経済指標は当てにならない-肥大する地下経済。

 近年の経済統計の問題は、地下経済を無視していることです。
ヤフー・オークションなどネットのオークション、特に秋葉や中野で流行っている「ケース貸し」などを利用して、小遣いを稼ぐ人が多いわけで、これらは決して無視できない金額になっています。

 これらは自分の不要品を売るだけではなく、オークションで手に入れたものを、転売して毎月数万円ぐらい稼ぐ人も珍しくありません。貸しケースではどう見てもマニアにはみえない、営業途中のさえないサラリーマン風のオッさんが、商品を補充している姿をよくみます。

 またコミケやワンダーフェスティバル、フリーマーケットなどで同人誌やフィギュアを売り上げて収益を上げる人も少なくありません。

 当然ながら、これらの収入は大抵申告されないので、政府の経済統計には乗りません。ところがヤフオクだけでも百貨店ぐらいの売り上げがあるわけです。
 つまり政府が把握していない、かなりの金額のアンダーグランドマネー、それもヤクザなど黒社会ではなく、一般市民の副業がかなりの金額になっているわけです。

 これを加算すれば、日本の統計上のGDPはかなり上昇するでしょう。
 これは一回真面目に、その実体やら規模をリサーチする必用があるのではないでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック