海自艦を病院船に活用、離島・海外の災害救助へ

要は「おおすみ」級に」陸自の野外手術システムを積み込みこむというだけの話なんですが。で、有事や災害時今後、離島での災害救助や、海外での国際緊急援助活動などの際に病院船として利用しようというわけです。

先週発売のSAPIOのぼくも担当した特集で野木さんが「おおすみ改」の病院船を提案してましたね。

 問題なのは、「おおすみ」級にヘリの運用能力がないことです。これ昔から拙著その他で批判してきた問題です。同時にヘリを何機も運用する能力なく、単なるコンテナヤードに過ぎません。これにヘリや車輌を露天係留するんですから航海中陸自の隊員諸君は整備にさぞや苦労したでしょう。

しかも、開発前には3自衛隊統合運用のうの字もでてなかったわけですから、陸自のヘリを使って物資や人間を運ぶといっても、机上の空論でしょう。いくら大型艦とはいえ、揺れる艦からの離発着、誘導システムへの習熟、海上航行の技術も必用です。しかも時化たら大変です。陸自のヘリパイはそういう訓練を受けていません。
 「おおすみ」を建造するならば、納税者にもっと運用構想を開示し、導入後の陸自との訓練などに関してもどの程度の頻度が必用か、またどの程度の技量が必用かなどということを検証していくべきでした。


 着艦したヘリが故障したらどうするんでしょう。前にも書きました先のアジアの津波の救援にいった際には、機体整備に三日かかったそうです。これで輸送はLCACに頼るか、他の艦の搭載ヘリに頼るかということになってしまいます。

 何が目的が知りませんが、無意味な全通甲板なんぞにしなければヘリのハンガーを含めて、上部構造物に様々な設備が搭載できたでしょうに。







(2005年7月19日3時2分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20050719i201.htm


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

キヨタニ
2005年07月20日 01:30
病院船、病院飛行機というのが時代遅れとは思いません。全ての処置を、前線でおこなえるわけではありません。また記事にあるように、自然災害の被害者や難民などの救済などには特に有用でしょう。
 現在ドイツでも軍民両用の病院船を兼ねた多目的船の建造計画が検討されています。また現在就役ないし、就役間近の多目的空母などでは医療機能を重視しているようです。

 ただ、現場での処置は今後随分と進歩していくでしょう。それにより、後方に搬送される傷病兵のパーセンテージは減るでしょう。
 
らりぱ
2005年07月20日 09:48
 おおすみ級や新造船を病院船にするのは、もったいないので、船歴20年くらいのクルーズ船を改造するのはどうでしょう?。
 「あすか」が、ヨーロッパ向けに売却されてしまいましたが、同様の出物があれば、ヘリパッドの増設があっても、地方の基幹病院並みの設備(手術室6、病床200)を十分収容できます。それまでの設備も使いがいがありそうですし。

 コメントのタイムスタンプを見ると、かなりの夜型ですね。そろそろ、小説の新作が出そうなのですか?。
2005年07月20日 12:10
問題は病院船という箱より、医官などスタッフの緊急出動態勢をとれるかだとおもうけれど。
現地到着に何週間もかかっては意味がない。
それに病院船まで、どうやって患者を運ぶのか。近隣の病院に運ぶ場合との差別化が出来るのだろうか。
キヨタニ
2005年07月20日 12:31
おっしゃるような民間船を改造する方がいいと思います。ですが、別に乗員を手当しないといけない。ところが現在海事では人手不足です(だから旧式艦中心の地方隊を縮小しろ、旧式艦を廃棄しろ、と主張しているんですが。勘違いしている人がいますが、地方隊を廃止しろ、いったのは石破氏:長官当時です。ぼくより過激です)。
 医官が減っているの問題は昨年ぼくはサイゾーで取り上げました。おそらくメディアでは一番早かったと思います。

 今回の病院船の話は予算獲得のためのプレゼンテーションではないかと思います(こう、書くと、また「陰謀」だ、と騒ぐ人がでると思いますが)
キヨタニ
2005年07月20日 12:35
小説の新作は当分お待ちください。
今年はノンフィクションを一冊以上出す予定です。
土門見人
2005年07月22日 22:57
 病院船自体はあった方がよいと思いますが、問題は用途と維持予算でしょうね。(建造以上にゼニかかりそうや)
キヨタニ 
2005年07月23日 02:15
 いざというときのモノですから普段桟橋に横付けして病院代わりに使うわけにはいないのでコストがかかります。
 やはりコスト的には野戦病院のコンテナをつむというのが、コスト的には易く上がるんでしょうね。
はぁ
2005年07月23日 08:19
>野戦病院のコンテナ
とっくにありますよ?
ジャーナリストなのに知らないんですか?
少なくとも手術室はありますなあ。

この記事へのトラックバック