清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS AH−Xは単純な攻撃ヘリの更新でいいのか。

<<   作成日時 : 2018/02/01 11:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 16

来年度は陸自のAH−X選定が本格化しそうです。

現在、候補はAH−64E、AH−1Z、UH−60の武装型、OH−1の武装型、UH−X(B412改)の武装型などが提案されるようです。

既にご案内のようにAH−64Dは僅か13機で打ち切り、運用稼働機は僅か数機で、事実壊滅状態、これで更新されるはずのAH−1Sは老朽化に任せ、稼働機体は激減、しかも旧式化で現代戦に耐えられない。これまた事実上壊滅状態。

事実上役立たないこれらの攻撃ヘリを、多額の税金をつかって維持しているのは犯罪的であるいっても過言でありません。対して韓国や台湾は一気呵成にAH−64Eの導入を輸入でまかなって、どちらがお利口さんか誰の目にも明らかでしょう。ソ連だったら、シベリア送りか銃殺でしょう。

装備調達の組織あるいは、制度、文化に致命的な欠陥があるとしか思えませんが、陸自上層部にその認識がないのでしょう。

陸自は責任を取らなくていい組織なので、未だにOH−1ベースの機体とかいう寝言を言う人たちがいます。

汎用ヘリの武装化を提案している会社も、ヘリのFCSの開発経験がなく、開発に多額のカネが掛かり、ただでさえ高いラ国のヘリですから価格は高騰するでしょう。
汎用ヘリの転用は、武装を降ろせば汎用ヘリとして簡単に使用可能のように考えている節がありますが、実は結構手間がかかります。本当にそれを考えているんでしょうかね。

今回はレーダーも仕様に入っておらず、
とりあえず安くて火の出るオモチャが搭載されていればいいという安直さが透けて見えます。


AH-X選定を単に攻撃ヘリの選定に矮小化して宜しいのでしょうか。

失敗作のOH−1の後継も問題です。OH−1は当初7億の単価が24億に。調達機数は250機から34機に激減、ローターブレード、エンジンのトラブルで述べ3年以上の飛行停止です。

今後エンジンの改修を行っても34機全機が飛行可能になるのは、10年は先でしょうその頃には用途廃止も始まります。OH−1を維持するなら、不要な税金の垂れ流しを続けることになります。

更に申せば、本来OH−1で更新するはずだったOH−6もどんどん老朽化が進んでいます。

まさに陸自航空隊は危機的な状況にありますが、中の人たちは未だに危機意識が欠如しているようです。

武装ヘリ導入であれば攻撃ヘリだけではなく、偵察ヘリの更新も一緒に考えないといけないと思います
仮に汎用ヘリの武装化であれば、偵察ヘリの更新と一緒に考えるべきです。例えばH135Mクラスも候補にいれるべきです。安価で運用コストも低いならば、民間ヘリと共用のプラットフォームを選択するのも手段です。H145M(BK117)もそうですが、武装パッケージが存在するのでこれらのような既存の装備を導入すべきでしょう。

上を見ても30機ほどのAH-Xを新たに開発するという「道楽」をする予算的な余裕は陸自には無いはずです。


そもそも論でいえば、何故AH−Xが必要かということを考えるべきです。
現在の攻撃ヘリはかつてのように、低空を匍匐飛行で飛び、敵の機甲部隊を攻撃するのが主任務ではありません。しかも低空では携行型ミサイルやRWSなどの普及が進み、生存性も低下しています。

現在の攻撃ヘリの任務は上空にとどまり、ISRや火力支援を行うことが主であるといえるでしょう。

そうであればそのような任務が可能他の代用手段も考慮すべきです。
実際に陸自ではスキャンイーグルを導入するので、これと組み合わせて運用することも重要です。
また一部の偵察ヘリの任務はこれに置き換えることができるでしょう。

ですが偵察ヘリはリエゾンや小物の輸送が実は大きな仕事です。これをどうするのか。
一部は既に他国で実用化されているように無人化した機体を使用することも考えるべきでしょう。
だから偵察ヘリを完全にUAVで置き換えることはできません。


またISRや火力支援であればCOIN機の導入も候補に入れるべきです。

ターボプロップのCOIN機は、攻撃ヘリ2機分で1個飛行隊分が調達でき、また運用コストもヘリに比べて格段に安い。しかも滞空時間はヘリの数倍です。アフガン戦でも問題になったのは、必要な時に攻撃ヘリが頭上にいないことです。だからこそ、COIN機の導入が真剣に米空軍ですら検討されてきたわけです。

もうひとつの理由がコストです。空軍のジェット戦闘機をゲリラ狩りなどに使うと、燃料代や運用費用は勿論、機体も飛行時間の増加によって損耗します。それは空軍に取って大きな負担です。ゲリラ狩りならばCOIN機の方が遙かに費用対効果が高いわけです。ですからOA−Xというプログラムも真剣に検討されているわけです。

よく攻撃ヘリが猫の額ほどの場所で運用できると思っている人がいますが、それは誤りです
該当地域に長時間貼り付けるならば、例えば二機ずつ貼り付けるならば相応の機数が必要となるし、整備や補給部隊のスペースも必要です。

無論COIN機は垂直離着陸ができませんが、全国に結構多くの空港、飛行場がありますから、それらを使うことができます。ですからゲリコマ対処には非常に有用でしょう。アークエンジェルのような農業機を転用した機体であれば不整地でも運用できるでしょう。


またあわせて武装化した無人機というチョイスも検討すべきです。
つまり、攻撃ヘリまたは武装ヘリ、武装ヘリであれば偵察ヘリの共用プラットフォーム、偵察用無人機、有人ヘリの無人化型、攻撃用のUAV、COIN機などのポートフォリオを検討した上で、何がAHーXにふさわしいか検討すべきです。


AH−Xを単に攻撃ヘリの更新と考えると将来を誤ると思います。まして天下り先を維持することを最優先するなら尚更です。

オスプレイやAAV7,イージスアショアの導入などによって、陸自の予算、特に維持整備は圧迫される可能性が極めて高いわけで、将来少ない予算で如何にISRと火力支援、輸送力を確保するかが鍵になるかと思います。
少ない予算を有効に使うことを真剣に考えた方が宜しいかと思います。


■本日の市ヶ谷の噂■
8輪装甲車開発でミソをつけたコマツは、天下り受け入れをしない方向に転換、との噂。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
64Dとありますが、64Eの間違いではないですよね?にしても陸自って、ヨーロッパ製のヘリには無関心なのでしょうかね。何しろ、OH-1を除けばAH-Xの候補は全てアメリカ製(もしくは原型機がアメリカ製)なんだもの。あとUAVを武装化するなら、エアバスのアレとかNGのアレ辺り(これだと陸自が運用するにはサイズ的に大きすぎるでしょうか)なんて、比較的短期間に改造出来そうですね。あとは、どのくらいの期間で、どの程度の数(AH、UAVともに)を揃える気があるかでしょうか。
KU
2018/02/01 12:53
〉64Eの間違いではないですよね?

ご指摘ありがとうございます。
キヨタニ
2018/02/01 14:56
> 8輪装甲車開発でミソをつけたコマツは、天下り受け入れをしない方向に転換、との噂。

天下りの受け入れではなく、製品の良し悪しで商戦に勝つのが本来のあるべき姿勢。これ、防衛産業に限った話ではないですよね?
被本塁打大王
2018/02/01 20:04
AH-64Dを途中で調達打ち切ってスバルと揉めた時、どうなるんだろう?とずっと思っていました。モンキーモデルをラ国で高いから打ち切りってなんだかなと。一飛行隊分で終わりですからね。明野航空祭でAH-64の教育が終わったので後どうするのか聞いたら航空学校の分(明野、霞ヶ浦)も来年度から全部目達原に集約すると言っていました。関東では滅多に見れなくなりそうです。閑話休題、個人的にはアパッチでおおと喜んだものですが打ち切る位ならAH-1Wで良かったんじゃないでしょうかね。携行ミサイルの進化で対戦車ヘリが不要になるなら大きく見直すべきなんでしょうね。OH-1武装版は無いでしょう。OH-6も減っているしヘリに関しては全面的な見直しが必要なのには同意です。COIN機に関しては個人的にピラタスPC-9が好きなので空自の練習機もそうなればと思ったのですがPC-7案からT-7になってしまい残念に思っていました。T-7では魔改造してもCOIN機には向かないでしょうから将来色々考えるならピラタスかツカノが良いかなと。防衛大綱も見直すようですし成り行きが気になります。
やれやれ
2018/02/01 23:18
攻撃ヘリについていうと、戦車の射撃能力でレオパルト2A5とかでしたっけ、第三世代西側MBTで言われるのは「低空を飛行するヘリも撃墜できる」とかそういう能力があるとは雑誌でも時々言われますね。射程が120mm戦車砲と同程度で、撃ちっぱなし能力の無いATGMを積んだヘリは、SAM回避のために戦車砲の届く高度で戦車を撃つとなると、ミサイルが戦車の装甲を貫徹云々の前に戦車に返り討ちにあう可能性もある。かといって、戦車砲の仰角が届かないところから撃ち降ろそうとすれば、それは間違いなく携帯SAMや短SAMの射高内になる。となると、結局せめて携帯SAMや戦車砲の届かない距離から撃ちっ放しできるATGM(あるいは誘導爆弾)でアウトレンジするしかない…という思考実験は容易にできそうなものですがね。

ところで装備調達に関して、防衛費を諸外国並みという話は時々私も耳にします(その諸外国と言う定義がどういう国を指すのかはさておき)が、米仏中露のような国家でも、人員や部隊の統廃合という面では日本よりは明確な方針を持って大鉈を振るっている部分はあるように感じます。それができない限りでは、日本が「諸外国並み」になるには、諸外国よりも対GDP比でもっとお金をかける必要性があるように思えてなりません。「わが国固有の事情」と「諸外国並み」の恣意的な使い分けはどうかと思います。
ふきのとう
2018/02/02 00:40
オスプレーを導入するのなら、へりよりF−35Bを陸自で導入すべきでしょう。
偵察任務であれば、我が国独自のラジヘリで十分だと思いますが・・・
simo
2018/02/02 04:45
シベリア送り、良かったです
aaa
2018/02/02 20:20
私はUAV(ドローン、いわゆるヘリ型、飛行機型の両方)をメインに考えて、有人機で補完する体制を組むのが、最も費用対効果が高いと思います。従来の延長ではなく、何が最も効果的かゼロベースで見直す時期に来ていると思います。
横浜の黒豚
2018/02/03 09:53
今から15年前くらいに米国コンピュータメーカーの日本法人に勤務しておりました。そのころ、防衛省と在日米軍のIT関係の勉強会にオブザーバーで参加したことがあります。「つながないのが最強のセキュリティ」ぐらいに考えていたので、インターネットにもばんばんつないでしまうようなネットワーク化を推し進めていた米海軍のネットワーク担当者の発表に、大変驚いたものです。防衛省はいまだに「つながないのが最大のセキュリティ」レベルにとどまっていると思います。ヘリにしろ、ドローンにしろ、清谷さんが、いつも主張されているように、戦場全体を一つのネットワークとしてとらえ、その構成要素として、最適なものを検討していけば、おのずと正解がでるのではないか、と思います。天下り先確保の発想でやっていると、15年前からまったく進歩がないと思います。
横浜の黒豚
2018/02/03 10:14
>>>COIN機

売れ筋の機体を採用するなら、やはりこれとか↓

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/エンブラエル_EMB-314


これとか↓

http://defense.txtav.com/en/at-6

辺りが無難でしょうか。

それから武装ヘリというと

>エアバスH145Mヘリコプターからレーザー誘導ロケット発射試験に成功

http://otakei.otakuma.net/archives/2018020205.html

もし仮にUH-Xや60ベースの武装型にコレを積むともなると、適合するかどうか1からテストをしなきゃならないですね。
KU
2018/02/04 08:12
お邪魔します。
 攻撃ヘリは地上兵力(特に機甲兵力)の空からの攻撃に対する脆弱性を前提にした兵器ではないかと思われます。戦車は航空機と戦うようにできていませんし、戦艦と違って戦車に対空火器は装備できませんし、対空戦車とかを入れたらその分対地上戦能力は低下しますし、味方戦闘機も上空に張り付いている事は出来ません。だから機動力はあっても攻撃力(大砲を搭載した航空機に成功例は無かったはず、またミサイルを主武器とした戦車は未だ無い)や防御力(航空機に戦車や戦艦のように敵に撃たれても戦い続ける事は望めない)に劣る攻撃ヘリが攻撃兵器として使えたのではないかと。それが携帯地対空ミサイルの普及他で、地上兵力の空からの攻撃に対する脆弱性が解消とはいかなくても多少改善されたという事で、陸上兵力にとってこの変化は寧ろ喜ばしいのではないかと思ったりもします。
ブロガー(志望)
2018/02/04 10:55
全てを一つの物で賄えるならそれが一番安上がりなのでしょうが、大体そういうものって全て足りないもので終わりがちなんですよね。
ヘリ・UAV・COIN機と近接航空支援に充てる手段は選択肢が多い方が何かと便利でしょうから良いんですが、数を揃えられますかね?
こういうお買い物の話をするとやれ技術の維持継承とか有事の調達に悪影響があるとか言って国産すべきだって言い立てる人達がいますが、国産マンセーな「国士」の皆さんは危機を訴えながら例えば来月にもそれが起こるとは考えないのでしょうか?
今年起きるかも知れない危機に向けて10年かけて装備を開発します、低性能で割高ですが国産なんで勘弁してください、これで大多数の国民が納得してくれるなら良いんですがね。
八王子の白豚
2018/02/05 00:28
ほぼAH-64Eになるでしょうが、素人考えですかこれを出雲や日向に載せる考えは無いんでしょうか
大卒無職
2018/02/05 19:10
住宅墜落、防衛省に衝撃=自衛隊機、信頼性問われる−オスプレイ配備影響も
https://news.infoseek.co.jp/article/180205jijiX493/

このブログで名が出ていたAH-64Dが墜落しましたね…

前日の名護市長選で移設容認の新人が当選して大喜びもつかの間、沖縄でなく本土で墜落事故。極楽とんぼなアレ総理はともかく、防衛省は頭が痛いところでしょう。

本土の人間も「軍用ヘリの墜落・不時着なんて、日本じゃ沖縄で起きるものでしょ?」などと他人事だと思っていると、痛い目見るぞ〜
被本塁打大王
2018/02/05 21:51
アパッチが墜落したそうですね。
何の用途に使うのかもわからない上、墜落事故まで発生するとは・・・・
何のために血税を使って、調達したのでしょう。
本当に無駄だと思います。
はるみち
2018/02/05 21:58
再びお邪魔します。
 この件は文谷数重氏が述べていた「魚雷にとって代わる事無く、重視されなくなった潜水艦の対艦ミサイル」に似ているように思われます。水上艦の対艦ミサイル防衛能力が向上し、少数のミサイルでは突破が困難になったので、数の面では劣る潜水艦が不利になったという事だそうで(後「身を潜めてナンボ」の潜水艦は、広範囲かつ積極的な索敵はできない事も関係か)。兵器は「いたちごっこ」の世界で、攻撃ヘリや潜水艦の対艦ミサイルはそれに追随していけなかったのかなと思ったりもします。
ブロガー(志望)
2018/02/07 21:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
AH−Xは単純な攻撃ヘリの更新でいいのか。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる