清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 例によって、軍事音痴の「官邸の最高レベルの意向」で無検討でイージスアショア導入決定。

<<   作成日時 : 2017/12/10 14:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 9

<陸上イージス>19日に閣議決定 秋田・山口、配備調査へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000006-mai-soci


>政府は9日、陸上配備型の弾道ミサイル防衛(BMD)システム「イージス・アショア」
の導入を19日の閣議で決定する方針を固めた。配置候補地として秋田、山口両県の陸上
自衛隊演習場を選定し、月内に電波環境への影響などの「適地調査」に着手する。導入を
加速化するため今年度補正予算案に調査費など約30億円を盛り込む。



例によって他の候補を検討もせずにいきなり、イージス・アショアです。
首相は軍事音痴で、予算の概念すらない行政の実務も全くのシロウトです。

グローバルホーク、オスプレイ、AAV7などの自衛隊が使いこなせない、あるいは不要な高額装備を大量購入したことで、どれだけ自衛隊が弱体化したかまったくアレ首相は知らないでしょうし、興味も無い。
側近も、内局もアレ首相を忖度して、厳しい現実を直言しない。

結果高いオモチャを買って、ニヤニヤしている気持ちの悪い首相の気分を良くするために税金を無駄遣いし、国防を弱体化させています。首相のお気に入りのオモチャ以外の装備の調達予算や、維持整備費用が危険なくらい削減されている実態など全く興味がないのでしょう。


アレ首相は来年度の概算要求で各幕僚監部が新装備の要求を抑えて、維持整備費の大幅増額要求したりことすら全く興味が無いのでしょう。そこいらのネトウヨレベルの軍事知識しかなく、専門家の箴言も聞かないので首相はもとより、政治化のとしての資質を欠いていると思いますが、永田町の常識ではOKらしいです。

本来ならば北朝鮮対策にどれだけの自衛隊の人、モノ、カネというリソースを割くのか、北朝鮮だけに傾注すると主たる仮想敵である中国への備えなどうなるのか?などと考えないといけないわけです。
ところがアレな「官邸の最高レベル」は視野狭窄で北朝鮮しか考えていない。将棋で言えばへぼ将棋もいいところです。


実際問題として北朝鮮が核弾頭や弾道ミサイルを我が国撃ち込む理由はありません。
両方とも使ったらお終いな「政治的な兵器」ですから。
むしろ現実的な脅威はサーバー戦です。MDよりもサイバー戦の予算を大幅に増額すべきです。

まあ「官邸の最高レベル」は視認できる脅威しか脅威ではないのでしょう。サイバーセキュリティという概念もサイバー戦も見えないから怖くないのでしょう。それは想像力が絶望的に低い、ということになります。


防衛予算を2倍も3倍も増やせない、人員も同じことです。その配分をどうするのか、という視点が「官邸の最高レベル」にはないわけです。
そもそもでいえば、他のシステムとの比較検討すらしないは思考停止です。

そして海自のMD対応イージス艦、護衛艦のポートフォリオをどうするのか。現在2隻のMD対応イージス艦がMD任務に張り付いておりますが、交代や整備を考えれば、4〜6隻がこの任務、海に浮かぶ「イージス・アショア」として使われています。

さらにいずも級DDHは事実ヘリ空母です。つまり約50隻の護衛艦=駆逐艦とはいいつつも、実態は40隻強程度しかいないのと同じ、ということになっていますイージス艦がMD対応にとれたままだと護衛艦隊の数も、また防空能力も大きく低下したままであることになります。
イージス・アショア導入によって、MD対応のイージス艦を増やすのか、そのままか、減らすのかということも考える必要があります。例えば調達コストが極めて高い海自のMDイージス艦を減らして、イージス・アショアを2カ所ではなく、3カ所にするということも検討すべきでしょう。イージスアショアの導入は、護衛艦隊のポートフォリオと能力のグランドデザインにもかかわってきます。果たして「官邸の最高レベル」にその意識はあるのでしょうか。

そしてアショアにしても現行品を導入するのか、2022年から米軍が導入する新型を導入するのも不明です。米政府が新型をリリースしてくれない可能性もあります。
F-X選定の時に、米国がリリースする気も無いF-22を勝手に候補にいれて、結局売ってもらえなく(売ってくれても高くなりすぎ、しかもまともなISRアセットがない空自にはまともに運用できなかったでしょうが)、いたずらに時間を空費したのを忘れたのでしょうか。我が国では「官邸の最高レベル」や防衛省、自衛隊の首脳というのは学習能力が無くとも務まるようです。

政治家の自慰行為的な軍隊ゴッコに5兆円以上の税金を使うのは止め欲しいものです。




■そば玄米ご飯
最近はまっているのが、自分で開発したそば玄米ご飯です。
発芽玄米1:白いそばの実1:黒いそばの実(ロシア産)1の割合で混ぜて、松の実を加え、これにオリーブオイル、ガーリックソルトをいれて普通に炊きます。
するとシリアやヨルダンあたりの炊き込みご飯的なものができます。白いそばの実の代わりに、モチ麦をいれたりしても美味しいです。その他固形のブイヨンなどを加えても美味です。

最近ダイエットのためにそばの実をご飯代わりに食べていたのですが、そば独特の風味や食感がちょっと飽きることがあって、これを試してみたら成功したというところです。
腹持ちがいいので1人半合ぐらいで十分です。

画像



以下はおかずにつくった、ひつじ肉の薄切りと、ズッキーニの炒め物です。ニンニクと「羊齧り協会」特製の限定ラム用スパイスミックスで炒めましたが、クミンシードやローズマリーでも美味しいです。コツは肉を炒める際に、アイリッシュウイスキーのブッシュミルズのホワイトラベルを加えることです。臭みが消えて独特の風味がつきます。安いので気兼ねなく料理酒に使えます。またステーキを焼くときもこれを使うのをお勧めします。

画像


またラム肉とキムチを炒めるのもぼくの定番です。最後に火を止めて溶かし卵を落として、半熟状態でかき混ぜて食べると美味しいです。これもブッシュミルズを使うと美味しいです。不精者の独身者にお勧めの料理です。キムチは多く砂糖が入った甘口のものではない方がいいと思います。ぼくは成城石井のキムチを利用しています。






■市ヶ谷の噂■
陸自が得意満面で導入したNEC製の広帯域多目的無線機は第2師団で実験中、2mの距離でも通じず、現在も伏せると通じなくなると、「使えない」と現場の隊員からは評価は最低。でも上層部と装備部は天下り先確保のためか全く見直さずとの噂。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
MDに血道を上げるのは、米帝様を信用していませんと公言することじゃ?
例によって、軍事音痴の「官邸の最高レベルの意向」で無検討でイージスアショア導入決定。 http://kiyotani.at.webry.info/201712/article_6.html ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2017/12/11 13:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
初期の広多無は評判が悪かったそうですが現在もですか、2mも通じないんだったら糸電話の方がマシみたいですよ。噂は噂のままであってほしいものです。イージス艦のBMD任務はローテーションでやっていますが大変そうなのでイージス・アショアが負担軽減に繋がればいいですね。しかし流石に北朝鮮対策のことしか考えていないということはないでしょう(支持率のことはあるでしょうが),弾道ミサイルにしろ核にしろ存在する以上は「終わり」の時にぶっぱなしてくる可能性がありますし、中国やロシアのこともありますしね。
BB
2017/12/10 15:37
イージスアショアで護衛艦の負担を軽減するという論調は他でも耳にした覚えがあります。軍艦の最大の価値は海洋を移動できることですから、日本海に貼り付けを強いられるのはリソースの無駄遣いであるとも言えますから。こういう話になるといつも私の脳裏によぎってしまうのが特に陸自の組織改変はこういう時機にやるべきじゃないかという事でしょうか。中隊x4で連隊とかそういう話を聞いた時にはまるで激戦で定数満たせなくなった第二次世界大戦期の師団を彷彿とさせるなと。装備も諸外国に倣うならこういう面も諸外国に倣うべきだと思うんですよね。

それと余談なんですが、高機動車導入以前の陸上自衛隊部隊の平均的な自動車化レベルって、「第二次世界大戦時の徒歩部隊にある馬を概ね自動車に置き換え終えた」レベルだったのでしょうか。何となく気になりました。
ふきのとう
2017/12/10 17:00
>>例によって他の候補を検討もせずにいきなり、イージス・アショアです。
首相は軍事音痴で、予算の概念すらない行政の実務も全くのシロウトです。
>>アレ首相は来年度の概算要求で各幕僚監部が新装備の要求を抑えて、維持整備費の大幅増額要求したりことすら全く興味が無いのでしょう。


イージスアショアは、来年度予算概算要求に盛り込まれる予定である。
即ち、最初は官邸からの圧力だったとしても、最終的には防衛省が自ら予算要求する形である。

つまり、統幕が予算要求においても陸海空別の縦割りを打破できず、海上や航空がSM3やPAC3を運用しているのを横目で見ていた陸上が今度こそ俺たちの番だと張り切って、官邸からの圧力をむしろ好機と捉えて予算要求してきたのを押さえ切れなかったというのが実情では?

いずれにしても、各幕の縄張り争いと官邸へのヨイショ合戦は病気のレベルではないだろうか。
もう、イージスアショアをイージスヨイショアに名称変更してしまえばいいのに。
真の愛国者ゆりか
2017/12/10 19:03
>>ターコム

またもや、大金を掛けてガラクタを大量購入したんですか...。何時になったら、こんな悪癖は直るのでしょうね。それとサイバー対策だと、こんなニュースが↓

>空自隊員ベトナムへ派遣、サイバー対策を指南

http://sp.yomiuri.co.jp/politics/20171210-OYT1T50047.html

ベトナムといえば、たしか、航空救難でも指導に行く話がありましたよね。てか、他人様に教えられるほど、空自のサイバー対策って進んでいるんですかね?
KU
2017/12/10 19:25
北朝鮮軍のお偉いさんは「日本ごとき雑魚、高価な核ミサイルを使うまでもない。漁民に扮した破壊工作員を上陸させて原発を破壊すれば、日本は即死する」って考えているんじゃないですか?

http://wpb.shueisha.co.jp/2013/06/14/19812/

某軍事ブロガー氏や某経済ジャーナリスト氏が「大丈夫!心配ない!」と主張していますが、さてどうでしょう。
http://ironna.jp/article/2638
http://www.enercon.jp/topics/12132/
被本塁打大王
2017/12/10 19:33
北のほうは恫喝だけのつもりでもトランプの方が先に切れそうですよ。イージスアショアも導入する頃には北が違うものになっているかも知れませんね。
兵器全般に軍ヲタ以下の私からしたら何が一番良い選択なのか分かりませんが、導入するからにはせめてそれなりの役に立つことを願うのみです。できれば導入価格を回収できる程度には...
やれやれ
2017/12/10 20:06
正確には、本年8月の時点で予算額を明示しない事項要求していたものに7億余の予算額を追加要求するものである。
真の愛国者ゆりか
2017/12/10 20:31
お邪魔します。
 ヒトラーは第一次大戦時兵長(兵長待遇上等兵か)で、前線との連絡といった危険な任務を買って出てそれを成し遂げ、兵では滅多に貰えぬ鉄十字勲章を貰ったと聞いています。それでも「今以上は務まらない」と出世はさせてもらえなかったそうですが。後に国のトップになりましたが、戦争に関して色々と口出しをして現場を混乱させました。ある程度「上」になれば「下に任せるべき事は任せる」事も必要になりますが、それが出来ず「自分で決めねば気が済まない」性分だったのかも知れません。
 今の日本の場合も「内政や外交も絡む国防全体の方針」なら兎も角、「個々の兵器の選定」といった事は「専門家の領分」ですが(今の日本のその立場にいる人達が「専門家」と言えるレベルかという問題はありますが)、これもまた「自分でやらねば、決めねば気が済まない」性分なのかも知れません。尤もヒトラーの場合、一兵卒としては献身的に任務を果たしましたし、大恐慌他には当時の既存の政治家や専門家は大した事はできなかったのですが。
ブロガー(志望)
2017/12/10 21:02
>繰り返してはならない大日本帝国海軍の失敗

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51767

いくら専門家が警鐘を鳴らしても、ワレ関せずなのでしょうねorz。
KU
2017/12/11 06:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
例によって、軍事音痴の「官邸の最高レベルの意向」で無検討でイージスアショア導入決定。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる