他人に厳しく、自分に甘く 【社会の木鐸】-公取委の新聞宅配制度廃止検討に反対

 来年度から独禁法が改正され、「物言わぬ番犬」と揶揄されてきた公取委が多少は変わりそうです。

 で、公取委の上杉秋則事務総長が、新聞の宅配制度などの流通システムを維持するために割引販売などを禁止している現状を見直す姿勢を定例会見で明らかにしたそうです。

 これに対して新聞協会が即座に異論を唱えております。
 まあ、売れ残った朝刊が夕方になったからといって半額で売られるといことはなかったわけです。だから全国津々浦々まで宅配網を維持できたとも言えます。

 つまり新聞はテレビ同様に他のメディアに比べて、特別な特権を与えられているわけです。
 新聞の宅配は他国でもあります。ですが、ここまで徹底的なシステムを構築している国をぼくは知りません。

 で、未だに洗剤やら巨人戦のチケットとかで読者を釣るわけです。内容はどこも大してかわらないからでしょう。現にかつて読売の販売局長は「ウチの新聞は白紙でも売ってみせる」と公言していしたが、それは新聞界が閉鎖市場だからでしょう。 

 英国ではクオリティペーパーもブランケット(日本の大新聞と同じサイズ)から夕刊紙など同じ、タブロイドサイズにするなと「企業努力」を行っています。日本の新聞もそのぐらいの経営感覚、危機感を持って欲しいものです(まあ、危ない業界ほど危機感がないから無理か)。

 公取委といえばかつてぼくは某出版社の発行している雑誌で慢性的に読者プレゼントで、公取委の定める上限をこえる景品を掲載していました。公取委はこれを「クロ」と判断しました。ところが、排除勧告のみで済ませてしまいました。

 この会社は以前、あるトレーディングゲームを巡って並行輸入業者や小売店に圧力をかけ、新聞沙汰になったことあります。その件は典型的と云うことで公取委のHPに延々と掲載され、複数の大学の法学部でケーススタディにつかわれています。
 
 にもかかわらず「勧告」というきわめて軽い、違反者には痛くも痒くもない処置でお茶を濁してしまいました。これでは独禁法違反をどんどんやれ、といわんばかりです。
 
 来年度以降の公取委の変革に期待したいものです。 

産経新聞
http://www.sankei.co.jp/news/051102/spo082.htm

参考記事:公取委事務総長の会見要旨(中国新聞)
http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2005110201002894_Detail.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

落武者
2005年11月04日 10:34
これだけ、真っ当な勤め人や商売人から冷淡視される大マスコミ、とりわけ朝日毎日系統が変わらず尊大にのさばり続けれるのは、連中が既得権益にずぶずぶで甘い汁吸っているからですね。
連中のような人種には“資本の洗礼”を浴びせ
社会の厳しさを教えなければ駄目でしょう。
その面では、頑張れ三木谷氏です。
キヨタニ
2005年11月04日 13:14
殆どの世帯は惰性で新聞をとっているわけです。ところが現在はネットで各紙の色を比べられるわけです。ネットだけで満足して新聞とらないひともいるし、比べて新聞を選択する人もでてくるでしょう。
しかし、今の護送船団方式になれた今の経営陣には改革は無理でしょう。
本来もっと部数が少なくとも成立する、特定層を意識した本当の意味でのクォリティペーパーは必要でしょう。朝日新聞がそれに値しないのは自明の理でしょう。
らりぱ
2005年11月04日 14:29
 全国的なニュースはネットで、住居地のニュースは地元紙で、と言う形になっていくのではないかと思います。
 タブロイドサイズになると、使い捨てにできる包装紙や床敷きの代わりになるものが必要になってきますね。
安芸の住人
2005年11月04日 16:36
地方紙の全国的ニュースは、殆ど読んでいないですね。
変な主観が入っていたり全国紙をコピーしてような記事だったりして無駄です。
地方紙は、地元記事だけにして内容を深く掘り下げたものを載せて欲しいですね!
キヨタニ
2005年11月04日 17:48
地方紙に配信している共同通信では捏造がまかり通っているし。困ったモンです。
キヨタニ
2005年11月04日 17:50
包装紙代わりですか。
逆に言うとそのくらいしかブランケット版のメリットがないということですね。
Tammy
2005年11月07日 00:47
北海道新聞(だっけ?)が函館新聞の創立を妨害する為に、先に商標登録したり、ゲンダイが日刊アスカの新規参入を駅売店の労組に働きかけて妨害した事もありましたな。
日頃反体制だの反権力だの言ってる連中が、自分の既得権を侵されそうになるや法も倫理もかなぐり捨てて新参者タタキに狂奔する様は実に見苦しかったです。
キヨタニ
2005年11月07日 12:31
フリーペーパーで日刊新聞を発行しようとしたら
新聞協会筋から圧力があったそうです。
報道の自由が聞いてあきれます。

この記事へのトラックバック