
船乗りは行く先々の港に女ありですから。
フランス軍は未だに慰安婦=ビジネスガールのグループを連れて移動していますね。きれい事を言わないところが潔いです。
D・Dダレル
2006年03月23日 21:43
その女性陣に飽きたらずあちこち出撃して病気貰ってくるのがステータスになる程ですもんね。
それにしても70歳と59歳のカップル!
ハートマン軍曹言う所の「じじいとばああのファックの方が気合いが入っとる」ですな。
有名なウイスキーのオールドパーにまつわる話を昔上司に聞いたのですが、パーじいさんは150歳過ぎてもまだ子供作ったとか。
過労で疲れ果てた若い奴に「これでも飲んで景気付けろ」とポンと渡すような豪快さんがいたものです。あのビンもらっておけばよかった。
2006年03月25日 13:36
我が国はセックスレスの増加・・・
シロ
2006年03月25日 14:47
>フランス軍は未だに慰安婦=ビジネスガールのグループを連れて移動していますね。

古代から軍隊が遠征するときは、売春婦が同行するのは常識でしたからね。兵隊は、ストレスがたまるし、やはりどこかでガス抜きしないというのが現実でしょう。
「慰安婦は、日本軍だけだった」などというのたまう似非フェミニストがいますが、男の下半身に時代や国境はないんですけどね。
ドイツのように、国防軍が(ナチスの親衛隊ではなく)占領地の女性に売春を強要するのは、論外ですが。
最近は、エイズ問題が深刻ですから野放図に売春婦を買わせるわけにはいかないでしょう。
となる、軍の方で兵隊専用の売春婦を管理し、定期的に性病検査をするしかないでしょうな。
2006年03月25日 18:31
まあ、米軍は自軍内で調達しているともいえます。そのせいかレイプやセクハラは多いようですが。英海軍の場合、女性クルーはごついのばかり。美人を見たためしはありません。
仏軍では実際に軍医が売春婦の衛生を管理しているそうです。それでもエイズで死ぬ奴がいますが。
D・Dダレル
2006年03月26日 14:53
アフリカの某国だと、むしろエイズにかかるのがステータスだという恐ろしい話が。
長生き出来ないし貧しいのなら、せめて楽しんで死のうというのも分からなくもないけれど。
その昔シャレとも本気ともつかず言い合ったのが「女知らないで死ぬってのも馬鹿げてるよな」だったり。まあ何とか結婚して子供にも恵まれましたが。
シロ
2006年03月26日 16:07
南アフリカのエイズ関連ニュースでやっていましたが、処女を するとエイズが治るという迷信がはびこっていて、赤ん坊が被害者になるそうです。おお怖い。
貧困に無教育状態が、感染拡大に拍車をかけているのですね。口に悪い人は、白人政権は、黒人の人口を減らすために、エイズを野放しにしていたなんて言ってましたけど。
中国も同様でしょうね。宇宙ロケットや軍拡にまわす金があるのなら、ひとつでも多くの学校を作ればいいのにと思うのですが、まあこれらは余計なお世話でしょうな。
すでに感染者1000万人を超えたという説も・・・
ひょっとして、エイズが国家崩壊の引き金になったりして。
2006年03月27日 12:33
 エイズが国家崩壊の引き金というのは今まさに、そうなりつつあると思います。遠回りでしょうが教育から変えるしかないでしょう。

この記事へのトラックバック