初心貫徹、ではなくて単に頭が固いだけだった?羽田元首相

 大平内閣時に提案された省エネルックがその後忘れ去れてた後も羽田のみ、只ひとりあの恥ずかしい省エネルックを着用しつづけてきたのはご存じの通り。
 ぼくは羽田氏が信念を曲げず、我が道を行くという姿勢に畏敬に近い念をもっていましたが、どうも勘違いしていたようです。単に意固地なだけか、ファッションセンスが皆無か、頭が固いだけなのか、あるいはその全部だったのでしょう。自分の不明に恥じ入るばかりです。

 羽田氏は、首相の靖国神社参拝について「(中国の反発は)被害者の悲鳴だ。なぜ独り善がりで突っ張っているのか。戦争は絶対やらないという覚悟を持っているなら、何回わびても限界があるとは思わない」と、首相の姿勢を批判したそうです。
 単にこの人、融通が利かないというか、頭の切り替えが利かないだけなんですね。70年代の日中友好熱烈歓迎の時代から進歩していないだけ。そのくせ当時中国政府がかつて周恩来が言ったことを反古にしても何も抗議しないのは何故?

 誰も悲鳴なんか挙げてませんよ。抗議をしているフリをしているだけ。言うのは只なんだから、ごねているだけ。単に当たり屋が自動車にはねられたフリをしているだけです。
政治的に利用できるものは利用しようとしているだけですよ。

 だいたいチベットを侵略して、未だに植民政策を続け、「隣国」台湾の総選挙に対してはミサイル演習で脅迫をするやくざのような国がそんなにナイーブなわけないでしょう。
 友人の元香港人もいっていましたが、中国は変わったと思った。だが昨今の出来事をみていると連中は何も変わっていない。奴らは人間ではない、と憤っていました。台湾人やら香港脱出組は民主的な環境に慣れてしまってますから、それだけ強烈に彼の国の欠点が見えるのでしょう。

 まあ羽田氏のような人物でも昔は総理が務まった、というかこういう人が総理になってしまう国だから周辺諸国から安く見られるんでしょうね。まっ、民主党が政権をとれるのはずいぶんと先になりそうですね。

何回わびても限界ない 羽田氏、靖国参拝批判
(共同通信) - 6月13日20時34分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050613-00000204-kyodo-pol

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

夜回り
2005年06月17日 17:52
この人、秦氏の末裔で先祖は中国から渡って来たって公言してました。当時は中国側も「日本の総理に中国人の子孫がなった!」って、比のアキノと併せて歓喜してましたね。偉大なる中国人民万歳って。
田舎の小役人
2005年06月17日 18:50
最初この記事の見出しを読んだ時は、何度謝っても延々謝罪要求をされるからきりがない。と言っているのかと思ったら全く逆の意味だったので思わず笑ってしまいました。
ま、こういう人の発言が記事になる位ですから支那人は何でも言いがかりは付けてくるでしょ。これも限度がない。
キヨタニ
2005年06月17日 20:35
ある意味、民主党っていろいろな人がいて面白いですね。でも、与党にはなってほしくないなあ。
田舎の小役人
2005年06月17日 22:00
かって社会党の最大の危機は政権を取った時だと誰かが言っていたんですが、そのとおりになりました。
多分、民主党が政権取ったら同じく、最大の危機を迎えるでしょう。
もっとも、一貫した主張のないままでは政権は無理でしょうが。
キヨタニ
2005年06月18日 00:28
まあ、一致しているのは政権とりたい、ということだけの党ですから。北朝鮮の手先みたないのがいたり、横道元北海道知事みたいな無責任男がいるかと思えば、鳩山のぼんぼんやら国士、西村慎悟まで・・・・
 これでまともな政策だせるんかいな。良識派は党を割るべきでしょう。急がば回れ、とおもうんですがねえ・・・・
四重三郎
2005年06月18日 10:22
政党助成金が縛りになっているんでしょう。
もともと2大政党にするための仕掛けだし派閥を解消するための効果もあるようですね。
これのおかげで今日の保守化が促進されている気もします。
キヨタニ
2005年06月19日 02:31
国の借金を減らして高福祉を望むのであれば、公務員を減らせ、無駄な予算をつかうな=小さな政府にしろということになります。となると
ナショナルセンターを票田に抱えた民主党は不利となりますね。
 赤い貴族と化した労組幹部、生活や雇用よりイデオロギーを優先した組合のありがたが組合運動をゆがめてきたと思います。
カルロス
2005年06月19日 23:40
>国の借金を減らして高福祉を望むのであれば、公務員を減らせ、無駄な予算をつかうな=小さな政府にしろということになります。

高福祉と小さな政府は矛盾するような気がします。
単に年金や失業手当、生活保護費を充実させるだけが福祉ではないと思います。
福祉と民間企業の営利追求という概念も一致するとは思えませんがいかがでしょうか。
高福祉というからには、それに従事するスタッフが必要であり、人を相手にするという仕事は金がかかるものでし、人の世話をする仕事がコンビニのバイト並みの賃金では誰もやりたがらないですよ。

この記事へのトラックバック

  • 未来に続く靖国問題

    Excerpt: 「靖国参拝の不思議(上)」では、靖国参拝がそもそもは政教分離を巡る国内問題であったことを論じた。「同(下)」ではなぜ国際問題となったか、そして国際問題であり続けるかという点を論じる予定だが、その前に、.. Weblog: ◆木偶の妄言◆ racked: 2005-06-18 12:12