清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS C-2って作る必要あったのかね?

<<   作成日時 : 2018/02/04 13:14   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 20

自衛隊最大の輸送機が運用開始 従来機の1.5倍サイズ
https://www.asahi.com/articles/ASL1Z7QGXL1ZUTFK01Z.html

本当に何機調達されるんでしょうね?

そもそもどのような輸送機がどういう目的で何機づつ必要なのか、というポートフォリオは発表されず、C-2の開発調達だけを要求してきました。

本来、C-1の後継をより大型にするのであれば、CH-130Hの近代化あるいは後継、更にC-27Jとか、それ以下のクラスの輸送機だって必要でしょう。

そして何をどのように運ぶのか。いままでC-1が担当していたような小回りの効く輸送機は必要でしょう。
また本来特殊作戦用の輸送機と専用部隊も必要だったわけですが、俺たち関係ない、ですからね。

統合運用?何それ、美味しいの的な話でしょう。

また派生型も含めてC-2が何機いるのか。例えば早期警戒型や電子戦機もこれでやるのか?空中給油機はどうするのだ。そのようなグランドデザインを納税者に全く示しておりません。

単に威張りが効く国産輸送機が欲しかった、としか思えません。

挙げ句の果てに、復興特会で、完成もしていないC−2二機を青田買いです。
被災者のポケットに手ェ突っ込むようなことまでしています。
人間として許される行為ではないでしょう。これに違和感を感じないで予算を要求するのは、公務員以前に人間しての倫理観に欠陥があるのではないかと思います。


P-1との同時開発も無理ありました。
この時期US-2も同時開発となり、兵隊の数の少ない日本の航空産業にとってはオーバーワークとなっており、これがP-1及びC-2の開発の遅れ、不具合、開発コストの増加の要因となっていると考えられます。これを想定できなかったのは空幕装備、技本が無能でプログラム管理能力が無かったということでしょう。

P−1と開発時期をずらすのであれば、日本の業界が大型機を作る機会を後進の設計者にも与えられたでしょう(当時は、MRJは存在しませんでした)。両機の同時開発は先のことを全く考えなかったといえます。
防衛省には産業育成という観点が存在してきませんでした。まあ、それは経産省も同じですが。
せめて、2機種をズラして開発すれば、長年にわたって大型機設計のノウハウが継承されることになったのですが。
MRJが始まって無かったら、それも無くなっていたでしょう。
であれば単なる税金の無駄使いです。


そもそも戦術輸送機に不整地運用能力が無いのは異常です。空自と自衛隊大好きな軍オタさんたちは顔を真っ赤にして反論するでしょうが、それは世界では通用しません。
空軍基地が攻撃されて滑走路が破壊されたらどうするんでしょうかね?一時的な埋め戻しでは運用きないでしょう。滑走路を舗装するまで敵が待ってくれるのでしょうか。それとも空自の航空基地の滑走路はなんかの特殊合金かで作れていていかなる爆弾も跳ね返すんでしょうかね?

またC-2が投入されるPKOなどでも現地の滑走路が舗装されているは限りません。

要は平時の運用しか考えず、不整地運用能力を付加しなければその分、機体が軽くなりコストも安くなると言うような平和ボケしたことを考えていたのでしょう。

そして最大積載量も26〜28トン程度のようです。装備庁のHPとLCCでは搭載量も異なった記述になっているのもそういう理由があるからではないでしょうか。LCCでは搭載量は8トンのC-1の3倍となっています。

装備庁は搭載燃料を極端に減らした状態の積載量を最大積載量といっているようですが、そんなことは海外の潜在顧客には通用しません。こういうインチキをやっていると海外の潜在顧客からも信用を失います。


しかも政府は民間転用が可能だと、国費を使って調査までさせています。
報告は大本営発表もいいところのインチキです。そもそもC-2を民間転用するには数百億円かけて耐空、型式証明を取ることが必要ですが、川重にはそのリスクを負うつもりは更々ありません。
つまり、そもそもはC-2の民間転用は絵に描いた餅で、それが食えるかのようなでまかせの調査を国費を使って行い、延々と民間市場に売れると、売るつもりですが言い続けた防衛省と川重の責任は大きいと思います。


絵に描いた餅で、納税者のバラ色のインチキな景気のいい話を吹き込むのは詐欺に等しい行為です。
「防衛省開発航空機の民間転用に関する検討会」のメンバーの方々は「有識」ではないのか、「有識」であるならば良心というものがないのでしょうか。

C-2輸送機の輸出構想は、「画に描いた餅」
http://toyokeizai.net/articles/-/56949


輸出するにしても値段はペーロードが約3倍のC-17と同じレベル、不整地運用能力がなく、ユーザーは空自だけで、パーツのサプライも怪しい、その上実績も無い平和ボケした日本の輸送機を買おうという奇特なユーザーがおるでしょうかね。

しかも、これがたった13機で終わるならば、そもそも開発する必要は無かったでしょう。
そのリソースは他のプロジェクトにつぎ込むべきでした。


■本日の市ヶ谷の噂■
昨年、ヨルダンの特殊部隊訓練施設を見学した高須医師が、「テロリスト諸君、私はここにいる!」とアンマンでツィートし、在ヨルダン大使が困惑したのとの噂。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
> 要は平時の運用しか考えず、不整地運用能力を付加しなければその分、機体が軽くなりコストも安くなると言うような平和ボケしたことを考えていたのでしょう。

> そもそもC-2を民間転用するには数百億円かけて耐空、型式証明を取ることが必要

平時の運用しか考えていないのなら、民間貨物機を必要に応じてレンタルするとか、あるいは中古の民間貨物機を購入・改造して使った方がC-2新規開発より安上がりだったと思う私は軍事の素人?w
被本塁打大王
2018/02/04 14:48
> 昨年、ヨルダンの特殊部隊訓練施設を見学した高須医師が、「テロリスト諸君、私はここにいる!」とアンマンでツィートし、在ヨルダン大使が困惑したのとの噂。

はた迷惑な御仁ですね。黙って被災地支援していればいいのに、ナチス礼賛だの、731部隊擁護だのは余計です。事実上の嫁である西原理恵子は諫言しないのか?
被本塁打大王
2018/02/04 14:59
同感ですね。C-17で十分だったと思います。「日本の航空機産業育成で必要だった」という意見があるかもしれませんが、ボーイングの下請けができるくらいにはなっているので、これ以上の助成は不要でしょう。旅客機とビジネス機の違いはありますが、経産省の乳母日傘のMRJの苦境と、自主独立のホンダジェットの成功を見ると、もう国が航空機産業を支援する時代は終わったと感じます。
横浜の黒豚
2018/02/04 15:59
高須先生、何をするかと思いきやorz。それはそれで、ペイロードは公式の2/3ですか...。これが民間企業が市場に出した商品なら立派な詐欺ですよね。よくまぁ、野党のセンセイ方も気になさらないことで。ま、防衛ネタは票には直接には結び付ないのでしょうけども、税金の無駄遣いを追及することには変わらないハズですし、ぜひとも追及していただきたいものです。


>陸上自衛隊の主力小銃「開けた場所では圧倒的な強さ」=中国メディア

http://news.searchina.net/id/1652893?page=1

中国メディアにすら高すぎるだの、信頼性が低いだの指摘される89式って...。
KU
2018/02/04 17:48
実用の面を考えたらC-17の採用が最も妥当でしたね、結果的に。
お値段的には若干高く売りつけられる可能性もありますが、性能面でだいぶ優位ですから割高にはならないでしょう。
で、これは開発時にキヨタニさんが危惧してた通りになってしまったという事でもあります。
性能はぶち上げたものが大体達成できてないし、値段だってP−1と共用部品を増やす事で大幅に安くするって話だったはずですが、実際どれだけ共用できてるんですかね?
「ガンダムUC」の作中の地球連邦軍が主力量産機のジェガンとのパーツ供用を重視して可変MSのリゼルとアンクシャ、高級機のジェスタを配備してる話を思い出しましたがアニメみたいに都合良く別種の機体と共用を図るなんてのはなかなか上手く行くものじゃありませんね。
C−2はやはり割の合わないオモチャになり果てました、ってオチでしょうか。
八王子の白豚
2018/02/05 01:15
C-17を採用しなかったのって建前上は足が遅いからというのと運用できる飛行場が限られるからだったとは聞いていますが実際はどうなんでしょう。個人的にはC-2好きですけど、性能は盛らずに正直に発表して欲しいですね、私は責めたりしませんから、私は。
BB
2018/02/05 02:13
C-17とC-130Jを購入又はリースとなると維持管理を考慮すれば益々アメリカの企業に握られますね。

A400Mの購入又はリースでは駄目ですかね?

できれば空自に少し前のF-Xでもユーロファイターの購入又はリースを選んでほしかったです。

F-35Aよりも航続距離が長いF-35Cが空自に向いているのではと考えた事があります。

最後にCH-130HはC-130Hですよ。
Masaya Hariu
2018/02/05 04:49
C-2とP-1の同時開発、部材の共用化はF-35開発並に無理筋だと思っていました。少なくともF-35BはF-35から離して完全別設計にしておけばF-35A,Cは既に開発を完了していた事でしょう。共通性の少ない機種を無理やりまぜると大幅な遅延を起こす悪い見本と言えるでしょう。むしろ完成?したことに少なからず驚いています。C-2とP-1なんて胴体も翼の付け方もエンジンも外観もコンセプトも何もかも大違いなのに無茶するから。個人的にはC-1をC-17とC-130HをC-130Jに更新するのが良いかと考えていましたが。あと遅れてしまったA400M。機体規模といいエンジンがターボプロップ4発以外はほぼほぼ同じだし無理に開発するリソースは勿体無いですね。もっともイリユーシンの様に空中給油型、早期警戒機型など複数のバリエーションを考えていたなら多少意味はあったのかも?それと民間型はありえません。MRJを見てよくわかりましたが、最初の設計段階から耐空証明を取るための設計をして耐空証明を取ってから軍用機に横展開する流れでないと恐らく頓挫します。最初に軍用機を作って後から民間型への変更は新規設計し直すほど大変です。あとご自慢の国産からかなり遠のいて耐空証明の取れた国産部品以外とドンガラを除いてほぼ外国製の部品や計器を使わざるを得ない状態になるでしょう。MRJの様に。つまりどう考えてもありえないんですよ。しかも川重はBK-117などヘリしか耐空証明取った事ないと思いますが。調査するまでもない、防衛装備庁も相当無知と言うかアホレベルです。
やれやれ
2018/02/05 16:52
仮にC-17導入するにしても自衛隊には手が余るような気もします。
性能面では言う事はありませんが
大卒無職
2018/02/05 18:46
>自衛隊ヘリ墜落 隊員1人の死亡確認

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180205/k10011316151000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003


>首相がAH64ヘリの飛行停止を指示

http://this.kiji.is/333179558876808289

飛ばすも何も、まともに飛ばせる機体って5・6機も無いのでしたか。
KU
2018/02/05 20:14
> A400Mの購入又はリースでは駄目ですかね?

Masaya Hariuさん、対米自立も兼ねて欧州機購入ですか!私はアリだと思いますよ。

C-2同様、コスト上昇や重量オーバー等の問題が発生しましたが、既に実戦経験済み&ローンチ国以外にも売ってますし。
被本塁打大王
2018/02/05 20:15
被本塁打大王氏へ

同じ考えの人がいて嬉しいです。

輸送機の記事と変わりますが、イスラエルのアロー3とかタボール21も購入又はリースをすれば、現場の評判が悪い武器より有用だと思います。

ところで陸自のAH-64Dが1機墜落しましたが、清谷氏が自身のブログで何度も述べてきた「不要品購入したり毎年やらなくてもいいお祭騒ぎに大金を浪費して、維持管理に必要な予備の部品が購入出来ず武器の稼働率が下がってる」噂は本当だったのですね。
Masaya Hariu
2018/02/06 05:05
>事故機は通称「アパッチロングボウ」専門家「機体整備の問題か」

http://www.sankei.com/smp/west/news/180205/wst1802050058-s1.html

>>13機と少なく、使用頻度が高いのに整備する人員は限られ、整備の質の低下が問題視されていた

青木さんの耳にも届いていたようですね。それにしても、ロングボウですらこうなのだから、ほかの機体の整備体制は大丈夫なのでしょうか?
KU
2018/02/06 06:55
>陸上総隊、3月27日に発足 島嶼防衛に「不可欠」

http://www.sankei.com/smp/politics/news/180206/plt1802060048-s1.html

それならそれで、方面隊を統廃合するとかいうならともかく、単に屋上屋を重ねただけですものね。第一線の部隊は痩せ細り任務ばかり増えれば、今回のロングボウの墜落のようなトラブルが続出するでしょうに。でも、高級幹部は組織内政治最優先で、誰も火中の栗を拾わないと。産経も礼賛ばかりしていないで、少しは実情を見ようとすれば良いのに。
KU
2018/02/06 22:34
清谷様
兵器産業のみならず、日本も「何でも自主開発」から、「選択と集中」による重点化が必要な時代に入っているような気がします。

確か、清谷様も主張されていたと思いますが、平気の場合、どのジャンルに「選択と集中」できるものでしょうね。
ブリンデン
2018/02/07 12:21
お邪魔します。
 この件は「日本は技術大国だから、その気になれば航空機など安々と作れる」という"驕り"と、「日本は技術大国だから、航空機ぐらい作れないと恥ずかしい」という"見栄"の産物ではないかと思われます。"驕り"があるから先を見据える事もなく安直に作ろうとし、安直だから当然の如く良い結果は生まず、"見栄"があるからその経験を生かす事も無く捨てて「無かった事」にするのでしょう。こういう事を繰り返し続けるのが今の日本で、そればかりか粘り強く頑張った人が成果を上げても、頑張った人達を追いやって、さも自分達の手柄のように振る舞うのでは。
ブロガー(志望)
2018/02/07 21:13
Masaya Hariuさん、

余談ですが、A400Mやユーロファイター、F-35の開発が遅れたり、経費が上昇したりしているのは複数国が開発計画に参加しているのも原因だと思います(なお、C-2は日本しか開発してないのにグダグダになっているのが何とも…orz)。

C-17は2015年限りで生産終了ですけど(http://jp.wsj.com/articles/SB10001424127887324353404579084751838868892)、A400Mは同年にローンチ国でないマレーシアに売るなど営業中。日本も買おうよ!
被本塁打大王
2018/02/07 22:27
なんか、清谷さん含め、みんなずれてる。国産やめて、輸入すれば、今は安く買えるかもしれないけど、長い目で見たときに本当に安くなる?C-2を推すわけじゃないけど、C-17と比較すること自体ナンセンス。
民転の話は、武器輸出の話に絡んでくるんだけど、政府が無能なんだよね。川崎が勝手に他者に売ることなどできない。TC費用もそんな状況の開発段階で川崎が負担できるわけもない。結局FMSしかないんだけど、それさえも防衛省は川崎まかせにしようとしている。防衛省含め政府が無能。国内機体メーカーは民需にシフト中だから、自衛隊最後の国産大型固定翼機になる。そうなれば、清谷さん他の希望通りになるんだけど、価格は需要と供給で決まる、果たして安いのかな?その時、気づいても遅いんだけどね。
#2904
2018/02/08 19:15

 さっさとC-17は買うべきでしょう。国産に何の意味が?長い目で見ても安上がりでしょう。部品も米軍が採用してる限り供給されますから。日本のように数百機買うのではない、せいぜい数十機のための国産は、高くつくだけでしょ。それに、需要がある、すぐに買い足すとなってもメーカーに受注能力はあるのですか?数十機の大量発注に応じられるのでしょうか?そこであわてて他国から借りる、輸入となっても、整備の方法も知らない、ノウハウもないではかえって困りませんか?
それにしても世界中で軍用輸送機が大量に必要になるってどんな状況なのでしょうね。高い、安いを論じる前にそのときは日本人の生活は危険水域にあるのでは。
国難突破選挙?
2018/02/10 18:49
国難突破選挙?さん
残念ながらC-17は2015年でラインが閉じているので新品は買えません。中古で買えるかどうか...もっともラインを復活させる噂もあるようなので将来は分かりませんが。
やれやれ
2018/02/19 23:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
C-2って作る必要あったのかね? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる