勘違いロッカー、U2のボノの間違った善意がアフリカを破滅に追い込む

 ボノって昔BBCのパペット劇「スピッティング・イメージ」でも慈善活動が独善的だと揶揄されてましたね。地獄への道は善意という敷石で敷き詰められている、という言葉もありますがまさに彼のための言葉でしょう。

 こいつが、昔バンドエイドという慈善コンサートやったときの歌がクリスマスを題にしたものでアフリカの子供たちはクリスマスを・・・とかいう箇所がありました。
 ご存じのとおり、アフリカ、特に北アフリカでは回教が多いんです。エジプトあたりのコプト教は原始キリスト教に近いとわれていますが、西欧化したキリスト教とは異なります。
 何しろ元来キリスト教には本来クリスマスなるものが存在していなかった。あれはゲルマン人を改宗させためゲルマンの氏神の冬至を利用して「あなた方の神様とキリスト教の神様は同じですよ」と騙すためにねつ造したものですからねえ。
 また最近の研究ではキリストの誕生生年月日も実際は異なっていたとする説が強くなってます。
 またキリスト教が普及している国でも、100パーセントクリスチャンではなく、ユダヤ教、様々な土着宗教を信仰している人たちがいるわけです。

 クリスマスがどうのこうの持ち出した時点で、彼の思想の底の浅さ、世界中が欧米的価値観でものごとを考えているという悪い意味での欧米人、特に英語圏の人間的な偏見で世界をみているというのがよく分かりました。
 その後も彼は慈善活動やら政治活動を続けているわけです。

 読売新聞の記者と会見したボノ氏は「日本や米国などがアフリカの貧困撲滅に取り組むのは「慈善ではなく、正義の問題だ」「毎日6300人がエイズなど予防可能な病気で死んでいる。人口の7割は1日2ドル以下で生活している……」などとおっしゃったそうです。
 で、彼は〈1〉最貧国の債務免除〈2〉援助金の大幅増額〈3〉アフリカの輸出機会を増やすための公正貿易の実現―を世界の政治家たちに訴えているわけです。こういうことを小泉首相に働きかけると意気込んでいるそうです。

 彼の主張は非常にカトリック的なんでが、これは彼がアイルランド人だからでしょうね。そもそもカトリックをはじめとするキリスト教の宣教師らが帝国主義の尖兵としてアフリカに渡り「無知蒙昧なアフリカ人を教化してくれる」とがんばった結果がいまの惨状つくったわけです。
 貧乏人が増えれば増えるだけ神にすがる教徒が増えるので、何よりという結社ですから。この面ではカソリックは共産主義と双子の兄弟です。
 で、植民地時代に、部族の反目を煽り、教育を受けさせない愚民政策を行ったわけです。

 しかも人口爆発は、避妊を禁じるカソリックが食い物やら医療を施したおかげで貧乏人、しかも援助慣れして、自助努力のかけらも持たない連中をねずみ算式に増やした結果です。 エイズにしろ、コンドームを使うことである程度は減らせのですが、カソリックの坊主や尼どもが邪魔をしているわけです。

 英国王が離婚したいために英国国教会をつくった気持ちがよく分かります。以前アイルランドではレイプされた女性が強姦犯人の子供を身ごもったさいにも堕胎すべきではない、というのでずいぶん議論になったことがあります。

 ボノ氏が行うべき正しい行為は、偽善コンサートや政治的運動ではなく、傭兵を雇い、偽善活動をしているカソリックの連中を皆殺しにすることです。
 そうすればまず、これ以上の人口増加、エイズの蔓延がまず止まります。
 それからバチカンの保有する財産(相当ため込んでいるはずです)を全部処分させて、それを基金にしてアフリカやら第三世界の援助を行うという運動を起こすべきでしょう。ついでに全カトリック教徒にも全財産を浄財として寄付して貰いましょう。きっと快く応じてくれるはずです。
 
 なんで、アフリカで植民地も持ってない、クリスチャンの少ない我が国がアイルランドの楽隊屋の言うこと聞かなければイカンのでしょうか?まあヨーロッパが原因を作ったといっても、別に今の世代の所行でもないので日本も援助は行うべきでしょう。

 ですが、以前も述べたように現地の人間が自立できる形での援助こそが必要でしょう。またカネを出すなら口出し手出しもすべきでしょう。何しろ国のカネといっても原資は我々の納めた税金なんですから、有効につかってもらいたいものです。

 禁治産国家から主権を取り上げて、シンガポール政府に開発独裁を委託してはどうでしょうか?現地人にはいっさいの主権も認めない。
 すべて援助する国が総督を派遣して管理する。賄賂を取ったら死刑、盗みを働いたらむち打ちとか。軍隊は全部武装解除、応じなければ殲滅、無論選挙も政治活動も禁止にする。 

 南アの財界の人たちと話すと、単なる援助はいらない。むしろ、害である。そんなカネあるならば、製品を買ったり、投資してくれ。そうすれば我々は雇用を増やし、従業員を教育できる。単なる援助は何も生み出さない、といった意見をよく聞きます。

 彼のいうように負債を免除すればモラルハザードを起こします。援助金の大幅増額も同様です。歯を食いしばっても負債を返すという気位がなければ、永遠の乞食国家を増やすだけです。彼のやっていることは自立心も、向上心もない貧民の量産を更に増やすだけです。
 彼の主張で 唯一賛同できるのはアフリカの輸出機会を増やすための公正貿易の実現だけですね。

 そりゃ、ぼくだって、誰か篤志家が何にもしないでも毎月何十万円か延々とお手当をくれるんなら身を削ってまで仕事なんかしませんよ。必死になって締め切り守ろうともしなくなるでしょうね。

 でも、こういう口当たりのいい運動にはメディアは好意的に扱うことが多いんですよね。でも、先進国で「来年度からアフリカ支援ために間接税を10パーセント引き上げる、世界からそれでも足りないなら毎年税率を引き上げ続ける」と政府が主張したらみんな受け入れるんでしょうか?どこか多少の善意を示せばいい、小遣い程度で済む、と思っているじゃないでしょうか。
 呑べえの多いアイルランドで、アフリカのためにビール1パイントに、料金の倍の目的税を課する、とかやったら暴動になるでしょう。

 彼は「政治家はロックスターがただ叫んでも、びくともしない。でも、彼らが気にする有権者や企業などがおれたちの存在を認め始めると、結構相手にするものなんだ。ライブ8はその大きなきっかけ。日本でもそれを狙っている」そうです。
 ですから我々がとるべき正しい行動はこういう勘違いした楽隊屋をボイコットしたり、レコード会社や小売店に「政治的」に働きかけるべきでしょう。彼がロックスターとして知名度と影響力を行使するならば我々は消費者としての影響力を使うべきでしょう。

 ボノ氏にはオナニーするなら他人に迷惑をかけないように、自宅でこっそりとして欲しいものです。

 ところで気になるのは、この記事を書いた飯塚恵子という記者が記事の最後で、
「トレードマークのサングラスを外し、静かに語る青い目がキラリと光った」と書いているんですね。

 彼女はボノ氏にシンパシーを感じているんでしょうね。新聞は中立であるべきで、主義主張をするな、という気は毛頭ありません。ですが、このような情緒的なコメントで記事を締めくくるのは、新聞社としての旗幟明らかにせず、その実暗に読者を誘導することになりはしないでしょうか。

U2のボノ氏「日本はもっとやれる」アフリカ支援要請
(ロンドン 飯塚恵子、敬称略)
(2005年6月18日14時1分 読売新聞)

 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050618i307.htm
 

この記事へのコメント

土門見人
2005年06月20日 00:45
 今思うに、白人がブラックアフリカにしてやったように、朝鮮半島に対してもしてやれった方がよかったんじゃないでしょうか。
 下手に教育の機会を与えたり、人材を育成したことが今になって徒になっています。徹底して愚民化し(もっとも、自らの手で急速に愚民化していますが)、日本人を本当に神と思わせるくらいに強圧的に振舞えば、今頃偉そうな説教されなくて済んだのです。
truely_false
2005年06月20日 01:15
贅沢に飽きた金持ちが、最後の道楽として、こういうふざけ果てた“慈善活動”というものしでかすのには、ホトホト閉口しています。ことに、U2は、日本でブレイクしたのが、世界的な人気のきっかけだと聞きましたが、その“味”をしめてのことでしょうか。彼らの抱いている悪質な“センチメンタリズム”こそが、弱者をスポイルしていることが、まだ分からないのでしょう。困ったものです。
2005年06月20日 01:26
愚民化政策を行ったら行ったで、厄介者になるのではないでしょうか。
ウリ達が貧しいのはチョッパリのせいニダ!
関わったこと自体が誤りかと。
2005年06月20日 01:40
同じ読売新聞の記事で、70年代からのアフリカとアジアに対する援助がほぼ同額という記事がありました。
援助方法を変えないと、またアフリカの大地に消えてしまうでしょう。
それもふまえて日本に期待しているのですかね?
キヨタニ
2005年06月20日 02:49
日本は植民地で愚民化政策をしなくてよかったではないでしょうか。韓国ともかく、台湾はまともな国家になったのですから。
韓国にしても一応、共産主義の防波堤としては機能をしているのでよし、としましょう。
かれらが19世紀末ぐらいに支那の支配をしりぞけ、ロシアの南下をくい止めることができなら大日本帝国はわざわざ、併合なんざせずにすんだのに。



キヨタニ
2005年06月20日 02:51
 アフリカに関して言えば、現在の混迷が、続いたほうが都合がよいと、考えている連中が欧米にたくさんいるわけです。
 最貧国といいつつも、地下資源がごっそり眠っている。そいつをせっせと掘り出しているのが欧米の石油メジャーやら鉱山会社です。

 
2005年06月22日 00:56
今も欧米の植民地(愚民化)政策が続いてるわけか。
アフリカに日本が存在しなかったのが不幸。
キヨタニ
2005年06月22日 03:05
アフリカでアルジェリアとか、スーダンとか、ズールー帝国は結構がんばったんですがねえ。
やはり、中世封建主義をへた文化の成熟(といっていいのかしりませんが)、地政学的な不利はあったでしょうね。

 やはり我が国の場合、島国という利点、機を見るに敏、というか機会主義者というか、自分の文化を捨てても列強に追いつけ追い越せというエネルギーが強かったことが大きかったとおもいます。
下村博士の後輩(8000人中の一人だが・笑)
2008年10月14日 11:17
 U2のファンでもないのですが、近年の芸能セレヴの社会活動に興味がある流れで、こちらに辿り着きました。
 記事を拝読し、白人たちの偽善や、真実を見抜けず表面的なことしか伝えてくれないマスメディアに対する厳しい目が伝わってきました。また、血税を有効に生かして来れなかった途上国援助のやり方への苛立ちも、頷けます。ただ・・・
 わが国との関係が良くない国や、戦乱の世に生まれ教育を受けられず、貧困の再生産を繰り返す国などを愚民と見下しておられる。
 わたくしも勤勉で穏やかな国民性の日本は誇りです。でも、他国を見下す行為も品が無いと思う。
逆に「白人は、自分たちを最も優秀な人種であると思っているくせに、ボノ氏みたいに偽善で自己満足にひたっている勘違いな白人もいて、始末におえんなぁ」的な考え方も、かなり失礼だと思います。それは、ボノ氏たちもうすうす判っているんではないでしょうか?「俺のやってる事なんて所詮は偽善かもね」って。
 でも、人間って皆、「俺が一番優れているんだ、本当は」と心では思っている。先生だってそうでしょう?
 やらない善より、やる偽善。
いかがでしょうか?

2008年10月14日 11:31
>「俺が一番優れているんだ、本当は」>と心では思っている。先生だってそう>でしょう?

その通りです(笑)。物書きなにて特に
そう思っていないとできないですよ。
ただ、一方でおれもしょうもないな、
とか本当に優れているのか、というような持戒を持つか持たないかは大きいでしょう。
月光仮面は「正義の味方」。あくまで味方なわけです。ところが白人国家、特に米国ではえてして自分を「正義」と呼びます。このメンタリティの違いは大きいと思います。

ようは自分に偽善の心があるかどうかを
客観的にみれる余裕があるかどうかではないでしょうか。
abcd
2008年10月14日 23:40
>「トレードマークのサングラスを外し、静かに語る青い目がキラリと光った」


正直、この程度では何とも思わないがねえ。
もっとひどいのがいっぱいあるし。
個人的な「シンパシー」は感じられないよ。
単なる味付けでしょうな。
下村博士の後輩
2008年10月16日 12:34
 コメントレスを有難うございました。
飛び込みの且つ

口当たりの悪い私のコメントにも、レスを下さって嬉しいです。
 混沌とした人の世、何が正義で何が悪なのか良くわかりませんね。
 43年の人生の中で経験や読書や芸術などを通して唯一判ったのは、他者の尊厳を奪えば、果て無き恨みを買い、災いを被るということ。
 言葉も武器です。
お考えが政治を変え、日本そして国を問わずまっとうに生きている人々の未来を明るくするものであれば、そうなってほしいです。ただその為には、先生の言葉が多くの人の心に訴えるものであるべきです。
 相手の尊厳を傷つける言葉のやり取りが、たとえば対中国や朝鮮との関係を草の根レベルで要らぬトラブルを増幅しています。どうか先生も「愚民」「楽隊屋」「皆殺し」など反感を買うような言葉を今後は使われないことが理に叶っているのではないかと、私は思うのですが。
 しつこくて申し訳ないですが、大勢の人に見られているこのサイトであるからこそ。




















(笑)
2008年10月16日 23:28
ご主旨は理解しています。
一部過激と思われる表現もありますが、TPOをわきまえてやっているつもりです。
ここはぼくのテーブルトーク場との位置づけですから、商業誌で書くよりも比較的ラフあるいはカジュアルな雰囲気でやっています。
下村博士の後輩
2008年10月18日 22:56
レスを有難うございます。
そうですね、私も先生の著書を読んだことは無く偶然にこちらに辿り着いたものですので、偉そうなことは言えませんです・・
 主旨を理解くださったというお言葉を素直に受け止めて、日本の防衛についてこちらで勉強してみたいと思います。戦闘機の性能の事などはわかりませんが、まじめに考えて意見を発信しておられる方にアンテナを張りたいので。
 先生の著書を拝読してから又伺います。
あ、それから此処は先生のラフな言語空間であり、息抜きと発散の場で有るような事は感じました。多分、勘違いナまじめ君がストレートなまじめさを投げかけてきて、「場違いな奴」と思われたかもしれませんが、わたしとしては無視される事も無く、先生と会話できてちょっと嬉しかったです。広島生まれの主婦で長崎の大学を出て医療関係の仕事をしていますので、戦争をしなくて済むにはどうすれば良いかと昔から考えていました。
 ではこの辺で失礼します。
お仕事がんばってください。
げてす
2009年07月26日 10:33
Bonoは一応プロテスタントなんだが・・・
バチカンの中絶反対にも異をとなえる一人なんだが・・・
正確には、ややカトリック的な考えも入ってるプロテスタント。一言キリスト教徒っても、だいたいの人が境界線が曖昧な感じだよ。単純に2つには割れない。

 と、主への反論はここまで。Bonoは偽善者ではない。では善者か?これも違う。単に思い立ったら感情先走る子供なんだな。アフリカの件も最初はちょっとした感情の芽生え。でも一般人と異なるのは、それを深く調べるのに色々とコネクションを持てちゃうところ。そういった群がる連中があーだ、こーだと吹聴する。そんな後づけの理屈が一つ主張や表現に繋がる。
 前の仕事柄、実は本人を真のあたりにした、つーかちょっと話した(ただの世間話だが)。
その時の印象や挙動、身近な周りの意見を総合すると、ちょっと変人気味な人。マスコミへの対応やら年齢のわりに老けてる見た目から、落ち着いた大人って印象持つ人多いだろうけど。

 なんだろ、一皮むけばそこらにいる人と変わんないよ。スターなんて周辺が作り上げるものなんだし。一連の来日にも、それ専用のお付の人がいるから、ああいったイベントにも参加できる。例えば大統領の演説原稿書いてる人がお付人なのと一緒。俺らが理解しないとならんのは、そういった事なんだよ。Bonoがどーこーなんて次元の低い話。悪く言えばBonoはしゃべる人形に過ぎない。

 今の世の中、あらゆる物事に損得勘定がついてまわる。それが資本主義社会の原則なわけだ。Bonoやアンジェリーナ・ジョリー(お二方、主張が似ているので)が発言する裏に何が潜んでいるのか?俺らが注意せにゃならんのはそこなんだと思うぞ。
伊達政宗の友達
2010年04月04日 17:06
みなさんの書き込みをみておもったんですけど、ボノさんは、自分がしたいということをしてるからいいんじゃないでしょうか、ボノさんは、この戦争ばかりの腐った世界、環境がうばわれていく世界、エイズで差別をうけている人々がいる世界、ボノさんは、それがいやだからそういう活動をしてるんじゃないんですかね?ボノさんを一皮むけば、そなへんの人と同じとか言う人もいますが、戦争や、差別があるからひとのもつ、すばらしい心がうばわれてしまったんじゃないでしょうか?ぼくは、ボノさんをおうえんしてます
2010年07月22日 18:08
何年も前のブログにコメントをする事に意味があるのかはわかりませんが、偶然ここにたどり着いたもので発言させていただきます。
自分はあなたの言う楽隊屋の音楽に心を動かされて、それまでほぼ何の知識もなかったミャンマーの軍事政権の事や人種差別、エイズの問題等に興味を持ち、自分なりに調べ、ちいさな飲み屋の店主としてお客様とそういった事をたまに語りあうようになりました。そういったきっかけを与えてくれたU2の音源に自分の働いたお金を使う事に何の躊躇もありません。
あなたの発言場所の位置づけはよくわかりませんが、多数の人間が読める場で、自分の心を豊にしてくれる存在のボノ氏の音楽活動の邪魔をしないで欲しいと思います。
少なくともボノ氏の音楽と発言をもっとしっかり見聞きするまでは。
2010年07月23日 03:29
何を信じようが結構です。
マッチポンプで人口爆発を誘発しておいて、
貧困対策を施すことを支持しようと、白人の旦那様にひれ伏すのもご自由です。

人間には騙される自由もありますので。

だからといって自分の信じるものを他人様に
信じろというのは原理主義、カルトの類です。
新興宗教の信者のオバサンが他人を勧誘しているみたいです。


もっと世の中を広く見ては如何でしょうか。
エド
2011年03月15日 19:06
おいおい、ボノを批判するのは結構だけど、
その批判の主幹となっている、

>クリスマスがどうのこうの持ち出した時点で、彼の思想の底の浅さ、

って部分、
『Do They Know it's Christmas?』を書いたのはバンドエイド発起人のボブ・ゲルドフとミッジ・ユーロであって、クリスマスを持ち出した云々言うのならそれにボノ関係ないしw

坊主憎ければ的な感情は分からなくも無いで自称もの書きなら、もう少し調べて書こうぜ!


>ボノ氏にはオナニーするなら他人に迷惑をかけないように、自宅でこっそりとして欲しいものです。

キヨタニさんも電波飛ばすなら、自宅でこっそりして欲しいものです。
匿名希望
2011年03月15日 23:02
>再結成「バンド・エイド」シングル1位…全英チャート

>20年ぶりに再結成された英人気歌手らによるチャリティープロジェクト「バンド・エイド」が再録音したシングル曲「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」が5日発表された全英チャートで1位となった。

http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_12/g2004120607.html

へえ、ボノは関係ないんですか?競演しても。
blue
2011年08月06日 10:22
少なくともボノは、陰で他人の抽象をするだけで何のアクションもしないあなたのような人間ではない。

2011年12月13日 13:24
あなたのような人は危険ですね。エイズを亡くすために人を殺すことを誘発させるというのは極端な思想ですよ。ナチスと何ら変わりませんね。
2012年05月18日 02:13
U2は、日本でブレイクしたのが、世界的な人気のきっかけだと聞きましたが、

U2なんて日本で元々全然人気出てないしw

日本人みてーな馬鹿にはU2は理解できないよ
偽善者
2014年09月19日 22:33
彼の活動はあなたのような評論家が現れることを大前提のうえで、なおかつ行われているかと。少なからず彼の活動は誰かの為になっているが、あなたのコメントは風の前の塵で終わっている。あなたが自分の富を10分の1でも誰かの為に捧げることができれば、あなたの批評は真実実を幾らか持てるかもしれない。
2014年11月17日 11:25
>あ

バンドエイドのせいでより悲惨になってるんだよ、

外国人の介入のせいで拷問役帯女性はさらにひどい目に遭ってる、より状況が悪くなった


バカ日本人が見てもノーベル賞受賞者が見ても、、、


バンドエイドの活動は現地の人をより苦しめてるだけだってわかる


現地が更に悪くなってること知らないの?
寒天
2019年07月07日 11:38
>ボノ氏が行うべき正しい行為は、偽善コンサートや政治的運動ではなく、傭兵を雇い、偽善活動をしているカソリックの連中を皆殺しにすることです。
いやだめでしょ

この記事へのトラックバック

  • U2ボノ vs コイズミ @LIVE8

    Excerpt: U2のボノ氏「日本はもっとやれる」アフリカ支援要請 世界的なロックスター、ボノ(45)が、アフリカ貧困の撲滅を目指し、精力的に動いている。 7月初めの主要国首脳会議(グレンイーグルズ・サミット)前の同.. Weblog: Here There and Everywhere racked: 2005-06-20 00:31