清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 駄目な軍オタのサンプル その2

<<   作成日時 : 2018/01/02 12:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 7


軍事ライターで元海自幹部だった文谷数重氏は同人誌を作っていることでも有名ですが、彼の同人誌を読まずに批判した軍オタさんがいます。#瀬戸の住人@Seto_Zyuninです。彼は45歳だそうです。

https://twitter.com/Seto_Zyunin?protected_redirect=true

中身読まないで書評するのってなかなかユニークだよね
http://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/blog-entry-1923.html


>【隅田金属ぼるじひ社】のF-35B本、メロンの予告読んだだけでおかしい点があるので、しばらくツッこんでみる。

別にぼくらプロは、誤読されようが、主張を否定されようがかまいませんよ。でもさぁ、それは読んでからの話でしょう。
読みもしないで、否定ですならね。これは納得いかない。


で、この主張。

>瀬戸の住人@ガルパンSS不定期連載中‏ @Seto_Zyunin
結論・この程度のコメントで「職業軍事ライター」が出来るのなら、俺でも暇つぶしに出来ます。(苦笑)
https://twitter.com/Seto_Zyunin/status/944402532364775425


まあ、これは我々プロにケンカ売っているんだよね、というレベルです。


で、ぼく同様に大人げない文谷氏が反撃をしました。

ボクも「瀬戸の住人@ガルパンSS不定期連載中」さんの作品を批評させて頂きました
http://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/blog-entry-1924.html

 瀬戸の住人@ガルパンSS不定期連載中 さんの作品を拝読させていただきました。 瀬戸の住人「戦車道にのめり込む母に付き合わされてるけど、もう私は限界かもしれない」『WEB小説投稿サイト ハーメルン』(https://syosetu.org/novel/135973/1.html) がそれです。

>■ 45歳なら「投稿すべきでない」ことは理解できるはず

>以上、総括すれば「読めたものではない」といったものでしょう。一通り読むのも辛いものでした。まずはサーバー容量の無駄使いとでも言うべきものです。
 瀬戸の住人さんが自称しているとおり、45歳ともなれば「どうしようもない作品」であることくらいは理解できるものだと思います。
 「中年趣味人。軍事・鉄道関係を中心に趣味多数」(瀬戸の住人)と自己紹介してますが、それならゴミクズはゴミクズであると判断できるはすです。
 だらしない作品を発表する前に、瀬戸の住人さんには一般の小説を一冊でも読んで参考にすることをオススメします。 


で、ぼくも抗議をしました。大人げないですから。馬鹿は放置すればいいのですけども、分かっちゃいるけど止められない(笑


で、そんなに才能があるならどこでも軍事雑誌の編集長を紹介してあげるよ、どこでも有能な新人は欲しがっているよ、と皮肉を込めてツイートしました。




すると、おーい、みんなこんなのが釣れたぞとかいって、開き直りました。
しかもぼくや文谷氏に名前に#をつけてまで。

しかも彼は、自分は45歳だからデビューしても新人じゃないとツィート。
これだけでも常識がなく、知性が低いことが明白です。

別に文章に限らず、芸事の世界では年齢は関係ない。デビュー仕立ては新人です。
艦船研究家の多田智彦氏は元三菱電機で、定年後専門誌に寄稿を始めました。デビュー時は60歳以上でしたが、新人です。瀬戸内寂聴氏が今年漫画家とか歌手としてデビューすれば、彼女は新人漫画家であり、新人歌手です。

軍事以前、こんな常識が分からないほどの蒙昧な人間に、専門誌に寄稿するレベルの文章がかけるわけがないでしょう。









その後何度は批判をしたのですが、「みんな」は誰も瀬戸の住人@ガルパンSS不定期連載中
を擁護してくれませんでした。

で、困った彼はぼくの主張は誹謗中傷だ、ツイッターのアカウントの凍結を申請するぞとか言い出しました。
まあ、別にそれでもぼくは困りません。SNSはツイッターだけじゃ無いですしね。

ぼくの批判が誹謗中傷ならば、他人様の文章を読まずに貶す、あんたの行状の方はどうなんだよ、あぁ!
てなもんです。

結果彼はぼくをブロックして逃走しました。

ネットでプロもアマも広く自分の意見を述べることができるようになりました。それは素晴らしいことです。我々プロもこのブログでもそうですが、読者の皆さんに教えられることも多いわけです。

ですが、プロと同じ発信力をもったということは、同じような責任も負っているわけです。
ぼくは匿名を否定するものではありません。匿名であるからこそ、立場によらずできる議論もあるからです。

ですが、テメエは安全なところから、匿名で他人を誹謗中傷する権利があるが、自分は他者の批判からは守られる権利があると思い込んでいるのは大間違いです。

そういう奴らは単なる卑怯者です。

例えば街を歩いていて、見ず知らずの人間にいきなり罵倒されたら不愉快でしょう。
それが分からないのはコミュニケーション障害です。

ネットで発信することで万能感を得ているのでしょうが、それはイリュージョンです。

この手に限って教養が低く、知識が浅く、リテラシーが低い。有り体に言うと馬鹿です。

人様を、特に文章を生業にしている人間を捕まえて、ケンカを売るならば相応の反撃があると
思うべきです。

彼のやっていることは体育館の裏で煙草吸った程度で、不良を気取って中学生が、大門しょっている本物の「度胸千両的業界」(浅田次郎的表現)の人間にケンカを売るようなモノです。

さて、ぼくも彼の「小説」とやらを読ませてい頂きました。
ぼくはPCゲームのシナリオや、最長17巻続いたシリーズ小説も書いたことがありますが、だからといって小説家として特に優れていると自称する気はありませが、経験者として言わせてもらうならば、彼の作品は「小説」ですらない、ただのゴミです。これを人目にさらすのは公害レベルです。

この程度のクズしか書けない人間が、プロの人間の文章を読みもしないで上から目線で否定し、自分でも書けるというのは噴飯物です。一言で言えば、

おととい来やがれ、というところです。


■本日の市ヶ谷の噂■
何年か前、メディアに非公開で行っている陸自の富士合同調査会堂を清谷信一に、発表は業者レポートの丸写しで、お子様レベルと批判され、富士学校では狼狽、次年度の合同調査会堂の中止を真剣に検討したとのナイーブさ、との噂。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
> (文谷氏)瀬戸の住人さんには一般の小説を一冊でも読んで参考にすることをオススメします。 

>(清谷氏)彼のやっていることは体育館の裏で煙草吸った程度で、不良を気取って中学生が、大門しょっている本物の「度胸千両的業界」(浅田次郎的表現)の人間にケンカを売るようなモノです。

瀬戸の住人氏は、それこそ浅田次郎の短編小説を読めばいいのに。「平成の泣かせ屋」の異名は伊達じゃありません、参考になりますよ!

なお、かの百田センセイも「永遠のゼロ」を執筆するにあたり、浅田氏の「壬生義士伝」を「参考」にした模様
https://matome.naver.jp/odai/2141793431976785401
被本塁打大王
2018/01/02 18:16
私は百田尚樹氏の「夢を売る男」をオススメしますね。この45才の軍オタバカとそっくりなバカが登場するので、読み終わると普段彼がどういう事を考えているのかが実によく分かります。
清谷さんには悪いんですが、本を出そうとする人間は大抵頭がおかしい、というセリフがでてきます(笑) ツイッターで下らんことをつぶやく輩も同じでしょう。
ひゃっはー
2018/01/02 21:16
私も来月で42になりますが、45でコレではねぇ...。こちらへも大石さんのブログへも、いろいろ記事を投稿させていただいておりますが、一通り目を通してからにしております。そうでもしないと、明後日なコメントを着けるハメになり、恥をかくのは自分ですし。

良い歳をしてアレとなると↓

>スノーボードで不明の男性2人は無事 新潟 妙高

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180103/k10011277871000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_019

仕事でもないのに、わざわざ危険な箇所に入り込んで他人様に迷惑をかけるとか理解不能なんですが。
KU
2018/01/03 12:33
うわぁ、有明に行っていたのに隅田金属ぼるじひ社に行くの忘れちゃった!
疲れていたとはいえ最近この手の失敗が多いなぁ・・・
明日からまた仕事だから気を付けないと・・・
八王子の白豚
2018/01/03 20:51
清谷さんと文谷さんの対談実現しないですかね?かなりレベルの高いものになると思います。東洋経済あたりでやってくれないでしょうか?
横浜の黒豚
2018/01/04 16:41
>> 清谷さんと文谷さんの対談実現しないですかね?

私もぜひ見たいです!

どうせなら、伊勢崎賢治氏を招いて「ここが変だよ自衛隊の海外派遣」、レックス・リボロ氏を招いて「オスプレイのここがヤバい」、田岡俊次氏・屋良朝博氏を招いて「私の考える沖縄の基地負担軽減策」、小林よしのり氏や山尾志桜里議員を招いて「立憲主義に根差した改憲案」などなど、多くの人士と広範にわたるテーマで対談してほしいです!欲張りすぎですかな…(^▽^;)
被本塁打大王
2018/01/05 21:16
お邪魔します。

 隅田金属日誌で引用された箇所を見る限りでは、例えば「男は拳銃を抜き、銃口をこちらに向けた。」とあったら、重要なのは「拳銃はどこのメーカーの何か」であって「その男の正体や目的は何か」ではないとでも考えている人のように思えます。

 かつてフィクションで「銃」や「車」で済ませられ、「狙撃手に歩兵銃であるM16を持たせた」時代がありました(そういう作品は今もありますが)。その後例えば『ルパン三世』のような「ベンツSSKとフィアット、ワルサーP38とS&W44マグナム」を区別する作品が出てきました。無論それは「描くための手段」でしたが、そういったものを見て「それ自体に意味がある、格好良い」と受け取る人が出てきたという事ではないかと思われます。そういう人はそれこそ「『銃にだって色々ある』と言いながら『歩兵銃で(戦場ではない場所での)狙撃』」みたいな事をするのでは。
ブロガー(志望)
2018/01/21 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
駄目な軍オタのサンプル その2 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる