法の下の不公平:民主衆院議員の街頭演説、「うるさい」暴行で男を逮捕-でも警察は議員と運動員の違反は

 さすがに演説している政治家のマイクをひっつかむのはまずでしょう。
 ところが、これをやったが議員側の人間だったら警察は動かないんです。法の下には代議士も一国民も平等なはずなんですけどねえ。

 「弱者のための喧嘩術」でも書きましたが、ぼくは公明区議に私有地内で選挙運動やるなといったら運動員に羽交い締めにされました。
 その翌日、件の区議の駅前演説を目の前で大人しく聞いていると東ドイツの秘密警察のシュタージあたりにいそうな目つきの公明党の警備員ふたりが「選挙違反だ~」と、飛びかかってこれまた羽交い締め、両方とも警察にいったのですがあちらサンはお咎め無し。
 何しろ警視庁捜査二課が断言するですよ。届け出があったのにみかかわらず、捜査はしないって。 また、民主党のタレントで主婦を売り物にしているR候補(今やRセンセイ)と、アイフルのCM狗にそっくりの地元の議員がこれまた、私有地内で選挙運動。しかも、「私そんなとこに入ったことないわ」と真っ赤なウソをおつきになる。

 ぼくもおとなですから、違法ポスターを張るぐらいなら大目にみますよ。しかしねえ、候補者本人ならびにその周辺の運動員は何をやってもいいっていう警察の態度が政治家のモラルハザードを助長しているじゃないでしょうか。


 政治家ないしは候補者は金銭の授受とか、じゃないとパクられない。連中はしっているから平気で法を犯す。こういう「事実」をなぜマスメディアは報道しないんでしょうかねえ。 (読売新聞) - 8月8日5時46分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050807-00000213-yom-soci

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年08月09日 11:42
>飛びかかってこれまた羽交い締め
有権者を何だと思ってるんでしょうか...。公明党には今後も票は入れないです。宗教が政治に関与するのが嫌いなのもありますが。
キヨタニ
2005年08月09日 11:58
この政党が単独与党になったら怖いですね。
2005年08月09日 12:08
祭政一致、神権政治の復活ですかね。
それは極論にしても、自分たちの教理を国益より優先させることをバンバンやってのけそうな気がします。
odotatuki
2005年08月09日 12:44
>この政党が単独与党になったら怖いですね。

筒井康隆「堕地獄仏法」のようなものでしょうか。
キヨタニ
2005年08月09日 16:02
まあ、そんなところですね。
今が攻勢終末点と信じたいですね。

この記事へのトラックバック