演説妨害の作業員逮捕 今回の衆院選で初めて-立候補者&手下と選挙民とは対応が随分違うなあ~

  衆院選立候補者の演説を妨害したとして、警視庁は31日、公選法違反の現行犯で、東京都大田区の作業員(37)を逮捕したそうです。

 不思議だなあ。
 候補者や運動員が、禁止されている私有地たる商業施設内で選挙運動をしたり、あろう事かそれを注意した人間(ぼくのこと)を羽交い締めして選挙運動を続けようとしたり、駅前で候補者の演説を聞いていたら(これもぼく)人相の悪い「突撃隊員=私設用心棒」が、いきなり襲いかかってきたり。これらは強要罪であり、それ自体が立派な刑事犯罪なんですがねえ)。
こんなことをしても候補者&その手下は逮捕もされないですねえ。
 政治は腐敗していますね~。

 
 所轄署は勿論、警視庁で選挙中に選挙違反を仕切る捜査2課抗議ても「捜査しません!」ときっぱり。

 被選挙側は課なりの悪さをしても、選挙違反つかまらず、選挙民が違反すると必ずパクられるという、差別がまかりとおっているんです。
警察庁HP:http://www.npa.go.jp/

(共同通信) - 8月31日12時50分更新http://headlines.yahoo.co.
jp/hl?a=20050831-00000093-kyodo-pol

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

thin
2005年08月31日 22:40
想像ですが、議員を摘発したとして、国会の場で追及されると(例え本人は落選だったとしても、同じ政党の他の議員が追及したら同じこと)警察庁としては対応に困ることは確かでしょう。
それに引き換え、市井の一般人は警察庁の然るべき役人を追及できる手段なんぞ無いに等しい。ならば、末端の無法ポリスとしては、やり易いほうからやってくとしか考えられません。
キヨタニ
2005年08月31日 23:51
 しかし、これだけ法律を無視されてこの国は議会制民主主義で法治国家だといわれてえ。
 所詮与党も野党も同じ。悔しかったら清廉さを売り物にしている社民党や共産党が些細な選挙違反も厳しく罰する法律でも提案すべきでしょうね。

この記事へのトラックバック

  • 法の下の不平等 被選挙人と有権者

    Excerpt: さて、ここで何度も書いておりますが、ぼくは下は区議、上は国会議員候補、選挙運動員の選挙違反を現行犯あるいはそれに準ずる形で警察、選挙管理委員会に告発してきましたが、彼らは逮捕されません。 一.. Weblog: 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所  racked: 2010-07-01 23:35
  • 一票の格差 日本の政治家に遵法意識と法治意識はない

    Excerpt:  一票の格差1.998倍に 衆院選区割り見直し案を勧告 http://www.asahi.com/politics/update/0328/TKY201303280300.html Weblog: 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所  racked: 2013-03-30 19:07